火山研究部第一研究室

研究室の概要

第1研究室は、地殻変動や熱、重力など、物理的な観測データによる火山活動評価の研究を行っています。
地下のマグマの蓄積や上昇、またその熱による地下水の膨張など、火山活動に関連して地殻変動や温度、重力等の観測データの変化が生じます。ここでは、それらの観測データの変化から、原因となる地下の状態変化をより的確に推定する技術を研究しています。その技術は、気象庁が発表する様々な防災情報の元になる火山活動評価の内容を改善するために用いられます。
第1研究室に所属する研究官は、つくばの研究所の他、札幌、仙台、東京(本庁)、福岡の各気象台の(地域)火山監視・警報センターに設置された分室(1名)に駐在しています。分室の研究官は、担当する課題や地域の火山活動に関する研究を進めるとともに、各センターの職員の技術力の向上に貢献しています。

研究室メンバー

官職名氏名
室長小久保 一哉
主任研究官鬼澤 真也
主任研究官安藤 忍
研究官島村 哲也
主任研究官(札幌分室)奥山 哲
主任研究官(仙台分室)岡田 純
研究官(東京分室)川口 亮平
主任研究官(福岡分室)森 健彦

研究課題

経常研究