気象予報研究部第二研究室

研究室の概要

 メソモデルによる顕著現象などの予測精度向上や、将来の全球モデルの水平高解像度化に向け、水平格子間隔約10km からそれ以下のグレーゾーンに対応した積雲対流スキームを提案する。また、格子内の部分雲の表現を改善、および、雲が放射に及ぼす効果を改善するなど雲・放射全般の改善を図る。

研究室メンバー

官職名氏名
   室長中川 雅之
主任研究官川合 秀明 HP
主任研究官長澤 亮二

研究課題

経常研究