全球大気海洋研究部第一研究室

研究室の概要

 第一研究室では、気象・気候予測のための地球システムモデリングに関する研究を実施しています。地球システムの構成要素である大気、海洋、陸面、雪氷のそれぞれを数値モデル化し、地球上で起こる物理的・化学的・生物学的現象を表現可能な「地球システムモデル」を開発しています。地球システムモデルは、気温・風・日射・降水・雲などの変動に加えて、大気・海洋の大循環、エーロゾル・オゾン等大気化学物質の変動や炭素循環も表現します。これにより、地球システム各要素が互いに作用しあって生じる気象現象の成因や、地球温暖化や火山噴火がどのように気候に影響するかなどについて、地球システムモデルを活用して調査・研究を行うことができます。地球システムモデルの開発を進めつつ、日々の気象や季節予測の精度向上に向けた研究に取り組み、過去から将来までを対象とした地球規模の気候変動とそのメカニズムの調査を行います。

概念図

研究室メンバー

官職名 氏名
室長 石井 正好
主任研究官 吉村 裕正
主任研究官 出牛 真
研究官 吉田 康平
研究官 神代 剛

研究課題

    経常研究

      

    共同研究

    科学研究費補助金

    • 新学術領域研究(研究領域提案型) 太陽周期活動の予測とその地球環境影響の解明(分担) H27~R1
    • 基盤(A)熱帯域における成層圏-対流圏力学結合過程(分担) H29~R1
    • 基盤(C)巻雲を介した熱帯成層圏対流圏結合と気候変動影響の解明 R1~R3