応用気象研究部第二研究室

研究室の概要

GFCS の優先分野 5 つ(農業と食糧安全保障、災害軽減、エネルギー、健康、水資 源)に重点を置き、関係機関(農業環境技術研究所、防災科学研究所、電力中央研 究所、産業技術総合研究所、国土技術政策総合研究所など)と連携して、気候リスクと気候リスク管理需要の調査・まとめを行う。それらの情報を基に、新しい気候リスク管理手法で必要となる気象観測・予測データの整備、および予測精度の評価を行う。また、気象情報利活用の裾野を広げるために、産業別に適した気候指標の構築や、管理手法の開発を目指す。



目標
・生産性向上のためのシームレスアンサンブル予測を用いた天候リスク管理
・天候情報を利活用する新規分野の開拓のための気候指標の開発

研究内容
・各産業分野の気候リスク管理に必要な気象データの整備と予測精度評価
・シームレスアンサンブル予測情報を利活用した異業種・産学官交流に基づく気候リスク管理に関する先進的研究
・利活用の裾野を拡大するための簡便な産業分野別気候指標の開発

想定している成果
・特定の産業分野での天候リスク管理成功事例の積み上げ
・天候情報利用分野を拡大するための産業別気候指標の開発

研究室メンバー

官職名氏名
室長仲江川 俊之
主任研究官村崎 万代
主任研究官川瀬 宏明

研究課題

経常研究