c8 環境要因による局地気候変動のモデル化に関する研究

  • 副課題1:都市キャノピーモデルの高度化
  • 副課題2:地上観測値の空間代表性に関する研究

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

田中泰宙 環境・応用気象研究部第2研究室長


担当研究部

副課題1:環境・応用気象研究部、予報研究部、気候研究部
副課題2:環境・応用気象研究部、予報研究部


目的

多様な土地利用状態を反映した高精度の気候情報を提供し、ヒートアイランド等の緩和方策の検討や地上観測所の適切な維持運用に資する。


c8 概念図1 概念図2

目標

(副課題1) 都市キャノピーモデルを改良し、領域気候モデル等の精度向上に資する。
(副課題2) 観測環境等に対応した地上気温等の観測値の変動実態を明らかにし、観測運用およびモデル検証の向上に資する。

各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 320KB) 平成27年度(PDF 386KB) 平成28年度(PDF 394KB) 平成29年度(PDF 391KB)



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan