TOP > 気象研究所の沿革

気象研究所の沿革

[English]
年号事項
昭和17年 1月中央気象台に研究課を設置。(前身)
昭和21年 2月中央気象台分掌規程の改正に伴い、東京都杉並区において中央気象台研究部として再発足(気象研究所創立)。
昭和22年 4月中央気象台気象研究所と改称。
昭和31年 7月運輸省設置法の改正により、中央気象台が気象庁に昇格したのに伴い、1課9研究部で構成される気象庁気象研究所となる。
昭和33年10月総務部を新設し、会計課と研究業務課を設置。
昭和35年 4月高層気象研究部を台風研究部に、地球電磁気研究部を高層物理研究部に改組。
昭和46年 4月気象測器研究部を気象衛星研究部に改組。
昭和47年 5月研究業務課を廃止し、総務部の外に企画室を設置。
昭和49年 4月地震研究部を地震火山研究部に改組。
昭和55年 6月筑波研究学園都市(現在地)に移転。
昭和62年 5月高層物理研究部と気象衛星研究部を廃止し、気候研究部と気象衛星・観測システム研究部を新設。
平成 9年 4月応用気象研究部を環境・応用気象研究部に改組。
平成25年 5月物理気象研究部、海洋研究部及び地球化学研究部を廃止し、研究総務官、研究調整官及び海洋・地球化学研究部を新設。
平成26年 4月地震火山研究部を廃止し、地震津波研究部と火山研究部を新設。


All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan