TOP > 所長挨拶

所長挨拶

顔写真

気象研究所は、気象庁の施設等機関として、我が国の気象業務を支える科学技術を研究・開発の面で担っている研究機関です。これまで当所では、大規模な自然災害を引き起こす集中豪雨・台風・地震・火山噴火等の現象解明・予測に関する研究や、地球温暖化・異常気象・オゾン層破壊・酸性雨・砂漠化等の地球規模の気候変動・地球環境問題に関する研究などを実施し、その成果は、天気予報や地震活動の監視などの気象業務の改善・高度化に活用されてきました。


近年、局地的大雨や竜巻など災害をもたらす顕著現象の増加や、地球温暖化の進行、平成23年東北地方太平洋沖地震とそれに伴う大規模な津波災害の発生、平成26年の御嶽山の噴火などを通じて、安全と安心に対する国民の関心は非常に高まっており、これらに対して、的確な情報を適切なタイミングで発信することが求められています。


このため、気象研究所では、平成26年度から平成30年度の5か年で重点的に取り組むべき研究を「気象研究所中期研究計画」として定め、その中で3つの柱 -「台風・集中豪雨等対策の強化に関する研究」、「地震・津波・火山対策の強化に関する研究」、「気候変動・地球環境対策の強化に関する研究」-を立てて、強力に研究を推進することとしています。また、国内外の研究機関と積極的に連携するとともに、「気候変動に伴う政府間パネル(IPCC)」や世界気象機関(WMO)等による「世界気候研究計画(WCRP)」などの国際的取り組みにも積極的に参画していきます。


気象研究所は、地球科学分野における専門家集団として、研究能力の一層の向上とともに成果の最大化を図り、気象業務の高度化のための技術やその根拠となる科学的知見を提供して国民の皆様の期待に応えられるよう、最大限の活動を展開する所存です。


今後とも、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。


気象研究所長 高野 清治



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan