c7 海洋モデルの高度化に関する研究

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

山中吾郎 海洋・地球化学研究部第1研究室長


担当研究部

海洋・地球化学研究部


目的

気象庁の基盤モデルの一つである海洋モデルの開発・改良、及び海洋モデルを用いた海洋変動機構の解明に関する研究を行い、海洋環境情報の高度化に貢献するとともに次世代海況予測システムの基盤技術を確立する。


c7 概念図

目標

① 海洋モデルの各種物理スキームやネスティング手法、海洋物質循環過程を高度化することにより、モデルの各プロセスの再現性能の向上を図る。
② 海洋モデルを用いた過去再現実験を行い、再現性評価を通じて必要な改良点を明らかにする。
③ 過去の海洋変動の実態や特徴をモデル実験などによって明らかにし、その要因解明を行う。


各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 319KB) 平成27年度(PDF 385KB) 平成28年度(PDF 439KB) 平成29年度(PDF 391KB)



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan