c6 大気海洋結合データ同化システムの開発に関する研究

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

竹内義明 研究調整官


担当研究部

気候研究部、台風研究部、海洋・地球化学研究部


目的

大気と海洋の物理的バランスのとれた初期値作成を可能とする大気海洋結合データ同化システムを開発し、将来の季節予報やエルニーニョ予報、再解析、台風予報等の精度向上に貢献する。


c6 概念図

目標

大気海洋結合データ同化システムを開発し、
・ 熱帯擾乱の再現性と予測性向上
・ 熱帯季節内変動の再現性・予測性向上
・ 大気海洋結合系現象(ENSO など)の時間発展の予測性向上
・ 熱帯降水量気候値の再現性向上
を図る。


各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 399KB) 平成27年度(PDF 434KB) 平成28年度(PDF 518KB) 平成29年度(PDF 389KB)




All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan