C2 季節予報の高度化と異常気象の要因解明に関する研究

  • 副課題1:季節予測システムの改良と性能評価に関する研究
  • 副課題2:異常気象の要因解明と予測可能性の研究

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

尾瀬智昭 気候研究部長


担当研究部

副課題1:気候研究部、海洋・地球化学研究部
副課題2:気候研究部、予報研究部


目的

季節予報システムの改良と異常気象の要因解明を行い、現業季節予報の精度向上と適切な利用に貢献する。


C2 概念図

目標

次世代季節予測システムを開発するとともに、異常気象の要因と予測可能性の解明を行い、季節予報および異常気象の予測改善を図る。

(副課題1)①季節予報システムの全球大気海洋結合モデルおよび大気海洋初期値の改良と性能評価を通じて、将来(平成31 年度以降)の現業季節予報システムを開発する。
(副課題2)① 異常気象の実態とその予測可能性をデータ解析やモデル実験などによって明らかにし、異常気象の要因解明を行うとともに異常気象予測を改善する。
② 異常気象の要因解明や予測精度評価に必要な、再解析プロダクトなどの基盤データを整備する。

各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 323KB) 平成27年度(PDF 391KB) 平成28年度(PDF 398KB) 平成29年度(PDF 397KB)



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan