C1 気候モデルの高度化と気候・環境の長期変動に関する研究

  • 副課題1:地球システムモデルの高度化による気候・環境変動予測の高精度化
  • 副課題2:地域気候モデルによる気候変動予測に関する研究

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

竹内義明 研究調整官


担当研究部

副課題1:気候研究部、予報研究部、環境・応用気象研究部、海洋・地球化学研究部
副課題2:環境・応用気象研究部


目的

地球温暖化による全球および地域レベルの気候・環境変化に関する情報の作成と適応策の策定に貢献する。


C1 概念図

目標

シームレス化を目指して気候再現性とともに短期・季節の予測精度に優れた高精度の 地球システムモデルを開発し、数年から数十年、さらに長期の気候・環境変動を対象と する予測を行う。プロセスレベルの解析や古気候実験、各種感度実験を実施し、気候変 動およびそれに関連する気候と物質循環の相互作用に関わるプロセスやメカニズムを解 明する。

地域気候モデルを高精度化・高分解能化し、地球温暖化に伴う21 世紀の気候変化予測 を詳細に行う。より信頼度の高い予測データを得るための手法を開発するとともに、デ ータの活用に必要な信頼性情報を開発し提供する。また、異常気象をもたらすような地 域的な気候現象の予測可能性を調べる。 得られた成果により「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」報告や気象庁温暖化業 務に寄与する。


各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 400KB) 平成27年度(PDF 438KB) 平成28年度(PDF 397KB) 平成29年度(PDF 395KB)



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan