A3 台風の進路予報・強度解析の精度向上に資する研究

台風進路予報の改善と台風強度の実況推定及びその予報可能性に焦点を当てた研究を行い、気象庁が実施する台風解析・予報業務の改善に役立てます。

  • 副課題1:全球及び領域解析・予報システムを用いた台風進路予報の精度向上に関する研究
  • 副課題2:台風の強度推定と急発達・構造変化過程の解明及び予測可能性に関する研究

期間

平成26年度~平成30年度


研究代表者

青梨和正 台風研究部長


担当研究部

副課題1:台風研究部、予報研究部、気候研究部、気象衛星・観測システム研究部
副課題2:台風研究部、予報研究部


目的

A3 概念図

目標

台風進路予報の精度向上のため、全球及び領域解析・予報システムの構築・改良を行い、予測精度に影響を与える要因を分析する。また、台風強度解析の精度向上のため、衛星等リモートセンシングデータを用いた強度推定手法を改良する他、特に急発達・構造変化過程を解明し、強度予報の予測可能性に関する知見を得る。

(副課題1) 全球解析・予報システムと領域解析・予報システムを用いて、台風進路予報の精度向上に資する研究を行う。
(副課題2) 台風の強度・構造変化の予報の改善に必要な、台風強度推定の精度向上、急発達・構造変化過程の解明、及び台風強度等の予測可能性に関する研究を行う。

各年度の研究計画

研究計画の詳細は以下のファイルをご覧ください。

平成26年度(PDF 327KB) 平成27年度(PDF 402KB) 平成28年度(PDF 408KB) 平成29年度(PDF 406KB)



All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan