Top > 気象研究所の刊行物 > 気象研究所技術報告  > 第61号

気象研究所技術報告

第61号

強雨をもたらす線状降水帯の形成機構等の解明及び降水強度・移動速度の予測に関する研究

大阪管区気象台・彦根地方気象台・京都地方気象台・奈良地方気象台
和歌山地方気象台・神戸海洋気象台・松江地方気象台・鳥取地方気象台
舞鶴海洋気象台・広島地方気象台・徳島地方気象台
予報研究部

March 2010
[戻る]

 

PDF[0.47MB]

今回の地方共同研究について

目次
第1章 はじめにPDF[0.14MB]
第2章
現象の特徴別の線状降水帯の構造や維持機構PDF[34.40MB]
2.1
近畿地方中部の線状降水帯
2.2
日本海側から南下する線状降水帯
2.3
上記以外の線状降水帯
2.4
その他の降水帯や降水系
第3章
同化手法やアンサンブル手法を用いた線状降水帯の解析PDF[4.17MB]
第4章
まとめと今後に向けて
付録
ドップラーレーダーデータの解析法PDF[4.17MB]

GPS可降水量を用いた解析法

成果発表状況

担当者