応用気象研究部第一研究室


研究課題
シームレスな気象予測の災害・交通・産業への応用に関する研究
副課題1: 地域気候モデルによる予測結果の信頼性向上に関する研究

研究概要
日本における地球温暖化適応策の策定に有用となる、信頼度の高い気候予測情報の創出を目指します。地域気候モデルによる予測結果にばらつきをもたらす要因を分析し、モデルの開発・改良を行います。モデルによる予測結果に対して、不確実性を低減すると共に信頼度の評価を行います。

研究内容
①地域気候モデル及び数値実験設定の改良
気象庁の現業で使用されている数値モデルをベースに新たな地域気候モデルを開発します。長期の気候計算で重要となる陸面過程スキームの改良を行います。

②モデルによる再現・予測結果に対する信頼度評価
気候予測結果がどの程度信頼できるのか評価します。そのために統計的手法を活用すると共に、多数のシミュレーションで構成されるアンサンブル数値実験の結果を利用します。

③モデルによる再現・予測結果における物理的メカニズムの理解
様々な大気現象(降水システム、局地風など)や様々な気象要素(気温、雨、雪、風など)を対象にして、日本の気候の予測結果の分析を行います。

研究室メンバー

官職名氏名
室長村田 昭彦
研究官野坂 真也
研究官佐々木 秀孝

研究課題

経常研究