TOP > 研究成果について

研究成果に関する報道対応の報告について

報道発表

気象研究コンソーシアムで得られた成果について、報道発表等を行う場合は、発表内容を事前にご報告ください。 公表事前報告書の様式を使用し、運営委員会事務局までメール、Fax等で送付願います。

取材報告

気象研究コンソーシアムで得られた成果について、報道機関より取材を受けた場合は、速やかに取材内容をご報告ください。 取材報告書の様式を使用し、運営委員会事務局までメール、Fax等で送付願います。

取材報告書
取材報告書

成果を公表する場合の謝辞(acknowledgement)の例

和文

本研究で使用した気象庁データは気象庁と(社)日本気象学会の研究協力の枠組みである「気象研究コンソーシアム」を通じて提供されました。

英文

The JMA data used in this study was provided by way of ”Meteorological Research Consortium”, a framework for research cooperation of JMA and MSJ.

研究成果とりまとめ報告書の提出について

気象研究コンソーシアムで得られた成果の概要を、年度末毎にご報告ください。研究成果とりまとめ報告書の様式を使用し、運営委員会事務局までメールで送付願います。

研究成果一覧

成果論文リストを報告いただいている課題については、下表の課題名にリンクを作成します。 論文等の成果が出ている課題は、年度毎の研究成果取りまとめ報告書の提出に合わせて、添付のエクセル表をPDFとして保存してメールで送付願います。

番号課題名責任者所属機関備考
1 対流圏-成層圏力学的上下結合のメカニズムと予測可能性 向川 均 京都大学
2 熱帯大気循環の研究 里村 雄彦 京都大学 H24年度終了
3 メソ気象モデルを用いた局地風の吹送メカニズムに関する研究 松山 洋 首都大学東京
4 実用的な水災害リスクの推定に向けた全陸域水循環準リアルタイム推定 沖 大幹 東京大学
5 雪氷災害およびその発生予測に関する降雪等気象現象の解析研究 中井 専人 防災科学技術研究所
6 突風・豪雨災害をもたらす気象擾乱の事例解析 佐々浩司 高知大学
7 全球/領域化学輸送モデルを用いた物質輸送に関する研究 滝川雅之 海洋研究開発機構
8 アジアモンスーン地域における水循環変動に関する研究 中村 晃三 海洋研究開発機構 H24年度終了
9 客観解析データ・アンサンブル予報データを活用した大気循環変動の研究 中村 尚 東京大学
10 全球・領域気象予測モデルを用いた地球環境研究と将来予測 田中 博 筑波大学
11 アンサンブル予報データを用いた気象災害判断支援システムの試作 余田 成男 京都大学 H21年度終了
12 全球気候モデルを用いたエアロゾルの輸送および気候影響に関する研究 竹村 俊彦 九州大学
13 気候モデルの開発と気候形成、気候変動、予測可能性に関する研究 木本 昌秀 東京大学
14 アンサンブル予報を用いたブロッキング予測に関する研究 伊藤 久徳 九州大学 H24年度終了
15 全球雲解像大気モデルの熱帯気象予測への実利用化に関する研究 佐藤 正樹 海洋研究開発機構 H27年度終了
16 メソスケール気象の構造とメカニズムに関する研究 新野 宏 東京大学
17 温室効果ガス観測技術衛星GOSAT『いぶき』データの解析値とモデル予想値との比較に関する研究 今須 良一 東京大学 H24年度終了
18 全球アンサンブル予報を利用したダウンスケールデータ同化手法の開発 岩崎 俊樹 東北大学
19 地域の気候・気象現象に関する研究 山根 省三 同志社大学
20 インドネシア海大陸における対流活動の観測的研究 森 修一 海洋研究開発機構 H27年度終了
21 熱帯アジア域における数値天気予報 余田 成男 京都大学
22 日本周辺のメソ降水システムに関するモデル結果と衛星データとの比較による構造理解とそれを基にした衛星データの解釈 篠田 太郎 名古屋大学
23 MTSATラピッドスキャンと地上雲同時観測による雲の特性把握 樋口 篤志 千葉大学
24 全球降水マップの高分解能化に関する初期検討 牛尾 知雄 大阪大学
25 高解像度海上風予測と精度の定量化に関する研究 早稲田 卓爾 東京大学
26 九州北部地方の気象特性に関する研究 大西 晴夫 佐賀大学 H24年度終了
27 夏季及び冬季アジアモンスーンの予測変動に関する研究 川村 隆一 富山大学
28 雲降水システムのライフサイクルに関するラピッドスキャンデータ利用の検討 高藪 縁 東京大学
29 高解像度気象・気候予測の福島県周辺への応用 三瓶 岳昭 会津大学
30 リモートセンシング情報の気象災害研究への応用 中北 英一 京都大学
31 高精度衛星測位データを用いた気象予測システムの構築 津田 敏隆 京都大学
32 数値予報(降水量)を用いた洪水予測の可能性に関する研究 牛山 朋來 土木研究所
33 GSMデータを用いた九州西岸における副振動の発生予報に関する研究 山城 徹 鹿児島大学
34 気象予測情報を活用した農業技術情報の高度化に関する研究 大野 宏之 中央農業総合研究センター
35 梅雨期に黒潮上に発生する降水系に関する研究 万田 敦昌 三重大学
36 北陸のメソスケール現象に関する研究 安永 数明 富山大学
37 南西諸島とその周辺域におけるメソ対流系の発生機構に関する研究 山田 広幸 琉球大学
38 サブメソスケール領域海洋モデリングの高度化に関する研究 内山 雄介 神戸大学
39 雲解像モデルにおける雲の再現の衛星データを用いた検証 早坂 忠裕 東北大学
40 領域気象研究におけるMTSATラピッドスキャンデータ利用の検討 日下 博幸 筑波大学
41 日本付近のメソスケール低気圧およびその循環場への影響の研究 西 憲敬 福岡大学
42 新潟県を中心とした大雪・大雨などの様々な異常天候現象の詳細解析 本田 明治 新潟大学
43 衛星降雨量推定アルゴリズム高精度化に向けた初期的検討 重 尚一 京都大学
44 次世代運航システムのためのデータ同化によるリアルタイム乱気流予測 菊地 亮太 東北大学
45 台風構造の動的な解析・対流雲のライフサイクル等の研究 佐藤 正樹 東京大学
46 熱帯降水システムの発達・組織化メカニズムに関する研究 増永 浩彦 名古屋大学
47 多種多様な雲活動の研究 中野 満寿男 海洋研究開発機構
48 高分解能雲情報と大気追跡風を利用した対流性の雲に関する観測的・数値的研究 山田 広幸 琉球大学
49 熱帯低気圧の予測可能性に関する研究 榎本 剛 京都大学
50 北陸におけるメソスケール現象に関する研究 安永 数明 富山大学
51 高解像度ひまわりデータを用いた衛星による高分解能降水プロダクト作成に関する研究 牛尾 知雄 大阪大学
52 台風強度発達率と二次循環の関係 筆保 弘徳 横浜国立大学
53 MJO・台風発生時の大気波動擾乱等の熱帯擾乱のマルチスケール構造の解析 高薮 縁 東京大学

2015年度日本気象学会春季大会

専門分科会「気象庁データを利用した気象研究の現状と展望」(2015年5月21日実施)

コンビーナー:向川均(京大防災研)・高薮縁(東京大学AORI)・佐藤芳昭(気象庁数値予報)

 発表者(*は招待講演)所属機関講演スライド備考
1 *永戸 久喜 気象庁数値予報 気象庁現業数値予報システムの現状と開発計画
2 *新保 明彦 気象庁気候情報 気象庁現業1か月アンサンブル予報システム
3 *稲津 將 北大院理 確率微分方程式を用いた対流圏の予測可能性の解析
4  野口 峻佑 京大院理 極夜ジェット振動の予測可能性
5  田口 正和 愛知教育大 成層圏大規模突然昇温の予測可能性
6 *濱田 篤 東大AORI ラピッドスキャンデータを用いた雲降水システムの発生・発達過程の研究
7  榎本 剛 京大防災研 現業数値予報モデルを用いた予測可能性研究
8  大竹 秀明 産総研 気象庁データの電力システムにおける利用可能性
9  村山 泰啓 NICT オープンサイエンスと科学研究データ共有に関する国内外動向について