気象予報研究部第五研究室

研究室の概要

 電子顕微鏡による大気エーロゾル粒子の個々のレベルでの分析により、存在状態や物理化学特性などの基礎データを得る。 また、雲生成チェンバー等の装置を用いた実験やモニタリングを行い、各種大気エーロゾルの雲核(CCN)能、氷晶核(IN)能についての データを得る。これらの実験結果や測定結果を、新たに開発する詳細微物理モデルによって、解析しパラメータ化する。 さらに航空機観測データ等も用いて、雲・降水プロセス全般について検討を行い、3次元モデル用の新たな雲物理モデリングの提案を行う。

研究室メンバー

官職名氏名
   室長財前 祐二
主任研究官折笠 成宏
主任研究官田尻 拓也

研究課題

経常研究