緊急研究課題を立ち上げ、災害をもたらした
令和元年度台風の実態解明等の研究に取り組みます。


 本年7月の台風第5号による対馬での大雨災害、9月の台風第15号による千葉県南部を中心とした暴風被害、同じく9月の台風第17号に伴う延岡での突風被害など、本年も既に多くの台風に伴う被害が発生しています。この状況を受け、気象研究所では、緊急研究課題を立ち上げ、研究に取り組みます。

 今後、本研究で得られた研究成果は、順次、気象研究所ホームページに掲載していきます。


  緊急研究課題

研究課題名 災害をもたらした令和元年度台風の実態解明とそれに伴う暴風、豪雨、高波等の発生に関する研究
研究目的 令和元年度、日本社会に深刻な影響をもたらした台風及び台風に伴う暴風、豪雨、高波発生の特徴及び特異性を明らかにする。
研究期間令和元年10月15日~令和2年3月31日
研究成果本研究で得られた研究成果を、以下に順次掲載します。
  • 本研究で得られた研究成果一覧(令和元年10月23日現在)NEW
令和元年台風第15号に関する構造変化プロセスの 解明について(初期結果) (10月23日掲載)