Summary - 実用モデル開発・応用実験について   

― 実用モデル開発・応用実験(気象研究所担当) ―


メンバー
機関代表者
気象庁気象研究所予報研究部 斉藤 和雄 室長
研究所担当者
気象庁気象研究所予報研究部 林 修吾 研究官
気象庁気象研究所予報研究部 瀬古 弘 主任研究官
気象庁気象研究所予報研究部 小司 禎教 主任研究官
気象庁気象研究所予報研究部 川畑 拓矢 主任研究官
気象庁気象研究所台風研究部 上野 充 室長
気象庁気象研究所台風研究部 國井 勝 研究官
気象庁気象研究所予報研究部 黒田 徹 ポスドク研究員


研究活動概要
(1)気象庁メソモデルの精緻化と検証予報実験
 林、斉藤、瀬古、黒田  雲物理過程等モデルの精緻化による予測精度向上
 メソアンサンブル予報技術の開発
(2)メソモデル国際共同研究のための環境整備
 林、斉藤、瀬古、黒田  気象庁メソモデル英語ドキュメントの整備
 メソモデル利用を通じた国際技術協力と技術情報の共有
(3)メソモデル用データ同化システムを用いた熱帯域同化実験
國井、上野、瀬古、斉藤、川畑、小司、黒田  データ同化システムの高度化(熱帯域を対象とする4 次元変分法)
 台風初期値作成方法の高度化



HOME