重点研究
 沖合・沿岸津波観測等による津波の高精度予測に関する研究
   (副課題1)地震津波の発生・伝播メカニズムに関する研究
   (副課題2)沖合津波観測データ等を用いた津波予測手法に関する研究

研究期間  平成21年度〜平成25年度 (5年計画 第3年度:平成22年度 研究再編)
研究代表者 前田憲二 (地震火山研究部)
担当研究部 地震火山研究部

目 的  沿岸へ到達する前に津波を予測するためには、津波波源の推定、津波伝播の再現および、予測誤差低減のための沖合津波データ等活用が必要である。本研究では、津波予測の精度向上に資するため、これら津波予測の3要素に関する研究を行うことを目的とする。


目 標  津波後続波の減衰予測手法の構築や、沖合津波観測データを用いた津波予測手法の開発を目標としている。

(副課題1)
 本副課題では、津波波源(地震断層運動;津波伝播計算に必要な初期値)に関する知識の蓄積・改善および、津波伝播過程の高精度な再現を図るために、次の2項目について研究を実施する。
 @ 地震津波の発生メカニズムに関する研究
 A 津波伝播に伴う津波減衰特性の研究

(副課題2)
 本副課題では、沖合津波観測データの津波予測への活用手法を検討するとともに、津波波源の推定手法に関する技術基盤を強化するために、次の項目について研究を実施する。
 @ 沖合津波観測データを用いた津波予測手法の開発


研究の概要 (副課題1)
 @ 検潮記録などの解析、比較的大きな津波の場合は沿岸津波痕跡調査、あるいは大地震直後の余震活動などの調査に基づき、過去の地震津波の、より現実的な津波波源モデル、すなわち津波発生メカニズム、を明らかにすることを目的とし、津波波源に関する知識の蓄積および改善を図り、現行の津波予報システムの改良に資する。

 A 過去に観測された多数の津波後続波の検潮記録をデジタル化し、実際に観測された津波の減衰特性を類型化あるいは共通項の抽出を行うとともに、津波の減衰過程を予測するための理論的あるいは経験的な手法を構築することを目的とし、適切な津波警報の解除に資する。さらに、津波第1波から後続波まで高精度で再現可能な津波数値計算手法についても検討を加え、津波データベースの中に収録されるべき津波理論波形の高精度化を図る。

  気象庁への提供計画:
   本庁津波データベースの改良などの状況を踏まえ、研究成果は適宜提供する。

(副課題2)
 @ 主としてGPS波浪観測点における沖合津波観測データを活用し、観測点近傍の沿岸エリアに到達する津波の到来時刻および振幅を予測するための手法を構築することを目的とする。その際、GPS波浪観測も含め沖合津波観測技術・観測網の発展を踏まえて研究を進める。

  気象庁への提供計画:
   本庁の津波予報業務の状況を踏まえ、研究成果を適宜提供する。


平成23年度の
実施計画
(副課題1)
 ・ スマトラ島北西沖海域で平成22年度に取得した反射法地震探査データなどの解析および、海底断層の活動度と津波発生メカニズムの関係について検討する。
 ・ 遠地津波について、検潮所での津波観測波形をデジタル化し減衰特性を抽出する。

(副課題2)
 ・海岸付近での津波を高精度かつ効率的に計算可能な津波数値計算手法を検討する。
 ・GPS波浪計の津波観測精度を評価する。
 ・海底水圧計データを活用した沿岸津波波形の予測計算手法を昭和東南海地震へ適用する。
 ・水晶発振式水圧センサーおよび高精度水温計の観測坑内部での特性評価試験を実施する。


波及効果
  • 津波データベースが高度化する。
  • 津波予測のための初期値がより正確になる。
  • 津波警報を適切に解除するための付加的情報が加わる。
  • 現行の方式とは異なる津波予報技術シーズが生まれる。