気候変動予測研究費

温暖化による日本付近の詳細な気候変化予測に関する研究(H17年~H21年)

日本語 / English

研究期間 平成17年度~平成21年度
研究代表者 鬼頭 昭雄 (気候研究部)
担当研究部 気候研究部環境・応用気象研究部海洋研究部

研究目的  わが国における地球温暖化対策を推進するため、特に、水資源、河川管理、治山・治水、防災、農業、水産業や、保健・衛生などの分野など気候の変化に敏感で脆弱な分野を考慮した温暖化予測情報を提供できるよう、地域的温暖化予測を総合的に行う数値モデルを開発し、日本付近の地域気候変化予測を行う。

研究目標  融合型経常研究により開発している炭素循環モデル、エーロゾル化学輸送モデル、オゾン化学輸送モデルなどの各種物質輸送モデルを大気海洋結合モデルに取り込んだ「温暖化予測地球システムモデル」を開発する。また、わが国特有の局地的な現象を表現できる分解能を持った精緻な地域気候モデル(雲解像地域気候モデル)を開発して予測の不確実性を低減し、各種施策の検討に必要となる空間的にきめ細かな予測を行う。

研究概要 (1)温暖化予測地球システムモデルの開発
 温室効果気体やエーロゾルの排出シナリオから直接温暖化予測を行うことを可能とするために、炭素循環モデル、オゾン・エーロゾルなどの化学輸送モデルを従来の全球気候モデルと結合することにより、地球の気候システムを構成する気候要素(大気、海洋、陸面、雪氷、生態)間の物質交換と輸送を取り扱うことのできる温暖化予測地球システムモデルを開発する。さらに、積雲対流パラメタリゼーションなどの改良された物理過程を組み込むことにより、全球モデルの不確実性の低減を図る。また、モデルの精度評価と温暖化予測実験の解析も並行して進める。

(2)精緻な地域気候モデルの開発
 局地的な現象や日本の複雑な地形効果を十分に再現できる分解能4kmの精緻な地域気候モデル(雲解像地域気候モデル)を開発し、温暖化予測実験を実施する。この結果を用いて温暖化に伴う日本の気候変動の詳細な予測を行う。雲解像地域気候モデルの下部・側面境界条件にもちいる領域大気海洋結合モデルの高度化を行う。また、モデルの精度評価と温暖化予測実験の解析も並行して進める。



『温暖化による日本付近の詳細な気候変化予測に関する研究(H17年~H21年)』のポスターはこちら
成果発表

論文・報文

(1)温暖化予測地球システムモデルの開発
  • Ashrit, R., A. Kitoh and S. Yukimoto, 2005: Transient response of ENSO-monsoon teleconnection in MRI-CGCM2.2 climate change simulations. J. Meteor. Soc. Japan, 83, 273-291.
  • Bates, B.C., Z.W. Kundzewicz, S. Wu and J.P. Palutikof (Eds.), 2008 : Climate Change and Water. Technical Paper of the Intergovernmental Panel on Climate Change, IPCC Secretariat, Geneva, 210 pp.
  • Cagnazzo, C., Manzini, E., Calvo, N., Douglass, A., Akiyoshi, H., Bekki, S., Chipperfield, M., Dameris, M., Deushi, M., Fischer, A. M., Garny, H., Gettelman, A., Giorgetta, M. A., Plummer, D., Rozanov, E., Shepherd, T. G., Shibata, K., Stenke, A., Struthers, H., and Tian, W.:2009 Northern winter stratospheric temperature and ozone responses to ENSO inferred from an ensemble of Chemistry Climate Models, Atmos. Chem. Phys., 9, 8935-8948,
  • Eyring, V., D. W. Waugh, G. E. Bodeker, E. Cordero, H. Akiyoshi, J. Austin, S. R. Beagley, B. A. Boville, P. Braesicke, C. Bruhl, N. Butchart, M. P. Chipperfield, M. Dameris, R. Deckert, M. Deushi, S. M. Frith, R. R. Garcia, A. Gettelman, M. A. Giorgetta, D. E. Kinnison, E. Mancini, E. Manzini, D. R. Marsh, S. Matthes, T. Nagashima, P. A. Newman, J. E. Nielsen, S. Pawson, G. Pitari, D. A. Plummer, E. Rozanov, M. Schraner, J. F. Scinocca, K. Semeniuk, T. G. Shepherd, K. Shibata, B. Steil, R. S. Stolarski, W. Tian, and M. Yoshiki., 2007: Multimodel projections of stratospheric ozone in the 21st century, J. Geophys. Res., 112, D16205, doi:10.1029/2007JD008432.
  • Kitoh, A., M. Hosaka, Y. Adachi and K. Kamiguchi, 2005: Future projections of precipitation characteristics in East Asia simulated by the MRI CGCM2. Adv.Atmos. Sci., 22, 467-478.
  • Kitoh, A. and T. Uchiyama, 2006: Changes in onset and withdrawal of the East Asian summer rainy season by multi-model global warming experiments. J.Meteor. Soc. Japan, 84, 247-258.
  • Kitoh, A., 2008: Climate change. In: Asia-Pacific Coasts and Their Management: States of Environment. [Mimura, N. (ed.)], Springer, The Netherlands, 18-25.
  • Krishnan, R., V. Kumar, M. Sugi, and J. Yoshimura, 2008: Internal-feedbacks from monsoon- midlatitude interactions during droughts in the Indian summer monsoon. Accepted to J. Atmos. Sci.
  • Kusunoki, S., T. Nakaegawa, O. Arakawa, and I. Yagai, 2009: Simulations of land-surface air temperature and land precipitation in the twentieth century by the MJ98 AGCM. J. Meteor. Soc. Japan, 87, 473-495.
  • Kuroda, Y., M. Deushi, and K. Shibata., 2007: Role of solar activity in the troposphere-stratosphere coupling in the southern hemisphere winter, Geophys. Res. Lett., L21704, doi:10.1029/2007GL030983.
  • Meehl, G.A., T.F. Stocker, W.D. Collins, P. Friedlingstein, A.T. Gaye, J.M. Gregory, A. Kitoh, R. Knutti, J.M. Murphy, A. Noda, S.C.B. Raper, I.G. Watterson, A.J. Weaver and Z.-C. Zhao, 2007: Global Climate Projections. In: Climate Change 2007: The Physical Science Basis. Contribution of Working Group I to the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [Solomon S., D. Qin, M. Manning, Z. Chen, M. Marquis, K.B. Averyt, M. Tignor and H.L. Miller (eds.)], Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA, 747-845.
  • Obata, A., 2007: Climate-carbon cycle model response to freshwater discharge into the North Atlantic. J. Climate, 20, 5962-5976.
  • Scaife, A.A., F. Kucharski, C. K. Folland, J. Kinter, S. Bronnimann, D. Fereday, A. M. Fischer, S. Grainger, E. K. Jin, I. S. Kang, J. R. Knight, S. Kusunoki, N. C. Lau, M. J. Nath, T. Nakaegawa, P. Pegion, S. Schubert, P. Sporyshev, J. Syktus, J. H. Yoon, N. Zeng and T. Zhou, 2008:The CLIVAR C20C project: selected twentieth century climate events. Clim. Dyn., DOI 10.1007/s00382-008-0451-1
  • Shoji Kusunoki, Ryo Mizuta, 2008: Future Changes in the Baiu Rain Band Projected by a 20-km Mesh Global Atmospheric Model: Sea Surface Temperature Dependence. SOLA, 4, 85-88
  • Yamaguchi, K., A. Noda, and A. Kitoh, 2005: The changes in permafrost induced by greenhouse warming: A numerical study applying multiple-layer ground model. J. Meteor. Soc. Japan, 83, 799-815.
  • Yamaguchi, K., and A. Noda, 2006: Global Warming Patterns over the North Pacific: ENSO versus AO. J. Meteor. Soc. Japan, 84, 221-241.
  • Yoshimura, H. and S. Yukimoto, 2008: Development of a Simple Coupler (Scup) for Earth System Modeling. Papers in Meteorology and Geophysics, 59, 19-29.
  • Yoshizaki, M., C. Muroi, S. Kanada, Y. Wakazuki, K. Yasunaga, A. Hashimoto, T. Kato, K. Kurihara, A. Noda, and S. Kusunoki, 2005: Changes of Baiu(Mei-yu) frontal activity in the global warming climate simulated by a non-hydrostatic regional model. SOLA, 1, 25-28, doi: 10.2151/sola.2005- 008.
  • Yukimoto, S., A. Noda, A. Kitoh, M. Hosaka, H. Yoshimura, T. Uchiyama, K. Shibata, O. Arakawa, and S. Kusunoki, 2006: Present-day climate and climate sensitivity in the Meteorological Research Institute Coupled GCM version 2. 3(MRI-CGCM2. 3). J. Meteor. Soc. Japan, 84, 333-363.
  • Yukimoto, S., A. Noda, T. Uchiyama, S. Kusunoki and A. Kitoh, 2006 : Climate changes of the twentieth through twenty-first centuries simulated by the MRI-CGCM2.3. Pap. Meteor. Geophys., 56, 9-24
  • Yukimoto,S., Kodera,K., 2007: Annular Modes forced from the Stratosphere and Interactions with the Oceans. Journal of the Meteorological Society of Japan, 日本気象学会気象集誌「北極振動」特集号, vol.85, 943-952, 2007
  • Kyung-Sook Yun, Sun-Hee Shin, Kyung-Ja Ha, Akio Kitoh and Shoji Kusunoki, 2008: East Asian Precipitation Change in the Global Warming Climate Simulated by a 20-km Mesh AGCM. Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences, 44, 3, 233-247
  • Zhao, Z., A. Kitoh and D.-K. Lee, 2008 : Warming in East Asia as a consequence of increasing greenhouse gases. In: Changes in the Human-Monsoon System of East Asia in the Context of Global Change. (C. Fu, J.R. Freney and J.W.B. Stewart, Eds.), World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd., 105-114.
  • 鬼頭昭雄, 2005: 温暖化で大雨は増えるのか 科学, 75, 1155-1158.
  • 鬼頭昭雄, 中島映至, 小池俊雄, 花輪公雄, 住明正, 野田彰, 2006: IPCC第1作業部会第4次評価報告書の現状. 天気, 53, 589-596.
  • 鬼頭昭雄, 2006: モデルによる将来の気候変化予測. エネルギー・資源, 27, 108-112.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 地球温暖化 ―気候変動の行方~観測とシミュレーションの最新知見から見えてくるもの~. 資源環境対策, 43(15), 29-33
  • 鬼頭昭雄, 2007: 地球シミュレータによる100年後の日本の気候. エネルギーいんふぉめいしょん, 31(8), 2-19.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 温暖化で暖かくなると豊作になる?. 環境会議, 28, 64-69.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 気候モデルによる気候変化研究―温暖化と古気候の接点―. 低温科学, 65, 77-85.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 気候モデルによる温暖化予測 平成18年度地球温暖化防止対策国際合意形成調査研究報告書㈶地球産業文化研究所, 11-23.
  • 鬼頭昭雄, 2009: 地球温暖化と異常気象. 理大科学フォーラム, 296, 27-31.
  • 鬼頭昭雄, 2009: 気候変動シナリオの実際と将来予測. 水循環 貯留と浸透 71,6-12
  • 鬼頭昭雄, 2009: 地球システムモデルによる気候研究~温暖化研究と古気候研究の接点~ 日本地球惑星科学連合ニュースレター, Vol.5, No.4, 1-3.
  • 楠昌司, 2010 論説:地球温暖化と降水傾向, 2010「季刊 河川レビュー」水資源問題 146,4-11, 2010気候の変化「河川」特集 今後の河川管理のあり方, 764, 21-27
  • 虫明功臣, 福岡捷二, 鬼頭昭雄, 門松武, 2008: 気候変動と今後の対策. 河川, 64(1), 12-25.
  • 行本誠史, 2007: 温暖化予測技術の高度化に関する研究, 地球環境研究センターニュース, 18, 7, pp. 8-9.
  • 行本誠史, 2007: 地球温暖化予測の最近20年の進展, 天気, 54, 111-114.

(2)精緻な地域気候モデルの開発
  • Kurihara K., K. Ishihara, H. Sasaki, Y. Fukuyama, H. Saitou, I. Takayabu, K. Murazaki, S. Yukimoto and A. Noda, 2005: Projection of climatic change over Japan due to global warming by high-resolution regional climate model in MRI. SOLA, 1, 97-100, doi: 10.2151/SOLA.2005-026.
  • Murazaki, K., H. Sasaki, H. Tsujino, I. Takayabu, Y. Sato, H. Ishizaki and K. Kurihara, 2005: Climatic change projection for the ocean around Japan using a high-resolution coupled atmosphere-ocean regional climate model. SOLA, 1, 101-104, doi: 102151/sola 2005-027.
  • Sasaki, H., K. Kurihara, 2008: Relationship between Precipitation and Elevation in the Present Climate Reproduced by the Non-hydrostatic Regional Climate Model, SOLA, 4, 109-112, doi: 10.2151/sola.2008-028.
  • Sasaki, H., K. Kurihara, I. Takayabu, 2005: Comparison of climate reproducebility between a super-high resolution atmosphere general circulation model and a Meteorological Research Institute regional climate model. SOLA, 1, 81-84, doi:10.2151/SOLA2005-022.
  • Sasaki, H., K. Kurihara, I. Takayabu and T. Uchiyama, 2008: Preliminary experiments of reproducing the present climate using the non-hydrostatic regional climate model, SOLA, 4, 25-28, doi: 10.2151/sola.2008-007.
  • Sasaki, H., K. Kurihara, I. Takayabu, K. Murazaki, Y. Sato and H. Tsujino, 2006: Preliminary results from the Coupled Atmosphere-Ocean Regional Climate Model at the Meteorological Rasearch Institute. J. Meteor. Soc. Japan, 84, 389-403.
  • Sato Y., S. Yukimoto, H. Tsujino, H. Ishizaki and A. Noda, 2006: Response of North Pacific ocean circulation in a Kuroshio-resolving ocean model to an Arctic Oscillation (AO)-like change in Northern Hemisphere atmospheric circulation due to greenhouse-gas forcing. J. Meteor. Soc. Japan, 84, 295-309.
  • Sato, T., F. Kimura and A. Kitoh, 2007: Projection of global warming onto regional precipitation over Mongolia using a regional climate model. Journal of Hydrology, 333, 144-154.
  • Takayabu, I., H. Kato, K. Nishizawa, Y.N. Takayabu, Y. Sato, H. Sasaki, K. Kurihara and A. Kitoh, 2007: Future projections in precipitation over Asia simulated by two RCMs nested into MRI-CGCM2.2. J. Meteor. Soc. Japan, 85, 511-519.
  • 遠藤洋和, 蒔苗仁, 森浩俊, 倉橋永, 栗原和夫, 2007: 20km格子地域気候モデルによるヤマセ型低温の再現性と将来予測, 日本気象学会東北支部創立50周年記念文集, 53-58.
  • 気象庁, 2005: IPCCのSRES A2シナリオを用いた地域気候モデルおよび都市気候モデルによる気候予測. 地球温暖化予測情報第6巻.
  • 気象庁, 2008: IPCC温室ガス排出シナリオA1BおよびB1による日本の気候変化予測. 地球温暖化予測情報第7巻.
  • 倉橋永, 遠藤洋和, 森浩俊, 栗原和夫, 2007: 20km格子地域気候モデルによるヤマセ型低温の再現性と将来予測, 日本気象学会東北支部創立50周年記念文集, 47-52.
  • 栗原和夫, 2008: どうなる どうする温暖化. 日経エコロジー, 2008年5月号, 53-55.
  • 仙台管区気象台, 環境・応用気象研究部, 2008: 地球温暖化による東北地方の気候変化に関する研究.気象研究所技術報告, 52,82pp.詳細
  • 高藪出, 2005: 地域気候モデルの特性と課題について. 水文・水資源学会誌, 18, 547-556.
  • 高藪出, 2007: 地域気候モデルシステムによる日本周辺での降水の様相の将来の変化予測. 天気, 54, 617-621.
  • 高藪出, 2007: 温帯低気圧の理論的研究. 天気, 54, 533-536.
  • 高藪出, 2007: 2006 年度春季大会シンポジウム「異常気象に挑む-極端な降水現象の理解と予測を目指して-」の報告. 3.地域気候モデルシステムによる日本周辺での降水の様相の将来の変化予測, 天気, 54, 617-622.



学会発表
       
国際的な会議・学会等
(1)温暖化予測地球システムモデルの開発
  • Ha, K.-J., K.-S. Yun, S.-S. Lee, S.-R. Jang, A. Kitoh and S. Kusunoki, 2007.:Changes in the dominant patterns of Changma and rainy season. Third China-Korea-Japan Joint Conference on Meteorology, November 13-16, 2007, Beijing, China.
  • Kitoh, A, 2006: East Asian monsoons in the future projected by IPCC AR4 models. East Asia Climate (EAC) Workshop, March 31-April 1, 2006, Nantou, Taiwan.
  • Kitoh, A, 2006: Monsoon simulations for the past, present and future by a coupled ocean-atmosphere GCM. Fourth International Symposium of IGCP-476, Septemebr 3-6, 2006, Pusan National University, Pusan, Korea.
  • Kitoh, A., 2007: Asia-Pacific climate in the future. Korean Meteorological Society Symposium Global Warming and Its Socio-Economic Impacts, 21 March 2007, Seoul, Korea. [Invited]
  • Kitoh, A., 2007: How robust is the ENSO-monsoon teleconnection? JMS011: Monsoon Systems, IUGG2007, July 2-13, 2007, Perugia, Italy. [Invited]
  • Kitoh, A., 2007: Projection of the change in future weather extremes. 2nd Asian Ministerial Conference on Disaster Risk Reduction, 7-8 November 2007, New Delhi, India. [Invited]
  • Kitoh,A., 2007: Recent climate modeling activity at MRI. Japan-Taiwan Joint Workshop for the EAMEX and MAHAASRI, 17-18 December 2007, Goura,Hakone, Japan.
  • Kitoh,A. and collaborators, 2007: Next generation model development at MRI. Third China-Korea-Japan Joint Conference on Meteorology, November 13-16,2007,Beijing,Chaina.13-16, 2007, Beijing, China.
  • Kitoh, A., 2008: Simulation and projections of monsoon variability over South and East Asia. Institute on "The Asian Monsoon System: Prediction of Change and Variability", 2-12 January 2008, East-West Center, Honolulu, USA. [Invited Lecture]
  • Kitoh, A., 2008: Impact of climate change on Asian monsoon characteristics. WMO 4th International Workshop on Monsoons (IWM-IV), 20-25 October 2008, Beijing,
  • Kitoh,A., M. Hosaka and K. Kamiguchi, 2008: Impact of climate change on precipitation and riverflow. Symposium on Science and Practice of Basin-scale Water Policy for Population Upsurging Asia. 日本科学未来館.
  • Kitoh, A., 2009: How is the climate of Japan changing and projected to change? 日英ワークショップ:気候モデリングとビジネスリスク, 駐日英国大使館.
  • Kitoh, A., 2009: Climate modeling for adaptation to climate change in Asia. The Third GEOSS Asia-Pacific Symposium, 4-6 February 2009, Kyoto Research Park, Kyoto, Japan.
  • Kitoh, A., 2009: Climate modeling activity in Japan. The Third GEOSS Asia-Pacific Symposium, 4-6 February 2009, Kyoto Research Park, Kyoto, Japan.
  • Kitoh, A., 2009: Toward seasonal climate forecasting and climate projections in future. Tokyo Climate Conference, Tokyo. [Keynote Lecture]
  • Kitoh, A., 2009: Climate change projection for adaptation. Forum for Centennial Strategy for Adapting Climate Change and Reducing Water-related Disaster Risks, 29 September 2009, MITA KAIGISHO, Tokyo. [Keynote Speech]
  • Kitoh, A., 2009: Climate change projection for adaptation. National Workshop on Adaptation to Climate Change in the Philippines: Development of Climate Change Scenarios, 19 October 2009, Torre Venezia Hotel, Quezon City, Philippines. [Keynote Speech]
  • Kitoh, A., 2009: Climate change projection for adaptation. Local Seminar in Indonesia on the JICA regional training course "Capacity Development for Adaptation to Climate Change in Asia - Climate Change Analysis", 21 October 2009, Shangri-la Hotel, Jakarta, Indonesia. [Keynote Speech]
  • Kitoh, A., 2009: Climate change projection for adaptation. JMA Seminar, JAMSTEC, Yokohama.
  • Kitoh, A., 2009: Climate modeling activity at MRI. 12th International specialist meeting on the next generation models on climate change and sustainability for advanced high performance computing facilities, 24-26 March 2010, Epochal Tsukuba, Tsukuba.
  • Kitoh, A., 2010: Climate change projection for adaptation. Seminar 2: Climate Change Master Plan for Energy Pricing Fluctuation and Food Security, Siam City Hotel, Bangkok, Thailand.
  • Kusunoki, S., 2009: Modelo de proyeccio’n del clima de Japo’n, estudios de caso(日本の気候モデルによる温暖化予測の研究例), メキシコ・ユカタン半島における気候変動適応策策定支援JICAプロジェクトによるセミナー, メキシコ、チェトマル市, 17 November 2009.
  • Kusunoki, S., 2010: Future change in precipitation intensity of East Asian summer monsoon. Workshop on Predicting the Climate of the Coming Decades, 12 January 2010, Miami, Florida, USA.
(2)精緻な地域気候モデルの開発
  • Kurihara, K., 2008: Research on Regional Climate Projection at MRI. Seminar in KORDI (Korea Ocean Research and Development Institute), Korea.
  • Kurihara, K., H. Sasaki, I. Takayabu, K. Murazaki, and T. Uchiyama, 2008: Recent development of Regional Climate Models in MRI. Meeting of Regional Climate Modeling Intercomparison Project (RMIP) for Asia (Phase III). Beijing, China.
  • Kurihara, K., 2010: Non-hydrostatic Regional Climate Model in MRI, RMIP (Regional Climate Model Intercomparison Project for East Asia) International Workshop, Tsukuba.
  • Murazaki, K., K. Kurihara, H. Sasaki, I. Takayabu, T. Uchiyama, 2007: A Regional climate simulation over Japan nested with JRA-25. Third WCRP International Conference on Reanalysis, Tokyo.

国内の会議・学会等
(1)温暖化予測地球システムモデルの開発 (1)温暖化予測地球システムモデルの開発        
  • 荒川隆, 吉村裕正, 2008:21世紀気候変動予測革新プログラムにおけるカップラー開発. 日本気象学会2008年度春季大会
  • 石原幸司, 2007: MRI-RCM20 による温暖化予測結果に基づく不確実性の評価について.日本気象学会2007年度秋季大会
  • 石原幸司, 2008: 地球温暖化に伴う確率降水量変化の都道府県別評価に向けて.日本気象学会2008年度秋季大会.
  • 尾瀬智昭, 末吉雅和, 2008: エルニーニョに伴う西太平洋降水変動のCMIP3 モデルによる再現性.日本気象学会2008年度春季大会
  • 小畑淳, 2006: 北大西洋への淡水流入に対する気候炭素循環モデルの応答.日本気象学会2006年度秋季大会
  • 小畑淳, 2007: 北大西洋への淡水流入に対する気候炭素循環モデルの応答, -産業革命以後の温暖化実験について-.日本気象学会2007年度春季大会
  •        
  • 小畑淳, 2008: 北大西洋への淡水流入に対する気候炭素循環モデルの応答.日本地球惑星科学連合2008年大会
  •        
  • 小畑淳, 2009: 大気メタン急激増加に対する気候炭素循環モデルの応答-1000倍増加に対する数十年後について-.
  •     
  • 鬼頭昭雄, 2006: 温暖化予測 気候変動問題に対する中長期的取組みのあり方に関する検討委員会 東京・地球産業文化研究所.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 気候変化の自然科学的根拠 地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA).
  • 鬼頭昭雄, 2007: 気候変動予測の最前線 第7回水資源に関するシンポジウム.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 全球気候予測 IPCC WGI AR4出版記念講演会.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 地球温暖化の予測の最前線 技術交流inつくば.
  • 鬼頭昭雄, 2007:気候変動予測研究の最前線 地球環境と水の安全保障研究会.
  • 鬼頭昭雄, 2008: GCM研究の最前線(Ⅱ) 気候変動将来推計情報の水分野での利用促進シンポジウム.
  • 鬼頭昭雄, 2008: 地球温暖化予測の最前線 国土交通先端技術フォーラム.
  • 鬼頭昭雄, 2008:地球温暖化の科学的評価 気象大学校大学部4年生特修課程「気象業務論」授業.
  • 鬼頭昭雄, 2009: モンスーンとENSOのモデリングー過去・現在 日本地球惑星科学連合2009年大会, U054古環境科学の統合と地球環境の将来予測 千葉幕張メッセ国際外議場.〔invited〕
  • 鬼頭昭雄, 2009: 気象研究所地球システムモデルによる過去・現在・将来気候の研究. 気候変遷ミニ・ ワークショップ.京都, 京都大学.
  • 鬼頭昭雄, 2009:地球温暖化の影響. 東京理科大学セミナーハウス特別講義「環境とエネルギー」, 東京理科大学, 野田.
  • 鬼頭昭雄, 2009:気候変動への適応は国際的な課題〜途上国の気候変動将来予測への支援〜. 平成21年度 気象研究所研究活動報告会, 気象庁, 東京.
  • 楠昌司, 荒川理, 鬼頭昭雄, 2007: 大気海洋結合モデルによる梅雨期の降水強度の再現性.日本気象学会2007年度秋季大会
  •        
  • 楠 昌司, 水田 亮, 松枝 未遠, 2008: 60km 格子全球大気モデルのアンサンブル実験による梅雨の変化.日本気象学会2008年度秋季大会.
  • 楠昌司, 2009:気候モデルの出力をどう使うか?日本気象学会春季大会, 2009 シンポジウム「地球温暖化に 関する科学的根拠の解明と脆弱性評価のさらなる連携に向けて」.
  • 楠昌司, 2010: 地球温暖化で異常気象はふえるのか? 最先端サイエンスのやさしい講座, つくば市市民 活動センター, つくば.
  •        
  • 坂見智法, 尾瀬智昭, 保坂征宏, 田中泰宙, 2008: 気象研究所地球システムモデルにおけるエアロゾル‐雲相互作用の開発.日本気象学会2008年度秋季大会.
  • 田中泰宙, 出牛真, 坂見智法, 行本誠史, 他 温暖化特研グループ, 2007: 気象研究所地球システムモデルによるピナツボ火山起源エーロゾルのシミュレーション(その2):エーロゾルとオゾン光化学,大気放射の相互作用.日本気象学会2007年度秋季大会
  • 田中泰宙, 出牛真, 坂見智法, 行本誠史, 野田彰, 他 温暖化特研グループ, 2007: エーロゾルモデルの気象研究所地球システムモデルへの結合と火山性エーロゾルによるエーロゾル・放射結合実験.日本気象学会2007年度春季大会
  •        
  • 田中 泰宙, 坂見 智法, 行本 誠史, 他 温暖化特研グループ, 2008: 火山起源硫酸塩エーロゾルのシミュレーション-20世紀の火山起源エーロゾルによる放射収支への影響.日本気象学会2008年度秋季大会.
  • 出牛真、柴田清孝, 2007: 気象研究所対流圏―成層圏化学気候モデルの開発, -モデル概要と予備実験結果-.日本気象学会2007年度秋季大会
  • 向野智彦, 鬼頭昭雄, 2008: WCRP CMIP3 マルチモデルデータによる地上気温の年々変動と日々変動の将来変化.日本気象学会2008年度春季大会
  • 行本誠史, 保坂征宏, 吉村裕正, 坂見智法, 足立恭将, 田中泰宙, 出牛真, 小畑淳, 平原幹俊, 辻野博之, 野田彰, 他温暖化特研グループ, 2007: 気象研究所地球システムモデルの開発-モデル概要と予備実験結果-.日本気象学会2007年度春季大会
  •        
  • 吉村純, 2008: 日本における地球温暖化懐疑論の現状(招待講演).日本地球惑星科学連合2008年大会
  •        
  • 吉村裕正, 水田亮, 村上裕之, 行本誠史, 2009:エントレインメント率に幅を持たせたセミラグランジュ 積雲スキーム 日本気象学会春季大会.
  •        
(2)温暖化予測地球システムモデルの開発
           
  • 栗原和夫, 2007: 日本付近の詳細な気候予測を目指した地域気候モデルの現状, 平成19年度気象研究所 研究活動報告会, 気象庁, 2007年7月20日.
  • 栗原和夫, 2008: 地球温暖化と日本の気候変動の予測, 技術交流inつくば2008講演会「あなたの一歩が 明るい未来をつくる」(つくば研究学園都市交流協議会).
  • 倉橋永, 遠藤洋和, 森浩俊, 栗原和夫, 2007: 20km格子地域気候モデルによるヤマセ型低温の再現性と将来予測, 2007年度日本気象学会秋季大会
  • 佐々木秀孝, 栗原和夫, 2008: 地域気候モデル検証用降水データについて. 日本気象学会2008年度春季大会
  • 高藪出・佐々木秀孝・村崎万代・栗原和夫・広田知良、2005: チベット氷河の涵養メカニズムに関する モデル研究. 日本気象学会2005年度秋季大会.
  • 高藪出, 2008: 地域気候モデルによる温暖化予測. 日本気象学会2008年度秋季大会シンポジウム.
  • 西本基樹, 木村富士夫, 飯泉仁之直, 鬼頭昭雄, 横沢正幸, 2007: 地球温暖化にともなう異常気象・集中豪 雨などの予測のための地域気候モデルによる現在気候/温暖化実験 土木学会第15回地球シンポジウム.
  •        


ポスター発表

国際的な会議・学会等
(1)温暖化予測地球システムモデルの開発
  • Kitoh, A., 2009: MRI Earth System Model. Joint IPCC-WCRP-IGBP Workshop: New Science Directions and Activities relevant to the IPCC AR5, 3-6 March 2009, East-West Center, Honolulu, USA.
  • Obata, A., 2009: Climate-carbon cycle model study in MRI/JMA WMO Pre-CAS Technical Conference on ”Environmental Prediction in the Next Decade: Weather, Climate, Water and the Air We Breathe”, Incheon, Korea.
国内の会議・学会等
(1)温暖化予測地球システムモデルの開発
  • 遠藤洋和, 蒔苗仁, 森浩俊, 倉橋永, 栗原和夫, 2007: 20km格子地域気候モデルによるヤマセ型低温の再現性と将来予測.日本気象学会2007年度春季大会
  • 遠藤洋和, 2008: ヤマセに関連した大規模循環場の将来変化について, 2008年度日本気象学会春季大会.
  •        
  • 出牛真, 柴田清孝: 2009 21世紀予測実験に基づいた成層圏における物質輸送特性の長期変動解析 日本気象 学会2009年度秋季大会.
(2)温暖化予測地球システムモデルの開発
  • 村崎万代,栗原和夫,2009: SSTの高分解能化が日本域の気候再現実験に与える影響, 日本気象学会2009年度 春季大会.
  • 村崎万代, 栗原和夫, 佐々木秀孝, 内山貴雄, 高藪出, 2008: JRA-25のダウンスケーリングデータによる冬 季の日降水の年々変動.日本気象学会2008年度春季大会.
  • 村崎万代, 栗原和夫, 佐々木秀孝, 内山貴雄, 高藪出, 2008: JRA-25のダウンスケーリングデータによる夏 季降水量の変化. 日本気象学会2008年度秋季大会.
  • 村崎万代,佐々木秀孝,高藪出,内山貴雄,栗原和夫,2007: JRA-25を境界条件とした地域気候モデルを用 いた過去の気候再現実験.日本気象学会2007年度春季大会.
  • 佐々木秀孝,高藪出,栗原和夫,内山貴雄,村崎万代,2007: 非静力学地域気候モデルによる現在気候再現 実験.日本気象学会2007年度春季大会.
  • 高藪出,佐々木秀孝,栗原和夫,村崎万代,内山貴雄,大泉三津夫,2007: MJ-SiBを組み込んだ地域気候モ デルによる積雪の再現について.日本気象学会2007年度春季大会.
  • 内山貴雄,斎藤仁美,栗原和夫,佐々木秀孝,高藪出,村崎万代,辻野博之,諸岡浩子,行本誠史,2007: 領域大気海洋結合モデルを用いた日本の温暖化予測.日本気象学会2007年度春季大会.
  • 村崎万代,栗原和夫,2007: JRA-25を境界条件とした地域気候モデルを用いた過去の気候再現実験(その2 ).日本気象学会2007年度秋季大会.
  • 佐々木秀孝,高藪出,栗原和夫,内山貴雄,2007: 非静力学地域気候モデルによる現在気候再現実験(その 2).日本気象学会2007年度秋季大会.
  • 高藪出,佐々木秀孝,村崎万代,栗原和夫,廣田知良,2007: RCMによるCGCMのダウンスケーリング -西方 擾乱と一般場の関連について-.日本気象学会2007年度秋季大会.
  • 高藪出・佐々木秀孝・村崎万代・栗原和夫・広田知良、2005: 地域気候モデルによるチベット高原の積雪過 程のシミュレーション実験. 日本気象学会2005年度春季大会.
  • 村崎万代・佐々木秀孝・高藪出・栗原和夫・佐藤康雄・辻野博之・石崎廣・行本誠史・野田彰, 2005: 大気 海洋結合地域モデルを用いた温暖化予測実験. 日本気象学会2005年度春季大会.


報道・記事

  • 楠昌司, 2005:予測精度は高まっている. 論点, 毎日新聞, 2005年12月24日朝刊, 7.
  • 吉村純, 2007: 都政広報番組「TOKYO BOY」. 東京MXテレビ, 2007年9月23日, 30日.
  • 吉村純, 2007: 週刊プレイボーイ, 2007年9月15日.
  • 楠昌司, 2007: まったなし!地球温暖化対策~いま、私たちにできること~. テレビ愛知, 2007年9月24日.
  • 楠昌司, 2007: クローズアップ現代『身近に迫る地球温暖化(仮題)』. NHK総合テレビ, 2007年9月26日.
  • 鬼頭昭雄, 2007: IPCCノーベル平和賞受賞. 朝日新聞及び讀賣新聞, 2007年10月13日.
  • 鬼頭昭雄, 2007: 「地球異変」島が動く. 朝日新聞, 2007年12月17日.
  • 行本誠史, 2008: 温暖化に挑む日本の科学. 日刊工業新聞, 2008年1月1日.
  • 気象研究所, 2008: 深刻、水問題. 朝日新聞, 2008年1月16日夕刊.
  • 鬼頭昭雄, 2008: 巨大台風が日本に来る? 地球温暖化特集 ののちゃんの自由研究, 朝日新聞, 2008年4月30 日.
  • 行本誠史, 2008: 温暖化予測のカギ. 讀賣新聞, 2008年5月12日夕刊.
  • 吉村純, 2008: コメント. 日経ネットPlus, 2008年6月5日.
  • 吉村純, 2008: 台風 不気味な上陸ゼロ. 朝日新聞, 2008年9月27日.
  • 遠藤洋和, 2008: 異常気象, 朝日小学生新聞, 2008年9月18日.
  • 鬼頭昭雄、楠昌司, 2008: 陸と海 行き交う季節風. 讀賣新聞「ふしぎ科学館」. 2008年12月6日夕刊.
  • 楠昌司, 2009:ここ最近の豪雨について. TBSテレビ「みのもんたの朝ズバ!」, 2009年7月27日.


その他の成果

(2)温暖化予測地球システムモデルの開発
    地球環境総合研究推進費S-4「温暖化影響総合予測プロジェクト」においてRCM20を使用した論文を下記に掲げる。
  • Iizumi, T., M. Nishimori and M. Yokozawa, 2008: Combined equations for estimating global solar radiation: Projection of radiation field over Japan under global warming condition by statistical downscaling. J. Agric, Meteor, 64, 9-23.
  • 風間聡, 佐藤歩, 川越清樹, 2009: 温暖化による洪水氾濫とその適応策 (Inundation caused by climate change and its adaption in Japan), AIRIES, Vol.14, 135-141.
  • 川越清樹, 風間聡, 2009: 温暖化に対する土砂災害の影響評価 (Slope failure risk evaluation due to global warming), AIRIES, Vol.14, 143-152.
  • 田中信行, 中園悦子, 津山幾太郎, 松井哲哉, 2009: 温暖化の日本産針葉樹10種の潜在生育域への影響予測 (Assessing impact of climate warming on potential habitats of ten conifer species in Japan), AIRIES, Vol.14, 153-164.
  • 松井哲哉, 田中信行, 八木橋勉, 小南裕志, 津山幾太郎, 高橋潔, 2009: 温暖化にともなうブナ林の適域の変化予測と影響評価 (Prediction and impact assessment of the changes in suitable habitats for beech (Fagus crenata) forests under climate change scenereos), AIRIES, Vol.14, 165-174.
  • 杉浦俊彦, 杉浦裕義, 阪本大輔, 朝倉利員, 2009:温暖化が果樹生産に及ぼす影響と適応技術 (Effects of global warming on fruit tree production and adaptation techniques), AIRIES, Vol.14, 207-214
  • 田村憲治, 松本幸雄, 佐々木寛介, 椿貴博, 2009: 地球温暖化と大気汚染:光化学オキシダント濃度への影響と超過死亡リスク (Global warming and air pollution: The influence on the photochemical oxidant concentration and the exess death risk), AIRIES, Vol.14, 271-277.
    また、その他でRCM20が利用された応用研究の論文を以下に掲げる。
  • Yokozawa, M., S. Goto, Y. Hayashi and Seino, 2003: Mesh climate data for evaluation climate change impacts in Japan under gradually increasing atmospheric CO2 concentration. Jounal of Agricultural Meteorology, 59(2), 117-130.
  • 佐山敬洋, 立川康人, 寶馨, 増田亜美加, 鈴木琢也, 2008: 地球温暖化が淀川流域の洪水と貯水池操作に及ぼす影響の評価, 水文・水資源学会誌, 21, 296-313.
 

気象庁気象研究所>温暖化による日本付近の詳細な気候変化予測に関する研究
所内関連サイト:地球温暖化の基礎知識

Jun. 2010
by Team GW of MRI
Copyright(C) 2008-2010 Meteorological Research Institute. All Rights Reserved.