平成29年度 京都大学防災研究所 一般研究集会「台風研究会」
−激甚化する台風災害の要因解明と減災へ向けて−

研究会の趣旨

2016年に6つの台風が日本に上陸し、上陸数は2004年以来最大となりました. また多くの台風が全国に接近し、特に北日本では台風の接近・上陸による自然災害が相次ぐなど、地域社会は甚大な被害を受けました.本集会では気象学、海洋学、風工学、土木工学、情報学、生態学といった様々な分野の研究者が一堂に会し、それぞれの視点からの台風に関する研究成果を提示し、議論を交わすことで、激甚化する台風災害の要因を解明し、対策を提案することを目的とします。興味と関心のある方は是非御参加下さい.

運営組織

研究代表者: 和田 章義 (気象研究所台風研究部)
防災研担当者 竹見 哲也 (京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門)

日時と場所

開催日時: 2017年9月28日(木), 29日(金)
開催場所: 京都大学宇治キャンパス
防災研究所連携研究棟3階大会議室 (
水色5番の建物
(JR奈良線黄檗駅,京阪電車黄檗駅より徒歩約10分)

プログラム

プログラム案(2017/9/25現在)

講演・参加申し込み(8/1:締切となりました)

 講演をご希望の方は,以下の参加フォームを使用して, 講演題目や講演者名などの情報を合わせて電子メールでお申し込みください. 旅費の支給をご希望の方は,その旨もお知らせください. 参加のみご希望の方も,同様にご連絡ください. 原則として講演者を優先させて頂きますが、若手研究者や大学院生、民間にも支給することを考えています. 支給できる旅費には限りがあるため,希望者数によっては完全にご希望に添えるとは限りませんので,ご了承ください. また,観光シーズンで混み合う時期ですので,早めに宿泊先を各自でご用意下さい.
締 切: 2017年7月31日(月)
申込先: tcws2017 [あっと] storm.dpri.kyoto-u.ac.jp
========参加フォーム(講演希望の場合)======================
講演者:     和田章義(*)・竹見哲也 (発表者に*をつける)
講演タイトル:  台風について
講演希望時間帯: いつでも可 / 9月28日午後、29日午前・午後
懇親会: 参加 / 不参加
講演希望者氏名・所属機関・勤務先住所・メールアドレス:
(所属部局、部課名などまでご記入ください)
旅費希望: 希望する (あるいは、希望しない)
旅費区間(旅費希望者のみ):
職名:   主任研究官
旅行区間: つくば−京都
旅行期間: 平成28年9月28-29日
出張依頼状の有無:有り / 無し
(「有り」の場合、依頼状の宛名および依頼状の送付先氏名・住所も記載してください)

※講演プログラム作成上、必ずしもご希望に沿えない可能性がありますので、ご了承ください。

========参加フォーム(参加のみ場合)======================
氏名:  竹見哲也
懇親会: 参加 / 不参加
所属機関:京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門
勤務先住所:〒2611-0011 宇治市 五ケ庄
メールアドレス:typh00n@tenki.dpr1.kyotodaigaku.ac.jp
旅費希望: 希望しない
旅費区間(旅費希望者のみ):