TOP > 火山研究部 > 2011年霧島山新燃岳噴火関連


◎2011年霧島山(新燃岳)噴火対応

平成22年度 科学技術振興調整費による「平成23年霧島山新燃岳噴火に関する緊急調査研究」に参加しました。

1.火山噴火予知連絡会資料

2011 2 3日開催 拡大幹事会

気象レーダで観測された2011年霧島山噴火に伴う噴煙エコー
130日から22日の新燃岳噴煙活動状況
霧島山(新燃岳)の火山活動について


2011 215日開催 第118回火山噴火予知連絡会

ALOS/だいちから観測された霧島山新燃岳噴火
新燃岳噴煙活動状況(現地目視観測による)
気象レーダで観測された2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う噴煙エコー(第2報)
2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う降灰予報の予備検証
霧島山新燃岳噴火に伴い実施した降灰連続サンプリング調査について
霧島新燃岳の地殻変動


2011 322日開催 第119回火山噴火予知連絡会

気象レーダで観測された2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う噴煙エコー(第3報)
ALOS/だいちから観測された霧島山新燃岳噴火−2
霧島山(新燃岳)GPS 解析


2011 6 7日開催 第120回火山噴火予知連絡会

気象レーダで観測された2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う噴煙エコー(第4報)
霧島山(新燃岳)の地殻変動
「だいち」により観測された霧島山新燃岳山頂火口について


20111011日開催 第121回火山噴火予知連絡会

2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う噴煙エコーの検知状況(第5報)
霧島山(新燃岳)の地殻変動


火山噴火予知連絡会会報 第108号 (2012年8月刊行)

2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う降灰予報の予備検証
種子島・福岡レーダーで観測された2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う噴煙エコー頂高度の時間変化


火山噴火予知連絡会会報 第109号 (2012年8月刊行)

霧島山(新燃岳)の地殻変動
種子島・福岡レーダーで観測された2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う噴煙エコー頂高度の時間変化(その2)
「だいち」により観測された霧島山新燃岳山頂火口の地形変化および霧島山周辺の地殻変動について

 

2.学会等発表資料

2011 33-4日開催「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」平成22年度成果報告シンポジウム

新燃9 気象研究所における新燃岳噴火対応


2011 520-25日開催 日本地球惑星科学連合大会

気象レーダーにより観測された2011年霧島山(新燃岳)の噴煙エコー
2011年霧島新燃岳噴火に伴う噴煙観測および降灰調査
「だいち」が捉えた2011霧島新燃岳の噴火経過


2011102-4日開催 日本火山学会秋季大会

2011年霧島山新燃岳噴火前の山頂部地殻変動
重力データから推定される霧島火山地域の地下密度構造


20111116-18日開催 日本気象学会秋季大会

2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う降灰予報の検証


2012 36-8日開催「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」平成23年度成果報告シンポジウム

7019 地殻変動観測による火山活動監視評価と噴火シナリオの高度化に関する研究
7022 気象観測技術等を活用した火山監視・解析手法の高度化に関する研究


2012 526-29日開催 日本気象学会春季大会

2011年霧島山(新燃岳)噴火に伴う量的降灰予測

―気象レーダーにより観測された噴煙エコー頂高度の利用―

 

3.論文

SOLA(2012年4月発行)

Hashimoto, A., T. Shimbori and K. Fukui, 2012: Tephra Fall Simulation for the Eruptions at Mt. Shinmoe-dake during 26-27 January 2011 with JMANHM, 37-40.


験震時報 第77巻(2013年12月発行)

安藤 忍, 2013: ALOS「だいち」により観測された霧島山新燃岳山頂火口の変化について, 97-110.
高木朗充・新堀敏基・山本哲也・白土正明・平祐太郎・加藤幸司・福井敬一, 2013: 物理観測による新燃岳の噴火規模の即時的な推定の試み, 111-118.
鬼澤真也・新堀敏基・福井敬一, 2013: 遠望カメラ画像による噴煙高度の把握とマグマ噴出率の推定−2011年3月13日霧島山新燃岳噴火の事例−, 119-138.
新堀敏基・桜井利幸・田原基行・福井敬一, 2013: 気象レーダー・衛星による火山噴煙観測−2011年霧島山(新燃岳)噴火の事例−, 139-214.
鬼澤真也・新堀敏基・福井敬一・安藤 忍・弘瀬冬樹・木村一洋・吉田康宏・岩切一宏・吉田知央・山本哲也・吉川澄夫, 2013: 2011年霧島山新燃岳噴火における降灰観測と予測, 215-222.
福井敬一・寺田暁彦, 2013: 霧島山新燃岳2011年2月の放熱率とH2O放出率, 223-228.

 

4.ALOS「だいち」によるSAR強度画像を用いた霧島山新燃岳火口の変化


気象庁気象研究所では、陸域観測技術衛星「だいち」を使った解析を行っています。 解析結果は こちらをご覧ください。

 

5.気象レーダー解析・火山灰の輸送シミュレーション

 気象庁気象研究所では、気象庁の気象ドップラーレーダー(種子島・福岡等)、空港気象ドップラーレーダー(鹿児島)などを使った遠隔観測データの収集・解析を行っています。また、降灰予報の検証や噴煙−降灰モデルによる火山灰の輸送シミュレーションなどを行っています。2011年霧島山(新燃岳)噴火対応については、平成23年度研究成果発表会の資料をご覧ください。

 

6.現地観測報告


気象庁気象研究所では、2011年霧島山(新燃岳)の噴火に伴い、降灰調査および噴煙映像連続観測を行いました。 可視画像は こちらをご覧ください。

 

※気象庁における情報

 気象庁 新燃岳関連情報
 鹿児島地方気象台
 宮崎地方気象台
 福岡管区気象台

※外部リンク

 国土地理院
 (独)防災科学技術研究所
 (独)産業技術総合研究所 地質調査総合センター
 東京大学 地震研究所

 九州地方整備局
 宮崎県
 鹿児島県

Last updated: 30 June, 2014


火山研究部のトップページへ戻る