Fuyuki Hirose's HP

論文・発表





論文リスト

査読ありの論文の頭に*印をつけています.

2017年

  • *弘瀬冬樹・前田憲二 (2017), 本震前に現れるG-R則からの逸脱と,その特徴に基づいた地震予測モデルの提案, 地震2, 70, 21-40, doi:10.4294/zisin.70.21. [PDF]

2016年

  • *小林昭夫・弘瀬冬樹 (2016), 千葉県北部の地震活動と同期した非地震性すべり, 地震2, 69, 1-9, doi:10.4294/zisin.69.1. [PDF]

2015年

  • *弘瀬冬樹・中西一郎 (2015), 1854年安政南海地震による愛媛県最南端(愛南町)での地震動・津波被害・地下水位変化-庄屋史料と藩史料の比較から分かる庄屋史料の有用性と地殻変動推定の可能性-, 地震2, 68, 107-124, doi:10.4294/zisin.68.107. [PDF][正誤表PDF]
    【2016年度日本地震学会論文賞】, 【受賞理由】

2013年

  • *Hirose, F., and K. Maeda (2013), Simulation of recurring earthquakes along the Nankai trough and their relationship to the Tokai long-term slow slip events taking into account the effect of locally elevated pore pressure and subducting ridges, J. Geophys. Res., Solid Earth, 118, 4127-4144, doi:10.1002/jgrb.50287. [Abstract][PDF]

2011年

  • *Nakajima, J., A. Hasegawa, and F. Hirose (2011), Stress regime in the Philippine Sea slab beneath Kanto, Japan, Geophys. Res. Lett., 38, L16318, doi:10.1029/2011GL048754. [Abstract][PDF]
  • *Hirose, F., K. Miyaoka, N. Hayashimoto, T. Yamazaki, and M. Nakamura (2011), Outline of the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake (Mw9.0)- Seismicity: Foreshocks, Mainshock, Aftershocks, and Induced Activity -, Earth Planets Space, 63, 513-518. [Abstract][PDF]
  • *Hirose, F., and K. Maeda (2011), Earthquake Forecast Models for Inland Japan Based on the G-R Law and the Modified G-R Law, Earth Planets Space, 63, 239-260. [Abstract][PDF]

2010年

  • *木村一洋・前田憲二・弘瀬冬樹 (2010), 1935年および1965年の静岡地震による東海地震の発生時期への影響, 験震時報, 73, 165-168. [PDF]
  • *長谷川 昭・中島淳一・内田直希・弘瀬冬樹・北 佐枝子・松澤 暢 (2010), 日本列島下のスラブの三次元構造と地震活動, 地学雑誌, 119(2), 190-204. [PDF]

2009年

  • *Nakajima, J., F. Hirose, and A. Hasegawa (2009), Seismotectonics beneath the Tokyo metropolitan area, Japan: Effect of slab-slab contact and overlap on seismicity, J. Geophys. Res., 114, B08309, doi:10.1029/2008JB006101. [Abstract][PDF]
  • *弘瀬冬樹・前田憲二・高山博之 (2009), 東海地域の長期的スロースリップイベントおよび地震サイクルの再現の試み, 地震2, 62, 67-84. [PDF]
  • 弘瀬冬樹・前田憲二・高山博之 (2009), 南海トラフ沿い巨大地震の破壊開始点および発生時期の推定-フィリピン海スラブの3次元沈み込み形状を用いた地震発生シミュレーション-, 月刊地球, 31(5), 255-263.

2008年

  • *高山博之・前田憲二・弘瀬冬樹 (2008), 南海トラフ沿い大地震の開始位置に与えるプレート境界の形状の効果, 地震2, 60, 279-284. [PDF]
  • *Hirose, F., J. Nakajima, and A. Hasegawa (2008), Three-dimensional seismic velocity structure and configuration of the Philippine Sea slab in southwestern Japan estimated by double-difference tomography, J. Geophys. Res., 113, B09315, doi:10.1029/2007JB005274. [Abstract][PDF][訂正版PDF]
  • *弘瀬冬樹・中島淳一・長谷川 昭 (2008), Double-Difference Tomography法による関東地方の3次元地震波速度構造およびフィリピン海プレートの形状の推定, 地震2, 60, 123-138. [PDF][訂正版PDF]

2007年

  • *岡田正実・高山博之・弘瀬冬樹・内田直希 (2007), 地震長期発生確率予測に使用する更新過程対数正規分布モデルのパラメータ事前分布, 地震2, 60, 85-100. [PDF]
  • *弘瀬冬樹・中島淳一・長谷川 昭 (2007), Double-Difference Tomography法による西南日本の3次元地震波速度構造およびフィリピン海プレートの形状の推定, 地震2, 60, 1-20. [PDF]
  • 長谷川 昭・中島淳一・弘瀬冬樹 (2007), スラブ地殻内の相転移の深さと上面地震帯-短期的ゆっくり滑り・深部低周波微動の発生を規定?-, 月刊地球, 29, 364-375.
  • *明田川 保・伊藤秀美・弘瀬冬樹 (2007), X Window Systemを用いた地震検索・地震活動解析プログラム(REASA)の開発, 験震時報, 70, 51-66. [PDF]

2005年

  • *橋本徹夫・上野 寛・桑山辰夫・中村浩二・弘瀬冬樹・福満修一郎・細野耕司 (2005), 2004年9月5日に紀伊半島沖・東海道沖で発生した地震の活動概要, 地震2, 58, 261-271. [PDF]

2002年

  • *弘瀬冬樹・中村綾子・長谷川 昭 (2002), アスペリティの破壊に伴うb値の変化-東北日本太平洋下のb値の時空間分布-, 地震2, 55, 249-260. [PDF], [Fig. 4-8の高画質PDF]
  • *弘瀬冬樹・中村綾子・中島淳一・長谷川 昭 (2002), 東北日本弧下のマグマ供給源の分布-b値とS波速度から推定される島弧走向方向の変化-, 火山, 47, 475-480. [PDF], [Fig. 2-4の高画質PDF]

学位論文

博士論文

  • Double-difference tomography法による関東・西南日本下のプレート構造の研究, 東北大学, 142 pp. (2008年1月)

修士論文

  • 東北地方の地震活動の時空間変化, 東北大学, 111 pp. (2002年3月)

報告書

  • 前田憲二・弘瀬冬樹 (2016), 群発的地震活動を前震活動と仮定して行う本震の発生予測手法:最近の活動事例による検証, 予知連会報, 96, 476-480. [PDF]
  • 弘瀬冬樹・前田憲二・藤田健一 (2016), 三重県南東沖の地震(2016年4月1日,M6.5)による南海トラフ大地震に対する影響, 予知連会報, 96, 311-316. [PDF]
  • 前田憲二・弘瀬冬樹 (2016), 前震活動に基づく地震発生の経験的予測, 予知連会報, 95, 415-419. [PDF]
  • 前田憲二・弘瀬冬樹 (2015), 前震活動に基づく地震発生の経験的予測(長野県北中部地域への適用), 予知連会報, 94, 108-111. [PDF]
  • 弘瀬冬樹・前田憲二・藤田健一 (2015), 南海トラフ沿い巨大地震とスロースリップ, 予知連会報, 93, 429-431. [PDF]
  • 気象研究所 (2013), 2011年東北地方太平洋沖地震前に見られた前兆的現象, 予知連会報, 90, 503-508. [PDF]
  • 弘瀬冬樹・前田憲二 (2012), 東海地域の割れ残りと東海地域および豊後水道の長期的スロースリップイベントの再現, 予知連会報, 87, 504-506. [PDF]
  • 弘瀬冬樹・前田憲二 (2011), G-R則および改良G-R則を用いた地震発生予測モデル-MGRモデル-, 予知連会報, 85, 437-439. [PDF]
  • 弘瀬冬樹・前田憲二 (2010), 東海地域の割れ残りと長期スローイベントとの関係, 予知連会報, 84, 547-549. [PDF]
  • 気象研究所 (2009), 西南日本で発生する深部低周波地震の深さ変化, 予知連会報, 82, 483-485. [PDF]
  • 弘瀬冬樹 (2006), 平成12年(2000年)三宅島噴火及び新島・神津島近海の地震活動調査報告(9.2節 地震活動の特徴), 気象庁技術報告, 128, 195-208.