Fuyuki Hirose's HP

太平洋プレート

北海道から小笠原諸島までの太平洋プレートの形状を示しています.
トモグラフィー,地震活動,メカニズム解による情報に基づいて各研究者が推定したプレート形状データを統合しました.



図1.フィリピン海スラブおよび太平洋スラブ上面のコンター. PDF版

フィリピン海スラブの形状については,PHSを参照してください.
太平洋プレートの形状については, 北海道~東北北部1,東北北部~東北南部2,関東地方~伊豆弧北部3を統合しました. 青破線はフィリピン海スラブの北東端4を示します. 青領域はフィリピン海スラブと太平洋スラブの接触域3を示します. 矢印は陸のプレート(ユーラシア,アムール,およびオホーツクプレート)に対するフィリピン海プレートおよび太平洋プレートの沈み込みベクトル5

※海溝の深さをプレート形状に反映させているため,たとえば, 深い伊豆小笠原海溝では,10 kmのコンターと海溝がほぼ一致しています. 太平洋プレートの深さ0 kmのコンターは図示上の便宜的なものです.