川畑 拓矢

気象研究所 予報研究部 第2研究室 主任研究官
併任:神戸大学 客員准教授
Email: tkawabat(at)mri-jma.go.jp
主な研究分野: データ同化 (メソβ-γスケールの局地的豪雨の再現・予測)

略歴
1994.03気象大学校卒業
1994-1995鳥取地方気象台 技術課
1996-1997高松地方気象台 予報課
1998-1999大阪管区気象台 気候・調査課
2000-2008気象研究所 予報研究部
2008-気象研究所 予報研究部 主任研究官
2014.5博士(理学)京都大学 博士論文
2014.6-2015.9Institute of Physics and Meterogology at University of Hohenheim

参加研究プロジェクト
  • 気象研究所重点研究「メソスケール気象予測の改善と防災気象情報の高度化に関する研究
  • 気象研究所重点研究「台風の進路予報・強度解析の精度向上に関する研究」
  • ポスト京重点課題4 サブ課題A「革新的な数値天気予報と災害レベル推定に基づく高度な気象防災」
  • [CREST]「ビッグデータ同化」の技術革新の創出によるゲリラ豪雨予測の実証
  • 科研費(代表) 粒子フィルタを用いた積乱雲の発生・発達に関する不確実性の解明(2017-2020年度)

    著作リスト(*は査読付き論文)
    • 2010
      • 別所康太郎, 中澤哲夫, 川畑拓矢, 釜堀弘隆, 高野洋雄, 新藤永樹, 國井勝, 原昌弘, 高橋清利, 海老田綾貴, 太田行哉, 古林慎哉, 守谷昌己, 本田有機, 澤田謙, 2010: 伊勢湾台風再現実験プロジェクト, 天気, 57, 247-250.
    • 2008
      • 川畑拓矢, 2008: 雲解像データ同化による深い対流雲の研究. 気象学におけるデータ同化, 気象研究ノート, 217, 207-223.
      • Kawabata, T., H. Seko, T. Kuroda, and K. Saito, 2008: An Assimilation Experiment of a Heavy Rainfall Event around Tokyo with a Cloud-Resolving Nonhydrostatic 4D-Var Assimilation System, CAS/JSC WGNE Res. Activ. Atmos. Oceanic Modell., 38, 1.13-1.14.
    • 2006
      • Kawabata, T., H. Seko, T. Kuroda, K. Tamiya, K. Saito and T. Tsuyuki, 2006: Assimilation Experiment of the Nerima Heavy Rainfall with a Cloud Resolving Nonhydrostatic 4 Dimensional Variational Data Assimilation System, CAS/JSC WGNE Res. Activ. Atmos. Oceanic Modell., 36, 1.13-1.14.
      • 川畑拓矢, 瀬古弘, 田宮久一郎, 黒田徹, 斉藤和雄, 露木義, 2006: 第3回天気予報研究会の報告: 雲解像度非静力学4次元変分法データ同化システムを用いた練馬豪雨事例に関するデータ同化実験, 天気, 53, 667-668.



    学会等発表
    • 2016
        Kawabata, T., H. Iwai, H. Seko, Y. Shoji, K. Saito, S. Ishii, and K. Mizutani, 2016: Cloud-Resolving 4D-Var Assimilation of Doppler Wind Lidar Data on a Meso-gamma Scale Convective System, RIKEN International Symposium on Data Assimilation / The 7th Japanese Data Assimilation Workshop (Kobe)
      • 川畑拓矢,山内洋,南雲信宏,足立アホロ, 2016: 二重偏波レーダーデータを用いたデータ同化実験, 第1回 革新的な数値天気予報と被害レベル推定に基づく高度な気象防災成果発表会, (東京)
      • 川畑拓矢,山内洋,南雲信宏,足立アホロ, 2016: 二重偏波レーダーデータを用いたデータ同化実験, 2016年度日本気象学会秋季大会, (名古屋)
      • Kawabata, T., H. Yamauchi, N. Nagumo, A. Adachi, 2016: Development of Assimilation Methods for Polarimetric Radar Data, The 4th International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, Hakone, Japan
      • (*) Kawabata, T., 2016: Assimilation of slant total delay into a NWP model, Seminar on application of GNSS, SAR and NWP models for atmosphere studies, Como, Italy
      • (*) Kawabata, T., 2016: Overview of numerical weather prediction (NWP) and data assimilation, Seminar on application of GNSS, SAR and NWP models for atmosphere studies, Como, Italy
      • Kawabata, T., T. Schwitalla, H.-S. Bauer, V. Wulfmeyer and A. Adachi, 2016: Development of assimilation methods for polarimetric radars at storm scales, The 5th Annual International Symposium on Data Assimilation, Reading, UK
      • Kawabata, T., T. Schwitalla, H.-S. Bauer, V. Wulfmeyer and A. Adachi, 2016: Comparison of Forward Operators for Polarimetric Radars Aiming for Data Assimilation, Third International Workshop on Tokyo Metropolitan Area Convection Study for Extreme Weather Resilient Cities (TOMACS/RDP), Tokyo
    • 2015
      • Kawabata, T., T. Schwitalla, H.-S. Bauer, V. Wulfmeyer and A. Adachi, 2015: Data Assimilation of Polarimetric Radar Data with WRF-Var, 2015年度日本気象学会秋季大会, (京都)
      • 川畑拓矢, Hans-Stefan Bauer, Thomas Schwitalla, Volker Wulfmeyer, 足立 アホロ, 2015: 二重偏波レーダーデータ同化観測演算子の開発, 非静力学モデルに関するワークショップ, (那覇)
    • 2014
      • Kawabata, T., T. Schwitalla, H.-S. Bauer, and V. Wulfmeyer, 2014: Development of an Observation Operator for Dual Polarimetric Radar, ERAD2014, (Germany)
      • Kawabata, T., K. Ito, K. Saito, and Y. Honda, 2014: Development of Ultra-high Resolution 4D-Var, 局地豪雨予測のための先端的データ同化と雲解像アンサンブル手法に関する研究集会
      • (*) Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko, K. Saito, 2014: GPS Slant Total Delay Assimilation with a Storm Scale 4D-Var on an MCS Event. International Symposium on Data Assimilation, (Germany).
    • 2013
      • Kawabata, T., K. Ito, K. Saito, H. Seko, Y. Shoji, H. Iwai, 2013: Data Assimilation with a cloud-resolving 4D-Var. First International Workshop on Tokyo Metropolitan Area Convection Study for Extreme Weather Resilient Cities.
      • 川畑拓矢, 伊藤耕介, 斉藤和雄, 本田有機, 2013:JNoVAと統合された新しい NHM-4DVARの開発, 第3回超高精度メソスケール気象予測研究会
      • 川畑拓矢,岩井宏徳,瀬古弘,小司禎教,斉藤和雄, 2013: 2010年7月5日の板橋豪雨事例におけるドップラーライダーデータ同化のインパクト, 戦略推進費「極端気象」研究会
      • Kawabata, T., K. Ito, K. Saito, and Y. Honda, 2013: Development of new NHM-4DVAR unified with JNoVA, 科研費研究集会
      • Kawabata, T., K. Saito, H. Iwai, Y. Shoji, H. Seko, 2013: Assimilation Experiment On A Local Heavy Rainfall Event Using Doppler Lidar Observations, 93rd American Meteorological Society Annual Meeting. (U.S.A)
      • Kawabata, T., H. Iwai, H. Seko, Y. Shoji, K. Saito, 2013: Impact of Doppler Lidar radial wind data assimilation to a localized heavy rainfall event, The AICS International Workshop on Data Assimilation (Japan)
      • 川畑拓矢, 伊藤耕介,斉藤和雄,本田有機, JNoVA アジョイントモデルを用いた新しい NHM-4DVAR の開発, 2013年度日本気象学会春季大会
      • 川畑拓矢,伊藤耕介,斉藤和雄,本田有機, 新しいNHM-4DVARを用いたデータ同化実験, 非静力学モデルに関するワークショップ
      • Kawabata,T., K. Ito, K. Saito, and Y. Honda, Development of a New Storm-Scale 4D-Var Assimilation System, Sixth WMO Symposium on Data Assimilation
      • Kawabata,T., K. Ito, K. Saito, and Y. Honda, Development of a New Storm-Scale 4D-Var Assimilation System, KURIMS Variability and Predictability Conference
      • 川畑拓矢,伊藤耕介,斉藤和雄,本田有機, 新しいNHM-4DVARを用いたデータ同化実験, 2013年度日本気象学会秋季大会
    • 2012
      • 川畑拓矢, 沖縄豪雨事例における地上型GPSによる水蒸気観測データ同化実験, 科研費研究集会
      • 川畑拓矢, 古本淳一, 佐藤晋介, 沖縄本島の降水予報におけるRASS観測データのインパクト, 2012年度日本気象学会春季大会
      • Kawabata, T., K. Saito, H. Iwai, Y. Shoji, H. Seko, 2012: Assimilation Experiment On A Local Heavy Rainfall Event Using Doppler Lidar Observations, Second International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models. (Japan)
      • (*) Kawabata, T., K. Saito, H. Iwai, Y. Shoji, H. Seko, 2012: Cloud Resolving 4D-Var Assimilation Experiment on a Localized Heavy Rainfall Event in Tokyo using Doppler Lidar Data, International Symposium on Heavy rainfall over East Asia: Observation and modeling at cloud-resolving scales. (Korea)
      • Kawabata, T., K. Saito, H. Iwai, Y. Shoji, H. Seko, 2012: Assimilation experiment on a local heavy rainfall event using Doppler Lidar observations, 3rd WMO/WWRP International Symposium on Nowcasting and Very Short Range Forecasting. (Brazil)
      • 川畑拓矢,岩井宏徳,小司禎教,瀬古弘,斉藤和雄, 2010年7月5日の板橋豪雨事例に関するデータ同化実験, 科研費研究集会
      • 川畑拓矢,岩井宏徳,小司禎教,瀬古弘,斉藤和雄, 2010年7月5日の板橋豪雨事例に関するデータ同化実験, 2012年度日本気象学会春季大会
      • (*) 川畑拓矢, 観測データを豪雨予測に活かすには -データ同化と数値予報-, 国際シンポジウム「都市と極端気象」
      • 川畑拓矢,小司禎教,斉藤和雄,荒木健太郎,西暁史, 2012年5月6日に発生したつくば竜巻に関するデータ同化実験, 2012年度日本気象学会秋季大会
    • 2011
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, 那覇ガーブ川豪雨に関する同化・予報実験, 2011年度日本気象学会春季大会
      • Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko, K. Saito, Assimilation experiment of the grand based GPS-drived water vapor observations on the local heavy rainfall event in Okinawa island, Japan Geoscience Union Meeting 2011.
      • 川畑拓矢, 斉藤和雄, 2010年7月5日豪雨事例に関する数値シミュレーション結果について, 科研費研究集会
      • Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko, K. Saito, Impact of the assimilation of GPS slant total delay observations on a local heavy rainfall forecast, International Symposium on Earth-science Challenges
      • 川畑拓矢, 岩井宏徳, 瀬古弘, 斉藤和雄, 石井昌憲, 水谷耕平, ドップラーライダー観測データ同化手法の開発, 2011年度日本気象学会秋季大会
      • Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko, K. Saito, Impact of the assimilation of GPS slant total delay observations on a local heavy rainfall forecast, using JMA Meso-4dvar system, -Impacts on Heavy Rainfall in Japan-, The Second Asia/Oceania Meteorological Satellite Users' Conference
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, 沖縄ガーブ川豪雨事例におけるGPS視線遅延量同化の降水予報へのインパクト, 第171回生存圏シンポジウム
      • Kawabata, T., H. Iwai, Y. Shoji, H. Seko, K. Saito, Assimilation Experiment on a Local Heavy Rainfall Event, 2012 Meeting on the Study of Advanced Data Assimilation and Cloud Resolving Ensemble Technique for Prediction of Local Heavy Rainfall
    • 2010
      • 川畑拓矢, 國井勝, 高野洋雄, 別所康太郎, 釜堀弘隆, 中澤哲夫, 本田有機, 澤田謙, 気象庁メソ解析を用いた伊勢湾台風と高潮の再予報, 天気予報研究会
      • Kawabata, T., T. Kuroda, Y. Shoji, H. Seko, K. Saito, Cloud-resolving 4D-Var with Radar and GPS data, The Third International Workshop on Prevention and Mitigation of Meteorological Disasters in Southeast Asia And Open Symposium on Meteorological Disasters and Adaptable Society in Asia-Pacific
      • 川畑拓矢, 國井勝, 高野洋雄, 別所康太郎, 釜堀弘隆, 中澤哲夫, 本田有機, 澤田謙, 伊勢湾台風再現実験プロジェクト(Re-analysis/forecast of Typhoon Vera project: ReVera), 科研費研究集会
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, 地上型GPSによる水蒸気情報同化手法の高度化, 科研費研究集会
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, GPSによる水蒸気情報同化手法の高度化,2010年度日本気象学会春季大会
      • 川畑拓矢, 國井勝, 高野洋雄, 別所康太郎, 釜堀弘隆, 中澤哲夫, 本田有機, 澤田謙, 気象庁メソ解析を用いた伊勢湾台風再予報, 日本地球惑星科学連合2010年大会
      • Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko, K. Saito, Assimilation experiment on Zoshigaya local heavy rainfall event, First International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, GPSによる水蒸気情報同化手法の高度化, 科研費研究集会
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, GPS視線遅延量同化の開発とRASSデータ同化実験, 科研費研究集会
    • 2009
      • 川畑拓矢, 三上彩, 古本淳一, 佐藤晋介, 永井清二, RASS観測データを用いた沖縄本島における小規模降水帯の同化・予報実験, 2009年度日本気象学会春季大会
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, 豊島区雑司が谷豪雨に関するデータ同化実験, 2009年度日本気象学会春季大会
      • 川畑拓矢, 國井勝, 高野洋雄, 別所康太郎, 釜堀弘隆, 中澤哲夫, 本田有機, 澤田謙, 気象庁メソ解析を用いた伊勢湾台風と高潮の再予報, 台風研究会
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, GPS視線遅延量を用いた雑司ヶ谷豪雨同化実験, 第11回非静力学モデルに関するワークショップ
      • Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko and K. Saito, Cloud resolving 4DVAR experiment of a local heavy rainfall event using GPS slant delay data, The 5th WMO International Symposium on Data Assimilation
      • 川畑拓矢, 伊勢湾台風再現実験プロジェクト(Re-analysis/forecast of Typhoon Vera project: ReVera), 東京大学海洋研究所セミナー
      • Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko and K. Saito, Assimilation Experiment of a Local Heavy Rainfall Event with a Cloud-Resolving 4D-Var Assimilation System, International Symposium on Radar and Modeling Studies of the Atmosphere
      • Kawabata, T., T. Kuroda, H. Seko K. Saito, Radar data assimilation using a cloud-resolving 4D-Var, International Symposium on Radar and Modeling Studies of the Atmosphere
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, 雲解像4D-Varを用いた局地豪雨の同化・予報実験, メソ気象研究会
      • 川畑拓矢, 小司禎教, 瀬古弘, 斉藤和雄, 雑司ヶ谷豪雨に関するデータ同化・予報実験 -GPS水蒸気データのインパクト-, 2009年度気象学会秋季大会
      • 川畑拓矢, 國井勝, 高野洋雄, 別所康太郎, 釜堀弘隆, 中澤哲夫, 本田有機, 澤田謙, 伊勢湾台風再現実験 ―気象庁メソ解析による再予報―, 2009年度気象学会秋季大会
      • (*) Kawabata, T., T. Kuroda, H. Seko, K. Saito, Cloud-Resolving Nonhydrostatic 4D-Var Assimilation System (NHM-4DVAR), ISAR-NCU-2009 International School on Atmosphere Radars, Profiling, Modelling and Forecasting
      • (*) Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko and K.Saito, Improvement of the NHM-4DVAR, ISAR-NCU-2009 International School on Atmosphere Radars, Profiling, Modelling and Forecasting
      • (*) Kawabata, T., M. Kunii, N. Kohno, K. Bessho, H. Kamahori, T. Nakazawa, Y. Honda, K. Sawada, Re-forecast of Typhoon Vera - Intensity and storm surge -, ISAR-NCU-2009 International School on Atmosphere Radars, Profiling, Modelling and Forecasting
    • 2008
      • Kawabata, T., T. Kuroda, H. Seko, K. Saito, Development and Result of a Cloud-Resolving Nonhydrostatic 4DVAR Assimilation System (NHM-4DVAR), 6th COPS Workshop
      • 川畑拓矢, 黒田徹, 瀬古弘, 斉藤和雄, NHM-4DVARによる首都圏豪雨データ同化実験, 日本気象学会 2008 年度春季大会
      • 川畑拓矢, 黒田徹, 瀬古弘, 斉藤和雄,NHM-4DVARへのincrement法の導入, 日本気象学会 2008 年度秋季大会
    • 2007
      • 川畑拓矢, 黒田徹, NHM-4DVAR による首都圏豪雨再現の試み, 日本気象学会2007年度秋季大会
      • 川畑拓矢, 黒田徹, 瀬古弘, 斉藤和雄, NHM-4DVARによる首都圏豪雨再現の試み, 第 9 回非静力学モデルに関するワークショップ
      • 川畑拓矢, 黒田徹, 瀬古弘, 斉藤和雄, NHM-4DVARを用いたレーダー反射強度データの同化, 名古屋大学地球水循環研究センター共同研究(計画研究)「マルチパラメーターレーダが拓く新しい地球水循環研究」
    • 2006
      • 川畑拓矢, 瀬古弘, 田宮久一郎, 黒田徹, 斉藤和雄, 露木義, 雲解像度非静力学 4 次元変分法データ同化システムを用いた練馬豪雨事例に関するデータ同化実験, 第3回天気予報研究会
      • Kawabata, T., H. Seko, T. Kuroda, K. Tamiya, K. Saito, T. Tsuyuki, Assimilation Experiment of the Heavy Convective Rainfall Event with a Cloud Resolving Nonhydrostatic 4 Dimensional Variational Data Assimilation System, European Geosciences Union General Assembly
      • 川畑拓矢, 同化システムについて-NHM-4DVARによる練馬豪雨の再現実験を例として-, ドップラーレーダー観測データの同化法に関する研究集会
      • 川畑拓矢, 黒田徹, 4次元変分法を用いたレーダー反射強度データ同化スキームの開発, 日本気象学会2006年度春季大会
      • 川畑拓矢, 黒田徹, NHM-4DVARを用いたレーダー反射強度データ同化実験, 日本気象学会2006年度秋季大会
      • 川畑拓矢, 黒田徹, NHM-4DVARを用いたレーダー反射強度データ同化実験, 第8回非静力学モデルに関するワークショップ
      • NHM-4DVAR を用いたレーダー反射強度データ同化手法の開発, データ同化および雲解像モデルに関する研究集会
    • 2005
      • 川畑拓矢, 瀬古弘, 黒田徹, 田宮久一郎, 斉藤和雄, 露木義, 雲解像度NHM-4DVARを用いたデータ同化実験, 日本気象学会2005年度春季大会
      • 川畑拓矢, 瀬古弘, 田宮久一郎, 黒田徹, 斉藤和雄, 露木義, 雲解像度NHM-4DVARを用いた練馬豪雨事例に関するデータ同化実験, 日本気象学会2005年度秋季大会
      • Kawabata, T., K. Tamiya, T. Kuroda, K. Saito, T. Tsuyuki, Assimilation experiment for Nerima heavy rainfall using a cloud resolving non-hydro-static 4DVAR assimilation system, Sixth International SRNWP-Workshop on Non-Hydrostatic Modelling
      • 川畑拓矢, 瀬古弘, 田宮久一郎, 黒田徹, 斉藤和雄, 露木義, 雲解像度NHM-4DVARを用いた練馬豪雨事例に関するデータ同化実験, 第7回非静力学モデルに関するワークショップ
    • 2004
      • 川畑拓矢, 黒田徹, 本田有機, 田宮久一郎, 青梨和正, 露木義, 小泉耕, 水蒸気を同化する非静力学4次元変分法データ同化システム JNoVA開発報告(第3報), 日本気象学会2004年度春季大会
      • 川畑拓矢, 若月泰孝, 黒田徹, 本田有機, 田宮久一郎, 青梨和正, 斉藤和雄, 瀬古弘, 露木義, 雲解像度非静力学4次元変分法データ同化システムの開発, 日本気象学会 2004年度秋季大会
      • Kawabata, T., H. Seko, T. Kuroda, Y. Wakatsuki, Y. Honda, K. Tamiya, K. Aonashi, Y. Shoji, K. Saito, T. Tsuyuki, Development of a cloud resolving 4DVAR data assimilation system based on the JMA non-hydrostatic model. Fourth International Asia-Pacific Environmental Remote Sensing Symposium 2004: Remote Sensing of the Atmosphere, ocean, Environment, and Space.
      • 川畑拓矢, 瀬古弘, 黒田徹, 若月泰孝, 本田有機, 田宮久一郎, 青梨和正, 小司禎教, 斉藤和雄, 露木義, 雲解像度非静力学4次元変分法データ同化システムの開発, 第6回非静力学モデルに関するワークショップ
    • 2003
      • 川畑拓矢, 本田有機, 田宮久一郎, 青梨和正, 露木義, 小泉耕, -JNoVA-4DVAR開発報告(第2報)- NHM-4DVARを用いた観測データ同化実験, 日本気象学会2003年度秋季大会
    • 2002
      • 川畑拓矢, 中村一, 瀬古弘, つくばGPS稠密観測2000 ―MRI/NPD-NHMによる水蒸気予測の現状―, 日本気象学会2002年度春季大会
      • 川畑拓矢, 中村一, 気象庁現業用領域解析システム(RANAL)による再解析実験(第4報)―変数変換による予報精度の悪化とその改善―, 日本気象学会2002年度秋季大会
    • 2001
      • 川畑拓矢, 中村一, 加藤輝之, 藤吉康志, 坪木和久, 気象庁現業用領域解析システム(RANAL)による再解析実験(第2報)―X-BAIU-99, HUBEX99, KORMEX99データによる6時間間隔再解析―, 日本気象学会2001年度春季大会
      • 川畑拓矢, 中村一, 気象庁現業用領域解析システム(RANAL)による再解析実験(第3報)―6時間間隔と12時間間隔の予報・解析サイクルの比較―, 日本気象学会2001年度秋季大会
    • 2000
      • 川畑拓矢, 中村一, 加藤輝之, 気象庁現業用領域解析システム(RANAL)による再解析実験―X-BAIU-99データによる6時間間隔再解析―, 日本気象学会2000年度秋季大会


    書籍



    その他


    予報研究部第2研究室へ
    気象研究所Topへ