瀬古弘の最新の活動紹介 本文へジャンプ
最新の研究紹介
Recent Studies
最新の結果を幾つか紹介します。
Presentations from recent studies


LETKFをもちいたネストシステムの開発
Development of the nested LETKF system

メソスケールと積乱雲スケールの同化をネストしたLETKFシステムで行いました。 高解像度のデータとして、レーダの水平風、GPS水蒸気量を同化し、インパクトを確認しました。
Data assimilations for mesoscale and convective scale were performed simultaneously with the nested LETKF system. Impacts of radial wind of Doppler radar and GNSS water vapor, which were used as high resolution assimilation data, were shown in this presentation.
イメージ

地上GPSと掩蔽データの同化実験
Data assimilation of GPS data and Radio occultation data

新潟県・福島県の豪雨の事例に適用しました。
地上GPSでは水平方向が、掩蔽では鉛直方向の水蒸気分布が改善され、両方を同化すると、両方が同時に改善されました。
Heavy rainfall that occurred in Niigata and Fukushima was reproduced by data assimilation of ground-GPS and radio occultation data. The ground-GPS and radio occultation data improve water vapor distribution in horizontal and vertical directions, respectively. The water vapor was improved in both directions when both data were assimilated.
イメージ

LETKFネストシステムを用いた2012年5月6日に発生した竜巻のアンサンブル予報実験
Ensemble Forecast Experiments of Tornados Occurred on May 6th 2012 using a Nested-LETKF System

2012年5月6日の竜巻の事例にLETKFネストシステムを適用しました. アンサンブル予報では、観測と同じく3つの地域で竜巻に伴う渦が再現されました。 また下層の水蒸気量が多く、水平風の鉛直シアが大きいと寿命が長くなる傾向があることもわかりました。
A rainfall band in which three tornadoes generated on May 6th 2012 in the Kanto plain was reproduced by a two-way nested-LETKF system. Downscale experiments with the horizontal grid intervals of 350 m and 50 m were also performed to reproduce intense vortices that were associated with the tornadoes. The ensemble forecasts showed that duration of vortices became longer when low-level inflow was more humid and vertical shear of environment was larger.
イメージ イメージ

メソスケールLETKFを用いた掩蔽データの同化実験
Data Assimilation Experiments of Radio Occultation Data using a Mesoscale LETKF System

LETKFで掩蔽の視線データを同化する手法を開発しました。タンジェント点でなく視線で同化する有効性を示しました。
The data assimilation method of LETKF system for path data of radio occultations was developed.
イメージ

気象現業レーダを用いた屈折率データの同化実験
Data assimilation experiments of refractivity data obtained by JMA-operational Doppler radar

ドップラーレーダを用いて、気温や水蒸気量の関数である屈折率が観測できます。そのデータを同化すると降水域が実況い近づきました。
Refractive index, which is a function of temperature and water vapor, was observed by Doppler radar of JMA's Tokyo radar. This presentation shows that the assimilation of refractive index improves rainfall predictions.
イメージ