瀬古弘のホームページ 本文へジャンプ
メインページ
Main Page

このページでは、瀬古弘の研究成果等を紹介します。
This page shows the results of research conducted by Hiromu Seko.

プロフィール
Profile
研究分野
Research Fields
最新の研究
Recent studies

氏名 Name:
瀬古 弘(せこ ひろむ)
Hiromu Seko

所属 Affiliation:
予報研究部 第二研究室
Meteorological Research Institute, Forecast Department, Second Laboratory

役職 Position:
室長 Head


豪雨等による被害を減らすために・・・
To mitigate damages caused by heavy rainfalls...

豪雨等を引きこすメソ降水系等による被害を減らすために、 レーダやGPSを用いたそれらの解析や、それらをより正しく 予報するためのデータ同化・アンサンブル予報システムの開発を行っています。
To mitigate damages caused by mesoscale heavy rainfalls, I analyzed meso-scale phenomena with radar and GPS data, and developed data assimilation systems and ensemble forecast systems.

主要なもの
Main research fields

  • 豪雨を引き起こす降水などのメソ現象の解析
    The analysis of mesoscale phenomena that cause heavy rainfalls
  • レーダなどのリーモーとセンシングデータのデータ同化
    The development of data assimilation methods of remote sensing data such as Radar and GPS
  • LETKF等を用いたメソスケールのアンサンブル予報 
    The development of mesoscale ensemble forecast systems


数値モデルも観測も・・・Observation and simulation are needed.

数値モデルが進化して積乱雲群まで表現できるようになりました。 正しく予報されているかどうかを確認するためには観測が必要です。 しかし、観測で得られる情報ことは限られていて、観測できない情報を得るには、 数値モデルが欠かせません。
Recent advancements of numerical models can express mesoscale rainfall regions. Observations are important to check the phenomena that are reproduced by numerical models correctly. On the other hand, information obtained by observation is limited, numerical models are needed to obtain the information that can not be observed.



取り組んでいる研究を紹介
Ongoing research

 観測値や初期値には誤差が含まれているため、確率で捉える方が良いと考えられています。 また、特に、近年、問題になっている局地的豪雨は初期値に敏感で、アンサンブル予報が有効です。  そのため、局地豪雨の情報を持つ高分解能な観測データを同化して複数の初期値を作成する手法を 開発しています。次世代スパコンにも適用する予定です。
Because errors are included in observation data and initial conditions of numerical models, they should be considered as probability distributions. Especially local heavy rainfalls that develop in urban areas are sensitive to initial conditions. So ensemble forecasts are useful for their predictions.
Therefore, I have developed techniques to produce initial conditions by data assimilation of high resolution observation data. The techniques that I have developed will be applied to the next-generation super computer 'K'.
練馬豪雨の同化結果
Assimilation results of the Nerima heavy rainfall.
観測も数値モデルも・・・
Two approches, observations and numerical simulations are needed.
次世代スパコンを用いた研究
Studies using the next generation super computer
イメージ イメージ イメージ



論文・発表
Presentations
ギャラリー
Gallery
 
これまで、発表した論文・報告などをリストにしました。
論文・報告は共著を含め、口頭発表は第一著者のみです。
Papers and reports in which I was included as an author and presentations in which I was the first author.
これまでの発表したパワーポイントファイルやポスターなど、 まとまっているものを置きました。 ご参考になるものがあれば幸いです。
PDF files from oral presentations and posters.
 
 
 
イメージ イメージ