気象庁気象研究所|予報研究部|第三研究室
TOP > 予報研究部 > 第三研究室

予報研究部 第三研究室 概要

説明図 集中豪雨や竜巻等の顕著現象を観測データや客観解析データおよび次世代非静力学数値予報モデルでの再現実験を駆使することにより,これら現象の事例解析を行い,都市の影響も含めて実態把握・機構解明を行う. また,数値予報や客観解析資料、さらに高解像度非静力学モデルを活用して豪雨発生および終焉要因について統計的に調査し,気象庁予報担当者の予報現業での診断的予測技術向上に資する知見・手法を得る.

研究室 メンバー

官職名氏名
室長加藤 輝之
主任研究官益子 渉
研究官津口 裕茂
研究官荒木 健太郎

研究課題

重点研究

  • 【A1】メソスケール気象予測の改善と防災気象情報の高度化に関する研究
    (副課題3)顕著現象の実態把握・機構解明に関する事例解析的研究
    ① 集中豪雨や竜巻等の顕著現象を非静力学数値予報モデルでの再現実験および客観解析データや観測データを駆使することにより事例解析を行い,これらの現象の実態把握や機構解明に取り組む.
    ② 特に顕著な現象(例えば,竜巻ならF2以上,豪雨なら200mm/3h以上)が発生した場合,速やかに各種観測データ・非静力学数値予報モデルの実行結果からその発生要因等を調査し,報道発表などを通じて一般社会に向けて情報発信する.
    ③ 局地的大雨などの顕著現象に対して都市効果が及ぼす影響を解明する.副課題1のモデルの開発・検証と密接に関連して研究を行う.またA2-1の診断的予測技術に関する研究やA2-2の監視・運動学的予測技術改善のための研究・開発、c8の環境要因による局地気候変動のモデル化とも連携する.
  • 【A2】顕著現象監視予測技術の高度化に関する研究
    (副課題1)診断的予測技術に関する研究
    客観解析データを用いた豪雨の発生および終焉要因の調査,および豪雨の主要因として提案されている500m高度データの評価を行う.また,水平解像度1kmの非静力学モデルを用いて,複数の過去の豪雨事例の再現実験を行うことで,豪雨の発生要因を統計的に調査する.これらを通じて,過去の集中豪雨の発生および終焉要因を統計的に調査し,その結果をデータベース化し,気象庁の予報担当者が利用できるWebシステムを構築する.本課題は,課題A1の顕著現象の実態把握・機構解明で得られた知見を継承しつつ,本課題で得た統計的な知見をフィードバックするなど密接な関わりを持つ.

last update : 2015-04-01
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan