文字のサイズを変更できます:小さい文字サイズ|標準の文字サイズ|大きい文字サイズ 最終更新日:2013年05月07日
menu
software
Adobe Reader
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社のAdobe Readerが必要なページがあります。 お持ちでない方は、上のアイコンをクリックして移動したサイトよりダウンロードしてください。
連絡先・地図
〒305-0052
茨城県つくば市長峰1−1
気象庁気象研究所
予報研究部 (6階)
第四研究室
 
現在の場所:ホーム > 予報研究部 > 第四研究室 > 研究成果 Publications

研究成果 Publications

Contents

Refered Papers

Murakami, M., T. Matsuo, T. Nakayama, and T. Tanaka, 1987; Development of cloud particle videosonde. J. Meteor. Soc. Japan, 65, 803-809.
Murakami, M., 1990; Numerical modeling of dynamical and microphysical evolution of an isolated convective cloud - The 19 July 1981 CCOP E cloud -. J. Meteor. Soc. Japan, 68, 107-128.
Murakami, M. and T. Matsuo, 1990; Development of hydrometeor videosonde. J. Atmos. Oceanic Tech., 7, 613-620.
Ikawa, M., H. Mizuno, T. Matsuo, M. Murakami, Y. Yamada and K. Saito, 1991; Numerical modeling of the convective snow cloud over the Se a of Japan. -Precipitation mechanism and sensitivity to ice crystal nucleation rates- . J. Meteor. Soc. Japan, 69, 641-667
Murakami, M., Y. Yamada, T. Matsuo, H. Mizuno and K. Morikawa, 1992 ; Microphysical structures of warm-frontal clouds -The 20 June 1987 case study-. J. Meteor. Soc. Japan, 70, 877-895.
Matsuo, T., H. Mizuno, M. Murakami and Y. Yamada, 1994; Requisites for graupel formation in snow clouds over the Sea of Japan. J. Atmos. Res., 32, 55-74.
Murakami, M., T. Clark and W. Hall, 1994; Numerical simulations of convective snow clouds over the Sea of Japan. -- 2-D simulations of mixed layer development and convective snow cloud formation --. J. Meteor. Soc. Japan, 72, 43-62.
Mizuno, H., T. Matsuo, M. Murakami, and Y. Yamada, 1994; Microstructure of cirrus clouds observed by HYVIS. J. Atmos. Res., 32, 115-124.
Murakami, M, T. Matsuo, H. Mizuno, and Y. Yamada, 1994; Mesoscale and microscale structures of snow clouds over the Sea of Japan. Part I : Evolution of microphysical structures in short-lived convective snow clouds. J. Meteor. Soc. Japan, 72, 671-694.
Yamada, Y., T. Matsuo, M. Murakami and H. Mizuno, 1994; Mesoscale an d microscale structures of snow clouds over the Sea of Japan. Part I I: Time evolution of air flow structures in isolated snow clouds der ived from dual-doppler radar observations--A case study--. J. Meteor. Soc. Japan, 72, 695-708.
Rasmussen,R., B. Bernstein, M. Murakami, G. Stossmeister and J. Reisner, 1995; The 1990 Valentine's Day arctic outbreak. Part ? : Mesoscale and microscale structure and evolution of a Colorado Front Range shallow upslope cloud. J. Appl. Meteor., 34, 1481-1511.
Mizuno, H, M. Murakami, Y. Yamada and T. Matsuo, 1995: A seeding experiment forsupercooled stratocumulus clouds with cloud top temperature close to 0 C. J. Meteorological Research, 47, 77-88. (in Japanese)
Yamada,Y., M.Murakami, H.Mizuno, T.Matsuo, Y.Fujiyoshi and K.Iwanami, 1996: Mesoscale and microscale structuires of snow clouds over the Sea of Japan. Part?. J. Meteor. Soc. Japan, 74, 593-615.
Saito,K., M.Murakami, T.Matsuo and H.Mizuno, 1996: Sensivity experiments on the orographic snowfall over the mountainous region of northern Japan. J. Meteor. Soc. Japan, 74, 797-813.
Orikasa, N. and M. Murakami, 1997: A new version of hydrometeor videosonde for cirrus cloud observations. J. Meteor. Soc. Japan, 75, 1033-1039.
Asano, S., A. Uchiyama, Y. Mano, M. Murakami and Y. Takayama, 2000: No evidence for solar absorption anomaly by marine water clouds through collected aircraft radiation measurements, J. Geophys. Res., 105, 14, 761- 14, 775.
Murakami, M., M. Hoshimoto, N. Orikasa, Y. Yamada, H. Mizuno, M. Tokuno, K. Soeda, M. Kajikawa, A Ikeda and M. Itsui, 2001: Occurrence frequency of snow clouds with high seedabilities over the Echigo Mountains - Statistical evaluation of their appearance frequency with GMS IR channel data and ground-based microwave radiometer data -. Tenki, 48, 547-559. (in Japanese)
Murakami, M., Y. Yamada, T. Matsuo, K. Iwanami, J.D. Marwitz and G. Gordon, 2003: The precipitation process in convective cells embedded in deep snow bands over the Sea of Japan. J. Meteor. Soc. Japan, 81, 515-531.
Kusunoki, K., M. Murakami, M. Hoshimoto, N. Orikasa, Y. Yamada, H. Mizuno, K. Hamazu, and H. Watanabe, 2004: The characteristics and evolution of orographic snow clouds under weak cold advection. Mon. Wea. Rev., 132, 174-191.
Yoshida, Y., S. Asano, A. Yamamoto, N. Orikasa and Akihiro Yamazaki, 2004: Radiative properties of mid-latitude frontal ice-clouds observed by the shortwave and longwave radiometer-sondes. J. Meteor. Soc. Japan, 82, 639-656.
Kusunoki, K., M. Murakami, N. Orikasa, M. Hoshimoto, Y. Tanaka, Y. Yamada, H. Mizuno, K. Hamazu and H. Watanabe, 2005: Observations of quasi-Stationary and shallow orographic snow clouds: Spatial distributions of supercooled liquid water and snow particles. Mon. Wea. Rev., Vol. 133, 743-751.
Hashimoto, A., M. Murakami, C. Muroi, M. Yoshizaki, Y. Wakazuki, S. Kanada, K. Yasunaga, T. Kato, K. Kurihara and A. Noda, 2005: Characteristics of the averaged vertical profiles of hydrometeors in the Baiu season simulated with a non-hydrostatic regional climate model. Sola, 1, 141-144.
Orikasa, N., M. Murakami, M. Hoshimoto, and Y. Yamada, 2005: Re-evaluation of the collection efficiency of the hydrometeor videosonde for dry snow particles. J. Meteor. Soc. Japan, 83, 439-448.
Sakai, T., N. Orikasa, T. Nagai, M. Murakami, K. Kusunoki, K. Mori, A. Hashimoto, T. Matsumura, and T. Shibata, 2006: Optical and Microphysical Properties of Upper Clouds Measured with the Raman Lidar and Hydrometeor Videosonde: A Case Study on 29 March 2004 over Tsukuba, Japan. J. Atmos. Sci., 63, 2156-2166.
Hashimoto, A., M. Murakami, T. Kato, and M. Nakamura, 2007: Evaluation of the Influence of Saturation Adjustment with Respect to Ice on Meso-scale Model Simulations for the Case of 22 June, 2002. Sola, 3, 085-088.
Lobl, E. S., Kazumasa Aonashi, Masataka Murakami, Brian Griffith, Christian Kummerow, Guosheng Liu and Thomas Wilheit, 2007: Wakasa Bay: An AMSR precipitation validation campaign. Bull. Amer. Meteor. Soc., 88, 551-558 doi:10.1175/BAMS-88-4-551
Sakai, T., T. Nagai, M. Nakazato, T. Matsumura, N. Orikasa, and Y. Shoji, 2007: Comparisons of Raman lidar measurements of tropospheric water vapor profiles with radiosondes, hygrometers on the meteorological observation tower, and GPS at Tsukuba, Japan, J. Atmos. Oceanic Technol., 24, 1407-1423, 2007.
Hashimoto, A., T. Kato, S. Hayashi and M. Murakami,, 2008: Seedability Assessment for Winter Orographic Snow Clouds over the Echigo Mountains. Sola, 4, 069-072.
Fujibe, F., M Murakami, T. Koshida, and K. Yoshida,2008: Climatology of Precipitation Variability over the Sameura Dam Catchment and its Relation to the Dam Water Storage, Tenki,55, 469-473. (in Japanese with English abstract)
Yoshida, Y., M. Murakami, Y. Kurumisawa, T. Kato, A. Hashimoto, T. Yamazaki, N. Haneda, 2009: Evaluation of Snow Augmentation by Cloud Seeding for Drought Mitigation. J. Japan Soc. of Hydrology and Water Resources, 22, 209-222. (in Japanese with English abstract).
Kuba, N. and M. Murakami, 2009: Effect of hygroscopic seeding on warm rain clouds - Numerical study using a hybrid cloud microphysical mocel -, Atmos. Chem. Phys., 10, 3335-3351.
Misumi, R,A. Hashimoto,・M. Murakami, N. Kuba, N. Orikasa, A. Saito, T. Tajiri, K. Yamashita, and J. P. Chen, 2010: Microphysical structure of a developing convective snow cloud simulated by an improved version of the multi-dimensional bin model. Atmos. Sci. Let., 11,
Eito, M., M.Murakami, C. Muroi, T. Kato, S. Hayashi, H. Kuroiwa, and M. Yoshizaki, 2010: The structure and formation mechanism of transversal cloud bands associated with the Japan-Sea Polar-Airmass Convergence Zone. J. Meteor. Soc. Japan, 88, 625-648.
Yamada, Y., M. Murakami, H. Mizuno, M. Maki, S. Nakai, and K. Iwamani, 2010: Kinematic and thermodynamical structures of longitudinal-mode snow bands over the Sea of Japan during cold air outbreaks. J. Meteor. Soc. Japan, 88, 673-718.
Saito, A., M. Murakami, and T. Tanaka, 2011: Automated Continuous-Flow Thermal-Diffusion-Chamber Type Ice Nucleus Counter. Sola, 7, 029-032.
Luce, H., T. Mega, M. K. Yamamoto, M. Yamamoto, H. Hashiguchi, S. Fukao, N. Nishi, T. Tajiri, and M. Nakazato, 2011: Observations of Kelvin-Helmholtz instability at a cloud base with the middle and upper atmosphere (MU) and weather radars, J. Geophys. Res., 115, D19116, doi:10.1029/2009JD013519.
Yamashita, K., M. Murakami, A. Hashimoto, and T. Tajiri, 2011: CCN ability of Asian mineral dust particles and their effects on cloud droplet formation. J. Meteorol. Soc. Japan., 89 (5), 581-587, DOI:10.2151/jmsj.2011-512.
DeMott, P. J., O. Mohler, O. Stetzer, G. Vali, Z. Levin, M. Petters, M. Murakami, T. Leisner, U. Bundke, H. Klein, Z. A. Kanji, R. Cotton, H. Jones, S. Benz, M. Brinkmann, D. Rzesanke, H. Saathoff, M. Nicolet, A. Saito, B. Nillius, H. Bingemer, J. Abbatt, K. Ardon, E. Ganor, D. G. Georgakopoulos, and C. Saunders, 2011: Resurgence in Ice Nuclei Measurement Research. Bull. Amer. Meteor. Soc., doi:10.1175/2011BAMS3119.1
Yamamoto, M. K., T. Mega, N. Ikeno, T. Shimomai, H. Hashiguchi, M. Yamamoto, M. Nakazato, T. Tajiri, and Y. Ohigashi, 2011: Assessment of radar reflectivity and Doppler velocity measurement by FMCW Ka-band Doppler weather radar. J. Atmos. Electr., 31, 85-94.
Luce, H., N. Nishi, J.-L. Caccia, S. Fukao, M. Yamamoto, T. Mega, H. Hashiguchi, T. Tajiri, and M. Nakazato, 2012: Kelvin-Helmholtz billows generated at a cirrus cloud base within a tropopause fold/upper-level frontal system. Geophys. Res. Lett., doi:10.1029/2011GL050120, in press.
Koshida, T., M. Murakami, K. Yoshida, F. Fujibe and K. Takahashi, 2012: Assessment of Clouds Suitable for Summertime Precipitation Augmentation over Shikoku Island. Sola, Vol. 8, 160?164, doi:10.2151/sola.2012-039.
Orikasa, N., M. Murakami and A. J. Heymsfield, 2012: Ice crystal concentration in midlatitude cirrus clouds: in situ measurements with the balloonborne HYVIS. J. Meteor. Soc. Japan (accepted to J. Meteor. Soc. Japan)
Tajiri, T., K. Yamashita, M. Murakami, N. Orikasa, A. Saito, K. Kusunoki, and L. Lilie, 2012: A novel adiabatic-expansion-type cloud simulation chamber, (submitted to J. Meteor. Soc. Japan)
Xue, L., A. Hashimoto, M. Murakami, R. Rasmussen, S. A. Tessendorf, D. Breed, B. Lawrence, S. Parkinson, P. Holbrook and D. Blestrud, 2013: Implementation of a Silver Iodide cloud seeding parameterization in WRF. Part I: Model description and Idealized 2D sensitivity tests. (accepted to J. Appl. Meteor. Climatol.)

Non-Refered Papers

Murakami, M. and T. Matsuo, 1988; Development of hydrometeor video sonde. Preprints of 10th Int'l Conf. on Cloud and Precipitation. 144-147.
Murakami, M., T. Matsuo, H. Mizuno and Y. Yamada, 1992 ; Microphysical structure of Japanese warm-frontal clouds observed with a new type sonde (HYVIS). Preprints of 10th Int'l Conf. on Cloud and Precipitation. 521-524.
Mizuno, H. and M. Murakami, 1989; Microstructure of winter monsoon s now clouds over the Sea of Japan observed with HYVIS. Preprints of 5th WMO Scientific conference on Weather Modification and Applied Cloud Physics., 69-72.
Yamada, Y., T. Matsuo, M. Murakami and H. Mizuno, 1992; Structure of mesoscale snow bands over the Sea of Japan. Preprints of 11th Int'l Conf. on Cloud and Precipitation. 605-608.
Murakami, M., T. Matsuo, H. Mizuno, Y. Yamada, T. Clark and W. Hall, 1994: Comparison between observed and simulated convective snow clouds over the Sea of Japan. Preprints of 6th WMO Scientific Conf. on Weather Modification, 525-528.
Mizuno, H., T., Matsuo, M. Murakami, Y. Yamada and M. Kajikawa, 1994: Characteristics of supercolled liquid water in monsoon snow clouds over the Sea of Japan, Preprints of 6th WMO Scientific Conf. on Weather Modification, 609-612.
Matsuo, T., M. Murakami, H. Mizuno and Y. Yamada, 1994: The feasibility of Japan Sea snow cloud modification by seeding. Preprints of 6th WMO Scientific Conf. on Weather Modification, 653-656.
Murakami, M., T. Matsuo, Y. Yamada, J. Marwitz and G. Gordon, 1995: The precipitation process in deep snow bands over the Sea of Japan. Preprints of AMS Cloud Physics Conf., 272-277.
Murakami, M., N. Orikasa, M. Shiobara and Y. Mano,1996: Microphysical response to seeding with dry-ice pellets. Preprints of the 13th Conference on Planned and Inadvertent weather modification, 131-135.
Mizuno, H., M. Murakami, Y. Yamada, N. Orikasa, T. Matsuo, A. Terakawa, N. Tanaka and M. Kajikawa, 1996: Characteristics of supercooled liquid water over the coastal and mountaninous regions facing the Sea of Japan during wintertime storms. Preprint of the 13th Conference on Planned and Inadvertent Weather Modification,150-155.
Murakami, M., Y. Yamada, T. Matsuo, K. Iwaanami, J. Marwitz and G. Gordon, 1996: Mesoscale and microscale structures of shallow snow bands over the Sea of Japan. Preprint of the 12th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 562-565.
Orikasa, N., M. Murakami, H. Mizuno and Y. Yamada, 1996: Cirrus cloud observations with a new version of Hydrometeor Videosonde. Preprint of the 12th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 142-145.
Orikasa, N., M. Murakami, H. Mizuno, Y. Yamada and M. Miyao, 1997: Microphysical properties of mid-latitude cirrus clouds observed with Hydrometeor Videosonde. Preprints of the 7th workshop on ARM.
Yamada, Y., M. Murakami, T. Matsuo, H. Mizuno and K. Iwanami, 1996: Mesoscale structure of longitudinal-type snow bands over the Sea of Japan. Radar conf.
Murakami, M., Y. Yamada, T. Matsuo, J. Marwitz and G. Gordon, 1998: Precipitation mechanisms in stratiform snow clouds associated with an upper-level trough over the Sea of Japan. Preprints of AMS Cloud Physics Conf., 439-442.
Miyao, M., M. Murakami, N. Orikasa, Y. Yamada and K. Soeda, 1998: Precipitation mechanism of orographic snow clouds with warm top temperature. Preprints of AMS Cloud Physics Conf., 419-422.
Murakami, M., M. Miyao, N. Orikasa, Y. Yamada, H. Mizuno and K. Soeda, 1998: Seedability of orographic snow clouds in central Japan. Preprint of the 14th Conference on Planned and Inadvertent Weather Modification, 569-572.
Murakami, M., Mizuho Hoshimoto, N. Orikasa, K. Kusunoki and Y. Yamada, 2000: Microstructures and precipitation processes in a stable orographic snow cloud over the Mikuni Mountains in Central Japan. Preprint of the 13th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 371-374.
Hoshimoto, M., M. Murakami, N. Orikasa, K. Kusunoki, Y. Yamada and M. Takahashi, 2000: Evolution of microphysical structure of orographic snow clouds associated with the passage of upper trough. Preprint of the 13th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 693-696.
Orikasa, N., M. Murakami, M. Miyao, S. Asano, 2000: Microphysical properties of midlatitude cirrus clouds obtained from in situ measurements with HYVIS observations during JACCS field campaign. Preprint of the 13th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 1187-1190.
Yoshizaki, M., T. Kato, H. Eito, M. Murakami, S. Hayashi and WMO-01 group, 2001: A report on a field experiment " winter MCSs (mesoscale convective sytems) observations over the Japan Sea in January 2001(WMO-01). Preprint of International Conference on Mesoscale Meteorology and Typhoon in East Asia, 370-373.
村上正隆,2001:3次元メソスケール気象モデルを用いた人工降雪実験の可視化.第7回ビジュアリゼーションカンファレンス予稿集 可視化情報学会 2001(H13)年10月
Murakami, M., N. Orikasa, M. Hoshimoto, H. Horie, H. Okamoto, H. Kuroiwa, H. Minda, K. Nakamura and S. Nakai, 2002: Inner structure of a polar low over the Japan Sea based on aircraft observation. Preprints of AMS Cloud Physics Conf.
Murakami, M., M. Hoshimoto, N. Orikasa, H. Horie, H. Okamoto, H. Kuroiwa, H. Minda and K. Nakamura, 2002: Inner structure of snow bands associated with the Japan Sea Polar-Airmass Convergence Zone based on aircraft observations. Preprint of International Conference on Mesoscale Meteorology and Typhoon in East Asia.
Kusunoki, K., M.Murakami, M.Hoshimoto, N.Orikasa, Y.Yamada, H.Mizuno, K. Hamazu and H. Watanabe, 2002: The Characteristics and evolution of orographic snow clouds under weak cold advection. Preprint of International Conference on Mesoscale Meteorology and Typhoon in East Asia.
Murakami, M., N. Orikasa, M. Hoshimoto, K. Kusunoki, H. Kosuge and H. Ikeda, 2003: Present state of Japanese research on orographic snow cloud modification for water resources augmentation. Preprint of the 8th WMO Scientific Conference on Weather Modification.
Kusunoki, K., M. Murakami, N. Orikasa, Y. Tanaka, K. Iwanami, M. Maki, S. Park,
R. Misumi, K. Hamazu, and H. Kosuge, 2003: Ka-band radar observations of orographic snow clouds and flows across a steep mountain ridge. Preprints, 31st Conference on Radar Meteorology.,104-107.
Hashimoto, A., K. Yasunaga, Y. Wakazuki, S. Kanada, M. Murakami, T. Kato, C. Muroi, H. Sasaki, K. Kurihara and M. Yoshizaki, 2004: The effect of microphysical parameterization on simulation results with a high resolution regional climate model. Preprint of Int'l Conf. on High-Impact Weather and Climate,
Murakami, M., N. Orikasa, K. Kusunoki, K. Mori, A. Ikeda and M. Saito, 2004: Inner structure and precipitation mechanism in orographic snow clouds over the complex terrain in central Japan. Preprint of the 14th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 1541-1544.
Murakami, M., A. Hashimoto, N. Orikasa, K. Mori, H. Kuroiwa, A. Kamei And H. Minda, 2004: Mesoscale and microscale structures of precipitation bands associated with Baiu front: Aircraft observation and numerical simulations. Preprint of the 14th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 1187-1190.
Hashimoto, A., M. Murakami, SD. Hayashi, C. Muroi, T. Kato, M. Yoshizaki, 2004: An improvement for liquid-phase microphysics in JMA-NHM. Preprint of the 14th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 1515-1518.
Orikasa, N., M. Murakami, K. Mori, H. Kuroiwa and H. Minda, 2004: Microphysical properties of anvils obtained from aircraft measurements during X-BAIU-02 field campaign. Preprint of the 14th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 888-891.
Kusunoki, K., M. Murakami, N. Orikasa, Y. Tanaka, M. Hoshimoto, Y. Yamada, M. Mizuno, K. Hamazu and H. Watanabe, 2004: Observations of quasi-sattionary, shallow orographic snow cloud: Spatial distributions of supercooled liquid water and ice hydrometeor. Preprint of the 14th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 823-826.
Kusunoki, K., M. Murakami, N. Orikasa, Y. Tanaka, K. Iwanami, M. Maki, P. Sanggoon, R. Misumi, K. Hamazu and H. Kosuge, 2004: Transition of leeside precipitation properties observed by Ka-band radar and ground based 2D-grey probe. Preprint of the 14th Int'l Conf. on Clouds and Precipitation, 827-830.
Hashimoto, A., M. Murakami, T. Kato, C. Muroi, M. Yoshizaki and S. Hayashi, 2004: Improvement of microphysical parameterization in a Japan Meteorological Agency nonhydrostatic model with a high resolution and its effect on simulation result. Research Activities in Atmospheric and Oceanic Modeling/WMO, 34, 4-11 - 4-12.
Kusunoki K., M. Murakami, N. Orikasa, A. Saito, H. Hashiguchi, Y. Ohigashi, and M. Saito, 2005: Preliminary observations of small scale wakes generated by complex terrain using a portable X-band radar. Preprints, 32st Conference on Radar Meteorology., JP7J.1
Horie, H., A. Kamei, H. Kuroiwa, H. Kumagai and M. Murakami, 2005: Snow cloud observation using the airborne cloud radar (SPIDER). Preprints, 32st Conference on Radar Meteorology., P11R.9
楠研一、村上正隆、折笠成宏、田中恵信、斎藤篤思、橋口浩之、大東雄二、斎藤充則、2006:小型レーダーで見たウェーク流.カラーページ、天気、53, 1, 3-4
Murakami, M., N. Orikasa, H. Horie, H. Kuroiwa, and H. Minda, 2006: Development of convectively mixed layer and formation in it observed-- by an instrumented aircraft. Preprints of 12th AMS conf. on Cloud Physics. P1.30.
Hashimoto, A., M. Murakami, N. Kuba, R. Misumi, N. Orikasa, K.-I. Maruyama, A. Saito, and J.-P. Chen, 2006: New parcel model with detailed cloud microphysics. Preprints of 12th AMS conf. on Cloud Physics. P1.28.
Orikasa, N. and M. Murakami, 2006: Characteristics of cirrus crystal shapes from hydrometeor videosonde data. Preprints of 12th AMS conf. on Cloud Physics. P1.53.
Tajiri, T., M. Murakami, N. Orikasa, A. Saito, and K. Kusunoki, 2006: Laboratory experiments of ice formation in cloud simulation chamber. Preprints of 12th AMS conf. on Cloud Physics. P2.53.
Murakami, M., N. Orikasa, M. Hoshimoto, K. Kusunoki, M. Seki, and A. Ikeda, 2007: Recent Japanese activities in weather modification research, 9th WMO Scientific Conference on Weather Modification, WMP-No.44.
村上正隆, 2007:人工降雨−水資源管理の1手法を目指して−,広報誌「国土交通」,7, 56-57.
Sakai, T, T. Nagai, Y. Mano and M. Murakami,2008:「Dual-wavelength and polarization-sensitive lidar for Japanese Cloud Seeding Experiment for Precipitation Augmentation (JCSEPA)」, Boulder, CO., USA, 24th Inter. Laser Radar Conf.., 2008. 6. 24
Murakami, M., 2008: Japanese research activities in orographic snow cloud modification for water resources augmentation. The 2008 Weather Modification Association Annual Meeting, April 22, Westminster, Colorado.
Orikasa, N., T. Sakai, M. Murakami, A. Saito, T. Tajiri, K. Yamashita, and T. Nagai, 2008: Balloonborne observation of cirrus cloud particles and aerosols measured with hydrometeor videosonde, Snow White hygrometer, and optical particle counter. 15th International Conference on Clouds and Precipitation, July 7-11, Cancun, Mexico.
Murakami, M., and N. Orikasa, 2008: How does Asian dust storm affect the microphysical structures of orographic snow clouds? 15th International Conference on Clouds and Precipitation, July 7-11, Cancun, Mexico.
Orikasa, N., M. Murakami, and A. Saito, 2008: Characteristics of orographic mixed-phase clouds during JCSEPA field campaigns. 15th International Conference on Clouds and Precipitation, July 7-11, Cancun, Mexico.
Saito, A., and M. Murakami, 2008: Measurement of natural ice nuclei by continuous-flow thermal-diffusion-chamber type ice nucleus counter. 15th International Conference on Clouds and Precipitation, July 7-11, Cancun, Mexico.
Hashimoto, A., T. Kato, S. Hayashi, and M. Murakami, 2008: Numerical experiment on the sensitivity of precipitation enhancement to cloud seeding position for the winter orographic cloud in Japan, CAS/JSC WGNE Res. Activ. Atmos. Oceanic Model, 38, 5.09-5.10, (2008)
Hashimoto, A., T. Kato, S. Hayashi, M. Murakami, 2008: Cloud seeding experiment with three-dimensional cloud resolving model for winter orographic cloud in Japan. Proceedings of the 15th International Conference on Clouds and Precipitation, Cancun, Mexico, P9.1.
Yamashita, K., T. Tajiri, A. Hashimoto, M. Murakami, N. Orikasa, A. Saito, 2008:  Nucleation and growth of droplets simulated in the dynamic cloud chamber and the microphysical parcel model, Proceedings of the 15th International Conference on Cloud and Precipitation, Cancun, Mexido,,12.5
Takuya Tajiri, T, K. Yamashita, M. Murakami, N Orikasa, A. Saito, T. Nagai, and T. Sakai, 2008: Laboratory experiments of mixed- phase cloud formation, Proceedings of the 15th International Conference on Cloud and Precipitation, Cancun, Mexido, 6.7.
Hashimoto, A., T. Kato, and M. Murakami, 2009: Short-range numerical forecast system supporting the field experiment of cloud seeding. Research Activities in Atmospheric and Oceanic Modelling/WMO, 39, 5-05 - 5-06.
Murakami, M., N. Orikasa, T. Tajiri, A. Saito and K. Yamashita, 2009: The influence of Asian dust particles on the microphysical structures of orographic snow clouds. IAMAS, Montreal Canada.
Murakami, M and N. Orikasa, 2009: How does Asian dust storm affect the microphysical structures of orographic snow clouds. The 18th Intl. Conf. on Nucleation and Atmospheric Aerosols. Prague, Czech Republic.
Sakai, T., T. Nagai, M. Murakami, Observation group of Japanese Cloud Seeding Experiment for Precipitation Augmentation, 2010: Aerosol characterization with dual-wavelength and polarization Lidar during Japanese Cloud Seeding Experiment, Proc. 25th ILRC, St.-Petersburg, 5-9 July 2010, Russia, 584-587.
Katsuya Yamashita, T. Tajiri, M. Murakami, Y. Zaizen, and A. Saito, 2010: CCN property of Asian mineral dust particle, 13th AMS Conference on Cloud Physics, P1.14
Ohtake, H., M. Murakami, N. Orikasa, A. Saito, and A. Hashimoto, 2010: The validation of microphysics properties simulated by a cloud resolving model using an in-situ aircraft observation during a cold winter event, 13th AMS Conference on Cloud Physics, P1.67
Murakami M. and JCSEPA research group, 2011: Japanese Cloud Seeding Experiments for Precipitation Augmentation (JCSEPA) - New approaches and some results from wintertime and summertime weather modification programs -. 10th WMO Scientific Conference on Weather Modification, Bali, Indonesia, 4-7 October 2011.
Yamashita, K. Takuya Tajiri, and Masataka Murakami, 2012: CCN ability of soot and mineral dust particles. Proceedings of the 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, P
Tajiri, T., Katsuya Yamashita, Atsushi Saito, and Masataka Murakami, 2012: Laboratory studies of ice formation by soot and mineral dust particles. Proceedings of the 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, P
Saito, A., N. Orikasa, T. Tajiri, K. Yamashita and M. Murakami, 2012: Re-examination on the performance of Continuous-Flow Diffusion-Chamber type Ice Nucleus Counter. Proceedings of the 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, P
Murakami, M., Narihiro Orikasa, Takuya Tajiri, Atsushi Saito and Katsuya Yamashita, 2012: Effectiveness of Asian dust particles as ice nuclei in orographic snow clouds. Proceedings of the 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, P
Hashimoto, A. and Masataka Murakami, 2012: A numerical modelling study for the issues on the planned and inadvertent weather modification in Japan. Proceedings of the 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, P
Kuba N. and M. Murakami, 2012: Effect of hygroscopic seeding on warm rain clouds - Numerical study using a hybrid cloud microphysical model -. Proceedings of the 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, P

書籍

1. 村上正隆、第4章 雲と降水,新教養の気象学、朝倉書店、1998年5月
2. 村上正隆、「雪」ほか42項目、気象科学事典、東京書籍、1998年10月
3. 村上正隆、第2章 第1節 雲粒子ゾンデ、気象研究ノート第194号「気象測器―高層気象観測篇」、日本気象学会,1999年4月
4. 村上正隆、第5章 雲の微物理パラメタリゼーション、気象研究ノート第196号「非静力学モデル」、日本気象学会,1999年9月
5. 村上正隆、人工気象調節、キーワード気象の事典、東京書籍、2002年1月
6. 村上正隆、第1編 第4章 第1節 降雪・降雨・霧の分類と解説 降雪の型,地球環境調査計測事典(第1巻 陸域編)、フジ・テクノシステム、2002年12月
7. 村上正隆、第1編 第4章 第8節 雲粒子の観測,地球環境調査計測事典(第1巻 陸域編)、フジ・テクノシステム、2002年12月
8. 村上正隆、第2章 第1節 降雪雲と降雪分布(降雪の気象)、雪と氷の事典、朝倉書店、2005年2月
9. 村上正隆、第1編 第5章 雲と降水の物理学、気象ハンドブック(第3版)、朝倉書店、2005年9月
10. 村上正隆ほか, 2005:梅雨前線に伴う降水雲の航空機観測と数値実験,「メソ対流系」(吉崎正憲,村上正隆,加藤輝之 編),気象研究ノート,208,53-64.
11.村上正隆ほか, 2005:航空機による混合層及び筋状対流雲の発達過程の観測,「メソ対流系」(吉崎正憲,村上正隆,加藤輝之 編),気象研究ノート,208,53-64.
12.村上正隆ほか, 2005:航空機による日本海寒帯気団収束帯帯状降雪雲の内部構造観測,「メソ対流系」(吉崎正憲,村上正隆,加藤輝之 編),気象研究ノート,208,53-64.
13.村上正隆ほか, 2005:航空機による日本海ポーラーローの内部構造観測,「メソ対流系」(吉崎正憲,村上正隆,加藤輝之 編),気象研究ノート,208,53-64.

解説・報告書等

解説など

1.村上正隆、気象調節、空気調和・衛生工学、(1995) Vol.69, No.9, 733-737.
2.村上正隆、雪の被害の緩和と水資源確保のために降雪を制御する ゑれきてる 季刊第55号 株式会社東芝広報室 1995(H7)年
3.村上正隆、「雷雲の電気構造と落雷の発生」に対するコメント、1996年度気象学会秋季大会シンポジウム「雷雲」の報告、天気、(1996)、43、748-749.
4.村上正隆、AERA Mook 「New学問のみかた。」シリーズ? 気象学のみかた。朝日新聞社
1996(H8)年11月10日 人工降雨も視野に入れて
5.村上正隆、水不足に朗報は届くか−人工降雨の試み−、子供と教育、あゆみ出版、1998年8月号、38−47.
6.村上正隆、冬の華「雪」の不思議を科学する 測量 社団法人日本測量協会 1999(H11)年2月
7.村上正隆、人工降雪による水資源確保の可能性について、気象、(2000)、44巻2号、4-10.
8.村上正隆、降雪実験、第34回夏季大学テキスト 新しい気象学「雲をつかむ」、日本気象学会、(2000)、48-60.
9.村上正隆、人工降雨、土木学会誌−特集 水資源は大丈夫−、(2000)、Vol.85, No.11, 24.
10.村上正隆、温帯低気圧の雲と降水、2004年度気象学会秋季大会シンポジウム「極東域の温帯低気圧」の報告、天気、(2005)、52、751-759.
11.村上正隆、人工降雨・降雪による渇水被害軽減研究の国内動向、水と水技術(オーム社)、(2009)、No.1、90-95.
12.村上正隆、気象調節―人工降雨・降雪による渇水対策―、化学工学誌、(2009)、Vol. 73、No.1
13.村上正隆、人工降雨、降雪、化学と教育、(2012), Vol.60, No.6、242-245

報告書

1.村上正隆, 2003:冬の日本海と梅雨期の東シナ海・九州における航空機観測、地球変動メカニズム「メソ対流系の構造と発生・発達のメカニズム解明」研究終了報告書、21-48、独立行政法人科学技術振興機構
2.村上正隆, 2005:概要,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,1-7.
3.村上正隆, 2005:降雪雲の微物理構造(ゾンデ観測)−観測手法−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,25-29.
4.折笠成宏,村上正隆, 2005:降雪雲の微物理構造(ゾンデ観測)−ゾンデ観測の統計−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,30-34.
5.村上正隆, 2005:降雪雲の微物理構造(ゾンデ観測)−孤立型対流性降雪雲−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,35-47.
6.村上正隆, 2005:降雪雲の微物理構造(ゾンデ観測)−初期氷晶分布と氷晶発生機構−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,48-55.
7.村上正隆, 2005:降雪雲の航空機観測−大気観測用航空機と搭載機器−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,99-100.
8.村上正隆, 2005:降雪雲の航空機観測−背の低い降雪雲のアンサンブル平均−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,101-108.
9.村上正隆, 2005:種々の降雪雲の降水(雪)機構−暖気移流場に出現したバンド状降雪雲−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,127-139.
10.村上正隆, 2005:種々の降雪雲の降水(雪)機構−低気圧後面の背の高いバンド状降雪雲種々の降雪雲の降水(雪)機構−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,140-151.
11.村上正隆, 2005:種々の降雪雲の降水(雪)機構種々の降雪雲の降水(雪)機構−筋状降雪雲種々の降雪雲の降水(雪)機構−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,152-161.
12.村上正隆, 2005:日本海降雪雲の数値シミュレーション−混合層発達と降雪雲形成(2-Dシミュレーション) −,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,162-177.
13.村上正隆, 2005:日本海降雪雲の数値シミュレーション−降雪雲群の振舞い−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,189-199.
14.村上正隆・松尾敬世, 2005:野外シーディング実験,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,200-206.
15.松尾敬世・折笠成宏・村上正隆, 2005:シーディング数値実験−1次元モデルによる数値実験−,気象研究所技術報告第48号「日本海降雪雲の降水機構と人工調節の可能性に関する研究」,207-216.
16.村上正隆,2008:科学技術振興調整費 重要課題解決型研究「渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究」中間評価成果報告書,172.
17.村上正隆,2011:科学技術振興調整費 重要課題解決型研究「渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究」事後評価成果報告書,251.

その他

村上正隆,第36回メソ気象研究会の報告―人工降雨・降雪研究の現状―,天気,(2012), 59,737-743.
藤吉康志 久芳奈遠美 橋本明弘 三隅良平 河本和明 三井達也 井口享道 村上正隆 斎藤篤思 田尻拓也 山下克也 折笠成宏 竹見哲也 尾上万里子 吉原經太郎、2009:第15回雲・降水国際学会参加報告 天気、56、223-232.
遊馬芳雄 村上正隆 岩波越 高橋庸哉 中井専人 川島正行、2008:第30回メソ気象研究会報告―雪や降雪研究の最近の展開―、天気、55、779-786.
村上正隆、2008:本だな 「雲と霧と雨の世界 雨冠の気象の科学-I」菊地勝弘 著、 天気、55、845
楠研一 村上正隆 折笠成宏 斎藤篤思 橋口浩之 大東雄二 斎藤充則,カラーページ 小型レーダーで見たウェーク流,天気,(2006), 53,3-4.
村上正隆、2005:本だな 「雨の科学―雲をつかむ話―」(気象ブックス015) 武田喬男 著、天気、52、941
村上正隆、2003:第8回WMO気象改変に関する科学会議出席報告 天気、50、715-720
村上正隆 三隈良平 上田博 鈴木賢士 川野哲也 坪木和久 小西啓之 播磨屋敏生 久芳奈遠美 高橋庸哉 梶川正弘 星本みずほ 中井専人 折笠成宏 牛山朋来 橋本明弘 金田幸恵 出世ゆかり、2001:第13回国際雲・降水会議参加報告、天気、48、327-339
吉崎正憲 加藤輝之 永戸久喜 足立アホロ 村上正隆 林修吾 WMO-01観測グループ、2001:「冬季日本海メソ対流系観測―2001(WMO-01)」の速報、天気、48、893-903
村上正隆 他16名、1997:第12回国際雲・降水会議の報告、天気、44、403-412
村上正隆、1995:本だな「雪と氷の世界」―雪は天からの恵み―若濱五郎著、天気、42、809
村上正隆、1994:本だな「Aerosol-Cloud-Climate Interaction」P. V. Hobbs 編、天気、41、113-114
村上正隆、1993:1992年度日本気象学会春季大会シンポジウム「新しい観測システム」の報告 6. 航空機及びゾンデによる雲粒子・降水粒子の直接観測、天気、40、29-34
村上正隆 他10名、1993:第11回国際雲・降水会議の報告、天気、40、279-287
水野量 松尾敬世 村上正隆 山田芳則、1991:雲粒子ゾンデの開発、天気、38、5-9
村上正隆、1991:WINTER ICING AND STORM PROJECT に参加して―NCAR 滞在記―、天気、38、171-173
武田喬男 村上正隆 高谷美正 播磨屋敏生 上田博 高橋劭 赤枝健治 岩井邦中、1989:第10回国際雲物理学会の報告、天気、36、417-425
村上正隆、1987:本だな 高橋 劭 著 「雲物理」、天気34、531

新聞雑誌掲載

・北海道新聞 1988年5月5日
科振費「降雪機構の解明と降雪雲の調節に関する基礎的研究」による人工降雪研究の紹介
・山形新聞 1992年2月8日
科振費「降雪機構の解明と降雪雲の調節に関する基礎的研究」による人工降雪研究の紹介
・読売新聞 1996(H8)年1月3日 朝刊 
夢世紀の序奏 雲の中に氷の"種まき" 人工降雪
・産経新聞 1996(H8)年3月5日 朝刊 
未来史閲覧 水不足がドライアイスで消える
・産経新聞 1996(H8)年3月6日 朝刊
未来史閲覧 雲を操り雨量自由自在に
・東京新聞 1996(H8)年9月19日 朝刊
日本初-利根川上流で人工降雪 降るか恵みの雪.首都圏の水不足解消へ 雲にドライアイス放出
・読売新聞 1997年5月22日
東京ほーむぺーじ 人工降雨.村上室長が人工降雨の歴史、原理を解説
・朝日新聞 1999(H11)年9月2日 夕刊
越後の雪雲「関東に恵み」 渇水対策で気象庁研.ドライアイスで降雪計画 利根川ダム上流に照準
・日本海新聞 1999年10月4日
利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の紹介
・岩手新聞 1999年10月9日
利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の紹介
・大分合同新聞 1999年10月11日
利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の紹介
・河北新聞 1999年10月11日
利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の紹介
・東奥日報 1999年10月11日
利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の紹介
・高知新聞 1999年10月11日
利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の紹介
・朝日新聞 2000(H12)年11月15日 夕刊
21世紀序奏 気象コントロール 自然くすぐり潜在能力生かす
・読売新聞 2001(H13)年8月15日 夕刊
「人工降雨」膨らむ期待 気象研など実験 効果確認.氷晶の核など雲に散布 東京都水道局「降水量を5%増」
・読売新聞 2001(H13)年8月16日 朝刊
「人工降雨」膨らむ期待 気象研など実験 効果確認.氷晶の核など雲に散布 東京都水道局「降水量を5%増」
・朝日新聞 2001年9月3日
きょういくTODAY.利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の紹介
・毎日新聞 2003(H15)年 3月16日 朝刊
水源の国ぐんま 第二部利根川とともに.渇水対策のホープだが・・・
・常陽新聞 2004年1月28日
ふしぎを追って −研究室の扉を開く− 人工降雪.気象研による人工降雪研究の内容紹介
・四国新聞 2006年4月17日
人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・山陽新聞 2006年4月18日 
科学.人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・岐阜新聞 2006年4月18日
人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・下野新聞 2006年4月19日
人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・福井新聞 2006年4月19日
人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・秋田さきがけ 2006年4月24日
人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・高知新聞 2006年4月24日
人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・琉球新聞 2006年4月25日
人工降雨研究への科学技術振興調整費支出の決定と人工降雨の現状紹介.その中で、利根川ダム統合管理事務所との人工降雪に関する共同研究の成果が紹介される。
・朝日新聞 2006 年6 月11 日(日曜版 Be 2 面)
科振費「人工降雨・降雪」の研究目標、人工降雨の原理や歴史を、.気象研究所 村上正隆 室長が解説。
・毎日新聞 2007 年2 月6 日(朝刊 1 面)
科振費「人工降雨・降雪」の研究概要や実験手法について取りあげられました。
・中日新聞 2007 年4 月8 日(日曜版 18 面 子ども面)
村上正隆室長へのインタビュー形式で、科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雪実験の様子が紹介されました。
・財団法人河川情報センターPORTAL(2007 年4 月号p.47)
科振費「人工降雨・降雪」の研究概要や実験手法について取りあげられました。
・建設通信新聞 2007 年7 月6 日(日刊 8 面)
科振費「人工降雨・降雪」の研究概要や実験手法について取りあげられました。
・国土交通省広報誌「国土交通」(2007 年7 月号p.56−57)
行政最前線 人工降雨−水資源管理の1 手法を目指して−で、村上正隆室長が諸外国で実施されている人工降雨実験、気象研と利根川ダム統管の山岳性降雪の人工調節に関する共同研究の成果、科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雪実験の目的を紹介した。
・ダイアモンド社 週刊ダイアモンド(2007 年7 月号p.49)
Column 渇水対策になりうるか?−「人工降雨」技術の現実味− で、村上正隆室長へのインタビュー形式で、諸外国で実施されている人工降雨実験や科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雪実験の様子が紹介されました。
・四国新聞 2007 年9 月2 日(香川ニュース社会面)
科振費「人工降雨・降雪」の研究概要や実験手法について取りあげられました。
・四国新聞 2007 年9 月5 日(コラム「1 日1言」)
世界における人工降雨の取り組み、科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・日経産業新聞 2007 年9 月25 日
世界における人工降雨の取り組み、気象研究所における人工降雨・降雪に関する研究、科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・建設通信新聞 2007 年10 月5 日
利根川上流域のダムの水利用に対する気候変動の影響や、水資源確保のための人工降雪技術開発の取り組みに関する特集の中で、科振費「人工降雨・降雪」による人工降雪技術の高度化に関する研究が紹介されました。
・asahi.com 2007 年10 月18 日(関西の住まい・暮らしニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・四国新聞社 2007 年10 月19 日(香川ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・毎日新聞社 2007 年10 月19 日(大阪朝刊(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・山陽新聞社 2007 年10 月19 日(地域ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・毎日新聞社 2007 年10 月19 日(朝刊27 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・四国新聞社 2007 年10 月19 日(朝刊)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・2ちゃんねるニュース 2007 年10 月19 日(科学ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画 が紹介されました。
・北国新聞社 2007 年10 月20 日(社会ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・徳島新聞社 2007 年10 月20 日(トピックス(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・福井新聞社 2007 年10 月20 日(全国の主要ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・中国新聞社 2007 年10 月20 日(社会ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・佐賀新聞社 2007 年10 月20 日(全国・世界のニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・長崎新聞社 2007 年10 月20 日(社会ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・東奥日報社 2007 年10 月20 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・東京新聞社 2007 年10 月20 日(社会ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・河北新報社 2007 年10 月20 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・インフォシークニュース 2007 年10 月20 日(社会ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・山陽新聞社 2007 年10 月21 日(地域ニュースコラム「滴一滴」(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・フジサンケイビジネスi 2007 年10 月21 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・徳島新聞社 2007 年10 月31 日(朝刊3 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・高知新聞社 2007 年10 月31 日(朝刊24 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・四国新聞社 2007 年10 月31 日(朝刊21 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・愛媛新聞社 2007 年10 月31 日(朝刊3 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・朝日新聞社 2007 年10 月31 日(朝刊26 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・毎日新聞社 2007 年10 月31 日(朝刊24 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・読売新聞社 2007 年10 月31 日(朝刊29 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・徳島新聞社 2007 年11 月2 日(夕刊7 面)
科振費「人工降雨・降雪」の研究概要や四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・日本ビジネス出版 月刊環境ビジネス(2007 年12 月号p.17)
科振費「人工降雨・降雪」の研究概要や四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・産経新聞 2008 年1 月19 日(朝刊1 面「環境立国ニッポンの挑戦」)
第1 章1 話「渇水の世紀、技術で牽引」の中で、科振費「人工降雨・降雪」による人工降雪技術の高度化に関する研究が紹介されました。
・読売新聞社 2008 年3 月3 日(夕刊)
科振費「人工降雨・降雪」による新潟県・群馬県における人工降雪研究、四国における人工降雨研究が紹介されました。
・フジサンケイビジネスi 2008 年4 月2 日(デスクの興味津々「天気を変えられるというのは本当ですか?」)
世界における人工降雨の取り組み、気象研究所における人工降雨・降雪に関する研究、科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・愛媛新聞社 2008 年6 月2 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・日経新聞社 2008 年6 月2 日(夕刊)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・高知新聞社 2008 年6 月19 日(社会面、web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」で四国に設置した装置と観測期間が紹介されました。
・毎日新聞社 2008 年6 月22 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・四国新聞社 2008 年6 月22 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・読売新聞社 2008 年6 月22 日(高知ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・読売新聞社 2008 年6 月22 日(香川ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・山陽新聞社 2008 年6 月23 日(地域ニュース(web ニュース))
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・47news 2008 年6 月24 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・朝日新聞 2008 年6 月28 日(朝刊35 面)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・毎日新聞社 2008 年7 月4 日(web ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・四国新聞社 2008 年8 月11 日(香川ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の主要実験が終了したことを紹介されました。
・茨城新聞 2008 年9 月10 日(日刊1面)
気象研究所で実施している気候変動に伴う降水強度や頻度への影響解明や、安定的水資源確保のための人工降雪技術開発の取り組みに関する特集の中で、科振費「人工降雨・降雪」に関する研究が紹介されました。
・日本商工経済研究所 商工ジャーナル(2008 年12 月号p.50-53)
科振費「人工降雨・降雪」の研究目標、人工降雨の原理や歴史を、気象研究所 村上正隆 室長が解説。
・ベネッセコーポレーション未来図鑑[授業チャレンジ理科総合A の付録](2008 年12 月号p.2-3)
気象研究所における人工降雨・降雪に関する研究が紹介されました。
・朝日小学生新聞2009 年7 月28 日 (日刊1面)
科振費で取り組んでいる人工降雨研究の取り組みが紹介された。
・毎日新聞(茨城版)2009 年9 月29 日(22 面)
気象研究所紹介の中で、科振費で取り組んでいる人工降雨・降雪研究の成果が紹介された。
・ベネッセコーポレーション未来図鑑[授業チャレンジ理科総合A の別冊付録](2010 年度3月号)
気象研究所における人工降雨・降雪に関する研究が紹介されました。
・毎日新聞(茨城版)2010 年8 月5 日(朝刊23 面)
気象研究所一般公開の一環として実施した、低温室における人工降雪の基本原理に関する実験風景が紹介されました。
・日本経済新聞 2010 年8 月17 日(夕刊)
科振費で取り組んでいる人工降雨研究の成果が紹介された。
・西日本新聞 など約20 紙(共同通信社配信)2010 年8 月17 日
科振費で取り組んでいる人工降雨研究の成果が紹介された。
・新潮社 考える人 季刊誌2010 年秋号水惑星の旅 最終回賢愚が問われる水のコントロール
科振費で取り組んでいる人工降雪・降雨研究の成果が紹介された。
・産経新聞 2010 年9 月6 日(朝刊ソロモンの頭巾)
人工降雨に熱中する米中アメリカ・中国を中心とした諸外国に於ける人工降雨への取り組みとその背景説明と、科振費で取り組んでいる人工降雪・降雨研究の成果が紹介された。
・神戸新聞 2010 年10 月1 日 (日刊1面)
科振費で取り組んでいる人工降雪・降雨研究の成果が紹介された。
・朝日小学生新聞 2010 年10 月26 日 (日刊1面)
科振費で取り組んでいる人工降雨研究の成果が紹介された。
・読売新聞 2010 年12 月19 日(朝刊大図鑑)
進む人工降雨研究 科振費で取り組んでいる人工降雪・降雨研究の成果が紹介された。
・幸福の科学出版 ザ・リバティ特集 2031 年日本の未来構想(世界を救う7大プロジェクト)(2011 年度1月号)
人工降雨で世界中に恵みの雨を。科振費で取り組んでいる人工降雪・降雨研究の成果が紹介された。
・ベネッセコーポレーション未来図鑑[授業チャレンジ理科総合A の別冊付録](2011 年度3月号)
気象研究所における人工降雨・降雪に関する研究が紹介されました。
・四国新聞 2011 年3 月8 日(日刊地域総合)
人工降雨の可能性確認科振費の一環として高松で開催した第4回公開シンポジウムの紹介と夏季四国を対象とした降雨研究の成果が紹介された
・朝日新聞 2012年5月9日。(28面)
村上室長による、ひょう・竜巻・積乱雲の関係の説明が紹介される。
・朝日新聞 2012年5月12日 DO科学「ひょうは、なぜ丸い」
村上室長による、ひょうの生成メカニズムの解説が紹介される。
・日本経済新聞 2012年9月30日 サイエンス欄
諸外国に於ける人工降雨への取り組みと気象研究所における人工降雨・降雪に関する研究が紹介されました。
・読売新聞 11月21日夕刊 「お天気博士 人工降雪」
気象研究所が中心となって実施した科振費「渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究」の成果が紹介された。

TV放送

・テレビ朝日 1997(H9)年3月6日 ニュースステーション
・フジテレビ 1998年7月30日 テクノマエストロ
気象調節
・NHK  1999(H11)年3月31日 NHKクローズアップ現代
雪と雨降らせます
・日本テレビ 2000(H12)年1月9日 NTV特命リサーチ200X
・NHK 2000(H12)年1月30日  NHKこどもニュース
・フジテレビ 2000(H12)年3月26日 NNスーパーニュース
天気は予報から制御へ
・テレビ朝日 2000(H12)年12月17日 21世紀ドラえもんのひみつ道具大発明スペシャル
・日本テレビ 2001(H13)年6月17日 NTV特命リサーチ200X
・テレビ東京 2001(H13)年8月3日 TXNニュースアイ
・NHM 教育TV  2003年1月18日 科学大好き土よう塾
どうして雪はふってくるの
・NHM 教育TV  2003年4月5日 科学大好き土よう塾
どうして雪はふってくるの(再放送)
・日本テレビ 2005年5月19日 ズームイン!! SUPER
雨雲撃退作戦
・テレビ東京 2005年9月4日 ポケモンサンデー
・NHM 教育TV 2005年11月12日 科学大好き土よう塾
雲ってどうやってできるの?
・NHK 2007 年3 月6 日(ニュースウォッチ9)
科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雪実験の様子や人工降雪の原理が紹介されました。
・テレビ朝日 2007 年3 月8 日(報道ステーション)
科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雪実験の様子が紹介されました。
・NHK 2007 年6 月23 日(サイエンスZERO)
村上正隆室長へのインタビュー形式で、科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雪実験の様子が紹介されました。
・NHK 2007 年7 月22 日(つながるテレビ@ヒューマン)
村上正隆室長へのインタビュー形式で、科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雪実験の様子が紹介されました。
・フジテレビ 2007 年8 月8 日(めざましテレビ)
村上正隆室長へのインタビュー形式で、国内外で実施されている人工降雨研究の様子が紹介されました。
・テレビュー福島 2007 年8 月26 日(E!気分)
科振費「人工降雨・降雪」で行っている人工降雨・降雪に関する野外実験や室内実験の様子が紹介されました。
・関西テレビ 2007 年9 月28 日(スーパーニュースアンカー)
世界における人工降雨の取り組み、気象研究所における人工降雨・降雪に関する研究、科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・西日本放送 2007 年10 月18 日(NEWS リアルタイム)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・日本テレビ 2007 年12 月30 日(所さんの目がテン)
今年の科学技術十大ニュースの中で科振費「人工降雨・降雪」による人工降雪技術の高度化に関する研究が紹介されました。
・読売テレビ 2008 年2 月11 日(ニューススクランブル)
科振費「人工降雨・降雪」による人工降雪技術の高度化に関する研究が紹介されました。
・日本テレビ 2008 年3 月8 日(ウェークアッププラス)
科振費「人工降雨・降雪」による人工降雪技術の高度化に関する研究が紹介されました。
・西日本放送 2008 年6 月20 日(NEWS リアルタイム)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・西日本放送 2008 年6 月23 日(NEWS リアルタイム)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・瀬戸内海放送 2008 年6 月23 日(KSB ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・NHK 高松 2008 年6 月23 日(ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・NHK 高松 2008 年6 月25 日(ニュース)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・NHK 高松 2008 年7 月11 日(四国羅針盤)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の計画が紹介されました。
・NHK 2008 年7 月26 日(おはよう日本)
科振費「人工降雨・降雪」による四国における人工降雨実験の様子が紹介されました。
・テレビ東京 2008 年8 月8 日(ワールドビジネスサテライト)
科振費「人工降雨・降雪」による人工降雨・降雪研究が紹介されました。
・西日本放送 2008 年9 月16 日(NEWS リアルタイム)
科振費「人工降雨・降雪」の一環として、今年6〜7月に高知県の早明浦ダム周辺で実施した地上観測機器を用いた上空の環境データ収集や、飛行機からドライアイスや塩を散布する人工降雨実験状況が紹介された。また、速報的な実験結果についても紹介されました。
・高知放送 2009 年2 月5 日(RKC ニュース)
村上室長が地元自治体(高知県のいの町役場)を訪れ、去年高知県の早明浦ダム周辺で行われた人工降雨実験の解析結果を報告したことが紹介されました。
・西日本放送 2009 年2 月6 日(RNC ニュース)
村上室長が地元自治体(高知県のいの町・大豊町・本山町・土佐町役場)を訪れ、去年高知県の早明浦ダム周辺で行われた人工降雨実験の解析結果を報告したことが紹介されました。
・NHK 茨城 2009 年4 月15 日(NHK ニュース)
気象研究所一般公開の一環として実施した、低温室における人工降雪の基本原理に関する実験風景が紹介されました。
・TBS 2010 年4 月25 日(「夢の扉」人工的に雪を降ら
せる技術を確立していきたい)
科振費で取り組んでいる人工降雪・降雨研究の成果が紹介された。
・BS-TBS 2010 年8 月29 日(「夢の扉」人工的に雪を降らせる技術を確立していきたい(再放送))
科振費で取り組んでいる人工降雪・降雨研究の成果が紹介された。
・BSフジ 8月12日 科学ドキュメンタリー 「ガリレオX」天気予報 都市気象の正体を追え、次世代天気予報の最前線
気象研究所における雲生成チェンバーを用いた雲物理研究とその応用技術である気象改変技術の現状と今後の動向に関する村上室長の解説が紹介される。