ホーム > 気候研究部 > 第5研究室 > 釜堀弘隆

釜堀弘隆

平成21年度より現職

所属研究プロジェクト

  • 気象研究所重点研究「季節予報の高度化と異常気象の要因解明に関する研究」(平成26年度〜平成30年度)
  • 科研費「過去120年間におけるアジアモンスーン変動の解明」(平成26年度〜平成30年度)
  • 気候変動リスク情報創生プログラム・領域テーマA「直面する地球環境変動の予測と診断」(平成24年度〜平成28年度)
  • 気候変動リスク情報創生プログラム・領域テーマC「気候変動リスク情報の基盤技術開発」(平成24年度〜平成28年度)


論文(2005-)

  • 釜堀弘隆, 2015 : 少雨をもたらす気象条件, 気象研究ノート, 231, 47-54.
  • Kobayashi, S., Y. Ota, Y. Harada, A. Ebita, M. Moriya, H. Onoda, K. Onogi, H. Kamahori, C. Kobayashi, H. Endo, K, Miyaoka, K. Takahashi, 2015: The JRA-55 Reanalysis: General Specifications and Basic Characteristics. J. Meteoro. Soc. Japan, 93, 5-48.
  • Kobayashi, C., H. Endo, Y. Ota, S. Kobayashi, H. Onoda, Y. Harada, K. Onogi, and H. Kamahori , 2014: Preliminary Results of the JRA-55C, an Atmospheric Reanalysis Assimilating Conventional Observations Only. SOLA, 10, 78-82.
  • Ming, Y., T.R. Knutson, T-.C. Lee, and H. Kamahori. 2013 : The second assessment report on the influence of climate change on tropical cyclones in the Typhoon Committee region. ESCAP/WMO Typhoon Committee Technical Document
  • Lee, T.-C., T. R. Knutson, H. Kamahori, and M. Ying, 2012: Impacts of Climate Change on Tropical Cyclones in the Western North Pacific Basin. Part I: Past Observations. TCRR, 2, 213-230.
  • Ying, M., T. R. Knutson, H. Kamahori and T.-C. Lee, 2012 : Impacts of Climate Change on Tropical Cyclones in the Western North Pacific Basin. Part II: Late Twenty-First Century Projections. TCRR, 2, 231-241.
  • 釜堀弘隆, 2012: 2010年不活発な台風活動. 気象研究ノート, 225, 17-27.
  • 釜堀弘隆, 2012: 異常気象と気候変動. 環境研究, 166, 188-213.
  • Rienecker, M.M., D. Dee, J. Woollen, G.P. Compo, K. Onogi, R. Gelaro, M.G. Bosilovich, A. da Silva, S. Pawson, S. Schubert, M. Suarez, D. Barker, H. Kamahori, R. Kistler, and S. Saha, 2012: Atmospheric Reanalyses ? Recent Progress and Prospects for the Future. NASA Technical Report Series on Global Modeling and Data Assimilation. NASA TM?2012-104606, Vol. 29, 56 pp
  • Kamahori, H., 2012 : The Inactive Typhoon Season of 2010. RSMC Tokyo Typhoon Center Technical Review, No14.
  • Kamahori, H., 2012 : Mean Features of Tropical Cyclone Precipitation from TRMM/3B42. SOLA, 8, 17-20.
  • Ebita, A., S. Kobayashi, Y. Ota, M. Moriya, R. Kumabe, K. Onogi, Y. Harada, S. Yasui, K. Miyaoka, K. Takahashi, H. Kamahori, C. Kobayashi, H. Endo, M. Soma, Y. Oikawa, and T. Ishimizu. 2011 : The Japanese 55-year Reanalysis “JRA-55”: An Interim Report. SOLA, 7, 149-152.
  • Onogi K., J.Tsutsui, H.Koide, M.Sakamoto, S.Kobayashi, H.Hatsushika, T.Matsumoto, N.Yamazaki, H.Kamahori, K.Takahashi, S.Kadokura, K.Wada, K.Kato, R.Oyama, T.Ose, N.Mannoji, and R.Taira, 2007 : The JRA-25 Reanalysis. Journal of the Meteorological Society of Japan, 85, 369 - 432.
  • Yasuda T., Y. Takaya, C. Kobayashi, M. Kamachi, H. Kamahori, and T. Ose, 2007 : Asian Monsoon Predictability in JMA/MRI Seasonal Forecast System. CLIVAR Exchanges, 43, 18-20.
  • Kamahori H., N.Yamazaki, N.Mannoji, K.Takahashi, 2006 : Variability in Intense Tropical Cyclone Days in the Western North Pacific. SOLA, 2, 104-107.
  • Takahashi K., N.Yamazaki, and H.Kamahori, 2006 : Trends of Heavy Precipitation Events in Global Observation and Reanalysis Datasets. SOLA, 2, 96-99.
  • Onogi K., H.Koide, M.Sakamoto, S.Kobayashi, J.Tsutsui, H.Hatsushika, T.Matsumoto, N.Yamazaki, H.Kamahori, K.Takahashi, K.Kato, R.Oyama, T.Ose, S.Kadokura, K.Wada, 2005 : JRA-25: Japanese 25-year re-analysis project - progress and status. Quart. J. Royal Meteor. Soc., 131, 3259-3268


学会発表等(2005-)

  • 釜堀弘隆, 古林絵里子, 2015 : 高層気象観測データレスキュー, 日本気象学会2015年度春季大会
  • 釜堀弘隆, 2015 : Mean Features of Tropical Cyclone Precipitation from TRMM/3B42, 日本地球惑星科学連合2015年大会
  • Kamahori, H., 2015 : AMY reanalysis. Asian Monsoon Hydroclimate Workshop
  • 釜堀弘隆, 2014 : 台風の最大風速と平均降水量の関係 --衛星観測と再解析から--, 日本気象学会2014年度秋季大会
  • Kamahori, H., 2014 : AMY reanalysis. Asia Oceania Geosciences Society (AOGS)2014
  • 釜堀弘隆, 2014 : 再解析に表現される気候変動, 日本地球惑星科学連合2014年大会
  • 釜堀弘隆, 2014 : 再解析に表現される熱帯低気圧の降水量場構造, 日本気象学会2014年度春季大会
  • 釜堀弘隆, 2013 : 大気再解析はどの程度,現実大気を再現しているか?, 日本地球惑星科学連合2013年大会
  • 釜堀弘隆, 2013 : JRA-55ファミリーにおける熱帯低気圧表現, 日本気象学会2013年度春季大会
  • 釜堀弘隆, 2013 : 長期再解析JRA-55 の紹介, 日本気象学会2013年度春季大会
  • 釜堀弘隆, 2013 : 再解析に表現される台風の特性と有用性, 台風研究会
  • Kamahori, H., K. Kamiguchi, J. Matsumoto, T. Koike, K. Tamagawa, E. Ikoma, H. Kinutani, 2013 : AMY reanalysis, AMY Open Science Conference
  • Kamahori, H., K. Kamiguchi, J. Matsumoto, T. Koike, K. Tamagawa, E. Ikoma, H. Kinutani, 2013 : AMY reanalysis, Fifth International Workshop on Monsoons
  • 釜堀弘隆, 2013 : JRA-55AMIPに表現される熱帯低気圧, 日本気象学会2013年度秋季大会
  • Kamahori, H., 2012 : Tropical Cyclones Represented in JRA-55,WCRP第4回再解析国際会議
  • Kobayashi, C., H. Endo, H. Kamahori, Y. Ota, and K. Onogi, 2012 : Introduction and early results of JRA-55C: subset of JRA-55,WCRP第4回再解析国際会議
  • 釜堀弘隆, 2012 : JRA-55プロジェクトの現状,日本地球惑星科学連合2012年大会
  • 釜堀弘隆, 2012 : 全球降水量への熱帯低気圧の寄与(2),日本気象学会2012年度春季大会
  • 釜堀弘隆, 2012 : JRA-55における熱帯低気圧検出率,日本気象学会2012年度秋季大会
  • 釜堀弘隆, 2012 : Recent activities in MAHASRI and AMY,第8回南アジアおよびインドシナにおける自然環境と人間活動に関する研究集会
  • 釜堀弘隆, 2011 : 2010年不活発な台風活動, 日本気象学会2011年春季大会
  • 釜堀弘隆, 2011 : Past, Present and Future in Reanalysis, 日本地球惑星科学連合2011年大会
  • 釜堀弘隆, 海老田綾貴. 古林慎哉, 太田行哉, 守谷昌己, 隈部良司, 大野木和敏, 原田やよい, 安井壯一郎, 宮岡健吾, 高橋清利, 小林ちあき, 遠藤洋和, 相馬求, 及川義教, 石水尊久, 2011 : JRA-55長期再解析, 第8回「異常気象と長期変動」研究集会, 2011年11月
  • 釜堀弘隆, 2011 : 全球降水量への熱帯低気圧の寄与, 日本気象学会2011年度秋季大会
  • 釜堀弘隆, 海老田綾貴. 古林慎哉, 太田行哉, 守谷昌己, 隈部良司, 大野木和敏, 原田やよい, 安井壯一郎, 宮岡健吾, 高橋清利, 小林ちあき, 遠藤洋和, 相馬求, 及川義教, 石水尊久, 2011 : 気象庁再解析 JRA-25 と JRA-55, 第2回データ同化ワークショップ
  • 釜堀弘隆, 2010 : 再解析プロダクトにおける降水量の品質, 日本気象学会2010年度春季大会
  • 釜堀弘隆, 2010 : AMY再解析, 日本地球惑星科学連合2010年大会
  • 釜堀弘隆, 2010 : AMY Reanalysis, AMY Data Workshop
  • 釜堀弘隆, 2010 : 再解析プロダクトにおける降水量の品質(その2), 日本気象学会2010年度秋季大会
  • 釜堀弘隆, 2010 : 台風場の降水量分布, 日本気象学会2010年度秋季大会
  • Kamahori H., 2009 : AMY reanalysis, 6th workshop of AMY.
  • 中澤哲夫, 釜堀弘隆, 別所康太郎, 川畑拓矢, 高野洋雄, 新藤永樹, 原昌弘, 國井勝, 高橋清利, 海老田綾貴, 太田行哉, 古林慎也, 守谷昌己, 2009 : 伊勢湾台風再現実験−概要−. 日本気象学会2009年秋季大会.
  • 釜堀弘隆, 高橋清利, 海老田綾貴, 太田行哉, 古林慎也, 守谷昌己, 別所康太郎, 中澤哲夫, 2009 : 伊勢湾台風再現実験−気象庁全球同化システムを用いた伊勢湾台風再解析−. 日本気象学会2009年秋季大会.
  • 川畑拓矢, 國井勝, 高野洋雄, 別所康太郎, 釜堀弘隆, 中澤哲夫, 本田有機, 澤田謙, 2009 : 伊勢湾台風再現実験−気象庁メソ解析による再予報−. 日本気象学会2009年秋季大会.
  • 釜堀弘隆, 別所康太郎, 川畑拓矢, 新藤永樹, 原昌弘, 國井勝, 高野洋雄, 中澤哲夫, 高橋清利, 海老田綾貴, 太田行哉, 古林 慎哉, 守谷昌己, 2009 : 伊勢湾台風再現実験. 第7回異常気象と長期変動研究会.
  • 釜堀弘隆, 高橋清利, 海老田綾貴, 太田行哉, 古林慎也, 守谷昌己, 別所康太郎, 中澤哲夫, 2009 : 気象庁全球同化システムを用いた伊勢湾台風再解析. 平成21年度台風研究会.
  • 中澤哲夫, 釜堀弘隆, 別所康太郎, 川畑拓矢, 高野洋雄, 新藤永樹, 原昌弘, 國井勝, 2009 : 伊勢湾台風再予報実験の概要. 平成21年度台風研究会.
  • 川畑拓矢, 國井勝, 別所康太郎, 釜堀弘隆, 中澤哲夫, 2009 : 気象庁メソ解析を用いた伊勢湾台風再解析. 平成21年度台風研究会.
  • 釜堀弘隆, 千葉長, 高橋清利, 山崎信雄, 2009 : JRA-25再解析によるインド洋熱帯低気圧活動の解析. 気象災害軽減など人間活動の持続可能性に関する研究集会.
  • 釜堀弘隆, 藤部文昭, 2009 : 2008年夏季循環場と南西諸島の少雨. 日本気象学会2009年春季大会.
  • 釜堀弘隆, 千葉長, 高橋清利, 山崎信雄, 2008 : 中国華南地方の降水量変動と熱帯太平洋海面水温との関係. 日本気象学会2008年秋季大会.
  • 釜堀弘隆, 千葉長, 山崎信雄, 高橋清利, 2008 : 再解析に表現される台風のコンポジット解析(その4). 日本気象学会2008年秋季大会.
  • 釜堀弘隆, 2008 : JRA-25に表現される熱帯低気圧場とその年々変動. 第6回異常気象と気候変動研究会.
  • 釜堀弘隆, 尾瀬智明, 高橋清利, 千葉長, 山崎信雄, 2008 : JRA-25に表現される地上気温と衛星導出植生活動との関係. 日本気象学会2008年度春季大会.
  • 本山龍也, 佐藤均, 新保明彦, 徳広貴之, 釜堀弘隆, 重尚一, 高薮緑, 尾瀬智昭, 中澤哲夫, 2008 : 気象庁1か月アンサンブル予報モデルによるMJOに伴う鉛直加熱率とTRMM, JRA-25との比較. 日本気象学会2008年度春季大会.
  • Kamahori H., T.Ose, K.Takahashi, M.Chiba, and N.Yamazaki, 2008 : Relationship between Surface Air Temperature in JRA-25 and Vegetation. The 3rd WCRP International Conference on Reanalysis.
  • Yamazaki N., K.Suzuki, K.Takahashi, and H.Kamahori, 2008 : Climate Classification Using Reanalysis Data. The 3rd WCRP International Conference on Reanalysis.
  • Yuhei T., T.Yasuda, H.Kamahori, and T.Ose, 2008 : Dynamical Seasonal Prediction of Typhoons with the New Coupled Model (JMA/MRI-CGCM). The 3rd WCRP International Conference on Reanalysis..
  • Chiba M., K.Takahashi, N.Yamazaki, and H.Kamahori, 2008 : Climatological Vertical Structure of Meridional Circulation over Asia and Africa in Boreal Summer. The 3rd WCRP International Conference on Reanalysis.
  • Takahashi K., N.Yamazaki, M.Chiba, and H.Kamahori, 2008 : Intense Precipitation Events in the Reanalysis Datasets. The 3rd WCRP International Conference on Reanalysis.
  • Ose T., and H.Kamahori, 2008 : Verification of JRA-25 Land Surface with CEOP Data. The 3rd WCRP International Conference on Reanalysis.
  • Kamahori H., 2007 : Current Status and Future Plan of Seasonal Prediction System and Related Topics at the JMA. インド洋・太平洋における気候変動の予測可能性に関するシンポジウム.
  • Takaya Y., Y.Yasuda, H.Kamahori, and T.Ose, 2007 : New Coupled forecast System at the Japan Meteorological Agency. The 32nd Annual Climate Diagnostics & Prediction Workshop.
  • Takaya Y., T.Yasuda, H.Kamahori, and T.Ose, 2007 : ENSO-related variability in Northeast Asia - An advantageous location for seasonal predictability. WCRP Workshop on Seasonal Prediction.
  • 山崎信雄, 千葉長, 高橋清利, 釜堀弘隆, 2007 : 日本付近の強い降水と地上気圧の関連. 日本気象学会2007年秋季大会.
  • 釜堀弘隆, 尾瀬智明, 高橋清利, 千葉長, 山崎信雄, 2007 : 再解析に表現される陸域降水量と土壌水分量. 日本気象学会2007年春季大会.
  • 高橋清利, 千葉長, 山崎信雄, 釜堀弘隆, 2007 : 再解析データにおける陸域日降水量特性の検証. 日本気象学会2007年春季大会.
  • 千葉長, 高橋清利, 山崎信雄, 釜堀弘隆, 2007 : JRA-25熱収支解析−大気上端及び地表面における放射収支−. 日本気象学会2007年春季大会.
  • 山崎信雄, 千葉長, 高橋清利, 釜堀弘隆, 2007 : 日本付近の冬の強い降水と周辺場の関連. 日本気象学会2007年春季大会.
  • 高橋清利, 釜堀弘隆, 山崎信雄, 千葉長, 2006 : JRA-25同化システムによるSSM/I可降水量同化の効果. 日本気象学会2006年秋季大会.
  • 千葉長, 釜堀弘隆, 山崎信雄, 高橋清利, 2006 : JRA-25同化システムによるSSM/I可降水量同化の効果(その2). 日本気象学会2006年秋季大会.
  • 山崎信雄, 釜堀弘隆, 高橋清利, 2006 : 日本付近の冬の階級毎降水量のトレンド. 日本気象学会2006年秋季大会.
  • Kamahori H., 2006 : The Japanese 25-year Reanalysis. APEC気候センターシンポジウム.
  • 釜堀弘隆, 山崎信雄, 高橋清利, 2006 :北西太平洋における台風強度の変動について−気象庁ベストトラックとJTWCベストトラックの比較−. 日本気象学会2006年春季大会
  • 釜堀弘隆, 尾瀬智明, 高橋清利, 千葉長, 山崎信雄, 2006 :再解析に表現される台風のコンポジット解析(その3). 日本気象学会2006年春季大会.
  • 釜堀弘隆, 山崎信雄, 高橋清利, 2005 :再解析に表現される台風のコンポジット解析(その2). 日本気象学会2005年秋季大会.
  • 高橋清利, 山崎信雄, 釜堀弘隆, 2005 : 再解析データ(JRA-25, ERA40, NCEP1/2)における降水頻度特性. 日本気象学会2005年秋季大会.
  • 山崎信雄, 釜堀弘隆, 高橋清利, 2005 : 日本の高層データを用いたJRA-25, ERA40, NCEP2の検証. 日本気象学会2005年秋季大会.
  • 釜堀弘隆, 山崎信雄, 高橋清利, 2005 : 再解析に表現される台風のコンポジット解析. 日本気象学会2005年春季大会.
  • 高橋清利, 山崎信雄, 釜堀弘隆, 2005 : JRA-25データで見るモンスーン季節進行と大気加熱. 日本気象学会2005年春季大会.


講演(2005-)

  • 2009年3月9日 日本の降水の長期変動と2008年夏の渇水, 文部科学省 科学技術振興調整費「渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究」 公開シンポジウム.
  • 2013年1月22日 日本国内の降水量・降水強度変動--地球温暖化との関連--,つくばサイエンスアカデミー(SAT)テクノロジー・ショーケース2013




メール(@mri-jma.go.jpをつけてお送りください)