気象研究所 > 気候研究部 > 第5研究室 > 小林ちあき

Chiaki Kobayashi Chiaki KOBAYASHI (MRI / JMA) Publications and Presentations

e-mail: Chiaki Kobayashi

Publications/査読論文(筆頭)

  • Kobayashi, C., and T. Iwasaki, 2016: Brewer-Dobson circulation diagnosed from JRA-55. J. Geophys. Res. Atmos., 121, 1493-1510, doi:10.1002/2015JD023476. [abstract]
  • Kobayashi, C., H. Endo, Y. Ota, S. Kobayashi, H. Onoda, Y. Harada, K. Onogi and H. Kamahori : Preliminary results of the JRA-55C, an atmospheric reanalysis assimilating conventional observations only. , 2014, SOLA, Vol. 10, 78-82, doi: 10.2151/sola.2014-016 [abstract] [pdf]
  • Kobayashi, C. Impact of tropical and subtropical SSTs on mid-latitude tropospheric warming in the northern summer of 2010. , 2013, Clim. Dyn. accepted on 28Nov2013 DOI: 10.1007/s00382-013-2013-4 [abstract] [html] [pdf] [pdf_withCover]
  • Kobayashi, C. and K. Shibata : Evaluation of Dynamical Contribution to Lower Stratospheric Ozone Trends in Northern Mid-latitudes over the Last Two Decades (1980-2006) Using a Chemical Transport Model. , 2011, J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 89, No. 4, pp.363-376 DOI: 10.2151/jmsj.2011-405 [abstract] [pdf]
  • Kobayashi, C. and S. Maeda : Phase shift of the seasonal cycle in the Hadley Circulation in recent decades. , 2006, Geophys. Res. Lett., Vol. 33, No. 22, L22703 DOI: 10.1029/2006GL027682 [abstract] [pdf]
  • Kobayashi, C., S. Maeda, A. Ito, Y. Matsushita and K. Takano : Relation between SSTs and Predictability of Seasonal Mean Precipitation over the Western Tropical Pacific. , 2005, J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 83,No. 5,pp.919-929 DOI: 10.2151/jmsj.83.919 [abstract] [pdf]
  • Kobayashi, C. and M. Sugi : Impact of horizontal resolution on the simulation of the Asian summer monsoon and tropical cyclones in the JMA global model. , 2004, Climate Dynamics, Volume 23, Issue 2, pp. 165-176. DOI: 10.1007/s00382-004-0427-8 [abstract] [html] [pdf]
  • Kobayashi, C., K. Takano, S. Kusunoki, M. Sugi and A. Kitoh : Seasonal predictability in winter over eastern Asia using the JMA global model. , 2000, Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society, 126 ,S. 2111-2123. DOI: 10.1002/qj.49712656707 [abstract] [pdf]

    Publications/査読論文(共著)

  • Fujiwara, M., Wright, J. S., Manney, G. L., Gray, L. J., Anstey, J., Birner, T., Davis, S., Gerber, E. P., Harvey, V. L., Hegglin, M. I., Homeyer, C. R., Knox, J. A., Kruger, K., Lambert, A., Long, C. S., Martineau, P., Molod, A., Monge-Sanz, B. M., Santee, M. L., Tegtmeier, S., Chabrillat, S., Tan, D. G. H., Jackson, D. R., Polavarapu, S., Compo, G. P., Dragani, R., Ebisuzaki, W., Harada, Y., Kobayashi, C., McCarty, W., Onogi, K., Pawson, S., Simmons, A., Wargan, K., Whitaker, J. S., and Zou, C.-Z., 2017: Introduction to the SPARC Reanalysis Intercomparison Project (S-RIP) and overview of the reanalysis systems, Atmos. Chem. Phys., 17, 1417-1452, doi:10.5194/acp-17-1417-2017 [abstract]
  • Harada, Y., H. Kamahori, C. Kobayashi, H. Endo, S. Kobayashi, Y. Ota, H. Onoda, K. Onogi, K. Miyaoka, and K. Takahashi, 2016: The JRA-55 Reanalysis: Representation of atmospheric circulation and climate variability, J. Meteor. Soc. Japan, 94, doi:10.2151/jmsj.2016-015. [abstract]
  • Kobayashi, S., Y. Ota, Y. Harada, A. Ebita, M. Moriya, H. Onoda, K. Onogi, H. Kamahori, C. Kobayashi, H. Endo, K. Miyaoka, and K. Takahashi, 2015: The JRA-55 Reanalysis: General specifications and basic characteristics. J. Meteor. Soc. Japan, 93, 5-48, doi:10.2151/jmsj.2015-001. [abstract]
  • T.Nakamura, H.Akiyoshi, M.Deushi, K.Miyazaki, C.Kobayashi, K.Shibata, T.Iwasaki: A multi-model comparison of stratospheric ozone data assimilation based on an ensemble Kalman filter approach , 2013,J. Geophys. Res. Atmos., 118, 3868, doi:10.1002/jgrd.50338. [abstract]
  • Ebita, A., S. Kobayashi, Y. Ota, M. Moriya, R. Kumabe, K. Onogi, Y. Harada, S. Yasui, K. Miyaoka, K. Takahashi, H. Kamahori, C. Kobayashi, H. Endo, M. Soma, Y. Oikawa, And T. Ishimizu: The Japanese 55-year Reanalysis JRA-55 : An Interim Report. SOLA, 7 (2011), 149-152 doi:10.2151/sola.2011-038. [abstract]
  • Kusunoki, S. and C. Kobayashi : Skill Evaluation of Probabilistic Forecasts by the Atmospheric Seasonal Predictability Experiments J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 81 (2003) No. 1 pp.85-112 doi:10.2151/jmsj.81.85 [abstract]
  • Sperber,K. R., C. Brankovic, M. Deque, C. S. Frederiksen, R. Graham, A. Kitoh, C. Kobayashi, T. Palmer, K. Puri, W. Tennant and E. Volodin : Dynamical seasonal predictability of the Asian summer monsoon. Mon. Wea. Rev. , 129(2001). 2226-2248. [abstract]
  • Kusunoki, S., M. Sugi, A. Kitoh, C. Kobayashi and K. Takano : Atmospheric Seasonal Predictability Experiments by the JMA AGCM J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 79 (2001) No. 6 pp.1183-1206, doi:10.2151/jmsj.79.1183 [abstract]
  • Maeda, S., C. Kobayashi, K. Takano, T. Tsuyuki : Relationship between Singular Modes of Blocking Flow and High-frequency Eddies J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 78, No. 5, pp. 631-646, 2000 [abstract]
  • Ninomiya, K. and C. Kobayashi : Precipitation and Moisture Balance of the Asian Summer Monsoon in 1991 Part II: Precipitation and Major Circulation Systems J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 77, No. 1, pp. 77-99, 1999 [abstract]
  • Ninomiya, K. and C. Kobayashi : Precipitation and Moisture Balance of the Asian Summer Monsoon in 1991 Part I: Precipitation and Major Circulation Systems J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 76, No. 6, pp. 855-877, 1998 [abstract]

    Presentations/発表(国際会議)

  • Kobayashi, C Changes in the Brewer-Dobson circulation in JRA-55 PARC Reanalysis Intercomparison Project (S-RIP) Workshop and SPARC Data Assimilation (DA) Workshop Inn at Laurel Point/カナダ/ビクトリア
  • Kobayashi, C Changes in the Brewer-Dobson circulation in JRA-55 International Workshop: Dynamics and interactions of the Ocean and the Atmosphere 東北大学青葉山キャンパス
  • Kobayashi, C Changes in the lower stratospheric residual circulation in JRA-55 日本地球惑星科学連合2016年大会
  • Kobayashi, C,, and S. Maeda Changes in the Brewer-Dobson Circulation in JRA-55., Asian Conference on Meteorology (Kyoto Univesity, Kyoto, Japan, 2015, Oct26-27)
  • Kobayashi, C, JRA Activities Update (Introduction of JRA-55C).(oral), Comparison of the tropospheric circulations among the JRA-55 family members.(poster), S-RIP 2015 Workshop and the SPARC DA Workshop, 12-14 October 2015, Pierre and Marie Curie University, Paris, France
  • Kobayashi, C,, and T. Iwasaki: Brewer-Dobson circulation diagnosed from JRA-55.(oral), SPARC Data Assimilation and SPARC Reanalysis Intercomparison Project (S-RIP Workshops (Maryland, USA, 2014, Sep, 8-12)
  • Kobayashi, C,, and T. Iwasaki: Brewer-Dobson circulation diagnosed from JRA-55.(poster) SPARC 2014 General Assembly, (Queenstown, New Zealand, 2014,Jan12-17,(Jan15))
  • Kobayashi, C., H.Endo, H.Kamahori, Y.Ota, K.Onogi: Introduction and early results of JRA-55C: subset of JRA-55 (poster) 4th WCRP International Conference on Reanalysis (Silver Spring, Maryland, USA, 7-11May 2012)
  • Kobayashi, C. : Interannual variation of spring total ozone and winter planetary-scale wave activity in re-analyses data. (oral) Third WCRP International Conference on Reanalysis (The University of Tokyo, Japan, 28Jan-1Feb 2008)
  • Kobayashi, C., K.Takano and T.Nakaegawa : Seasonal predictability experiment by JMA AGCM (poster) the 28th Annual Climate Diagnostics and Prediction Workshop (20-23 October 2003 at John Ascuaga’s Nugget in Reno, Nevada)
  • Kobayashi, C., K.Takano and T.Nakaegawa Seasonal predictability experiment by JMA AGCM (poster) the 27th Annual Climate Diagnostics and Prediction Workshop (October 21-25, 2002 at the George Mason University, Fairfax, Virginia)
  • Kobayashi, C. : Seasonal prediction experiments with the JMA global model.(oral) Third PROVOST/SHIVA Meeting:22-24 June 1998, ECMWF
  • Kobayashi, C., K.Takano, S.Maeda and K.Yoshimatsu : The forecast skill of Dynamical One-month forecast at JMA (oral) Proceedings of WMO International workshop on dynamical extended range forecasting (Toulouse, France, 17-21 November 1997) WMO/TD No.881 P215-219
  • Kobayashi, C., K.Yoshimatsu, S.Maeda and K.Takano : Dynamical one-month forecasting at JMA (oral) 11th conference on numerical weather prediction preprint 2.6 august 19-23, 1996 Norfork, Virginia Ametican Meteorological Society
  • Kobayashi, C. and T. Iwasaki : Validation study of objectively analyzed tropical cyclones (poster) WMO International Symposium on Assimilation of Observations in Meteorology and Oceanography (Tokyo Japan 13-17 March 1995)
  • Kobayashi, C. and T. Iwasaki : Validation study of objectively analyzed tropical cyclones (oral) Proceedings of International Meeting on Numerical Prediction of Tropical Cyclones Tokyo Japan 17-21 January 1994

    Presentations(domestic)/発表(国内)

  • 小林ちあき、前田修平 ENSOに伴う赤道対称な対流圏偏差場の形成メカニズムとエネルギーバランス 異常気象研究集会「東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会」 平成24年11月09日
  • 小林ちあき、前田修平 対流圏子午面循環におけるENSOの影響 日本気象学会2016年度秋季大会P388
  • 小林ちあき、前田修平, 竹村和人 日本付近の季節変化に対するENSOの影響 日本気象学会2016年度春季大会A106
  • 小林ちあき、前田修平 JRA-55でみられた成層圏平均子午面循環と基本場のトレンド 日本気象学会2015年度秋季大会P134
  • 小林ちあき、岩崎俊樹 平均子午面循環のJRA-55ファミリー間比較 日本気象学会2015年度春季大会B108
  • 小林ちあき、遠藤洋和 JRA-55ファミリーにおける降水量と海面水温との関係の再現性評価 日本気象学会2014年度秋季大会P173
  • 小林ちあき、岩崎俊樹 JRA-55で表現された平均子午面循環の特徴(3) 日本気象学会2014年度春季大会P121
  • 小林ちあき、岩崎俊樹 JRA-55で表現された平均子午面循環の特徴(2) 日本気象学会2013年度秋季大会D356
  • 小林ちあき、太田行哉、遠藤洋和、釜堀弘隆 従来型観測データのみを用いた長期再解析(JRA-55C)の評価(中間報告) 日本気象学会2013年度春季大会C152
  • 小林ちあき: 中緯度対流圏の昇温に対する熱帯海面水温の影響 第9回「異常気象と長期変動」研究集会京都大学防災研究所一般研究集会 「週間及び1か月予報における顕著現象の予測可能性」 平成24年11月20-22日
  • 小林ちあき、岩崎俊樹 JRA-55で表現された平均子午面循環の特徴 日本気象学会2012年度秋季大会P177
  • 小林ちあき、太田行哉、遠藤洋和、釜堀弘隆 従来型観測データのみを用いた長期再解析(JRA-55C)の初期結果 日本気象学会2012年度春季大会P102
  • 小林ちあき・太田行哉・釜堀弘隆: 従来型観測データのみを用いた長期再解析データ(JRA-55C)の作成 2011年気象学会秋季大会P116
  • 小林ちあき: 2010年夏季における対流圏中緯度域の昇温について 第8回「異常気象と長期変動」 研究集会 平成23年度防災研究所研究集会(23K-09)「異常 気象と低周波変動、気候変動の実態とメカニズム」 2011年11月8日9日
  • 小林ちあき: 2010年夏季における中緯度対流圏の昇温 研究会「長期予報と大気大循環」「2010年夏の異常高温と大気大循環」2011年7月12日
  • 小林ちあき: 2010年夏季における対流圏中緯度域の昇温について 2011年気象学会春季大会D156
  • 小林ちあき・柴田清孝: マルチ気候モデル実験における北半球夏のジェットと成層圏オゾンとの関係 2010年気象学会秋季大会P341
  • 小林ちあき・柴田清孝: 北半球中緯度下部成層圏オゾントレンドにおける力学的要因の寄与 2009年気象学会秋季大会P145
  • 小林ちあき: JRA-25の風をナッジングしたMRI-CCM1で再現されるオゾンの年々変動 2008年気象学会秋季大会P184
  • 小林ちあき: 2006 年と2007 年の南極オゾンホールと循環場 第5回「異常気象と長期変動」研究集会 平成19年度防災研究所研究集会(19-K06)「気候変動と異常気象─メカニズムと予測可能性」 2007年11月1日2日
  • 小林ちあき: 2006年の南極オゾンホールと気象場との関係 2007年気象学会春季大会P207
  • 小林ちあき・前田修平・佐藤均: 2005年12月の偏西風の異常 2006年気象学会春季大会P338
  • 小林ちあき,前田修平 ハドレー循環で見た季節進行の長期変化傾向 第3回「異常気象と長期変動」研究集会 平成17年度防災研究所特定共同研究集会(17-S3)「気候変動のメカニズムと予測可能性」 2005年10月27日28日
  • 小林ちあき: 2004年夏の循環場の特徴 2005年気象学会秋季大会B201
  • 小林ちあき・前田修平: ハドレ−循環でみた季節進行の長期変化傾向 2005年気象学会春季大会P415
  • 小林ちあき,前田修平: 2004年春から夏の天候について 平成16年度 「異常気象と長期変動」研究集会 2004年10月21日22日
  • 小林ちあき・高野清治・伊藤明・前田修平・松下泰広: 夏季西部太平洋熱帯域における降水量予報ー季節予報予測可能性に対するインパクトー 2004年気象学会春季大会C302
  • 小林ちあき: 両半球中緯度対流圏の高温現象について 平成15年度 防災研究所特定研究集会(15S-3)「対流圏長周期変動と異常気象」 2003年10月30日31日
  • 小林ちあき・高野清治: 両半球中緯度対流圏の温暖現象 2003年気象学会春季大会P305
  • 小林ちあき・高野清治: 季節予報予測可能性における初期値のシグナルー季節予報予測可能性実験SMIP2を用いてー 2003年気象学会春季大会B409
  • 小林ちあき・高野清治・仲江川敏之: 季節予報予測可能性実験SMIP2 2002年気象学会秋季大会A358
  • 小林ちあき・高野清治・杉正人: 水平分解能の違いによるモデルのパフォーマンスの差について 2002年気象学会春季大会C157
  • 小林ちあき・高野清治・前田修平: 現業1か月予報システムで計算されたローレンツ・インデックスの年々変動 2000年気象学会秋季大会C308
  • 小林ちあき・高野清治・前田修平: 1か月数値予報における気候的ブロッキング高気圧の発現頻度の違いと熱帯の対流活動・亜熱帯ジェットとの関係(序) 1999年気象学会秋季大会P317
  • 小林ちあき・高野清治・前田修平: 1か月数値予報における気候的ブロッキング頻度分布の発生頻度 1999年気象学会春季大会C156
  • 小林ちあき・高野清治・楠昌司・杉正人・鬼頭昭雄: アンサンブル季節予報実験 北半球の予報成績 1997年気象学会秋季大会B211
  • 小林ちあき・高野清治・岩崎俊樹・北川裕人: 成層圏の解像度を上げた全球モデルによる1か月予報 1995年気象学会春季大会A218

    Publications(Japanese)/著作(日本語)

  • 小林ちあき・前田修平: ENSOに伴う赤道対称な対流圏偏差場の形成メカニズムとエネルギーバランス 2016(平成28)年度「異常気象と長期変動」 研究集会報告(2017.03)
  • 小林ちあき: 従来型観測データのみを用いた長期再解析 JRA-55C の評価 2014(平成26)年度「異常気象と長期変動」 研究集会報告(2015.03)
  • 小林ちあき: 中緯度対流圏の昇温に対する熱帯海面水温の影響について 平成24年度「異常気象と長期変動」 研究集会報告(2013.03)
  • 小林ちあき: 2010年夏季における中緯度対流圏の昇温 気象研究ノート第225号第8章 (2012.05)
  • 小林ちあき: 2010年夏季における対流圏中緯度域の昇温について 平成23年度「異常気象と長期変動」 研究集会報告(2012.03)
  • 小林ちあき: 2006 年と2007 年の南極オゾンホールと循環場 平成19年度「異常気象と長期変動」研究集会報告 (2008.03)
  • 前田修平・小林ちあき: 力学的長期予報の現業化(創立125周年記念解説) 天気,Vol.54, No.08, 537(2007 )
  • 小林ちあき,前田修平: ハドレー循環で見た季節進行の長期変化傾向 平成17年度「異常気象と長期変動」研究集会報告 (2006.03)
  • 前田修平・佐藤 均・小林ちあき: 解説2.2003年夏の北半球ダブルジェット 天気,Vol.52, No.08, 586(2005 )
  • 山崎孝治・平沢尚彦・中村 尚・浮田甚郎・高田久美子・阿部彩子・佐藤 薫・本田明治・齋藤冬樹・高谷康太郎・菅原 敏・金子秀毅・中野智子・藤田耕史・小林ちあき: 2004年春季極域・寒冷域研究連絡会の報告 天気,Vol.52, No.06, 501(2005 )
  • 小林ちあき : 両半球中緯度対流圏の高温現象について グロースベッター43巻    2005.06
  • 小林ちあき,前田修平: 2004年春から夏の天候について 平成16年度 「異常気象と長期変動」研究集会報告 (2005.03)
  • 小林ちあき 両半球中緯度対流圏の高温現象について: 平成15年度 「対流圏長周期変動と異常気象」 防災研究所特定研究集会報告 (2004.03)
  • 石井 正好・小林 ちあき・余田 成男: 1998: 力学的延長予報に関するWMOワークショップの報告 天気, 45-5, 383-387.
  • 小林ちあき・前田修平: 1か月予報にあらわれるモデルの鉛直解像度の影響 グロースベッター35巻2号  1997.06
  • 小林ちあき・隈 健一: アメリカ気象学会第11回数値予報会議参加報告 『天気』1997年2月号(VOL.44, NO.2)
  • 小林ちあき・岩崎俊樹: 全球客観解析に表現された熱帯低気圧の位置と強さの精度について グロースベッター33巻1号  1994.10
  • 小林ちあき・波多野健二: 3次元グラフィックスを用いた数値予報GPV可視化システム 天気, 39-11, カラー (1992)
    Chiaki KOBAYASHI
    e-mail: Chiaki Kobayashi