SIGMA (Snow Impurity and Glacial Microbe effects on abrupt warming in the Arctic)

科学研究費補助金(基盤研究(S))23221004
「積雪汚染及び雪氷微生物が北極域の環境変動に及ぼす影響」


SIGMAプロジェクト ワークショップ

第4回ワークショップ(2014年3月17日(月)〜20日(木))

SIGMAプロジェクト2013年度研究集会


森林総合研究所 十日町試験地
十日町情報館

プログラム


3月17日(月)
積雪粒径相互比較観測 於 森林総合研究所 十日町試験地
13:30-17:00 観測準備並びに打ち合わせ 予備観測



3月18日(火)
積雪粒径相互比較観測 於 森林総合研究所 十日町試験地
9:30-13:00 観測並びに結果の検討会



3月18日(火)
研究集会 於 十日町情報館

14:30-14:40 趣旨説明 青木輝夫(気象研)

降積雪、気象観測  座長 庭野匡思、青木輝夫
14:40-15:05 十日町における冬期降水量と融雪期アルベドの関係
     竹内由香里 (森林総研 十日町試験地)

15:05-15:30 積雪重量計を用いた札幌の積雪水量の変動
     杉浦幸之助 (富山大学)

15:30-15:55十勝平野における冬の気温プロファイルと雪面温度:バルク法による解析結果
     岩田幸良(農工研)

15:55-16:25  BET法を用いた積雪観測
     山口 悟 (防災科研)

16:25-16:50 休憩

16:50-17:15 積雪の波長別偏光度の測定
     谷川朋範 (JAXA)

17:15-17:40 ニーオルスンにおける全天分光日射計観測
     朽木勝幸 (気象研)

17:40-18:15 雪中金属成分の存在形態と雪面アルベド変化
     小室悠紀 (山形大)

18:15-18:40 グリーンランド氷床表面温度と積雪粒径との関係
     島田利元 (千葉大)




3月19日(水)
研究集会 於 十日町情報館

グリーンランド調査結果(氷河)  座長 山口 悟、谷川朋範
9:00-9:25  2013年GRENEグリーンランド氷床観測報告
     杉山 慎 (北大)

9:25-9:50  グリーンランド北西部カナック氷帽における現地観測
     丸山美妃呂 (北大)

9:50-10:15 グリーンランド北西部における氷河・氷帽の表面高度変化
     斉藤 潤 (北大)

10:15-10:40 休憩

10:40-11:15 グリーンランド氷床沿岸の海洋におけるChl-a濃度
     大橋良彦 (北大)

11:15-11:40  SIGMA-Aアイスコアから復元した降水量の変動
     的場澄人(北大)

11:40-12:05 南パタゴニア氷原ペリート・モレノ氷河における末端位置と末端消耗量の季節変動
     箕輪昌紘 (北大)

12:05-13:00 昼休み

グリーンランド調査報告(生物) 座長 竹内 望
13:00-13:25  Sr-Nd同位体比を使ったグリーンランド氷河上クリオコナイトに含まれる鉱物の供給源推定
     永塚尚子 (極地研)

13:25-13:50  2013年グリーンランドカナック氷河上の積雪における雪氷藻類の季節変化
     大沼友貴彦 (千葉大)

13:50-14:15  北極域氷河の藻類群集構造の分布 -スンタルハヤタ地域の分析から-
     田中聡太 (千葉大)

14:15-14:40   長岡における降雪観測
     本吉弘岐 (防災科研)

14:40−15:05 休憩

グリーンランド調査報告(化学、その他) 座長 杉山 慎
15:05-15:30 The Snow-infiltration ice evolution on Urumqi glacier No.1, eastern Tianshan, China
     張 暁宇(蘭州) 

15:30−15:55 グリーンランドおよびスバルバードの氷河表面化学成分
     竹内 望 (千葉大)

15:55-16:20 2012-2013年夏期グリーンランド氷床上における積雪不純物の表面濃縮過程
     青木輝夫 (気象研)

16:20-16:45 熱赤外法でみたグリーンランド氷床上の表面雪質の季節変化
     堀 雅裕(JAXA)




3月20日(木)
研究集会 於 十日町情報館

モデル・その他  座長 的場澄人
9:00-9:25 熱収支差を考慮したクリオコナイトホールの発達減衰モデルの開発
     藤田耕史 (名古屋大)

9:25-9:50 積雪変質モデルSMAPと領域モデルJMANHMの結合に向けて
     庭野匡思 (気象研)

9:50-10:15 グリーンランド2014年7月降雨事例に関する数値実験
     橋本明弘 (気象研)

10:15-10:40 気象研地球システムモデルでの積雪アルベド
     保坂征宏、田中泰宙 (気象研)

10:40-11:05 2014年春のグリーンランド氷床掘削計画について
     本山秀明 (極地研)

11:05-11:20 休憩

11:20-12:00 総合討論 座長 青木輝夫 





topに戻る

第3回(国際)ワークショップ(2013年3月6日(水)〜8日(金))

Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA)
The 3rd SIGMA Workshop in Tazawako


6-8 March 2013
Tazawako Sports Center
73-75 Shimotakano, Tazawako-Obonai,
Senboku-shi, Akita 014-1201, Japan


Wednesday, 6 March

13:30 - 14:00 Convene Workshop, opening remarks - Teruo Aoki

1. Keynote lecture - Chair: Teruo Aoki

14:00 - 15:00 Martin Schneebeli, WSL Institute for Snow and Avalanche Research SLF
   The geometry of snow as seen by tomography and near-infrared photography

2. Snow microphysics and the measurement technique - Chair: Teruo Aoki

15:00 - 15:25 Satoru Yamaguchi, Snow and Ice Research Center, NIED
   Relationship between wet snow and SSA
15:25 - 15:50 Akihiko Hachikubo, Kitami Institute of Technology
   Measurement of the specific surface area of snow by using gas adsorption method

15:50 - 16:10 Break

16:10 - 16:35 Hiroki Motoyoshi, Snow and Ice Research Center, NIED
   Falling snow particle observation at Nagaoka
16:35 - 17:00 Yukiyoshi Iwata, National Agricultural Research Center for Hokkaido Region
   Estimation of snowmelt period at the field applying snowmelt agency: A research plan
17:00 - 17:25 Ken Motoya, Akita University
   TBD

3. Field observation in the Arctic (1) - Chair: Satoru Yamaguchi

17:25 - 17:50 Masashi Niwano, Meteorological Research Institute
   Diagnosing the extreme surface melt event at site SIGMA-A northwest Greenland observed during the 2012 summer intensive field observation

Reception party


Thursday, 7 March

4. Field observation in the Arctic (2) - Chair: Satoru Yamaguchi

08:30 - 08:55 Konosuke Sugiura, JAMSTEC
   Distribution of the blowing snow sublimation in Greenland using reanalysis datasets
08:55 - 09:20 Teruo Aoki, Meteorological Research Institute
   Snow impurities and albedo variation measured at SIGMA-A on Greenland ice sheet
09:20 - 09:45 Sumito Matoba, Hokkaido University
   Melting record of 19m firn/ice core from Site-A.
09:45 - 10:10 Shin Sugiyama, Hokkaido University
   Ice mass loss in northwestern Greenland
10:10 - 10:35 Hideaki Motoyama, National Institute of Polar Research
   Studies on global warming in 1920's using various ice cores in the Arctic.

10:35 - 10:55 Break

5. Regional and global model - Chair: Shin Sugiyama

10:55 - 11:20 Akihiro Hashimoto, Meteorological Research Institute
   Numerical simulation of the rainfall event in Greenland during SIGMA-IOP2012
11:20 - 11:45 Taichu Tanaka, Meteorological Research Institute
   Simulation of BC and dust deposition over Greenland
11:45 - 12:10 Masahiro Hosaka, Meteorological Research Institute
   MRI Land Surface Model HAL (tentative)

12:10 - 13:30 Lunch break

6. Glacial Microbes - Chair: Sumito Matoba

13:30 - 13:55 Nozomu Takeuchi, Chiba University
   Biogeochimical characteristics of impurities on Greenland icesheet
13:55 - 14:20 Michaera Musilova, University of Bristol
   Organic matter production in a laboratory modified Takeuchi experiment
14:20 - 14:55 Jun Uetake, National Institute of Polar Research
   Bacterial in cryoconite formation process in Northwestern Greenland
14:55 - 15:20 Naoko Nagatsuka, Chiba University
   Variations in Sr and Nd isotopic ratios of cryoconite on glaciers in Asia, Alaska, Greenland

15:20 - 15:40 Break

7. Satellite Remote Sensing - Chair: Nozomu Takeuchi

15:40 - 16:05 Rigen Shimada, Chiba University and Meteorological Research Institute
   Comparative study between Greenland ice sheet surface temperature and reflectance
16:05 - 16:30 Katsuyuki Kuchiki, Meteorological Research Institute
   Snow physical parameters retrieved from MODIS over northwestern Greenland
16:30 - 16:55 Masahiro Hori, JAXA, EORC
   Angular dependent emissivity model of snow and ice in the TIR and its applications
16:55 - 17:20 Tomonori Tanikawa, Stevens Institute of Technology
   Angular dependence on degree of linear polarization of snow

17:20 - 18:00 Group meeting


Friday, 8 March

8. Closing sessions - Chair: Teruo Aoki

08:30 - 10:00 Wrap-up of all discussions - Chair Teruo Aoki

10:00 - 10:15 Break

10:15 - 12:00 Group discussion for field activities in 2013 (in Japanese)

12:00 Adjourn


topに戻る

第2回ワークショップ(2012年3月14日(水)〜16日(金))

科研費基盤(S)「北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響」に関する第2回ワークショップ

日時:2012年3月14日(水)〜16日(金)
場所:北海道大学低温科学研究所 3階講堂


プログラム


3月14日(水)
13:30-13:45
開催の挨拶 青木輝夫(気象研)
事務連絡 的場澄人(北大低温研)、榊原大貴(北大環境科学院)


セッション1 座長 兒玉裕二(極地研)
13:45-14:10
「雪氷防災研究センターでの放射/積雪/降雪観測の報告」
    本吉弘岐(雪氷防災研究センター)

14:10-14:35
「雪面付近の気温の鉛直分布の特徴 −北海道の芽室(北農研)と札幌(低温研)の観測事例から−」
    岩田幸良(北海道農研)



休憩(1435-14:50)


14:50-15:15
「グリーンランドにおける気象・放射観測と積雪物理状態予測」
    庭野匡思(気象研)

15:15-15:40
「吹雪時の大気への水蒸気輸送研究からグリーンランド観測隊への期待」: canceled
    杉浦幸之助(JAMSTEC)

15:40-16:05
「インターバルカメラ(Garden Watch Cam)を利用した積雪深観測と測器監視への応用可能性について」
    本谷研(秋田大)



休憩(16:05-16:20)


16:20-16:45
「積雪比表面積測定装置開発の進捗状況について」
    八久保晶弘(北見工大)

16:45-17:10
「未定」
    保坂征宏(気象研)

17:10-17:35
「未定」
    田中泰宙(気象研)



18:30-20:30
懇親会



3月15日(木)
セッション2座長 岩田幸良(北海道農研)
9:15-9:40
「MODISから推定したグリーンランド北西部における積雪物理量の経年変化」
    朽木勝幸(気象研)

9:40-10:05
「MODIS全球データを用いた積雪物理量の推定(仮)」
    谷川朋範(JAXA)



休憩 (10:05-10:20)


10:20-10:45
「未定」
    堀雅裕(JAXA)

10:45-11:10
「カナック流域における溢流氷河の近年の変動」
    榊原大貴(北大)

11:10-11:35
「未定」
    島田利元(千葉大)


11:35-
気象計見学、昼食

セッション3 座長 杉浦幸之助(JAMSTEC)
14:00-14:25
「消耗域のアルベド低下が氷河変動に与える影響評価 ー氷河変動モデルを用いたアプローチ ー」
    山口悟(雪氷防災研究センター)

14:25-14:50
「グリーンランド・カナック氷河消耗域における波長別アルベドのモデル化」
    青木輝夫(気象研)

14:50-15:15
「北極圏氷河のクリオコナイトの比較研究」 
    竹内望(千葉大)



休憩(15:15-15:30)


15:30-15:55
「未定」
    植竹淳(極地研)

15:55-16:20
「Sr,Nd同位体比を用いたグリーンランド氷床上ダストの供給源推定」
    永塚尚子(千葉大)

16:20-16:45
「未定」
    的場澄人(北大低温研)

16:45-17:10
「1990年代の北極観測について」
    本山秀明(極地研)



17:10-18:00
総合討論



3月16日(金)
9:30-12:00
2012年グリーンランド観測打ち合わせ


10:00-
定常積雪断面観測   於低温研裏露場



topに戻る

第1回ワークショップ(2011年10月13日)

科研費基盤(S)「北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響」に関する第1回ワークショップ

日時:2011年10月13日(木)13:30-18:15、10月14日(金)09:00〜15:00
場所:JAMSTEC 東京事務所 大会議室


プログラム


10月13日(木)
1330-1420
趣旨説明、予備調査報告(全般)
    青木輝夫(気象研)

予備調査報告(生物、積雪)
    植竹淳(極地研)



14:20〜15:00
- 生物
Sr, Nd安定同位体比を使ったダスト起源の推定
    永塚尚子(千葉大D2)

雪氷微生物のアルベド低下効果のモデル化に向けて
    竹内望(千葉大)



15:00〜15:40
- 積雪・氷床コア
吹雪が熱収支に与える影響
    杉浦幸之助(JAMSTEC)

グリーンランドNGRIPでのピット観測及び諸情報
    本山秀明(極地研)



15:40〜15:50:Coffee break


15:50〜16:30
- 衛星観測
MODISデータを用いた積雪物理量の推定
    谷川朋範(JAXA/EORC)

衛星による積雪分布解析及び雪氷面熱赤外特性の地上計測と今後の計画
    堀雅裕(JAXA/EORC)



16:30〜17:50
- モデル
積雪変態・アルベドプロセスモデルのグリーンランドへの適用
    庭野匡思(気象研)

防災科研における積雪モデル(SNOWPACK)の改良状況と今後の展望
    山口悟(雪氷防災研究センター)

気象研陸面モデルHAL
    保坂征宏(気象研)

GCM - エーロゾル結合モデルによる積雪アルベドへのエーロゾル沈着の影響
    田中泰宙(気象研)



17:50〜18:15
文科省予算「GRENE北極気候変動研究プロジェクト」について
    榎本浩之(極地研)

科研費の略称について
    青木輝夫(気象研)


18:30〜:懇親会



10月14日(金)
09:00〜09:40
- 測定技術
BET吸着法による積雪比表面積の測定
    八久保晶弘(北見工大)

全天分光日射計による積雪物理量の推定
    朽木勝幸(気象研)



09:40〜10:20
- 国内観測
凍土深が異なる圃場の土壌中の水と熱の移動の違い
    岩田幸良(北海道農業研究センター)

根雪開始期の熱収支
    兒玉裕二(北大低温研)



10:20〜10:30:Coffee break


10:30〜12:00
来年度グリーンランド観測の計画(時期、参加者、予算等)
    青木輝夫(気象研)

2013年度グリーンランド氷床コア掘削計画(時期、参加者、予算等)
    本山秀明(極地研)

5年間の研究の進め方
    青木輝夫(気象研)

その他

13:00〜15:00
- 予備


その他の参加者:杉山慎(北大低温研)、島田利元(千葉大M2)
合計19名


topに戻る

© Copyright 2013 by The 6th Research Laboratory,
Climate Research Department, Meteorological Research Institute.