大気放射と雪氷圏

気象研究所 気候研究部 第六研究室

気象研究所 > 気候研究部 > 第六研究室 > 口頭発表


口頭発表リスト −気候研究部 第六研究室−


Aoki, T., K. Kuchiki, T. Tanikawa, M. Hori., M. Niwano, R. Shimada, Knut Stamnes, Wei Li, Hiroki Motoyoshi and A. Kokhanovsky, 2014: Seasonal and annual variations of satellite-derived snow parameters in Greenland, GCOM/EarthCARE/PMM Joint PI Workshop, JAXA/EORC, 14-17 January 2014, Tokyo, Japan.

Stamnes, K., W. Li, N. Chen, T. Tanikawa, M. Hori, T. Aoki, 2013, SGLI Snow Product Algorithms, GCOM/EarthCARE/PMM Joint PI Workshop, JAXA/EORC, 14-17 January 2014, Tokyo, Japan.

青木輝夫, 的場澄人, 山口悟, 谷川朋範, 庭野匡思, 朽木勝幸, 足立光司, 對馬あかね, 植竹淳, 本山秀明, 堀雅裕, 2014: 2011-2013年夏期グリーンランド氷床上における積雪不純物の表面濃縮過程, 第4回SIGMAワークショップin十日町, 2014年4月18-20日, 十日町.

朽木勝幸, 2014: ニーオルスンにおける全天分光日射計観測, 第4回SIGMAワークショップin十日町, 2014年4月18-20日, 十日町.

庭野匡思, 2014: 積雪変質モデルSMAPと領域モデルJMANHMの結合に向けて, 第4回SIGMAワークショップin十日町, 2014年3月18-20日, 十日町.

島田利元, 竹内望, 青木輝夫, 2014: MODISデータを用いたグリーンランド氷床裸氷域の面積変化, 第4回SIGMAワークショップin十日町, 2014年3月18-20日, 十日町.

青木輝夫,2014: グリーンランドSIGMA-Aにおけるアルベドと積雪物理量変化, GRENE雪氷課題2013年度全体会合, 2014年3月26-27日, 国立極地研究所, 立川.

Aoki, T., S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Niwano, T. Yamasaki, K. Kuchiki, H. Motoyama, and M. Hori, 2013: Intensive observations of meteorological and snow-physical parameters at site SIGMA-A in northwestern Greenland in summer 2012, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Kuchiki, K., T. Aoki, H. Motoyoshi, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Niwano, Rigen S., and T. Yamasaki, 2013: Mass concentration of snow impurities and snow grain size on northwestern Greenland Ice Sheet: Comparison between retrieval from MODIS and in-situ measurment, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Niwano, M., T. Aoki, S. Yamaguchi, S. Matoba, T. Tanikawa, T. Yamasaki, K.Kuchiki, and H. Motoyama, 2013: Numerical simulation of summer snowmelt at site SIGMA-A northwestern Greenland during 2012 intensive observations, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Tanikawa, T., T. Aoki, and M. Hori, 2013: Monitoring of the dark region on Greenland by AQUA/MODIS during the melting season 2002 - 2012, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Matoba, S., S. Yamaguchi, T. Yamasaki, T. Tanikawa, T. Aoki, M. Niwano and H. Motoyama, 2013: Melting record in northwestern Greenland Ice Sheet, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Yamaguchi, S., S. Matoba, T. Aoki, M. Niwano, T. Tanikawa, T. Yamasaki, and A. Hachikubo, 2013: Measurement of specific surface area of snow cover in Greenland, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Uetake, J., N. Takeuchi, N, Nagatsuka, H. Motoyama, and T. Aoki, 2013: Microbial composition changes in cryoconite formation process in northwestern Greenland, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Shimada, R., N. Takeuchi, and T. Aoki, 2013: Effect of Microorganism on Greenland Ice Sheet surface temperature change, Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Saito, K., T. Yamazaki, T. Ise, T. Hajima, M. Hosaka, A. Ito, M. Niwano, R. O'ishi, H. Park, T. Sueyoshi, S. Yamaguchi, 2013: Goals and activities of the terrestrial modeling group of “GRENE arctic climate change research project”, Third Internation Symposium on the Arctic Research (ISAR-3), 14-17 January 2013, Tokyo, Japan.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Hori., T. Tanikawa, M. Niwano, R. Shimada, and A. Kokhanovsky, 2013: Validation results of satellite derived snow parameters in Greenland, GCOM/EarthCARE/PMM Joint PI Workshop, JAXA/EORC, 29 January - 1 February 2013, Tokyo, Japan.

Stamnes, K., W. Li, N. Chen, T. Tanikawa, M. Hori, T. Aoki, 2013, SGLI Snow Product Algorithms, GCOM/EarthCARE/PMM Joint PI Workshop, JAXA/EORC, 29 January - 1 February 2013, Tokyo, Japan.

Aoki, T., M. Niwano, K. Kuchiki, S. Matoba S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Hori, T. Yamasaki, and H. Motoyama, 2013: Snow impurities and albedo variation measured at SIGMA-A on Greenland ice sheet, The 3rd SIGMA Workshop, 6-8 March 2013, Tazawako.

Niwano, M., 2013: Diagnosing the extreme surface melt event at site SIGMA-A northwest Greenland observed during the 2012 summer intensive field observation, The 3rd SIGMA Workshop, 6-8 March 2013, Tazawako.

Kuchiki, K., 2013: Snow physical parameters retrieved from MODIS over northwestern Greenland, The 3rd SIGMA Workshop, 6-8 March 2013, Tazawako.

Hashimoto, A., M. Niwano and T. Aoki, 2013: Numerical simulation of the rainfall event in Greenland during SIGMA-IOP2012, The 3rd SIGMA Workshop, 6-8 March 2013, Tazawako.

Shimada, R., N. Takeuchi, and T. Aoki, 2013: Comparative study between Greenland ice sheet surface temperature and reflectance- The effect of glacial microorganism -, The 3rd SIGMA Workshop, 6-8 March 2013, Tazawako.

Uetake, J., R. Shimada, N. Nagatsuka, N. Takeuchi, H. Motoyama, T. Aoki, 2013: Bacterial community change during cryoconite formation process in Northwestern Greenland, The 3rd SIGMA Workshop, 6-8 March 2013, Tazawako.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 橋本明弘, 田中泰宙, 保坂征宏, 2013: グリーンランドから地球温暖化をみる, 平成24年度気象研究所研究成果発表会, 発表要旨集, 2013年3月13日, つくば, 6-7.

青木輝夫, 庭野匡思, 朽木勝幸, 的場澄人,山口悟,谷川朋範,堀雅裕, 山崎哲秀,本山秀明,2013: グリーンランドSIGMA-Aにおけるアルベドと積雪物理量変化, GRENE雪氷課題2012年度全体会合, 2013年3月21-22日, 国立極地研究所, 立川.

Niwano, M., T. Aoki, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, H. Motoyama, K. Kuchiki, M. Hosaka, and Y. Kodama, 2013: Accuracy of simulated snow grain size and shortwave albedo by a 1-D physical snowpack model SMAP: Model validation at Sapporo, Japan and Greenland, Snow Grain Size Workshop - Measurements and Applications, 2-5 April 2013, Grenoble, France.

Hachikubo, A., H. Arakawa, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki, and T. Aoki, 2013: Measurement of snow specific surface area by the BET theory - investigation of suitable adsorbent for field use -, Snow Grain Size Workshop - Measurements and Applications, 2-5 April 2013, Grenoble, France.

Arakawa, H., A. Hachikubo, S. Yamaguchi, T. Aoki, and K. Izumi, 2013: Run-length dependence of specific surface area and intrinsic permeability in seasonal snow, Snow Grain Size Workshop - Measurements and Applications, 2-5 April 2013, Grenoble, France.

Yamaguchi, S., A. Hachikubo, H. Arakawa, and T. Aoki, 2013: Attempt of modeling water movement in snow cover using specific surface area, Snow Grain Size Workshop - Measurements and Applications, 2-5 April 2013, Grenoble, France.

Niwano, M., T. Aoki, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, H. Motoyama, and K. Kuchiki, 2013: Evaluation of a 1-D snowpack model SMAP applied in the Greenland ice sheet, EGU General Assembly 2013, 8-12 April 2013, Vienna, Austria.(発表日:4月9日, Poster)

Aoki, T., 2013: Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA) Project, The Norwegian Polar Institute Seminar, 24 April 2013, Tromso, Norway. [LINK]

山口悟, 本吉弘岐, 青木輝夫, 谷川朋範, 八久保晶弘, 2013: 積雪の近赤外領域の反射率と含水率との関係, 日本雪氷学会2013年度北信越支部研究発表会, 2013年5月11日, 新潟.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 足立光司, 財前祐二, 的場澄人, 山口悟, 谷川朋範, 山崎哲秀, 2013: グリーンランド氷床上SIGMA-Aで観測された光吸収性積雪不純物, 日本気象学会2013年度春季大会, 2013年5月15-18日, 東京, D303.

朽木勝幸,青木輝夫,本吉弘岐,的場澄人,山口悟,谷川朋範,庭野匡思,島田利元, 2013: MODISから推定したグリーンランドにおける積雪物理量の検証, 日本気象学会2013年度春季大会, 2013年5月15-18日, 東京, P327.

庭野匡思,青木輝夫,的場澄人,山口悟,谷川朋範, 本山秀明,朽木勝幸, 山崎哲秀, 2013: 2012年夏期の北西グリーンランドSIGMA-Aにおける積雪シミュレーション, 日本気象学会2013年度春季大会, 2013年5月15-18日, 東京, A403.

青木輝夫, 的場澄人, 山口悟, 谷川朋範, 庭野匡思, 山崎哲秀, 朽木勝幸, 本山秀明, 堀雅裕, 2013: グリーンランドSIGMA-Aで観測された積雪粒径と不純物濃度がアルベドに与える効果, 日本地球惑星科学連合2013年度連合大会, 2013年5月19-24日, 千葉市, ACG38-08.

朽木勝幸,青木輝夫,庭野匡思,本吉弘岐,的場澄人,山口悟,谷川朋範,島田利元, 2013: 地上及び衛星リモートシングによって推定された北西グリーンランド氷床上SIGMA-Aにおける積雪粒径, 日本地球惑星科学連合2013年度大会, 2013年5月19-24日, 千葉, A-CG39-P02.

庭野匡思, 青木輝夫, 的場澄人, 山口悟, 谷川朋範, 本山秀明, 朽木勝幸, 2013: 積雪変質モデルを用いた、2012年夏期の北西グリーンランドSIGMA-Aにおける急激な表面融解の解析, 日本地球惑星科学連合2013年度大会, 2013年5月19-24日, 千葉, A-CG38-09.

堀雅裕, 青木輝夫, Knut Stamnes, 谷川朋範, Wei Li, and N. Chen, 2013: Global snow and ice cover observations using GCOM-C1/SGLI, 日本地球惑星科学連合2013年度大会, 2013年5月19-24日, 千葉, A-CG39-10.

島田利元, 竹内望, 青木輝夫, 2013: MODISデータを用いたグリーンランド氷床表面温度と表面反射率の時間変化, 日本地球惑星科学連合2013年度大会, 2013年5月19-24日, 千葉, ACG38-P14.

青木輝夫, 2013: 雪氷中の光吸収性不純物と放射過程, エアロゾル-雲セミナー, 2013年6月7日, 東京大学理学部, 東京.

Yasunari, T. J., K.-M. Lau, S. P. P. Mahanama, R. D. Koster, M. Suarez, P. R. Colarco, A. Dasilva, T. Aoki, and Y. Kodama, 2013: Introduction of the Goddard Snow Darkening Package for the NASA GEOS-5, First Annual Young Scientist Forum, NASA Goddard Space Flight Center, 17 June 2013, Greenbelt, USA.

青木輝夫, 2013: グリーンランドにおける氷床・氷帽の観測, 2013年度海外学術調査フォーラム, 2013年6月29日, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 東京.

Aoki, T., S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Niwano, T. Yamasaki, Katsuyuki Kuchiki1, H. Motoyama, and M. Hori, 2013: Effects of snow grain size and snow impurity concentrations on albedo variation at SIGMA-A on Greenland ice sheet, Davos Atmosphere and Cryosphere Assembly DACA-13, 8-12 July 2013, Davos, Switzerland.

Kuchiki, K., T. Aoki, H. Motoyoshi, S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Niwano, R. Shimada, and T. Yamasaki, 2013: Comparison of snow physical parameters retrieved from MODIS with in-situ measurements on northwestern Greenland ice sheet, Davos Atmosphere and Cryosphere Assembly DACA-13, 8-12 July 2013, Davos, Switzerland.

田中泰宙, 青木輝夫, 保坂征宏, 足立恭将, 2013: 気候モデルによる光吸収性エアロゾルの影響評価:大気の加熱と積雪汚染(Evaluation of the impacts of light-absorbing aerosols by a climate model: atmospheric heating and snow darkening), 日本エアロゾル学会, 第30回エアロゾル科学・技術研究討論会, 2013年8月27-29日, 京都.

青木輝夫, 庭野匡思, 山口悟, 本吉弘岐, 朽木勝幸, 的場澄人, 八久保晶弘, 2013: 近赤外域イメージセンサーによる積雪及び氷試料の光学測定, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, B1-1.

的場澄人, 山口悟,山崎哲秀, 青木輝夫, 庭野匡思, 谷川朋範, 本山秀明, 杉山慎, 2013: グリーンランド氷床北西部SIGMA-Aサイトにおける過去36年間の年間質量収支の復元, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, A1-3.

朽木勝幸,青木輝夫,庭野匡思,山口悟,八久保晶弘,竹内由香里,堀雅裕,谷川朋範, 2013: 近赤外域の光学測定による積雪粒径の推定, 雪氷研究大会(2013・北見), 2013年9月18-20日, 北見市, B1-2.

山口悟,本吉弘岐,青木輝夫,谷川朋範,八久保晶弘, 2013: 体積含水率の変化に伴う積雪の近赤外領域の反射率の変化, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, B1-3.

堀雅裕,青木輝夫,谷川朋範,朽木勝幸,庭野匡思,山口悟,的場澄人,八久保晶弘,杉浦幸之助, 2013: 雪氷面熱赤外域射出輝度の変動特性と表面雪質の関係, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, B1-4.

八久保晶弘,山口悟,荒川逸人,谷川朋範,堀雅裕,杉浦幸之助,庭野匡思,朽木勝幸,青木輝夫, 2013: 積雪比表面積の経時変化に及ぼす温度および粒子形状の効果, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, B1-5.

谷川朋範,青木輝夫,堀雅裕,八久保晶弘,杉浦幸之助,的場澄人,山口悟,朽木勝幸,庭野匡思, 2013: 積雪の波長別双方向反射率と偏光度の測定, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, B1-6.

庭野匡思,青木輝夫,的場澄人,山口悟,谷川朋範,朽木勝幸,橋本明弘,保坂征宏, 2013: グリーンランド氷床上積雪の通年数値シミュレーション, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, B1-8.

島田利元,竹内望,青木輝夫, 2013: 衛星データを用いたグリーンランド氷床表面反射率と表面輝度温度との比較研究, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, P1-22.

清水勇希,八久保晶弘,竹谷敏,青木輝夫, 2013: 粉末氷から生成したガスハイドレートの比表面積測定, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, P2-54.

山口悟,佐藤威,望月重人,八久保晶弘,青木輝夫, 2013: 積雪の圧縮粘性係数に対する大気圧の効果, 雪氷研究大会(2013・北見), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2013年9月18-20日, 北見市, P2-67.

Yamaguchi, S., H. Motoyoshi, T. Aoki, T. Tanikawa, and A. Hachikubo, 2013: The relationship between the near-infrared reflectance of snow and its water content, The International Snow Science Workshop (ISSW) 2013, 7-11 October, Grenoble, France, O2-10.

Hachikubo, A., S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki and T. Aoki, 2013: Investigation of adsorbent for a measurement of snow specific surface area by the gas-adsorption method, The International Snow Science Workshop (ISSW) 2013, 7-11 October 2013, Grenoble, France, P4-16.

青木輝夫, 的場澄人,谷川朋範, 庭野匡思, 對馬あかね, 山崎哲秀, 山口悟, 朽木勝幸, 堀雅裕, 本山秀明, Jason Box, 2013: 北西グリーンランドSIGMA-A, -Bサイトで2012-2013年に観測された気象要素の変化, 第4回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2013年11月13-16日, 立川.

庭野匡思, 青木輝夫, 的場澄人, 山口悟, 谷川朋範, 山崎哲秀, 朽木勝幸, 本山秀明, 2013: グリーンランド氷床表面の積雪融解に対する積雪粒径プロファイルの影響, 第4回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2013年11月13-16日, 立川.

堀雅裕, 杉浦幸之助, 谷川朋範, 青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 榎本浩之, 2013: 衛星観測による環北極域の積雪・曇天率分布の解析と今後の計画, 第4回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2013年11月13-16日, 立川.

的場澄人, 山口悟, 山崎哲秀, 青木輝夫, 庭野匡思, 谷川朋範, 本山秀明, 杉山慎, 2013: グリーンランド氷床北西部SIGMA-Aサイトにおける過去36年間の年間質量収支の復元, 第4回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2013年11月13-16日, 立川, IA-P37.

植竹淳, 永塚尚子, 竹内望, 本山秀明, 青木輝夫, 2013:グリーンランド、カナック氷河のクリオコナイト粒の発達プロセスにおけるバクテリア相の変化, 第4回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2013年11月13-16日, 立川, IA-P35.

八久保晶弘, 山口悟, 荒川逸人, 谷川朋範, 堀雅裕, 杉浦幸之助, 庭野匡思, 朽木勝幸, 青木輝夫, 2013: BET吸着法による積雪比表面積(SSA)測定 ―粒子形状がSSA減少率に及ぼす影響―, 2013年11月13-16日, 立川, OM-P20.

大沼友貴彦, 竹内望, 植竹淳, 永塚尚子, 朽木勝幸, 庭野匡思, 青木輝夫, 2013: 2013年グリーンランドカナックの積雪における雪氷藻類の季節変化, 第4回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2013年11月13-16日, 立川, OM-P12.

斉藤和之,山崎剛,伊勢武史,宮崎真,荒木田葉月,森淳子,羽島知洋,保坂征宏,飯島慈裕,伊藤昭彦,松浦陽次郎,庭野匡思,大石龍太,太田岳史,朴昊澤,佐藤篤司,末吉哲雄,鈴木力英,山口悟,芳村圭,2013: GRENE-TEA 北極陸域変動モデル相互比較プロジェクト stage 1,国立極地研究所, 2013年11月13-16日, 立川, IA-P5.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 的場澄人, 兒玉裕二, 森淳子, 2013: 積雪アルベド物理モデルの再検証, 日本気象学会2013年度秋季大会, 2013年11月19-21日, 仙台市, D373.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 塩原匡貴, 東久美子, 2013: ニーオルスンにおける積雪不純物濃度と積雪粒径の観測, 日本気象学会2013年度秋季大会, 2013年11月19-21日, 仙台市, D372.

庭野匡思, 青木輝夫, 的場澄人, 山口悟, 谷川朋範, 朽木勝幸, 橋本明弘, 保坂征宏, 2013: 積雪変質モデルを用いたグリーンランド氷床上積雪物理状態の再現, 日本気象学会2013年度秋季大会, 2013年11月19-21日, 仙台市, P164.

堀雅裕, 杉浦幸之助, 谷川朋範, 青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 榎本浩之, 2013: 衛星データ解析に基づいた近年の北極域積雪・曇天率分布の変動傾向, 日本気象学会2013年度秋季大会, 2013年11月19-21日, 仙台市, A106.

青木輝夫, 2013: グリーンランドSIGMA-A、Bにおける2012年と2013年の気象条件の違い, グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2013年11月25-27日, 札幌市.

朽木勝幸, 2013: MODISデータを用いたグリーンランド北西部における積雪不純物濃度と積雪粒径の推定, グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2013年11月25-27日, 札幌市.

庭野匡思, 2013: グリーンラドにおける大気―雪面相互作用, グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2013年11月25-27日, 札幌市.

Hori, M., T. Aoki, T. Tanikawa, K. Kuchiki, M. Niwano, S. Yamaguchi, S. Matoba, A. Hachikubo and K. Sugiura, 2013: Dependence of brightness temperatures in the thermal infrared wavelength region on the surface snow types, C21D-0679, AGU Fall Meeting 2013, 9-13 December 2013, San Francisco, USA.

Tanikawa, T., T. Aoki, M. Hori, A. Hachikubo and K. Stamnes, 2013: Measurements on angular distribution of reflectance and degree of linear polarization of snow for the GCOM-C/SGLI snow product, C21D-0675, AGU Fall Meeting 2013, 9-13 December 2013, San Francisco, USA.

Kuchiki, K., T. Aoki, H. Motoyoshi, M. Niwano, M. Hori,T. Tanikawa, K. Stamnes, W. Li, K. Masuda, H. Ishimoto, and R. Shimada, 2011: Snow parameter retrievals in Greenland using two-snow-layer model, GCOM PI Workshop 2012, JAXA/EORC, 17-20, February 2012, Tokyo, Japan.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏, 兒玉裕二, 2012: 積雪変態・アルベドプロセスモデルの開発―精度検証と積雪不純物が融雪に及ぼす影響評価―, 第3回積雪モデルに関するワークショップ, 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター, 2012年2月29日, 長岡.

Aoki, T., K. Kuchiki, H. Motoyoshi, M. Niwano, T. Tanikawa, M. Hori, K. Stamnes, and W. Li, 2012: Snow parameter retrievals from satellite in Greenland using two-snow layer model algorithm, Colloquium of Institute for Snow and Avalanche Research, 15 March 2012, Davos, Switzerland.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, and Yuji Kodama, 2012: Physically based snow albedo model Colloquium of Institute for Snow and Avalanche Research, 15 March 2012, Davos, Switzerland.

Niwano, M., 2012: Development of a physical snowpack model at MRI, Colloquium of Institute for Snow and Avalanche Research, 15 March 2012, Davos, Switzerland.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 的場澄人, 植竹淳, 本山秀明, 朽木勝幸, 庭野匡思, 竹内望, 2012: グリーンランド・カナック氷河消耗域における波長別アルベドのモデル化とグリーンランドにおける黒色炭素観測のレビュー, 第2回SIGMA(北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響)に関するワークショップ, 2012年3月14-16日, 札幌.

朽木勝幸, 2012: MODISから推定したグリーンランド北西部における積雪物理量の経年変化, 第2回SIGMA(北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響)に関するワークショップ, 2012年3月14-16日, 札幌.

庭野匡思, 2012: グリーンランドにおける気象・放射観測と積雪物理状態予測, 第2回SIGMA(北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響)に関するワークショップ, 2012年3月14-16日, 札幌.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 的場澄人, 植竹淳, 本山秀明, 竹内望, 2012: 雪氷微生物で覆われた北西グリーンランドの氷河表面の波長別アルベド日本地球惑星科学連合2012年度連合大会, 2012年5月20-25日, 千葉, ACG37-06.

朽木勝幸, 青木輝夫, 本吉弘岐, 庭野匡思, 谷川朋範, 堀雅裕, Knut Stamnes, Wei Li, 島田利元, 2012: MODISから推定された北西グリーンランドにおける積雪物理量経年変化の初期解析結果, 日本地球惑星科学連合2012年度連合大会, 2012年5月20-25日, 千葉, ACG37-P01.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 兒玉裕二, 2012: 札幌における積雪中短波放射加熱と不純物による放射強制力, 日本気象学会2012年度春季大会, 2012年5月26-29日,つくば, A201.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 兒玉裕二, 岩田幸良, 谷川朋範, 増田一彦, 石元裕史, 2012: 全天分光日射計を用いた積雪物理量の推定に及ぼす積雪粒子形状の効果, 日本気象学会2012年度春季大会, 2012年5月26-29日, つくば, P220.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏, 兒玉裕二, 岩田幸良, 2012: 積雪不純物による融雪時期の変化が土壌の物理状態に与える影響, 日本気象学会2012年度春季大会, 2012年5月26-29日, つくば, A301.

田中泰宙, 青木輝夫, 坂見智法, 保坂征宏, 足立恭将, 行本誠史, 地球システムモデル開発グループ, 2012: 気候モデルによる黒色炭素エーロゾル削減の有効性評価のための感度実験, 日本気象学会2012年度春季大会, 2012年5月26-29日, つくば, P222.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, S. Matoba, J. Uetake, K. Masuda, and H. Ishimoto, 2012: Numerical simulation of spectral albedos of glacier surfaces covered with glacial microbes in northwestern Greenland, International Radiation Symposium 2012, 6-10 August 2012, Dahlem Cube, Berlin, Germany, IRS2012-19.

Kuchiki, K., T. Aoki, M. Niwano, Y. Kodama, Y. Iwata, and T. Tanikawa, 2012: Snow physical parameters retrieved from a ground-based spectral radiometer using different shape models of snow particles, International Radiation Symposium 2012, 6-10 August 2012, Dahlem Cube, Berlin, Germany, IRS2012-141.

Hori, M., T. Tanikawa, T. Aoki, A. Hachikubo, K. Sugiura, K. Kuchiki, and M. Niwano, 2012: Possibility to discriminate snow types using brightness temperatures in the thermal infrared wavelength region, International Radiation Symposium 2012, 6-10 August 2012, Dahlem Cube, Berlin, Germany, IRS2012-439.

青木輝夫, 本山秀明, 2012: 企画セッション「急変している地球雪氷圏の観測・監視」(3)氷床, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, 13.

青木輝夫, 2012: 雪氷化学分科会講演会「雪氷中の光吸収性エアロゾルと関連プロジェクト紹介」, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, 17.

青木輝夫,的場澄人,山口悟,谷川朋範,庭野匡思,山崎哲秀,朽木勝幸,本山秀明,堀雅裕, 2012: SIGMA プロジェクトによる2012 年グリーンランド氷床観測報告, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, A4-9, 93.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 兒玉裕二, 的場澄人, 2012: 札幌における2007-2012 年の5 冬期間の積雪不純物濃度, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, C3-10, 81.

荒川逸人, 八久保晶弘, 青木輝夫, 2012: 比表面積と固有透過度による積雪モデルの開発に向けて -序・フィールド観測の実現のため取り組み-, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, B4-2, 105.

谷川朋範, 堀雅裕, 青木輝夫, 八久保晶弘, 2012: 波長別積雪偏光度の測定, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, B4-4, 107.

島田利元, 竹内望, 青木輝夫, 2012: グリーンランド氷床表面温度変化に与える雪氷微生物の影響, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, A4-11, 95.

的場澄人, 植竹淳, 青木輝夫, 2012: 北西グリーンランド氷床積雪中の化学プロファイル-2011 年SIGMA グリーンランド観測結果報告-, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, P1-19, 151.

植竹淳, 本山秀明, 青木輝夫: 2012: グリーンランド北西部におけるクリオコナイトの形成過程による微生物種の変動, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, P1-23, 155.

堀雅裕, 谷川朋範, 青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 八久保晶弘, 杉浦幸之助, 2012: 雪氷面の熱赤外域射出率のモデル化と雪質分類への応用可能性, 雪氷研究大会(2012・福山), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2012年9月24-27日, 福山, P1-34, 166.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 田中泰宙, 保坂征宏, 橋本明弘, 本山秀明, 兒玉裕二, 植竹淳, 竹内望, 的場澄人, 杉山慎, 山口悟, 本吉弘岐, 岩田幸良, 杉浦幸之助, 八久保晶弘, 堀雅裕, 谷川朋範, 本谷研, 山崎哲秀, 2012: 北極域における積雪汚染及び雪氷微生物が急激な温暖化に及ぼす影響評価に関する研究(SIGMAプロジェクト)の紹介, 日本気象学会2012年度秋季大会, 2012年10月3-5日, 札幌市, D313.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 兒玉裕二, 岩田幸良, 谷川朋範, 2012: 積雪不純物濃度の推定に及ぼす不純物混合状態の効果, 日本気象学会2012年度秋季大会, 2012年10月3-5日, 札幌市, C306.

田中泰宙, 青木輝夫, 坂見智法, 保坂征宏, 足立恭将, 行本誠史, 地球システムモデル開発グループ, 2012: 20世紀再現実験による吸収性エーロゾルによる積雪汚染, 日本気象学会2012年度秋季大会, 2012年10月3-5日, 札幌, D365.

堀雅裕, 谷川朋範, 青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 2012: 衛星搭載熱赤外域バンドを用いた雪氷面上可降水量の抽出手法の検討, 日本気象学会2012年度秋季大会, 2012年10月3-5日, 札幌, P343.

青木輝夫, 2012: グリーンランド・カナック域氷床上における積雪不純物観測, 大気・雪氷間の物質循環と南極への物質輸送に関する研究小集会, 国立極地研究所, 2012年10月15-16日, 立川市.

Hori, M., T. Aoki, K. Stamnes, T. Tanikawa, W. Li, and N. Chen, 2012: An overview of the cryosphere products and validation plans for GCOM-C1/SGLI observations, SPIE Asia-Pacific Remote Sensing 2012, 8528-45, 29 October - 1 November 2012, Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan. (発表日:11月1日)

青木輝夫,的場澄人,山口悟,山崎哲秀,谷川朋範,庭野匡思,朽木勝幸,本山秀明,堀雅裕、橋本明弘, 2012: グリーンランド2012年SIGMA観測報告-主に降雨と積雪不純物について-, グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2012年11月6-8日, 札幌市.

朽木勝幸, 2012: MODISから推定された北西グリーンランドにおける積雪不純物濃度と積雪粒径, グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2012年11月6-8日, 札幌市.

庭野匡思, 2012: SIGMAプロジェクト2012年グリーンランド集中観測期間におけるSite-A積雪状態の再現実験, グリーンランド氷床の質量変化と全球気候変動への影響に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2012年11月6-8日, 札幌市.

青木輝夫, 2012: 光吸収性エアロゾルが積雪アルベドに与える効果のモデリングと観測, 第18回大気化学討論会, 大気化学研究会・名古屋大学太陽地球環境研究所・福岡大学, 2012年11月6-8日, 福岡県朝倉市.

Aoki, T., 2012: Possible contribution to GCW from Japan for areas of Antarctica, Svalbard and Greenland, Global Cryosphere Watch (GCW) CryoNet Implementation Meeting, World Meteorological Organization, 20-22 November 2012, ZAMG, Vienna, Austria.

青木輝夫,朽木勝幸,的場澄人,山口悟,谷川朋範,庭野匡思,山崎哲秀,本山秀明,堀雅裕, 2012: グリーンランド氷床上SIGMA-Aにおける積雪不純物とアルベド変化, 第3回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2012年11月26-30日, 立川.

Shimada, R., N. Takeuchi, and T. Aoki, 2012: Effect of microorganism on Greenland ice sheet surface temperature change, 第3回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2012年11月26-30日,立川.

Tanikawa, T., M. Hori, T. Aoki, S. Matoba, S. Yamaguchi, M. Niwano, T. Yamasaki and H. Motoyama, 2012: Monitoring of the dark and the melting region on the Greenland ice sheet by Aqua/MODIS data during melting season, 第3回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2012年11月26-30日, 立川.

Matoba, S., S. Yamaguchi, T. Yamasaki, T. Aoki, M. Niwano, T. Tanikawa, and H. Motoyama, 2012: Glaciological observatons at Site SIGMA-A on the northwestern Greenland Ice Sheet, 第3回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2012年11月26-30日, 立川.

八久保晶弘, 山口悟, 谷川朋範, 堀雅裕, 杉浦幸之助, 庭野匡思, 朽木勝幸, 青木輝夫, 2012: BET吸着法による積雪比表面積測定―吸着ガスの検討―, 第3回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2012年11月26-30日, 立川.

Enomoto, H., Y. Azuma, H. Hayasaka, M. Hirabayashi, K. G. Azuma, T. Kadota, H. Yabuki, T. Ohata, S. Takahashi, R. Kusaka, T. Shirakawa, N. Alimasi, T. Aoki, S. Sugiyama, K. Tateyama, K.Shimada, M. Utsumi and M. Uchida, 2012: Arctic weather in 2012 summer and influences on Arctic Environment, 第3回極域科学シンポジウム, 国立極地研究所, 2012年11月26-30日, 立川.

斉藤和之, 山崎剛, 伊勢武史, 羽島知洋, 保坂征宏, 伊藤昭彦, 庭野匡思, 大石龍太, 朴昊澤, 末吉哲雄, 山口悟, 芳村圭, 2012: GRENE北極圏プロジェクト陸域モデルグループの活動と目標, 国立極地研究所, 第3回極域科学シンポジウム, 2012年11月26-30日, 立川.

Aoki, T., S. Matoba, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Niwano, H. Motoyama, K. Kuchiki, 2012: Meteorological and snow properties measured at SIGMA-A site on northwestern Greenland during drastic melting event in July, 2012, C13F-0712, AGU Fall Meeting 2012, 3-7 December 2012, San Francisco, USA.

Shimada, R., N. Takeuchi, and T. Aoki, 2012: Effect of microorganism on Greenland ice sheet surface temperature change, C13B-0607, AGU Fall Meeting 2012, 3-7 December 2012, San Francisco, USA.

Tanikawa, T., M. Hori, T. Aoki, A. Hachikubo, and K. Stamnes, 2012: Measurements on degree of linear polarization of snow for the GCOM/SGLI sensor, C33B-0660, AGU Fall Meeting 2012, 3-7 December 2012, San Francisco, USA.

青木輝夫, 2011: 様々な要因によるアルベド変動が近年の北極域における雪氷融解に与える効果, 研究集会「北極環境研究の課題と展望」, 2011年1月18-19日, 国立極地研究所.

青木輝夫, 本吉弘岐, 朽木勝幸, 庭野匡思, 堀雅裕, 谷川明範, Kunt Stamnes, 2011:積雪2層モデルによる積雪物理量の衛星リモートセンシング, 日本気象学会2011年度春季大会, 2011年5月, 東京, D407,267.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 谷川朋範, 2011:全天分光日射計による積雪物理量の推定−積雪2層・非球形粒子モデルの導入−, 日本気象学会2011年度春季大会, 2011年5月, 東京, D406.

庭野匡思,青木輝夫,朽木勝幸,保坂征宏, 2011:積雪不純物が雪面熱収支に与える影響の評価, 日本気象学会2011年度春季大会, 2011年5月, 東京, P238.

青木輝夫,朽木勝幸, 庭野匡思, 2011:近年観測された積雪中ブラックカーボン濃度と起こりうる積雪粒径変化がアルベドを低下させる効果, 日本地球惑星科学連合2011年度合同大会, 2011年5月, 千葉, ACC028-10.

庭野匡思,青木輝夫,朽木勝幸, 2011: 三つの積雪変態スキームの相互比較, 日本地球惑星科学連合2011年度合同大会, 2011年5月, 千葉, ACC030-02.

Aoki, T., K. Kuchiki, and M. Niwano, 2011: Possible snow albedo reduction due to black carbon in snowpack and snow grain size variation on the present earth, International Union of Geodesy and Geophysics 2011, 28 June - 7 July 2011, Melbourne, Australia.

Kuchiki, K., T. Aoki, M. Niwano, H. Motoyoshi, and H. Iwabuchi, 2011: Retrieval of snow surface roughness from MODIS: Case study for sastrugi over the South Pole, International Union of Geodesy and Geophysics 2011, 28 June - 7 July 2011, Melbourne, Australia.

Sugiura, K., T. Aoki, Y. Kodama, H. Motoyoshi, and T. Ishimaru, 2011: Field observations of short- and long-wave radiation in blowing snow, International Union of Geodesy and Geophysics 2011, 28 June - 7 July 2011, Melbourne, Australia.

青木輝夫, 本吉弘岐, 朽木勝幸,庭野匡思,堀雅裕,谷川明範, 2011: 積雪粒径及び不純物の衛星リモートセンシング?積雪2層モデルと非球形粒子モデルの効果?, 雪氷研究大会(2011 長岡), 日本雪氷学会/日本雪工学会,2011年9月22日, 長岡,C4-8, 129.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 堀雅裕, 谷川朋範, 八久保晶弘, 杉浦幸之助, 2011: 双方向反射率に対する積雪層構造の効果, 雪氷研究大会(2011 長岡), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2011年9月20日, 長岡, P1-6, 138.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏, 兒玉裕二, 岩田幸良, 2011: 積雪変態・アルベドプロセス(SMAP)モデルへの土壌サブモデルの導入, 雪氷研究大会(2011 長岡), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2011年9月22日, 長岡, B2-4, 49.

八久保晶弘, 谷川朋範, 庭野匡思, 朽木勝幸, 青木輝夫, 2011: BET吸着法による積雪比表面積測定−フィールド仕様の開発検討−, 雪氷研究大会(2011 長岡), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2011年9月20日, 長岡, P1-7, 139.

杉浦幸之助, 八久保晶弘, 堀雅裕, 青木輝夫, 谷川朋範, 朽木勝幸, 庭野匡思, 本吉弘岐, 2011: 赤外線サーモグラフィーを用いた水みちの野外観測, 雪氷研究大会(2011 長岡), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2011年9月20日, 長岡, P1-8, 140.

谷川朋範, 堀雅裕, Knut Stamnes, 青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思,2011:可視・近赤外光における積雪中の浸透深さ−GCOM-C/SGLI雪氷プロダクトの高精度化にむけて−,雪氷研究大会(2011 長岡), 9月20日, 長岡, P1-8, 167.

堀雅裕, 谷川朋範, 青木輝夫, 八久保晶弘, 杉浦幸之助, 朽木勝幸, 庭野匡思, 2011: 携帯型赤外線カメラを用いた積雪の熱赤外域射出特性の可視化, 雪氷研究大会(2011 長岡), 2011年9月20日, 長岡, 9月20日, 長岡, C1-3,27.

青木輝夫, 本山秀明, 的場澄人, 植竹淳, 2011: グリーンランド予備調査報告, 北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響に関する第1回ワークショップ, 2011年10月13-14日, 東京.

朽木勝幸, 2011: 全天分光日射計による積雪物理量の推定, 北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響に関する第1回ワークショップ, 2011年10月13-14日, 東京.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏, 2011:積雪変態・アルベドプロセスモデルのグリーンランドへの適用, 北極域における積雪汚染と雪氷微生物が温暖化に及ぼす影響に関する第1回ワークショップ, 2011年10月13-14日, 東京.

Aoki, T., H. Motoyoshi, K. Kuchiki, M. Niwano, M. Hori, and T. Tanikawa,2011: Satellite remote sensing of snow physical parameters using two-snow layer model, the Fifth Korea-Japan-China Joint Conference on Meteorology, 24-25 October 2011, Busan, Korea, 130.

Yasunari, T. J., R. D. Koster, M. Suarez, K.-M. Lau, S. Mahanama, T. Aoki, Y. C. Sud, T. Yamazaki, H. Motoyoshi, and Y. Kodama, 2010: Role of black carbon, dust, and organic carbon on snow melting assessed with the new NASA GEOS-5 Catchment land surface model, WCRP OSC Climate Research in Service to Society, 24-28 October 2011, Denver, USA.

青木輝夫, 的場澄人, 植竹淳, 本山秀明, 朽木勝幸, 庭野匡思, 竹内望, 2011: グリーンランド・カナックにおける分光アルベド測定, 国立極地研究所第2回極域科学シンポジウム, 2011年11月14-15日, 立川.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏, 兒玉裕二, 2011: 積雪変態アルベドプロセスモデルのグリーンランドへの適用, 国立極地研究所第2回極域科学シンポジウム, 2011年11月14-15日, 立川.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 兒玉裕二, 2011: 積雪アルベド物理モデルの札幌における5冬期間の計算精度評価, 日本気象学会2011年度秋季大会, 2011年11月18日, 名古屋, D351.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 2011: つくばにおける大気エアロゾル中炭素成分の季節変動,日本気象学会2011年度秋季大会, 2011年11月16日, 名古屋, P171.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏, 兒玉裕二, 2011:グリーンランド氷床上積雪の状態変化予測, 日本気象学会2011年度秋季大会, 2011年11月18日, 名古屋,A364.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, and Y. Kodama, 2011: Accuracy of physically based snow albedo model evaluated with measured data at Sapporo, Japan during five winters from 2006 to 2011, C41F-08, AGU Fall Meeting, 5-8 December 2011, San Francisco, USA.

Yasunari , T. J., R. D. Koster, K.-M. Lau, P. R. Colarco, A. M. Dasilva, T. Aoki, and Y. Kodama, 2011: Mass concentrations on dust, black carbon, and organic carbon in snow directly estimated using NASA GOCART/GEOS-5 aerosol depositions, AGU Fall Meeting, 5-8 December 2011, San Francisco, USA.

Niwano. M., T. Aoki, K. Kuchiki, M. Hosaka, and K. Kodama, 2011: A numerical model to simulate physical states of snowpack for climate studies, C51A-0633, AGU Fall Meeting, 5-8 December 2011, San Francisco, USA.

Tanikawa, T., W. Li, N. Chen, K. Stamnes, M. Hori, and T. Aoki, 2011: Critical snow water content on visible and near-infrared channles for the GCOM-C1/SGLI sensor, C31A-0609, AGU Fall Meeting, 5-8 December 2011, San Francisco, USA.

Chen, N., T. Tanikawa, W. Li, K. Stamnes, M. Hori, and T. Aoki, 2011: Cloud masking and surface classification algorithm for GCOM-C1/SGLI purpose, C31A-0613, 5-8 December 2011, San Francisco, USA.

青木輝夫, 庭野匡思, 朽木勝幸, 保坂征宏, 2010: 気候モデリングのための積雪変態・アルベドモデル, 積雪の構造と変質に関するワークショップ, 防災科学技術研究所, 2010年3月19日, 長岡.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 保坂征宏, 田中泰宙, 2010: 積雪アルベド物理モデルによる積雪内部の短波放射吸収量の計算精度, 日本気象学会2010年度春季大会, 2010年5月, 東京, B104.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 2010: 衛星と地上放射計それぞれから抽出された積雪物理量の比較, 日本気象学会2010年度春季大会, 2010年5月, 東京, P416.

庭野匡思,青木輝夫,朽木勝幸,保坂征宏, 2010: 積雪変態・アルベドプロセスモデル(SMAP), 日本気象学会2010年度春季大会, 2010年5月, 東京, B103.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 兒玉裕二, 2010: 札幌における放射収支・積雪断面観測データによる積雪アルベド物理モデルの検証, 日本地球惑星科学連合2010年度合同大会, 2010年5月, 千葉, ACC023-05.

庭野匡思,青木輝夫,朽木勝幸, 2010: 積雪変態・アルベドプロセスモデル(SMAP)における積雪変態過程の改良, 日本地球惑星科学連合2010年度合同大会, 2010年5月, 千葉, ACC023-P02.

兒玉裕二, 西村浩一, 山崎剛, 鈴木和良, 庭野匡思,青木輝夫,保坂征宏, 2010: 積雪変態モデルの比較, 日本地球惑星科学連合2010年度合同大会, 2010年5月, 千葉, ACC023-P03.

Kokhanovsky, A. A., V. V. Rozanov, T. Aoki, C. Brockmann, O. Krüger, M. Bouvet, and M. Hori, 2010: Satellite remote sensing of grain size in snow: the description of a new retrieval method and its validation, International Polar Year Oslo Science Conference, 8-12 June 2010, Oslo, Norway.

Aoki, T., 2010: Physically based snow albedo model for the use in GCM, 20-23 June 2010, Impurities in Snow and Ice (ISI) Workshop, Siverton, USA.

Niwano, M., T. Aoki, K. Kuchiki and M. Hosaka, 2010: Effects of snow impurities on snowpack structure in Sapporo, Japan assessed by Snow Metamorphism and Albedo Process (SMAP) model, International Symposium on snow, ice and humanity in a changing climate, International Glaciology Society, 21-25 June 2010, Sapporo, Japan.

Kodama, Y., K. Nishimura, T. Yamazaki, K. Suzuki, M. Niwano, T. Aoki, and M. Hosaka, 2010: Inter-comparison of snow cover models for the snowpack in Sapporo, Japan, International Symposium on snow, ice and humanity in a changing climate, International Glaciology Society, 21-25 June 2010, Sapporo, Japan.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, M. Hori and A. Kokhanovsky, 2010: Snow albedo algorithm using physically based snow albedo model, 38th Scientific Assembly of the Committee on Space Research (COSPAR), 19-23 July 2010, Bremen, Germany.

Heygster, G., H. Wiebe1, E. P. Zege, I. L. Katsev, A. S. Prikhach, A. V. Malinka, J. O. Grudo, T. Aoki, and A. Kokhanovsky, 2010: Determining and validating the effective snow grain size and pollution amount from satellite measurements in polar regions, 38th Scientific Assembly of the Committee on Space Research (COSPAR), 19-23 July 2010, Bremen, Germany.

Hori, M., T. Aoki, K. Stamnes, and A. Kokhanovsky, 2010: Cryosphere sciences in the first generation of the Global Change Observation Mission-Climate (GCOM-C1), International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS) Technical Commission VIII Symposium, 9-12 August 2010, Kyoto, Japan.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, M. Hosaka and T. Tanaka, 2010: Physically based snow albedo model for multilayer snow using multi sub-spectral-band to use in GCM, The third Asia-Pacific Radiation Symposium (APRS) 2010, 25-28 August 2010, Seoul, Korea.

Aoki, T., 2010: Discussion on snow physical parameters and albedo using physically based snow albedo model, 7-9 September 2010, Workshop on SGLI Cryosphere Algorithm Developments, Hoboken, USA.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 堀雅裕, 2010: 積雪アルベド物理モデルを用いて衛星データから積雪アルベドを抽出するアルゴリズム, 日本雪氷学会/日本雪工学会(2010・仙台), 2010年9月, 仙台, P3-14.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 2010: 積雪不純物濃度の測定に及ぼす誤差要因の検討, 日本雪氷学会/日本雪工学会(2010・仙台), 仙台, 2010年9月, P2-05.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏,岩田幸良,廣田知良, 2010: 十勝地方に適用した積雪変態・アルベドプロセス(SMAP)モデルの精度評価, 日本雪氷学会/日本雪工学会(2010・仙台), 仙台, 2010年9月, A1-13.

杉浦幸之助,山崎剛,兒玉裕二,青木輝夫, 2010: 吹雪プロセスの組み込みによる陸面過程モデルの精緻化, 日本雪氷学会/日本雪工学会(2010・仙台), 仙台, 2010年9月, C3-03.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 2010: 積雪のアルベド低下をもたらす原因について, 日本気象学会2010年度秋季大会, 2010年10月, 京都, B309.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 2010: 全天分光日射計による積雪中黒色炭素・ダスト濃度の推定, 日本気象学会2010年度秋季大会, 2010年10月, 京都, P383.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 保坂征宏,2010: 不純物濃度の変化と気温変化に対する積雪の応答, 日本気象学会2010年度秋季大会, 2010年10月, 京都, B310.

青木輝夫, 2010: 極域におけるブラックカーボン濃度とアルベドへの影響, 大気・雪氷間の物質循環と南極への物質輸送に関する研究小集会, 2010年12月17日, 国立極地研究所.

Aoki, T., H. Motoyoshi, K. Kuchiki, M. Niwano, M. Hori, T. Tanikawa and K. Stamnes, 2010: Snow parameter retrievals using two-snow-layer model, GCOM PI Workshop 2010, JAXA/EORC, 6-9 December 2010, Tokyo, Japan.

Aoki, T., 2010: Polar region and the earth’s radiation budget, GCOM PI Workshop 2010, JAXA/EORC, 6-9 December 2010, Tokyo, Japan.

Niwano, M., T. Aoki, K. Kuchiki and M. Hosaka, 2010: Analysis of snow feedbacks using Snow Metamorphism and Albedo Process (SMAP) model, Second International Symposium on the Arctic Research (ISAR-2), Commission on Earth and Planetary Science, 6-8 December 2010, Tokyo, Japan.

Yasunari, T. J., R. D. Koster, K.-M. Lau, T. Aoki, Y. C. Sud, T. Yamazaki, H. Motoyoshi, and Y. Kodama, 2010: New snow albedo model with the influence of black carbon and dust in the NASA catchment-based land surface model, AGU Fall Meeting, Dec.13-17, 2010, San Francisco, USA.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, T. Tanaka, M. Hori and A. A, Kokhanovsky, 2010: Snow albedo retrieval from satellite data using physically based snow albedo model, GCOM PI Workshop 2010, JAXA/EORC, 12-14 January 2010, Tokyo, Japan.

Aoki, T., and T. Tanaka, 2010: Effect of BC in snowpack on radiation budget in Sapporo, Japan, International Workshop “Frontiers of Black Carbon Studies”, University of Tokyo, Jan. 25, 2010, Tokyo.

Kokhanovsky, A. A., E. P. Zege, T. Aoki, M. Hori, 2010: Modeling the snow spectral BRDF, GCOM PI Workshop 2010, JAXA/EORC, 12-14 January 2010, Tokyo, Japan.

Aoki, T., K. Kuchiki, M. Niwano, E. Tanaka, S. Hasegawa, and Y. Kodama, 2009: Long-term variations of snow impurity concentrations and albedo in Sapporo, 日本地球惑星科学連合2009年度合同大会, 2009年5月, 千葉.

福井敬一,青木輝夫,朽木勝幸, 2009: 放射伝達モデルを用いたSO2放出量紫外リモートセンシング観測手法における誤差要因の定量的評価, 日本地球惑星科学連合2009年度合同大会, 2009年5月, 千葉.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 2009: フィルタ上エアロゾルサンプルの複素屈折率虚数部の測定, 日本気象学会2009年度春季大会, 2009年5月, つくば, D203.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 2009: 分光アルベドを用いた積雪中黒色炭素・ダスト濃度の推定, 日本気象学会2009年度春季大会, 2009年5月, つくば, P303

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 2009: 札幌における冬季雪面熱収支, 日本気象学会2009年度春季大会, 2009年5月, つくば, D153.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 2009: 札幌の積雪中炭素及びダスト濃度変化, 日本雪氷学会/日本雪工学会(2009・札幌), 2009年9月, 札幌, C1-04.

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 2009: SNOWPACK によって再現された札幌の積雪状態, 日本雪氷学会/日本雪工学会, 札幌, 2009年9月, P1-30.

兒玉裕二, 青木輝夫, 2009: 根雪開始の熱収支II, 日本雪氷学会/日本雪工学会(2009・札幌), 札幌, 2009年9月, P2-55.

谷川朋範, 青木輝夫, 朽木勝幸, 八久保晶弘, 杉浦幸之助, 2009: 積雪アルベド・反射率の不純物・層構造依存性, 日本雪氷学会/日本雪工学会(2009・札幌), 札幌, 2009年9月, P1-31.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 田中泰宙, 2009: 多層積雪アルベド物理モデル, 日本気象学会2009年度秋季大会, 2009年11月, 福岡, C214.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 2009: 積雪不純物濃度測定における濾過フィルターの違い, 日本気象学会2009年度秋季大会, 2009年11月, 福岡, P354

庭野匡思, 青木輝夫, 朽木勝幸, 2009: 積雪アルベド物理モデルの高度化―積雪粒径計算過程の組み込み―, 日本気象学会2009年度秋季大会, 2009年11月, 福岡, C215.

田中泰宙,青木輝夫,保坂征宏,足立恭将,2009: 鉱物ダストおよび黒色炭素エーロゾル沈着を考慮した雪氷面アルベド2層モデルの開発,日本気象学会2009年秋季大会, 2009年11月, 福岡, p.385

Tanikawa, T., K. Stamnes, T. Aoki, K. Kuchiki, A. Hachikubo and K. Sugiura, 2009: Effect of snow impurities and vertical profile on snow albedo and reflectance, AGU Fall Meeting, Dec.14-19, 2009, San Francisco, USA.

Tanaka, T, T. Aoki, M. Hosaka, Y. Adachi, 2009: Simulation of the effect of mineral dust and black carbon deposition on snow surface, AGU Fall Meeting, Dec.14-19, 2009, San Francisco, USA.

青木輝夫, 2009: 積雪不純物が気候に与える効果を見積もるためのモデル開発, 「両極異変が全球気候変動へ及ぼす遠隔作用についての観測的研究」研究集会, 2009年12月22日, 新潟大学.

青木輝夫, 田中泰宙, 掘雅裕, K. Stamnes, 2009: SGLIに期待するもの・やるべきこと-雪氷研究分野, GCOM ワークショップ 2009, JAXA, 2009年1月13-14日, 横浜.

Aoki, T., M. Hori, K. Stamnes, H. Motoyoshi, E. Tanaka, and K. Kuchiki, 2008: GLI snow ice products and those implication in climate study, AMSR/GLI PI Workshop 2008, JAXA/EORC, 22-24 January 2008, Atami, Japan.

Aoki, T., T. Tanaka, E. Tanaka , K. Kuchiki , H. Motoyoshi, and T. Tanikawa,, 2008: Physically based snow albedo model and satellite retrieved snow parameters, 5th EARSeL Workshop, February 11-13, 2008, Bern, Switzerland.

Kuchiki, K., T. Aoki, E. Tanaka, H. Motoyoshi, and T. Tanikawa, 2008: Retrieval of snow physical parameters using ground-based spectral pyranometer, 5th EARSeL Workshop, February 11-13, 2008, Bern, Switzerland.

Tanikawa, T., T. Aoki, K. Sugiura, A. Hachikubo, and H. Enomoto, 2008: Effect of sun-crust on spectral reflectance on snow, 5th EARSeL Workshop, February 11-13, 2008, Bern, Switzerland.

Aoki, T., 2008: Introduction: Workshop Goals and Challenges, International Scientific Seminar between Switzerland and Japan, How does changing Cryosphere influence Global Warming?, February 14-15, 2008, Bern, Switzerland.

Aoki, T., 2008: Optical properties of snow surface and physically based snow albedo model applicable to GCM, International Scientific Seminar between Switzerland and Japan, How does changing Cryosphere influence Global Warming?, February 14-15, 2008, Bern, Switzerland.

青木輝夫, 田中悦子・朽木勝幸, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 安成哲平, 2008: 札幌における4冬期間の積雪中OC、EC、ダスト濃度変動, 日本気象学会2008年度春季大会, 2008年5月, 横浜, C201.

青木輝夫, 2008: 積雪の光学特性とリモートセンシングに関する研究 -2008年度日本気象学会賞受賞記念講演-, 日本気象学会2008年度春季大会, 2008年5月, 横浜.

朽木勝幸, 青木輝夫, 田中悦子, 本吉弘岐, 岩渕弘信, 2008: 南極域の衛星リモートセンシングに対するサスツルギの効果, 日本気象学会2008年度春季大会, 2008年5月, 横浜, A305.

朽木勝幸, 青木輝夫, 田中悦子, 本吉弘岐, 谷川朋範, 2008: 全天分光日射計による積雪物理量の推定, 日本気象学会2008年度春季大会, 2008年5月, 横浜, P333.

本吉弘岐, 青木輝夫, 山内恭, 藤田耕史, 谷川朋範, 2008: MODISデータによる東南極氷床域における積雪粒径の抽出, 日本気象学会2008年度春季大会, 2008年5月, 横浜, A304.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 2008: 氷の複素屈折率データ改訂が積雪アルベドの理論計算値に与える影響, 雪氷研究大会(2008・東京), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2008年9月, 東京, B3-03.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 谷川朋範, 2008: 全天分光日射計から推定された札幌・芽室における積雪物理量, 雪氷研究大会(2008・東京), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2008年9月, 東京, P1-19.

谷川朋範, 八久保晶弘, 青木輝夫. 2008: 積雪粒子の比表面積と光学的等価粒径の関係, 雪氷研究大会(2008・東京), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2008年9月, 東京, P1-21.

兒玉裕二, 石川信敬, 青木輝夫, 2008: 根雪の熱収支, 雪氷研究大会(2008・東京), 日本雪氷学会/日本雪工学会, 2008年9月, 東京, P2-8.

青木輝夫, 朽木勝幸, 庭野匡思, 2008: 紫外-可視域における氷の複素屈折率データ改訂が積雪の光学特性の計算値に与える影響, 日本気象学会2008年度秋季大会, 2008年11月, 仙台, P396.

朽木勝幸, 青木輝夫, 庭野匡思, 本吉弘岐, 岩渕弘信, 2008: MODISデータを用いた南極点における氷床表面ラフネスの推定, 日本気象学会2008年度秋季大会, 2008年11月, 仙台, P375.

Aoki, T., 2007: Science of cryosphere using GCOM-C/SGLI data. International Workshop for “Global Estimation of Biomass using the next generation sensor”, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 10 January 2007, Tokyo, Japan.

青木輝夫, 田中悦子, 朽木勝幸, 田中泰宙, 内山明博, 保坂征宏, 2007: 大気エーロゾルが積雪面の放射特性に与える影響, 平成18年度気象研究所研究成果発表会, 発表要旨集, 2007年1月, 26日, つくば, 6-7.

内山明博, 山崎明宏, 古林絵里子, 工藤玲, 岡田菊夫, 財前祐二, 直江寛明, 青木輝夫, 長谷川就一, Jost Heintzenberg, 2007: エーロゾルの地表面放射への影響評価のためのエーロゾル光学特性の推定について, 平成18年度気象研究所研究発表会, 発表要旨集, 2007年1月26日, つくば, 4-5.

Aoki, T., H. Motoyoshi, T. Tanikawa, M. Hori, K. Stamnes, T. Tanaka, E. Tanaka, and K. Kuchiki, 2007: Estimation of snow/ice parameters and the effects on climate, AMSR/GLI Workshop 2007, JAXA/EORC, 29-31 January 2007, Tsukuba, Japan.

青木輝夫, 田中泰宙, 内山明博, 保坂征宏, 田中悦子, 朽木勝幸, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 2007: 大気エーロゾルの積雪面への沈着と気候への影響, 日本地球惑星科学連合2007年度合同大会, 2007年5月, 千葉.

青木輝夫, 田中悦子, 朽木勝幸, 田中泰宙, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 安成哲平, 2007: 積雪に含まれる黒色炭素・ダストとアルベドの観測, 日本気象学会2007年度春季大会, 2007年5月, 東京, C103.

朽木勝幸, 青木輝夫, 田中悦子, 本吉弘岐, 岩渕弘信, 2007: 双方向反射率に対する地表面ラフネスの効果, 日本気象学会2007年度春季大会, 2007年5月, 東京, P136.

能登美之, 坂本尚章, 青木輝夫, 島村哲也, 2007: 紫外域放射伝達モデルにおける積雪とエーロゾルの影響の検討, 日本気象学会北海道支部平成19年度第1回研究発表会, 2007年6月,札幌.

Aoki, T., T. Tanaka, A. Uchiyama, M. Hosaka, E. Tanaka, and K. Kuchiki, 2008: Climate forcing due to black carbon and dust depositions on snow surface, International Union of Geodesy and Geophysics 2007, 2-13 July 2007, Perugia, Italy.

青木輝夫, 2007: 大気エーロゾルの積雪面への沈着と気候に対するインパクト, 平成19年度気象研究所研究活動報告会, 発表要旨集, 2007年7月20日, 東京, 6-7.

青木輝夫, 田中悦子, 朽木勝幸, 田中泰宙, 本吉弘岐, 2007: 積雪アルベド物理モデルの精度に与える積雪不純物特性の効果, 日本雪氷学会2007年度全国大会, 2007年9月, 富山, 28aA-5.

朽木勝幸, 青木輝夫, 田中悦子, 本吉弘岐, 岩渕弘信, 杉浦幸之助, 八久保晶弘, 谷川朋範, 2007: 凹凸のある雪面における双方向反射率特性, 講演予稿集, 日本雪氷学会2007年度全国大会, 2007年9月, 富山, P1-9.

谷川朋範, 青木輝夫, 杉浦幸之助, 八久保晶弘, 本吉弘岐, 積雪双方向反射率に対するサンクラストの効果, 講演予稿集, 日本雪氷学会2007年度全国大会, 2007年9月, 富山, P1-17.

杉浦幸之助, 青木輝夫, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 安成哲平, 2007: 2003/04-2006/07年冬期の札幌における積雪循環曲線, 日本雪氷学会2007年度全国大会, 2007年9月, 富山, P1-71.

青木輝夫, 2007, 大気エーロゾルの沈着が積雪アルベドに与える影響, 日本気象学会2007年秋季大会シンポジウム要旨集「雪氷圏から語る気象と気候」, 2007年10月, 札幌, 1-6.

青木輝夫, 田中悦子, 朽木勝幸, 田中泰宙, 本吉弘岐, 2007: 積雪アルベド物理モデルの地上観測データによる検証, 日本気象学会2007年度秋季大会, 2007年10月, 札幌, C352.

田中悦子, 青木輝夫, 朽木勝幸, 長谷川就一, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 安成哲平, 杉浦幸之助, 2007: 札幌における積雪不純物中のカーボン測定, 講演予稿集, 日本気象学会2007年度秋季大会, 2007年10月, 札幌, P121.

朽木勝幸, 青木輝夫, 田中悦子, 本吉弘岐, 谷川朋範, 平沢尚彦, 2007: 太陽遮蔽型全天分光日射計による積雪分光アルベドの測定, 講演予稿集, 日本気象学会2007年度秋季大会, 2007年10月, 札幌, P354.

山崎明宏, 内山明博, 古林絵里子, 工藤玲, 青木輝夫, 田中泰宙, 2007: エーロゾル散乱係数の湿度特性の測定(2), 日本気象学会2007年度秋季大会, 2007年10月, 札幌, C353.

青木輝夫, 2007, GLI及びMODISデータによる積雪粒径と不純物濃度抽出, 日本気象学会2007年秋季大会-第3回統合的陸域圏研究連絡会, 2007年10月, 札幌.

Tanaka, T.Y., T. Aoki, and M. Hosaka, 2007: Climatic role of dust aerosol deposition on snow surface, Third China-Korea-Japan joint conference on meteorology abstract collection, China, 261.

谷川朋範, 青木輝夫, 杉浦幸之助, 八久保晶弘, 榎本浩之, 2007: サンクラストで覆われた積雪の双方向反射率特性, 講演予稿集, 第30回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 2007年11月, 東京, PII-4.

青木輝夫, 2007: 積雪の光学特性と大気エアロゾル-雪氷相互作用, 海洋研究開発機構地球環境観測研究センター第4回北極圏セミナー, 2007年12月, 横須賀.

青木輝夫, 2007: 吸収性エアロゾルが雪氷面放射収支に与える効果, 千葉大学雪氷・生物分野合同ゼミ, 2007年12月, 千葉.

青木輝夫, 2006: GLI雪氷プロダクトと検証観測から得られたもの, AMSR-AMSR-E・GLIシンポジウム, 都市センターホテル, JAXA, 2006年1月, 東京.

Aoki, T., H. Motoyoshi, Y. Kodama, T. J. Yasunari, and K. Sugiura, 2006: Effects of snow grain size and snow impurities on albedo measured in Sapporo, First Asia CliC Symposium - The state and fate of Asian Cryosphere -, 20-22 April 2006, Yokohama, Japan.

Aoki, T., H. Motoyoshi, Y. Kodama, T. J. Yasunari, K. Sugiura, and H. Kobayashi, 2006: Possible effect of snow contamination with soot on albedo reduction, 日本地球惑星科学連合2006年度合同大会, 2006年5月, 千葉.

青木輝夫, 堀雅裕, 本吉弘岐, 谷川朋範, 八久保晶弘, 杉浦幸之助, 安成哲平, 中島幸徳, 高橋文宏, Knut Stamnes, Wei Li, Hans Eide, and Rune Storvold, 2006: ADEOS-II/GLI雪氷プロダクト再計算値検証結果, 講演予稿集, 日本気象学会2006年度春季大会, 2006年5月, 東京, P225.

Aoki, T., H. Motoyoshi, Y. Kodama, T. J. Yasunari, and K. Sugiura, 2006: Variations of the snow physical parameters and their effects on albedo in Sapporo. International Symposium on Cryospheric Indicators of Global Climate Change, Internatonal Glaciological Society, 21-25 August 2006, Cambridge, England.

青木輝夫, 田中泰宙, 保坂征宏, 田中悦子, 朽木勝幸, 2006: 積雪粒径と不純物濃度の関数として変化する積雪アルベド物理モデルの開発, 講演予稿集, 日本気象学会2006年度秋季大会, 2006年10月, 名古屋, D306.

青木輝夫, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 安成哲平, 杉浦幸之助, 谷川朋範, 田中悦子, 朽木勝幸, 2006:積雪期の札幌における放射収支と積雪物理量の観測, 講演予稿集, 日本雪氷学会2006年度全国大会, 2006年11月, 秋田, A3-14.

田中泰宙, 青木輝夫, 高橋宙, 柴田清孝, 内山明博, 三上正男, 2006: 鉱物ダストが放射収支に及ぼす直接効果の光学特性による違い, 講演予稿集, 日本気象学会2006年度春季大会, 2006年5月, 東京, P229.

Hori, M., T. Aoki, K. Stamnes and W, Li, 2006: Spatial and temporal variations of satellite-derived snow physical parameters in the Arctic regions during the spring-fall seasons in 2003. . International Symposium on Cryospheric Indicators of Global Climate Change, Internatonal Glaciological Society, 21-25 August 2006, Cambridge, England.

田中泰宙, 青木輝夫, 保坂征宏, 2006: エーロゾル沈着による雪氷面アルベド変化の感度実験, 講演予稿集, 日本気象学会2006年度秋季大会, 2006年10月, 名古屋, D151.

堀雅裕, 青木輝夫, Knut Stamnes, Wei Li, 2006: ADEOS-II/GLIにより観測された半球規模積雪物理特性の時空間変動, 講演予稿集, 日本気象学会2006年度秋季大会, 2006年10月, 名古屋, P171.

谷川朋範, 青木輝夫, 本吉弘岐, 堀雅裕, 2006: 波長別積雪アルベドに対するサンクラストの効果, 講演予稿集, 日本雪氷学会2006年度全国大会, 2006年11月, 秋田, A2-10.

本吉弘岐, 青木輝夫, 谷川朋範, 堀雅裕, 門崎学,藤田耕史,平沢尚彦,山内恭, 2006: 衛星データから推定された南極域における積雪粒径の季節変化, 講演予稿集, 日本雪氷学会2006年度全国大会, 2006年11月, 秋田, A2-14.

杉浦幸之助, 青木輝夫, 兒玉裕二, 本吉弘岐, 大畑哲夫, 石丸民之永, 2006: 札幌における吹雪時の短波放射特性に関する野外観測, 講演予稿集, 日本雪氷学会2006年度全国大会, 2006年11月, 秋田, P2-21.

堀雅裕, 青木輝夫, Knut Stamnes, Wei Li, 2006: ADEOS-II/GLIデータを用いた半球規模積雪物理特性の時空間変動解析, 講演予稿集, 日本雪氷学会2006年度全国大会, 2006年11月, 秋田, P1-17.

安成哲平, 杉浦幸之助, 青木輝夫, 兒玉裕二, 本堂武夫, 2006: 降雪によるエアロゾル粒子数の最大除去率及び表面積雪に含まれるダスト粒子数の見積もり, 講演予稿集, 日本雪氷学会2006年度全国大会, 2006年11月, 秋田, P1-19.

田中悦子, 青木輝夫, 朽木勝幸, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 安成哲平, 杉浦幸之助, 2006: 札幌における積雪面上の熱収支観測−融雪との関係に着目して−, 講演予稿集, 第29回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 2006年11月, 東京, PI-6.

Aoki, T., T. Y. Tanaka, A. Uchiyama, M. Chiba, and M. Mikami, 2005: Sensitivities of direct radiative forcing by mineral dust for its optical properties and surface albedo, 4th ADEC Workshop, January 26-28, 2005, Nagasaki, Japan.

Aoki, T., H. Motoyoshi, Y. Kodama, T. J. Yasunari, H. Kobayashi, A. Uchiyama, M. Chiba, and T. Y. Tanaka, 2005: Atmospheric aerosol deposition on snow surface and its effect on albedo, 4th ADEC Workshop, January 26-28, 2005, Nagasaki, Japan.

Aoki, T., M. Hori, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, K. Sugiura, T. J. Yasunari, Y. Nakajima, F. Takahashi, K. Stamnes, W. Li, J. Nieke, H. Eide, R. Storvold, A. Hachikubo, and Y. Iizuka, 2005: Snow grain size and concentration of snow impurities derived from ADEOS-II/GLI data, 4th EARSeL Workshop, February 21-23, 2005, Bern, Switzerland.

Aoki, T., and M. Hori, 2005: Snow grain size and concentration of snow impurities derived from ADEOS-II/GLI data, First CliC International Science Conference, April 11- 15, 2005, Beijing, China.

青木輝夫, 堀雅裕, 本吉弘岐, 谷川朋範, 杉浦幸之助, 安成哲平, 中島幸徳・高橋文宏, Knut Stamnes, Wei Li, Hans Eide, Rune Storvold, 2005: ADEOS-II/GLI雪氷プロダクト検証結果, 講演予稿集, 日本気象学会2005年度春季大会, 2005年5月, 神戸, D453.

Aoki, T., M. Hori, H. Motoyoshi, T. Tanikawa, A. Hachikubo, K. Sugiura, T. J. Yasunari, Y. Iizuka, Y. Nakajima, F. Takahashi, K. Stamnes, W. Li, H. Eide, R. Storvold, J. Nieke, 2005: Validation results of ADEOS-II/GLI snow products, 2005, International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2005 (IGARSS2005), July 25-29, 2005, Seoul, Korea.

青木輝夫, 谷川朋範, 本吉弘岐, 堀雅裕, 門崎学, 杉浦幸之助, 安成哲平, 高橋文宏, 2005: 雪氷面の波長別アルベド測定用プローブの試作, 講演予稿集, 日本雪氷学会2005年度全国大会, 2005年9月, 旭川, B2-9.

青木輝夫, 雪氷衛星計測の現状と課題 -積雪- 主に光学センサについて, 2005: 日本雪氷学会2005年度 気象水文分科会・衛星観測分科会合同講演会, 2005年9月, 旭川.

青木輝夫, 本吉弘岐, 兒玉裕二, 安成哲平, 杉浦幸之助, 谷川朋範, 堀雅裕, 2005: 全天分光日射計による積雪の分光アルベドと積雪粒径情報の関係, 講演予稿集, 日本気象学会2005年度秋季大会, 2005年11月, 神戸, C363.

青木輝夫, 本吉弘岐, 兒玉裕二・安成哲平, 杉浦幸之助, 谷川朋範, 堀雅裕, 2005: 全天分光日射計による積雪粒径・不純物濃度の鉛直情報量, 第28回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 2005年12月, 東京, PI-12.

Oba, T, Y. Oka, S. Yabuki, and T. Aoki, 2005: The mineralogical characterization of desert solids from and rocks surrounding Taklimakan Desert, China, 4th ADEC Workshop, January 26-28, 2005, Nagasaki, Japan.

Kuji, M., N. Yamada, S. Hayashida, M. Yasui, A. Uchiyama, A. Yamazaki, and T. Aoki, 2005: Retrieval of Asian dust amount over land using ADEOS-II/GLI near UV data, 4th ADEC Workshop, January 26-28, 2005, Nagasaki, Japan.

Shi, G., H. Wang, B. Wang, S. Gong, T. Zhao, W. Li, and T. Aoki, 2005: Sensitivity experiments of regional radiative forcing of dust aerosol under clear condition, 4th ADEC Workshop, January 26-28, 2005, Nagasaki, Japan.

Tanikawa, T., T. Aoki, H. Motoyoshi, M. Hori, A. Hachikubo, and M. Aniya, 2005: Snow bidirectional reflectance model using non-spherical snow particles and its validation with field measurements, 4th EARSeL Workshop, February 21-23, Bern, Switzerland.

Hori, M., T. Aoki, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, Y. izuka, K. Sugiura, T. J.Yasunari, H. Eide, and R. Srorvold, 2005: Field measurements of thermal infrared spectral emissivity of snow surfaces, 4th EARSeL Workshop, February 21-23, Bern, Switzerland.

Kokhanovsky, A. A., T. Aoki, , and E. P. Zege, 2005: Reflection of light from snow: theory versus measurement, 8th Conference on Electromagnetic and Light Scattering by nonspherical Particles: Theory, Measurements and Applications, May 16-20, Salobrena, Granada, Spain.

本吉弘岐, 青木輝夫, 谷川朋範, 堀雅裕, 門崎学, 藤田耕史, 平沢尚彦, 山内恭, 2005: MODISデータによる南極域における積雪物理量の抽出, 講演予稿集, 日本雪氷学会2005年度全国大会, 2005年9月, 旭川, B4-2.

谷川朋範, 青木輝夫, 堀雅裕, 門崎学, 本吉弘岐, 杉浦幸之助, 安成哲平, 八久保晶弘, 安仁屋政武, 2005: 新雪,しまり雪,ざらめ雪の双方向反射率特性, 講演予稿集, 日本雪氷学会2005年度全国大会, 2005年9月, 旭川, P1-22.

杉浦幸之助, 山崎剛, 青木輝夫, 堀雅裕, 大畑哲夫, 安成哲平, 本吉弘岐, 谷川朋範, 中島幸徳, 高橋文宏, 2005: 融雪期のサンクラスト形成時における積雪のモデル表現, 講演予稿集, 日本雪氷学会2005年度全国大会, 2005年9月, 旭川, A4-13.

杉浦幸之助, 青木輝夫, 兒玉裕二, 大畑哲夫, 本吉弘岐, 石丸民之永, 2005: 札幌における吹雪時の長波放射特性に関する野外観測, 講演予稿集, 講演予稿集, 日本気象学会2005年度秋季大会, 2004年11月, 神戸, D104.

Li, W., H. Eide, K. Stamnes, R. Spurr, T. Aoki, and M. Hori, 2005, Simultaneous retrieval of aerosol and snow/ice properties using multi- and hyperspectral data, American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting, December 5-9, San Francisco, USA.

谷川朋範, 青木輝夫, 堀雅裕, 本吉弘岐, 2005: 積雪放射伝達モデルによる双方向反射率に及ぼす非球形積雪粒子の効果, 第28回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 2005年12月, 東京, VII-2.

本吉弘岐, 青木輝夫, 谷川朋範, 堀雅裕, 門崎学, 藤田耕史, 平沢尚彦, 山内恭, 2005, 南極域におけるMODIS1.6μmチャンネルを用いた積雪粒径抽出, 講演予稿集, 第28回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 2005年12月, 東京, PI-13.

Hori, M., T. Aoki, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, K. Sugiura, T. J. Yasunari, 2005: Directional emissivity of snow and ice in the thermal infrared wavelength region, International Glaciological Society (IGS) International Symposium on Sea Ice 2005, Dunedin, New Zealand, December 5-9, 2005.

Hori, M., T. Aoki, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, K. Sugiura, T. J. Yasunari, Y. Nakajima, F. Takahashi, 2005: Directional emissivity of snow and ice in the 8-14 μm atmospheric window, 6th International Conference on Global Change: Connection to the Arctic (GCCA-6), Tokyo, Japan, December 12-13, 2005.

坂本尚章, 能登美之, 島村哲也, 2005: 紫外域放射伝達モデルの検証に関する研究, 日本気象学会北海道支部平成17年度第2回研究発表会, 札幌.

坂本尚章, 能登美之, 島村哲也, 2005: 紫外域放射伝達モデルの検証に関する研究, 平成17年度道央地区気象研究会, 札幌.

Aoki, T., Akihiro Uchiyama, Taichu Tanaka, and Masaru Chiba, 2004: Radiative transfer model to estimate the dust radiative forcing from GCM-simulated dust information, 3rd ADEC Workshop, January 28-31, 2004, Jeju, Korea.

Aoki, T., and M. Hori, 2004: Science by ADEOS-II/GLI Cryosphere products and their validation, ADEOS-II Workshop 2004, Mar. 1-3, 2004, Tokyo International Exchange Center, Tokyo, Japan.

青木輝夫, 藤井理行, 2004: 南極ドームF氷床コアから推定した過去32万年間の大気エアロゾルの光学的厚さ, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 2004年5月, 東京, D201.

Aoki, T., M. Hori, A. Hachikubo, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, Y. Iizuka, Y. Nakajima, J. Nieke, K. Stamnes, W. Li, H. Eide, R. Storvold, 2004: Snow Products Derived from ADEOS-II/GLI Data: Scientific Implications, International Radiation Symposium 2004, August 23 - 27, 2004, Busan, Korea.

青木輝夫, 堀雅裕, 谷川朋範, 本吉弘岐, 杉浦幸之助, 安成哲平, 中島幸徳, 高橋文宏, 2004: ざらめ雪の近赤外域波長別アルベドは既存モデル計算値よりも高い, 講演予稿集, 日本雪氷学会2004年度全国大会, 2004年9月, 彦根, A1-6.

青木輝夫, 内山明博, 千葉長, 田中泰宙, 2004: 鉱物性ダストによる直接放射強制力に与える地表面の波長別アルベドの効果, 2004: 講演予稿集, 日本気象学会2004年度秋季大会, 2004年10月, 福岡, B366.

Aoki, T., H. Motoyoshi, Y. Kodama, T. J. Yasunari, H. Kobayashi, M. Hori, K. Sugiura, A. Hachikubo, T. Tanikawa, Y. Nakajima, F. Takahashi, A. Uchiyama, M. Chiba, and T. Y. Tanaka, 2004: Effect of atmospheric aerosol deposition on snow albedo reduction, 5th International Workshop on Global change: Connection to the Arctic (GCCA-5), Nov. 15-16, 2004, The University of Tsukuba, Tsukuba, Japan.

Aoki, T., M. Hori, H. Motoyoshi, T. Tanikawa, K. Sugiura, Y. Nakajima, F. Takahashi, Y. Kodama, T. J. Yasunari, K. Fujita, N. Hirasawa, T. Yamanouchi, K. Stamnes, W. Li, H. Eide, R. Storvold, and J. Nieke, 2004: GLI/Cryosphere science, version up, and validation status, ADEOS-II Workshop 2004, Dec. 14-16, 2004, Nagahama Royal Hotel, Nagahama, Japan.

Aoki, T., H. Motoyoshi, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, Y. Nakajima, F. Takahashi, and A Hachikubo, 2004: Improvements of GLI cryosphere algorithms for look-up table (LUT), ADEOS-II Workshop 2004, Dec. 14-16, 2004, Nagahama Royal Hotel, Nagahama, Japan.

青木輝夫, 本吉弘岐, 堀雅裕, 若林裕之, 吉澤宣之, 佐藤之紀, 藤田耕史, 橋田元, 平沢尚彦, 山内恭, ADEOS II/GLIプロダクトに関連する南極域検証活動, 第27回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 2004年12月, 東京, PII-10.

Chiba, M., T. Y. Tanaka, T. Aoki, K. Orito, S. Hirooka, and K. Imai, 2004: Long-term Simulation of Global aeolian-dust model (Masingar) and evaluation of radiative forcing by Aeolian-dust, 3rd ADEC Workshop, January 28-31, 2004, Jeju, Korea.

永田和彦, 青木輝夫, 橋本徹, 廣田道夫, 赤木万哲, 中村雅道, 居島修, 2004:直達日射量から推定した国内におけるエーロゾルの光学的厚さ, 講演予稿集, 日本気象学会2004年度春季大会, 2004年5月, 東京, P373.

Akagi, K., K. Nagata, K. Saito, Y. Kamata, T. Sasaki, and T. Aoki, 2004: Evaluation of aerosol and other effects on surface ultraviolet radiation observed in Japan, Quadrennial Ozone Symposium 2004, June 1-8, 2004, Athens,.Greece.

Hori, M., T. Aoki, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, Y. Iizuka, Y. Nakajima, H. Eide, and R. Storvold, 2004: In site measurements of the thermal infrared radiative properties of snow surface, International Radiation Symposium 2004, August 23 - 27, 2004, Busan, Korea.

Tanikawa, T., T. Aoki, M. Hori, A. Hachikubo, O. Abe and M. Aniya, 2004: Comparison between observed spectral albedo and theoretical one for artificial snowpack, International Radiation Symposium 2004, August 23 - 27, 2004, Busan, Korea.

本吉弘岐, 青木輝夫, 兒玉裕二, 堀雅裕, 杉浦幸之助, 2004: 2003年-2004年冬期の札幌における雪面アルベドと積雪物理量の観測, 講演予稿集, 日本雪氷学会2004年度全国大会, 2004年9月, 彦根, P2-5.

谷川朋範, 青木輝夫, 八久保晶弘, 堀雅裕, 阿部修, 望月重人, 安仁屋政武, 2004:低温実験室で測定した球形・非球形積雪粒子の波長別アルベドとモンテカルロシミュレーション, 講演予稿集, 日本雪氷学会2004年度全国大会, 2004年9月, 彦根, A1-5.

谷川朋範, 青木輝夫, 堀雅裕, 八久保晶弘, 安仁屋政武, 2004: 非球形積雪粒子の光学特性を考慮した積雪粒径推定アルゴリズムの開発とTerra/ASTERデータへの適用, 講演予稿集, 日本雪氷学会2004年度全国大会, 2004年9月, 彦根, P2-52.

安成哲平, 本堂武夫, 白岩孝行, 藤井理行, 五十嵐誠, 山崎孝治, 青木輝夫, 杉浦幸之助, 2004: アラスカ・ランゲル山山頂における大気中・表層積雪中のエアロゾル・ダスト変動, 講演予稿集, 日本雪氷学会2004年度全国大会, 2004年9月, 彦根, A2-7.

安成哲平, 本堂武夫, 白岩孝行, C. S. Benson, 金森晶作, 藤井理行, 五十嵐誠, 山崎孝治, 青木輝夫, 杉浦幸之助, 2004: アラスカ・ランゲル山の雪面と大気のダスト変動及びそれに基づく雪氷コアのダスト解析, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 2004年10月, 福岡, P134.

三上正男, 青木輝夫, 石塚正秀, 山田豊, 曽凡江, 高衛東, 2004: 中国タクラマカン砂漠南部における春季エーロゾル粒径分布の観測, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 2004年10月, 福岡, B304.

山中のり子, 久慈誠, 林田佐知子, 安井元昭, 内山明博, 青木輝夫, 2004: 紫外域観測人工衛星データを用いた対流圏エアロゾルの推定と検証, 講演予稿集, 日本気象学会2004年度秋季大会, 2004年10月, 福岡, B355.

堀雅裕, 青木輝夫, K. Stamnes, W. Li, H. Eide, 八久保晶弘, 谷川朋範, R. Storvold, 飯塚康子, 本吉弘岐, 杉浦幸之助, 安成哲平, 中島幸徳, 高橋文宏, 2004: GLI雪氷プロダクト(Ver.2)リリースと地上検証観測報告, 講演予稿集, 日本気象学会2004年度秋季大会, 2004年10月, 福岡, D353.

Hori, M., T. Aoki, K. Stamnes, W. Li, H. Eide, A. Hachikubo, T. Tanikawa, R. Storvold, Y. Iizuka, H. Motoyoshi, K. Sugiura, T. J. Yasunari, Y. Nakajima, and F. Takahashi, 2004: GLI Snow and Ice Products and Validation, 5th International Workshop on Global change: Connection to the Arctic (GCCA-5), Nov. 15-16, 2004, The University of Tsukuba, Tsukuba, Japan.

Yasunari, T. J., T. Shiraiwa, S. Kanamori, T. Hondoh, Y. Fujii, M. Igarashi, K. Yamazaki, T. Aoki, K. Sugiura K., and C. S. Benson, 2004: Dust variations in the atmosphere and snow-surface at the summit of Mt. Wrangell, Alaska - for the Connection between Present and Past Climate Study -, 5th International Workshop on Global change: Connection to the Arctic (GCCA-5), Nov. 15-16, 2004, The University of Tsukuba, Tsukuba, Japan.

Aoki, T., M. Mikami, A. Uchiyama, and S. Yabuki: Optical model of dust aerosol measured in Taklimakan Desert - Preliminary result of ADEC IOP2002 -, 2nd ADEC Workshop, January 13-16, 2003, Xian, China.

青木輝夫, 深堀正志, 堀雅裕, 本吉弘岐, 谷川朋範, 飯塚康子, 2003: 積分球を用いたアルベドプローブ(ISAP)の試作, 講演予稿集, 日本気象学会2003年度春季大会, 2003年5月.

青木輝夫, 藤井理行, 2003: 南極ドームF氷床コアから見積もった過去32万年間のダストによる放射強制力, 講演予稿集, 日本雪氷学会2003年度全国大会, 2003年10月.

青木輝夫, 藤井理行, 2003: ドームFコアから見積もった過去32万年間のダストによる短波長放射強制力の直接効果, 第26回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 2003年11月.

青木輝夫, 堀雅裕, 八久保晶弘, ADEOI-II/GLI雪氷プロダクトによるサイエンス, 日本リモートセンシング学会, 第35回学術講演会論文集, 2003年11月.

本吉弘岐, 青木輝夫, 深堀正志, 堀雅裕, 谷川朋範, 飯塚康子 2003: 多波長反射率計を用いた可視・近赤外域域の雪面による反射率の測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 2003年5月.

本吉弘岐, 青木輝夫, 堀雅裕, 飯塚康子, 谷川朋範, 中島幸徳 2003: アラスカ・バローにおける積雪物理量と雪面アルベドの測定, 講演予稿集, 日本雪氷学会2003年度全国大会, 2003年10月.

坂井亜規子, 藤田耕史, 松田好弘, 青木輝夫, 2003: 中国祁連山における斜面日射の推定と氷河質量収支, 講演予稿集, 日本雪氷学会2003年度全国大会, 2003年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, 谷川朋範, 飯塚康子, 本吉弘岐, 中島幸徳, 2003: GLIデータを用いた積雪物理量の解析と地上検証観測, 講演予稿集, 日本雪氷学会2003年度全国大会, 2003年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, 谷川朋範, 飯塚康子, 本吉弘岐, 中島幸徳, 2003: 雪面の熱赤外分光放射特性の測定, 講演予稿集, 日本雪氷学会2003年度全国大会, 2003年10月.

谷川朋範, 青木輝夫, 八久保晶弘, 堀雅裕, 阿部修, 望月重人, 安仁屋政武, 2003: 人工積雪の波長別アルベド測定値と理論計算値の比較, 講演予稿集, 日本雪氷学会2003年度全国大会, 2003年10月.

飯塚康子, 谷川朋範, 青木輝夫, 堀雅裕, 中島幸徳, 本吉弘岐, 山内恭, 2003: 2つの計測システムを用いた積雪透過率測定, 講演予稿集, 日本気象学会2003年度秋季大会, 2003年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, 谷川朋範, 飯塚康子, 本吉弘岐, 中島幸徳, 2003: アラスカバローにおけるGLI積雪プロダクトの地上検証観測, 講演予稿集, 日本気象学会2003年度秋季大会, 2003年10月.

谷川朋範, 青木輝夫, 八久保晶弘, 堀雅裕, 阿部修、望月重人, 安仁屋政武, 2003: 人工積雪の波長別アルベド測定値と理論計算の比較, 講演予稿集, 国立極地研究所, 第26回極域気水圏シンポジウム, 2003年11月.

堀雅裕, 青木輝夫, 谷川朋範, 飯塚康子, 本吉弘岐, 中島幸徳, 2003:GLI雪氷プロダクトの解析と検証, 講演予稿集, 国立極地研究所, 第26回極域気水圏シンポジウム, 2003年11月.

飯塚康子,谷川朋範,青木輝夫,堀 雅裕,本吉弘岐,中島幸徳, 山内恭, 2003: 積雪内放射量と積雪層構造の観測, 国立極地研究所, 講演予稿集, 第26回極域気水圏シンポジウム, 2003年11月.

本吉弘岐, 青木輝夫, 阿部修, 望月重人, 堀雅裕, 2003: 新庄における雪面アルベドの変動に与える積雪物理量の影響, 講演予稿集, 国立極地研究所, 第26回極域気水圏シンポジウム, 2003年11月.

堀雅裕, 青木輝夫, 日照北極域モザイク画像の作成とGLI積雪アルゴリズムの適応, 2003:日本リモートセンシング学会, 第35回学術講演会論文集, 2003年11月.

Hori, M. and T. Aoki, 2003: Retrieval of snow physical parameters with consideration of underlying vegetation, Chiba University, CEReS International Symposium on Remote Sensing, Chiba, Japan, December 16-17, 2003.

Aoki, T., M. Mikami and L. Wenjiang, Spectral albedos and size distributions of soil particles around Qira and Aksu in the Taklimakan Desert, 1st ADEC Workshop, January 17-18, 2002, Tokyo, Japan.

青木輝夫, 深堀正志, 青木忠生, 藤本敏文, 青山隆, 2002: 三宅島火山ガスが紫外域日射に与える影響, 講演予稿集, 日本気象学会2002年度春季大会, 2002年5月.

青木輝夫, 2001: 短波放射収支に与える積雪物理量の影響, CliC(Climate and Cryosphere Project)計画の推進に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2002年9月.

青木輝夫, 三上正男, 矢吹貞代, 2002: 中国タクラマカン沙漠起源のダスト光学モデル, 講演予稿集, 日本気象学会2002年度秋季大会, 2002年10月.

Aoki, T., A. Hachikubo, and M. Hori, Snow physical parameters and broadband albedos measured at Kitami, Japan, 3rd International Workshop on Global Change: Connection to the Arctic 2002 (GCCA3), November 4-5, 2002, Fairbanks, Alaska, USA.

谷川朋範, 青木輝夫, 堀雅裕, 安仁屋政武, 2002: 航空機搭載マルチスペクトルスキャナデータを用いた積雪粒径・積雪不純物濃度の推定, 日本雪氷学会衛星分科会2002年度雪氷スペシャルセッション, 2002年5月.

谷川朋範, 青木輝夫, 堀雅裕, 八久保晶弘, 阿部修, 安仁屋政武, 2002: 人工積雪を用いた非球形積雪粒子の波長別双方向反射率測定, 日本雪氷学会2002年度全国大会, 2002年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, 石元裕史, 谷川朋範, 直木和弘, 松岡健一, 小倉康子, 八久保晶弘, 2002: Rune Storvold, Hans Eide, Knut Stamnes, Bingquan Chen, and Wei Li: サロマ湖上積雪域における衛星同期光学・積雪物理量観測の概要, 日本気象学会秋季大会, 2002年10月.

Hori, M.. T. Aoki, H. Ishimoto, T. Tanikawa, K. Matsuoka, Y. Ogura, A. Hachikubo, R. Storvold, H. Eide, K. Stamnes, B. Chen and W. Li, 2002: Validation of satellite derived snow physical parameters at Saroma Lagoon, Japan, 3rd International Workshop on Global Change: Connection to the Arctic 2002 (GCCA3), November 4-5, 2002, Fairbanks, Alaska, USA.

青木輝夫, 八久保晶弘, 堀雅裕, 2001: 積雪アルベドに及ぼす大気と積雪物理量の影響,「雪氷圏と気候」に関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 2001年2月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 2001: 大気-積雪系の多重散乱放射伝達モデルと分光観測による積雪の光学特性の研究, 気象庁施設等研究機関研究報告会, 2001年3月.

青木輝夫, 八久保晶弘, 榎本浩之: 北見における積雪物理量が短波放射収支に与える影響の観測, 講演予稿集, 日本気象学会2001年度春季大会, 2001年5月.

T. Aoki, 2001: Snow BRDF model using nonspherical snow particles, ADEOS-II / GLI Workshop 2001, Nov. 14-16, 2001, NASDA, Tokyo, Japan.

青木輝夫, 堀雅裕, 八久保晶弘, 2001: 積雪光学特性に関する研究と解決すべき課題, CliC(Climate and Cryosphere Project)「積雪と凍土」関する研究集会, 北海道大学低温科学研究所, 講演予稿集, 2001年11月.

八久保晶弘, 青木輝夫, 榎本浩之: 北見における積雪観測データを用いた積雪層構造モデルの検証, 日本気象学会春季大会, 2001年5月.

谷川朋範, 青木輝夫, 安仁屋政武, 西尾文彦: AMSSによるサロマ湖海氷上の積雪不純物, 積雪粒径のリモートセンシング, 日本雪氷学会2001年度全国大会, 2001年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, 八久保晶弘, 谷川朋範: 雪面の赤外分光放射率を変化させる要因について, 第24回極域気水圏シンポジウム, 2001年11月.

堀雅裕, 青木輝夫, 馬渕和雄, 八久保晶弘, 改井洋樹: NOAA/GACデータを利用した雪氷域の経年変化と植生環境の相互作用の研究, 第4回CEReS環境リモートセンシングシンポジウム, 2001年12月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 石崎真弓: Doubling and adding modelにおける球面・屈折大気補正, 講演予稿集, 日本気象学会2000年度春季大会, 2000年5月.

Aoki, T., Ta. Aoki, M. Fukabori, and T. Takao: Comparison in ultraviolet irradiance at Syowa Station, Antarctica between the observation and the simulation with a radiative transfer model, Quadrennial Ozone Symposium - Sapporo 2000, July 3 - 8, 2000, Sapporo, Japan.

Aoki, T., Ta. Aoki and M. Fukabori: Effect of the atmospheric aerosols on bidirectional reflectance of snow surface at the visible and near infrared wavelengths, International Radiation Symposium 2000, July 24 - 29, 2000, St. Petersburg, Russia.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 高尾俊則: 南極昭和基地のUV-BデータによるARTMASSの検証, 講演予稿集, 日本気象学会2000年度秋季大会, 2000年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系の短波放射伝達コード, 講演予稿集, 日本雪氷学会全国大会, 2000年10月.

Aoki, T., M. Hori , T. Tanikawa , and A. Hachikubo: GLI / Cryosphere Algorithm Performance / Evaluation Report, ADEOS-II / GLI Workshop 2000, Nov. 7-10, 2000, NASDA, Kanazawa, Japan.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 高尾俊則: 南極昭和基地におけるUV-Bの特徴, 第23回極域気水圏シンポジウム, 2000年11月.

青木輝夫, 八久保晶弘: 北見1999/2000冬期における積雪中不溶粒子の変動とアルベドに与える影響, 立山積雪研究会, 名古屋大学大気水圏科学研究所, 2000年12月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 地上からの温室効果気体遠隔測定の精度, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 2000年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 片桐元, 渡辺猛: CO2の2.7μm帯の吸収線パラメータの測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 2000年5月.

石崎真弓, 青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: モンテカルロ法による球面レイリー大気放射伝達モデル, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 2000年5月.

八久保晶弘, 青木輝夫, 榎本浩之:北見における気象・積雪断面観測(1999-2000)の概要, 講演予稿集, 日本雪氷学会2000年度北海道支部会, 2000年6月.

Hori, M., T. Aoki, A. Hachikubo, T. Tanikawa: Field measurements of thermal infrared radiance of snow by FT-IR for development of snow surface temperature retrieval algorithm. The 9-th International Workshop on Atmospheric Science from Space Using Fourier Transform Spectrometry, Kyoto, Japan 2000.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 偏光観測による雲・エアロゾル散乱光補正, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 2000年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, 八久保晶弘, 谷川朋範: FT-IRによる雪面の熱赤外域放射輝度の野外測定, 日本雪氷学会全国大会, 2000年10月.

谷川朋範, 青木輝夫: 積雪面BRDFモデルを考慮したAMSSによる積雪粒径・積雪不純物の抽出, 日本雪氷学会全国大会, 2000年10月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 片桐元, 渡辺猛: 3-4μmにおけるSO2とNO2の吸収線の測定, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 2000年10月.

本谷研, 斎藤篤思, 馬淵和雄, 青木輝夫, 山崎剛: 分光反射特性に基づく植生・積雪指標の1998年航空機搭載型分光走査放射計(AMSS)観測データへの適用, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 2000年10月.

原圭一郎, 長田和雄, 松永捷司, 岩坂泰信, 安達正樹, 土器屋由紀子, 青木輝夫: 冬季網走における大気エアロゾル成分の変化とその特徴, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 2000年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, K.Stamnes, B.Chen, W.Li: MODIS データを用いたGLI用雪氷物理量抽出アルゴリズムの検証, 第23回極域気水圏シンポジウム, 2000年11月.

八久保晶弘, 青木輝夫, 榎本浩之: 北見における積雪観測(1999-2000)と積雪層構造モデルの検証, 第23回極域気水圏シンポジウム, 2000年11月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 八久保晶弘, 立花義裕, 西尾文彦:積雪中不純物の鉛直構造と波長別アルベドの関係, 講演予稿集, 日本気象学会1999年度春季大会, 1999年5月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系の多重散乱放射伝達モデルの球面・屈折大気への拡張, 講演予稿集, 日本雪氷学会1999年度全国大会, 1999年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志:積雪面上UV-Bモデルにおける球面・屈折大気の補正, 講演予稿集, 日本気象学会1999年度秋季大会, 1999年11月.

Aoki, T.: Bidirectional reflection properties of flat snow surface at ADEOS-II/GLI channels, ADEOS / ADEOS-II Symposium / Workshop '99, Dec. 7, 1999, NASDA-EA, Kyoto, Japan.

青木輝夫: 山岳域の日射量に与えるエアロゾルの影響, 山岳大気化学に関する研究集会, 名古屋大学大気水圏科学研究所, 1999年12月.

青木忠生,深堀正志, 青木輝夫: ATMOS-C1/TERSEシステムの概念設計と観測データ, 第9回大気化学シンポジウム講演集,豊橋, 1月6-8,1999年.

青木忠生,深堀正志, 青木輝夫: ATMOS-C1/TERSEシステムの詳細, 第9回大気化学シンポジウム講演集, **-**, 豊橋, 1月6-8,1999年.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: CO2の2.0μm帯及びCOの(3-0)帯における吸収線パラメータの測定, 第9回大気化学シンポジウム講演集,豊橋, 1月6-8,1999年.

堀雅裕, 青木輝夫, K. Stamnes: ADEOS-II / GLIセンサーを用いた雪氷圏観測プロダクト, 講演予稿集, 日本雪氷学会全国大会, 1999年10月.

谷川朋範, 西尾文彦, 中山雅茂, 青木輝夫: 航空機搭載多重分光走査計(AMSS)を用いた, 海氷上の積雪分布抽出アルゴリズムの開発, 講演予稿集, 日本雪氷学会全国大会, 1999年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 南極大陸における雪面アルベドの高度依存性, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1998年5月.

Aoki, T., Ta. Aoki, M. Fukabori, Y. Zaizen, Y. Tachibana, F. Nishio and T. Oishi: A study of the spectral albedo and snow properties for ADEOS Field Campaign at Barrow, Alaska, ADEOS Field Campaign for Cryosphere Workshop, Jun. 21, 1998, NASDA, Tokyo, Japan.

Aoki, T., T. Oishi, Y. Tachibana, M. Hori and A. Saitoh: Current status of retrieval algorithms of snow grain size and impurities with ADEOS-II/GLI, ADEOS-II / GLI Workshop, Sep. 9, 1998, NASDA, Tokyo, Japan.

青木輝夫, 阿部修: 人工積雪の波長別アルベド測定, 講演予稿集, 日本雪氷学会全国大会, 1998年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系の多重散乱モデルによる紫外域日射量に与える積雪面の影響, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1998年10月.

青木輝夫: サロマ湖周辺の積雪面における波長別アルベドと積雪物理量観測,衛星によるオホーツク海海水プログラムワークショップ, NASDA, 1998年11月.

青木輝夫: 積雪中不溶性粒子の光学特性と積雪アルベドの関係, 山岳大気化学・気象研究会, 東京農工大学, 1998年11月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 南極積雪面上における紫外域日射量の数値実験, 第21回極域気水圏シンポジウム講演要旨, 国立極地研究所, 1998年11月.

Aoki Ta, M Fukabori and T. Aoki: A Sensor for the Tropospheric Trace gas Measurement from Satellite, 32nd Scientific Assembly of COSPAR, Jul. 12-19, 1998, Nagoya, Japan.

Aoki Ta, M Fukabori and T. Aoki: Studies of Remote Sensor for Tropospheric Trace Gas Soundings from Satellite, European Symposium on Remote Sensing, Sep. 21-24., 1998, Barcelona, Spain.

Fukabori, M., Ta. Aoki, and T. Aoki: Measurements of the Absorption Line Parameters of Greenhouse Gases, Extended Abstracts: Workshop on Japanese Study on the Behaviour of Greenhouse Gases and Aerosols: Accomplishments, Current Activity and Future Plans, Science and Technology Agency, 1998.

Fukabori, M., Ta. Aoki, T. Aoki, H. Ishida, and T. Watanabe: Line Strengths and Half-widths of CO2, CO, and N2O in the near infrared region at room temperature, Proceedings of the International Symposium on the Atmospheric Correction of Satellite Data and Its Application to Global Environment, Center for Environmental Remote Sensing Chiba University, 1998.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: CO2の2.0μm帯の吸収線強度の測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1998年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: 一酸化炭素の第二倍音帯の線強度及び半値半幅の測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1998年5月.

Fukabori, M., Ta. Aoki, T. Aoki, H. Ishida, and T. Watanabe: Line parameter measurements of trace gases in the near infrared region, 32nd Scientific Assembly of COSPAR, Jul. 12-19, 1998, Nagoya, Japan.

Fukabori, M., Ta. Aoki, T. Aoki, H. Ishida, and T. Watanabe: Measurements of the line strengths and half-widths of the (2-0) and (3-0) bands of CO, 5th biennial HITRAN database conference, Sep. 23-25, 1998, AFRL, USA.

Fukabori, M., Ta. Aoki, T. Aoki, H. Ishida, and T. Watanabe: Line strengths and half-widths of CO2 in the 2.0-micron region, 5th biennial HITRAN database conference, Sep. 23-25, 1998, AFRL, USA.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: 2.0μmに存在するCO2吸収帯の半値半幅の測定, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1998年10月.

堀雅裕, 青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 内山明博: 火山灰エアロゾル及び雲が南極大気-積雪系内の下向き放射フラックスに及ぼす影響, 第21回極域気水圏シンポジウム講演要旨, 国立極地研究所, 1998年11月.

青木輝夫: 雪氷面上における放射パラドックス, 衛星による極域雪氷観測に関する研究集会, 国立極地研究所, 1997年2月5日.

Aoki, T.: Preliminary result of observation for snow radiative properties around Lake Saroma in Hokkaido, 1997, The 2nd ADEOS Workshop, Mar. 10-14, 1997, Yokohama, Japan.

Aoki, T.: Remote Sensing of the Cryosphere by ADEOSU/GLI, Special Geophysics/ Atmospheric Science Seminar, University of Washington, May 5, 1997, Seattle, USA.

青木輝夫, 大石友彦, 長幸平, 立花義裕, 西尾文彦: ADEOSU/GLIデーダを用いた雪氷圏のリモートセンシング, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1997年5月.

Aoki, T.: Algorithm development for snow grain size with the date of ADEOS-U/GLI, GLI Workshop '97, Jun. 11-13, 1997, Kinugawa, Japan.

青木輝夫: サロマ湖周辺の積雪域における波長別アルベドと積雪物理量の観測, 衛星によるオホーツク海海水プログラムワークショップ, 1997年9月29日.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 内山明博: 大気が波長積分した雪面アルベドに及ぼす影響, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1997年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 内山明博: 大気が雪面上の下向き短波放射フラックスに及ぼす影響, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1997年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 山岳域における全天日射量の高度分布のシミュレーション, 1997年度日本雪氷学会全国大会, 鶴岡市, 1997年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 財前祐二, 西尾文彦, 立花義裕: アラスカ・バローにおける積雪の波長別アルベド観測, 第20回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 1997年11月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: 一酸化炭素の第一倍音帯の吸収線強度及び半値半幅の測定, 講演予稿集, 日本化学会1997年3月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: N2Oの半値半幅の測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1997年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: CO第二倍音帯の吸収線パラメータの測定, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1997年10月.

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki, Satellite sounding of tropospheric trace gases by measuring absoption lines in the sunlight region, 77-80, Tsukuba International Workshop on Stratospheric Changes and Its role in Climate and on the ATMOS-C1 Satellite Mission, Oct. 20-22, 1997, Tsukuba, Japan.

青木輝夫: サロマ湖周辺における分光観測, 衛星によるオホーツク海氷プログラムのワークショップ, 東京, 1996年5月14日.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 雪面の波長別フラックス反射率測定法, 日本気象学会春季大会, 東京, 1996年5月.

Aoki, T., T. Oishi and Y. Tachibana: Development of retrieval algorithm of snow grain size with ADEOS-II/GLI, ADEOS-U GLI/AMRS Workshop, Hakone, 27 Jun. 1996.

青木輝夫: 積雪の汚れがアルベドに与える影響, 山岳大気研究会, 柏, 1996年7月12日.

Aoki, T., Ta. Aoki and M. Fukabori: Effects of the different types of the atmospheres on the surface and planetary albedo of snow, International Radiation Symposium, Aug. 19-23, 1996, Fairbanks, USA.

青木輝夫: 光学センサーによる雪氷表面情報のリモートセンシング, 1996年度日本雪氷学会全国大会衛星分科会, 北見, 1996年9月26日.

青木輝夫, 瀬古勝基, 榎本浩之, 立花義裕, 大石友彦, 申谷宏太, 西尾文彦, 中島祐介, 赤池勝明: 積雪の汚れとアルベドの低下, 1996年度雪氷学会全国大会, 北見, 1996年9月25日.

Aoki, T.: Spectral characteristics on glacier surface, Global Land Ice Monitoring from Space (GLIMS) meeting in Japan, Dec. 9, 1996, Tokyo, Japan.

青木輝夫: ランタン谷における下向き短波放射フラックスの高度変化, CREH (Cryospheric Research Experiment in Himalaya) 東京会議’96, 八王子, 1996年12月16日

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡辺猛: 1.54-1.65μmに存在するCO2吸収帯の吸収線強度に及ぼす振動回転相互作用の影響, 講演予稿集, 日本化学会, 1996年3月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡辺猛: CO2の1.6μm吸収帯の吸収線強度及び半値半幅の測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1996年5月.

青木忠生, 青木輝夫: TERSEによる水蒸気の観測, 第9回メソ気象研究会, 海洋研究所, 1996年 5月24日.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: 一酸化炭素の第一倍音帯の線強度及び半値半幅のの測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1996年5月.

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: A system of the remote sensor for tropospherie trace gas sounding from satellite, International Radiation symposium, Aug. 19-23, 1996, Fairbanks.

Fukabori, M., Ta. Aoki, T. Aoki, Makoto Suzuki, Takashi Moriyama, Hideyuki Ishida and Takeshi Watanabe: Measurements of the line strengths, self- and N2-broadened half-widths of the 1.6μm bands of CO2 at room temperature, International Radiation symposium, Aug. 19-23, 1996, Fairbanks.

深堀正志: 計測への分光データの利用, 第57回応用物理学会学術講演会, 1996年9月.

深堀正志: 雲の異常吸収に対する水や氷の屈折率の影響, 第2回「雲・気候」研究会, 筑波, 1996年10月4日.

青木忠生, 青木輝夫, 深堀正志: 衛星による大気メタンの測定, 都市域におけるメタンの発生・分布の研究, 宇治市, 1996年 11月 26日, 講演集, 19-22.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: 大気微量気体観測のための近赤外吸収線パラメータ測定 N2O, CO, 第7回大気化学シンポジウム, 1996年11月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: COの(2-0)吸収帯の線強度及び半値半幅の測定, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1996年11月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 可視・近赤外域における積雪のリモートセンシング, 極域気水圏リモートセンシングデータ利用に関する研究小集会, 国立極地研究所, 1995年1月.

Aoki, T., Ta. Aoki, M. Fukabori and Ximing Chang: Remote measurements of the atmospheric water vapor and methane in Qira, Taklimakan Desert, Japan-China Symposium on the Desertification Mechanism, Feb. 28 - Mar. 2, 1995, Tsukuba, Japan.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 中尾正義, 瀬古勝基: 積雪表面及び内部における短波長放射特性と積雪物理量の観測, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 242, 1995年5月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 積雪中の可視・近赤外域放射量のモデル化と観測, 光学連合シンポジウム東京'95, 1995年9月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 積雪の波長別アルベドに対する大気の効果, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 26, 1995年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 中尾正義, 瀬古勝基: 積雪の透過率に対する不純物の効果, 1995年度雪氷学会全国大会, 1995年10月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系の多重散乱モデルによる積雪の光学特性について, 気象研究所研究発表会誌, 75-86, 1995年12月4-5日.

青木輝夫, サロマ湖における雪氷面分光観測とモデルの比較, 衛星によるオホーツク海氷プログラムのワークショップ, 東京, 1995年12月19日.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 微量気体観測用光学フィルターの問題点: 第5回大気化学シンポジウム, 名古屋, 1995年1月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡邊猛: 大気微量気体観測のための近赤外吸収線パラメータ測定CH4, CO2, 第5回大気化学シンポジウム, 1995年1月.

Aoki Ta., M. Fukabori and T. Aoki: The remote sounding of tropospheric trace gases by the absorption method, 8th International TOVS Study Conference, Apr. 5-11, 1995, Queenstown, New Zealand.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫, 2枚重ね狭帯域光学フィルターの取扱い, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 306, 1995.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: 一酸化二窒素の近赤外吸収帯の吸収線パラメータの測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1995年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡辺猛: メタン2ν3帯内R(0), R(1), Q(1)及びP(1)吸収線の線強度と半値半幅の測定及びその温度依存性, 講演予稿集, 日本気象学会, 1995年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 石田英之, 渡辺猛: 2.0, 2.1及び2.3μm N2O吸収帯の吸収線パラメータの測定, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1995年10月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡辺猛: 近赤外CO2吸収帯の半値半幅, 線強度及びF-factorの測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1995年11月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気・積雪系の多重散乱モデルによる可視・近赤外域のリモートセンシング, 衛星と地上観測比較による極域気水圏解析に関する研究小集会, 国立極地研究所, 1994年2月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: TERSEによる大気微量成分遠隔測定, 気水圏南極観測将来計画に関する研究会, 国立極地研究所, 1994年3月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 張希明, 施志銘: 中国タクラマカン砂漠における大気微量気体のリモートセンシング, 日本気象学会春季大会, 1994年5月.

青木輝夫, 瀬古勝基, 青木忠生, 深堀正志: 積雪表面及び内部の分光観測, 日本気象学会春季大会, 1994年5月.

青木輝夫: 積雪内部の放射加熱, ACR報告書に関する研究小集会, 国立極地研究所, 1994年7月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 飯田 肇: 不純物を含んだ雪のアルベドと透過率: 第17回極域気水圏シンポジウム, 1994年7月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, : 大気-地表系多重散乱モデルによる可視・近赤外域における積雪のリモートセンシング: ADEOS-II/GLIのサイエンスを考えるワークショップ, 東京大学気候研究センター, 1994年8月.

Aoki, T., Ta. Aoki and M. Fukabori: Some possibilities in re-mote sensing on snow by a multiple scattering model for the atmosphere- snow system, The first ADEOS Symposium/Workshop, Dec. 6-9, 1994, Kyoto, Japan.

青木輝夫: 雪氷面における放射収支, 第5回ヒマラヤ研究会, 名古屋大学・大気水圏科学研究所, 1994年12月

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: Remote measurements of atmospheric constituents in the lower layers, International Symposium on Global Cycles of Atmospheric Greenhouse Gases, Mar. 7-10, 1994, Sendai, Japan.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡邊猛: メタン2ν3吸収帯の吸収線強度及び半値半幅の測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1994年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡邊猛: CO21.6μm吸収帯の吸収線強度の測定, 講演予稿集, 日本気象学会, 1994年5月.

Aoki, Ta., T. Aoki, and M. Fukabori: Water vapor and methane measurements in the troposphere over the Taklimakan Desert, 8th GACGP Symposium and 2nd IGAC Scientific Conference, 5-7 Sep., 1994, Fujiyosida, Japan.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡邊猛: 低温下におけるメタン2ν3帯のmanifold線強の測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1994年11月. Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: IMG data use in the study of future sounding system for the tropospheric trace gas measurement, The First ADEOS Symposium/Workshop, Dec. 6-9, 1994, Kyoto, Japan.

Aoki, T., Ta. Aoki and M. Fukabori: A multiple scattering model for the atmosphere-snow system, Proc. IRS’92, Current problems in atmospheric radiation, Deepak Publishing, 511-512, 1993.

Aoki, T., Ta. Aoki, M. Fukabori and W. Zhu: Remote sounding of the atmospheric water vapor at Hotan in Taklimakan Desert, Japan-China International Symposium on the Study of the Mechanism of Desertification, Mar. 2-4, 1993, Tsukuba, Japan.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 朱衛東: タクラマカン砂漠における水蒸気遠隔測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1993年5月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 多重散乱モデルから見た積雪構造とアルベドの関係, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1993年5月.

青木輝夫: 南極の自然と気象観測, 滋賀県立教育センター, 1993年6月.

Aoki, T., Ta. Aoki and M. Fukabori: Spectral albedo and inside radiant flux density of snow by a multiple scattering model, International Symposium on High Latitude Optics, Jun. 28 - Jul. 2, 1993, Tromso.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志, 瀬古勝基: 雪のアルベド及び透過率の観測とモデルの比較, 第16回極域気水圏シンポジウム, 1993年8月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: ファブリペロー干渉計による高分解分光観測, 総合研究(A)「地球大気環境高精度観測システムの研究H4研究会, 1993年3月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: ファブリペローチ干渉計による高分解分光観測 (総合研究(A)「地球大気環境高精度観測システムの研究」, 平成4年度研究会, 1993年 3月16日).

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫: フロン11, 12の吸収帯強度の測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1993年5月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 1.5μm大気窓領域のH2O線強度測定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1993年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫: 1.0μm付近に存在するフロン11, 12吸収帯強度の測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1993年5月.

Fukabori M, Ta. Aoki, T. Aoki, M. Suzuki, T. Moriyama, H. Ishida and T. Watanabe: Measurement of Manifold Intensities of the 2ν3 CH4 Band, 3rd HITRAN Spectroscopic Database Conference, Jun. 10-11, 1993, Hanscom AFB, MA USA.

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: Remote sounding of tropospheric gases from near IR sun glint observation with tunable etalns, Abstracts, IAMAP-IAHS Scientific Assembly, Jul. 11-13, 1993, Yokohama, Japan.

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: Water vapor line parameter measurements in the 1.5 micron window region, ASA93, Sep. 8-10, 1993, Reims.

Fukabori, M., Ta. Aoki, T. Aoki, M. Suzuki, T. Moriyama, H. Ishida and T. Watanabe: Measurement of the Line Parameters of the 2ν3 Band of Methane by High Resolution Fourier Transform Spectrometer, Atmospheric Science from Space Using Fourier Transform Spectroscopy, Sep. 20-22, 1993, Paris, France.

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: Remote measurements of tropospheric gases from near IR sun glint observations with tunable etalons, XV Colloquium on High Resolution Molecular Spectroscopy, Sep. 13-17, 1993, Riccione.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫: 低温下でのフロン12の吸収帯強度の測定, 講演予稿集, 日本気象学会秋季大会, 1993年10月.

藤谷徳之助, 三上正夫, 高薮出, 青木忠生, 青木輝夫, 深堀正志: 中国タクラマカン砂漠における大気・地表面相互作用の研究, 気象研究所研究発表会, 1993年11月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫: 低温下におけるフロン11, 12の吸収帯強度の測定, 講演要旨集, 日本分光学会, 1993年11月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡邊猛: CO2 1.6μm吸収帯のパラメータ測定(I), 講演要旨集, 日本分光学会, 1993年11月.

青木忠生, 青木輝夫, 深堀正志: TERSEによる微量気体の観測, 第4回大気化学シンポジウム, 名古屋, 1993年11月.

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: Tropspheric trace gas measurements from near IR sun glint observations: AGU Fall Meeting, Dec. 6-10, 1993, Sun Francisco, USA.

Aoki, T., Ta. Aoki and M. Fukabori: A multiple scattering model for the atmosphere-snow system, International Radiation Symposium, Aug. 3-8, 1992, Tallin, Estonia.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系の多重散乱フラックスモデル, 講演要旨集, 日本気象学会春季大会, 1992年5月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系の多重散乱放射輝度モデル, 講演要旨集, 日本気象学会春季大会, 1992年5月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系の多重散乱モデルによる雲の放射効果講演要旨集, 第15回極域気水圏シンポジウム, 国立極地研究所, 1992年7月.

Aoki, Ta., M.Fukabori, T. Aoki: Trace gas remote sounding from near IR sun glint observation with tunable etalons (NATO Advanced Research Workshop; High Resolution Infrared Remote Sensing for Earth's Weather and Climate, March 23-26, 1992, Paris, France.

Aoki, Ta., M. Fukabori and T. Aoki: Space measurements of lower tropospheric trace gases, International Radiation Symposium, August 3-8, 1992, Tallin, Estonia.

Fukabori, M., Ta. Aoki and T. Aoki: Measurement of the water vapor continuum absorption coefficient in the 10μm region, International Radiation Symposium, August 3-8, 1992, Tallin, Estonia.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 大気中気体成分の鉛直分布遠隔測定, 第9回センシングフォーラム資料, 計測自動制御学会, 1992年4月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫: 大気のエミッション観測による10μm水蒸気連続吸収帯吸収係数の推定, 講演要旨集, 日本分光学会春季講演会, 1992年5月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 地上設置型水蒸気リーモトセンサの開発, (II), 気象学会春季大会, 1992年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 鈴木睦, 森山隆, 石田英之, 渡辺猛: 近赤外域メタンの2ν3吸収帯強manifold度の測定, 分光学会, 1992年11月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 太陽光分光観測による対流圏気体分布の算出: 第3回大気化学/IGBP-IGAC合同シンポジウム, 1992年12月9-11日.

青木輝夫: 大気・積雪系の多重散乱モデル,第14回気水圏シンポジウム予稿集, 国立極地研究所, 1991年7月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: 大気-積雪系のアルベドモデル, 第17回リモートセンシングシンポジウム資料, 計測自動制御学会, 1991年10月.

Sato, N., K. Uchida, O. Saku, K. Yamaguchi, S. Iguchi, T. Aoki, H. Miyaoka: JARE DATA REPORTS, 169, 国立極地研究所, 1991年3月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 地上設置型水蒸気鉛直分布リモートセンサの開発, 講演要旨集, 日本気象学会春季大会1991年5月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫, 八尾孝: 大気のエミッション観測による10μm水蒸気連続吸収隊吸収係数の推定(III), 講演要旨集, 日本気象学会春季大会, 1991年5月.

藤谷徳之助, 三上正男, 青木忠生, 青木輝夫, 深堀正志: 大気・地表面間のエネルギー輸送過程の観測的研究, パラメータ化と局所的数値モデルの開発, 砂漠化機構の解明に関する国際共同研究成果報告書, 化学技術庁研究開発局, 1991年9月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫: 大気の窓領域における水蒸気連続吸収帯吸収係数の推定, 第17回リモートセンシングシンポジウム資料, 計測自動制御学会, 1991年10月.

深堀正志, 青木忠生, 青木輝夫: 大気のエミッション観測による10μm水蒸気連続吸収隊吸収係数の推定, 研究発表会誌, 気象研究所, 1991年12月.

青木忠生, 深堀正志, 青木輝夫: 軽量型TERSEによる地上からの水蒸気分布測定, 総合研究(A)研究成果報告書, 地球大気環境高精度観測システム研究会, 1991年12月.

青木輝夫, 山内恭: 南極における雲の放射効果, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1990年5月.

青木輝夫, 山内恭: あすかにおける放射収支観測(U), 第13回気水圏シンポジウム予稿集, 国立極地研究所, 1990年7月.

Okada, K., T. Aoki, M, Ikagami, Y. Zaizen and T. Ito: Aitken sulfuric-acid particles in Antarctic atmosphere, 3rd International Aerosol Conference, Sep. 24-27, 1990, Kyoto, Japan.

青木輝夫, 山内恭: あすか観測拠点における放射収支観測, 第12回気水圏シンポジウム予稿集, 国立極地研究所, 1989年7月.

青木輝夫, 青木忠生, 深堀正志: ビデオ放射計の開発と南極あすか観測拠点における観測, 日本気象学会秋季大会, 1989年11月.

Aoki, T., 1989: Meteorological Data at Asuka Station, Antarctica in 1988, JARE Data Reports, 150, National Institute of Polar Research, 110pp, 1989.

青木輝夫: 気水圏系研究観測, 宇宙系研究観測, 日本南極地域観測隊報告(1987-1989), 国立極地研究所, 1989年.

青木忠生, 柴田清孝, 水野芳成, 深堀正志, 青木輝夫: VTIRの観測輝度に含まれるバイアス誤差について, 第3回MOS-1実験報告会予稿集, 第3回MOS-1実験報告会, 1989年2月.

和田誠, 青木周司, 青木輝夫, 瀬古勝基: 第29次南極地域観測隊気水圏部門越冬報告1988, 南極資料第34巻第1号, 国立極地研究所, 1990年3月.

青木忠生, 水野芳成, 王 光華, 柴田清孝, 深堀正志, 青木輝夫: 観測輝度におよぼす大気の影響, 第2回MOS-1検証実験報告会予稿集, 第2回MOS-1実験報告会, 1988年7月.

青木輝夫: LOWTRAN6と組み合わせたDoubling adding model, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1987年5月.

水野芳成, 青木輝夫: 全天走査型分光放射計の開発とそれによる晴天天空光輝度分布の観測, 大会講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1987年5月.

青木忠生, 八尾 孝, 水野芳成, 青木輝夫: 大気のemission観測による10μm水蒸気連続吸収帯吸収係数の推定, 講演予稿集, 日本気象学会春季大会, 1987年5月.

topに戻る


© Copyright 2013 by The 6th Research Laboratory,
Climate Research Department, Meteorological Research Institute.