JAXA 第4回TRMM研究公募採択課題

TRMMデータを用いた全球モデルの降水検証
(Evaluation of GCM-simulated precipitation using the TRMM data)

主研究者(Principal Investigator): 鬼頭昭雄 (気候研究部第一研究室室長)
副研究者(Co - Investigator):上口賢治(第一研究室研究官)、保坂征宏(第一研究室主任研究官)

目的: TRMMデータを用いて、気象研究所全球気候モデル(MRI-AGCM)の降水検証を行い、 降水に関するモデルの予測性能の向上を目指す

1. TRMMを用いて、気候モデルで再現された降水量の水平分布や 鉛直プロファイル、日変化等の気候値の検証を行う。併せて、降水に伴う大気加熱量や 水蒸気バジェット等の検証も行う。

2. TRMMを用いて、気候モデルで再現された降水量について、 日降水強度の頻度やエクストリームイベント(大雨や旱魃などの極端な現象)に関して 統計的な検証を行う。

研究の背景

気候研究部では、全球気候モデル(MRI/JMA GCM)を用いて気候の メカニズムを調べたり、温暖化が進んだ場合の将来の気候変化などを調べています。 これらの研究を進めるためには、高性能(現実の大気を正しく再現できる)の気候モデルが 必要です。降水は、気象の諸要素の中で特に重要な物理量で、ローカルな降水に伴う 大気加熱をとおしてグローバルな大気循環に影響を与えています。 従って、降水の再現性を高めることは、気候モデルの全体的な性能向上につながります。

本研究では、優れたTRMMデータを用いて全球気候モデルの降水検証を行い、 モデルの性能向上を目指します。

研究計画

TRMMとモデルの降水及び放射フラックスの比較を行う。詳細は以下のとおり。

(1) 気候モデルで得られた気候値降水量とTRMMの長期平均データを比較する。 対象要素は降水量の水平分布や鉛直フラックス、及びクラウドタイプ(雲の高さ)など。 また、降水に伴う大気加熱の鉛直プロファイルや水蒸気バジェットの比較もあわせて行う。

(2) 日降水量に関するモデルの統計的な降水特性を、TRMMの3B42を 用いて検証する。気候モデルを使って、温暖化時にエクストリームイベントがどのように 変化するかを調べることは、重要な研究テーマであり、本検証結果はそれらの研究に 役立てることができる。

(3) TRMMデータを用いて、モデルで再現された降水の日変化を比較する。 特に陸上と海上でどのような違いがあるかに着目して解析を行う。

上記の作業により、現行モデルで使われている雲スキームの弱点を見出し 改善を試みる。

 

口頭発表、論文等

リンク
 



気候研究部 第一研究室のページ