気象研究所気候研究部第一研究室>楠 昌司 TOP

KUSUNOKI

気候研究部 第一研究室研究官

楠 昌司

くすのき  しょうじ

E-mail : skusunokの後に @mri-jma.go.jp をつけてください






Publication-list 論文・出版物 学会発表・講演 新聞・テレビ・ラジオ・出版物などの報道歴 参加研究課題 研修講師





論文・出版物
 年月の欄にある*印は、査読による審査を受けた論文であることを示します >

年月 著者 雑誌名・書名
1 1983年 3月 楠 昌司 第3回地球流体夏のセミナー報告 -地球流体における解の多重性- 第3部 ブロッキング 地形が入った順圧大気モデルにおけるプラネタリー波の時間変動 天気 30 125
2 1984年 8月* S. Kusunoki The response of a barotropic model atmosphere with realistic topography and a possibility of multiplicity of stationary solution J. Meteor. Soc. Japan 62 583-596
3 1985年 4月 楠 昌司 月例会「長期予報と大気大循環」の報告 冬期対流圏における非軸対象高度場のテレコネクション 天気 32 207
4 1990年 3月 楠 昌司 変分法 気象庁予報部数値予報課報告・別冊「気象データと客観解析」 36 109-131
5 1991年 8月* 楠 昌司 バングラデッシュを襲ったサイクロンの気象庁全球予報モデルによる予報:短報 天気 33 486-487
6 1992年10月* 楠 昌司 1992年1月に発生した双子低気圧 -気象庁全球予報モデルによる予報- 天気 39 629-630
7 1992年12月* Kawamata, M., S. Yamada, T. Kudo, K. Takano and S. Kusunoki Atmospheric temperature variation after the 1991 Mt. Pinatubo eruption J. Meteor. Soc. Japan 70 1161-1166
8 1993年 3月 楠 昌司 航空機データの新たな発展 気象庁予報部数値予報課報告・別冊「数値予報とリモートセンシング」 39 119-127
9 1993年10月 楠 昌司 双子熱帯低気圧 海と安全 420 16-18
10 1994年 1月 楠 昌司 気象庁全球予報モデルによる熱帯低気圧の予報:1992年1月に発生した双子低気圧の事例報告 グロスベッター 32 1-15
11 1994年 6月* 楠 昌司、弟子丸 卓也 航空機データの新たな発展:ACARSデータ 天気 41 303-312
12 1994年 7月 楠 昌司 地球環境研究総合推進費による地球温暖化研究の推進状況 環境研究 94 91-99
13 1996年 7月 楠 昌司 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会 気候変動の科学「政策決定者のための要約」(翻訳) 単行本「IPCC地球温暖化第二次レポート」、中央法規
54-63
14 1997年12月 楠 昌司、鬼頭 昭雄、杉 正人、小林 ちあき、高野 清治、Y. J. Choi, B. J. Kim 気象庁全球モデルによるアンサンブル季節予報実験 気象研究ノート「1993年/93年夏の異常気象の解明」 189 277-290
15 1998年 1月 楠 昌司、杉 正人、鬼頭 昭雄、小林 ちあき、高野 清治、Y. J. Choi, B. J. Kim 日本の1993年冷夏と1994年暑夏の季節予報実験 平成9年度全国季節予報技術検討資料、気象研究所
13-24
16 1998年 5月 楠 昌司、杉 正人、鬼頭 昭雄、小林 ちあき、高野 清治 インドモンスーンのアンサンブル季節予報実験:1987, 88年夏 グロースベッター 36 71-78
17 1998年 6月 大野木 和敏、露木 義、松村 崇行、高野 清治、谷貝 勇、楠 昌司、田中 博、谷田貝 亜紀代 再解析に関するWCRP第1回国際会議の報告 天気 45 475-482
18 1998年10月 楠 昌司 地球環境に関する語句の解説 「気象科学辞典」、東京書籍

19 1999年 1月 楠 昌司、杉 正人、鬼頭 昭雄、小林 ちあき、高野 清治 季節予報実験によるアジアの夏の降水 平成10年度全国季節予報技術検討資料、気象研究所
1-8
20 2000年 1月 楠 昌司、杉 正人、鬼頭 昭雄、小林 ちあき、高野 清治 大気の季節予測可能性実験 平成11年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
1-25
21 2000年 1月 杉 正人、楠 昌司、鬼頭 昭雄、小林 ちあき、高野 清治 季節予報の潜在的予測可能性 平成11年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
27-38
22 2000年 2月 楠 昌司、馬淵 和雄、鬼頭 昭雄、野田 彰、高橋 正明 第4回全球気候変化と気候変動のモデル化に関する国際会議に参加して 天気 47 109-113
23 2000年 7月* Kobayashi, C., K. Takano, S. Kusunoki, M. Sugi and A. Kitoh Seasonal predictability in winter over eastern Asia using the JMA global model Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society 126 2111-2123
24 2000年 9月 楠 昌司 力学的季節予報の背景 気象庁気候・海洋気象部平成12年度季節予報研修テキスト「力学的季節予報(3か月予報、暖・寒候期予報)の開始に向けて」
2-9, 14-18
25 2001年 2月 楠 昌司 アンサンブル予報の利用に関するワークショップ出席報告 天気 48 99-106
26 2001年12月* Kusunoki, S., M. Sugi and A. Kitoh, C. Kobayashi and K. Takano Atmospheric seasonal predictability experiments by the JMA AGCM J. Meteor. Soc. Japan 79 1183-1206
doi:10.2151/jmsj.79.1183
27 2002年 1月 高野 清治、小林 ちあき、前田 修平、楠 昌司 ENSOの日本への影響とそのモデルによる再現性(寒候期) 平成13年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
19-30
28 2002年 1月 仲江川 敏之、高野 清治、小林 ちあき、前田 修平、楠 昌司 AGCM季節予報実験に基づく潜在的水資源量の季節予測精度に関する検討 平成13年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
47-62
29 2002年 2月* 仲江川 敏之、楠 昌司、杉 正人、鬼頭 昭雄、小林 ちあき、高野 清治 AGCM全球大気モデルを用いた季節予報実験に基づく水資源量の予測精度と予測可能性 水工学論文集 46 109-114
30 2002年 3月 共著者多数 5.9.2 One-month forecast Outline of the operational numerical weather prediction at the Japan Meteorological Agency
124-125
31 2003年 1月 高野 清治、小林 ちあき、前田 修平、楠 昌司 ENSOの日本への影響(寒候期)その2 平成14年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
41-52
32 2003年 2月* Kusunoki, S. and C. Kobayashi Skill evaluation of probabilistic forecasts by the atmospheric seasonal predictability experiments J. Meteor. Soc. Japan 81 85-112
doi:10.2151/jmsj.81.85
33 2003年 6月 高野 清治、小林 ちあき、前田 修平、楠 昌司 ENSOの日本への影響(寒候期) グロースベッター 41 22-38
34 2003年 10月 楠 昌司 モンスーンの予測可能性 気象研究ノート「モンスーン研究の最前線」 204 153-188
35 2003年 10月 八木 勝昌、楠 昌司 付録表:夏のアジアモンスーン指標 気象研究ノート「モンスーン研究の最前線」 204 219-222
36 2004年 1月 楠 昌司、仲江川 敏之、谷貝 勇 大気大循環モデルMJ98による気候再現実験に現れた東アジアモンスーン 平成15年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
21-38
37 2004年 1月 谷貝 勇、仲江川 敏之、楠 昌司、 気候再現実験から調べたモデルの再現性について 平成15年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
39-44
38 2004年 4月 楠 昌司,伊藤 明 大気大循環モデルによる夏の東アジアモンスーンの予測可能性 月刊海洋「モンスーンと東アジア -季節サイクルとその変動-」 406 291-294
39 2004年 6月 楠 昌司、松丸 圭一、仲江川 敏之、谷貝 勇、荒川 理 大気大循環モデルMJ98による気候再現実験に現れた東アジアモンスーン グロースベッター 42 38-56
40 2005年3月31日* Yoshizaki, M., C. Muroi, S. Kanada, Y. Wakazuki, K. Yasunaga, A. Hashimoto, T. Kato, K. kurihara, A. Noda and S. Kusunoki Changes of Baiu (Mei-yu) frontal activity in the global warming climate simulated by a non-hydrostatic regional model SOLA 1 25-28
doi:10.2151/sola.2005-008
41 2005年 10月 楠 昌司、仲江川 敏之、荒川 理 大気大循環モデルによる夏の東アジア・モンスーンの再現性 気象研究ノート「2003年 日本の冷夏」 210 171-180
42 2005年 10月 楠 昌司(編集者)
気象研究ノート「2003年 日本の冷夏」 210
43 2006年2月* Mizuta, R., K. Oouchi, H. Yoshimura, A. Noda, K. Katayama, S. Yukimoto, M. Hosaka, S. Kusunoki, H. Kawai and M. Nakagawa 20-km-mesh global climate simulations using JMA-GSM model -- mean climate states -- J. Meteor. Soc. Japan 84 165-185
doi:10.2151/jmsj.84.165
44 2006年2月* Yasunaga, K., M. Yoshizaki, Y. Wakazuki, C. Muroi, K. Kurihara, A. Hashimoto, S. Kanada, T. Kato, S. Kusunoki, K. Oouchi, H.Yoshimura, R. Mizuta, and A. Noda Changes in the Baiu frontal activity in the future climate simulated by super-high-resolution global and cloud-resolving regional climate models J. Meteor. Soc. Japan 84 199-220
doi:10.2151/jmsj.84.199
45 2006年3月* Yukimoto, S., A. Noda, T. Uchiyama, S. Kusunoki, and A. Kitoh Climate changes of the twentieth through twenty-first centuries simulated by the MRI-CGCM2.3. Pap. Meteor. Geophys 56 9-24
doi:10.2467/mripapers.56.9
46 2006年4月* Oouchi, K., J. Yoshimura, H. Yoshimura, R. Mizuta, S. Kusunoki and A. Noda Tropical cyclone climatology in a global-warming climate as simulated in a 20km-mesh global atmospheric model: Frequency and wind intensity analyses J. Meteor. Soc. Japan 84 259-276
doi:10.2151/jmsj.84.259
47 2006年4月* Yukimoto, S., A. Noda, A. Kitoh, M. Hosaka, H. Yoshimura, T. Uchiyama, K. Shibata, O. Arakawa, and S. Kusunoki Present-day climate and climate sensitivity in the Meteorological Research Institute Coupled GCM version 2.3 (MRI-CGCM2.3) J. Meteor. Soc. Japan 84 333-363
doi:10.2151/jmsj.84.333
48 2006年5月 楠 昌司 20km格子全球大気モデルによるオホーツク海高気圧の再現性 月刊海洋「夏季気候変動-冷夏猛暑に代表される夏季異常気象研究の統合-」 号外44 49-56
49 2006年6月* Kusunoki, S., J. Yoshimura, H. Yoshimura, A. Noda, K. Oouchi and R. Mizuta Change of Baiu rain band in global warming projection by an atmospheric general circulation model with a 20-km grid size J. Meteor. Soc. Japan 84 581-611
doi:10.2151/jmsj.84.581
50 2006年 6月 楠 昌司、吉村 純、吉村 裕正、野田 彰、大内 和良、水田 亮 20km格子大気大循環モデルによる地球温暖化実験における梅雨の変化 グロースベッター 44 20-33
51 2007年 1月 楠 昌司 20km格子大気大循環モデルによる冬季東アジアモンスーンの再現性 平成18年度全国季節予報技術検討会資料、気象研究所
33-42
52 2007年 3月* Nakaegawa, T., S. Kusunoki, M. Sugi, A. Kitoh, C. Kobayashi and K. Takano A study of dynamical seasonal prediction of potential water resources based on an atmospheric GCM experiment with prescribed sea-surface temperature Hydrological Sciences Journal 52 152-165
doi:10.1623/hysj.52.1.152
53 2007年 6月* Kitoh, A. and S. Kusunoki East Asian summer monsoon simulation by a 20-km mesh AGCM Climate Dynamics 29 389-401
doi:10.1007/s00382-007-0285-2
54 2007年 7月 楠 昌司 20km格子全球大気モデルによる冬季東アジアモンスーンの再現性 グロースベッター 45 87-97
55 2007年 11月 楠 昌司 20km格子全球大気モデルによる冬季東アジアモンスーンの再現性 気象研究ノート「2005/06年 日本の寒冬・豪雪」 216 253-261
56 2007年 11月 本田 明治、楠 昌司(編集者)
気象研究ノート「2005/06年 日本の寒冬・豪雪」 216
57 2008年 1月* 和田 一範、川崎 将生、冨澤 洋介、楠 昌司、栗原 和夫 高解像度全球モデルおよび地域気候モデルを用いた地球温暖化にともなう洪水リスクの評価 水文・水資源学会誌 21, No.1 12-22
58 2008年 2月* 和田 一範、楠 昌司 高解像度全球モデルを用いた地球温暖化にともなう四国地方の洪水・渇水リスクの評価 水工学論文集 52 529-534
59 2008年3月* Kusunoki, S., J. Yoshimura, H. Yoshimura, R. Mizuta, K. Oouchi and A. Noda Global Warming Projection by an Atmospheric Global Model with 20-km Grid Journal of Disaster Research vol.3 No.1. 4-14
60 2008年4月* Noda, A., S. Kusunoki, J. Yoshimura, H. Yoshimura, K. Oouchi and R. Mizuta Global warming projection by an atmospheric general circulation model with a 20-km grid High resolution Numerical modelling of the atmosphere and ocean. Editd by K. Hamilton W. Ohfuchi Splinger、New York, NY, USA 113-128
61 2008年8月* Scaife, A.A., F. Kucharski, C. K. Folland, J. Kinter, S. Bronnimann, D. Fereday, A. M. Fischer, S. Grainger, E. K. Jin, I. S. Kang, J. R. Knight, S. Kusunoki, N. C. Lau, M. J. Nath, T. Nakaegawa, P. Pegion, S. Schubert, P. Sporyshev, J. Syktus, J. H. Yoon, N. Zeng and T. Zhou The CLIVAR C20C project: selected twentieth century climate events Climate Dynamics 33 603-614
doi:10.1007/s00382-008-0451-1
62 2008年8月* Kusunoki, S., and R. Mizuta Future Changes in the Baiu Rain Band Projected by a 20-km Mesh Global Atmospheric Model: Sea Surface Temperature Dependence SOLA 4 85-88
doi:10.2151/sola.2008-022
63 2008年8月* Yun, K.-S., S.-H. Shin, K.-J. Ha, A. Kitoh and S. Kusunoki East Asian precipitation change in the global warming climate simulated by a 20-km mesh AGCM Asia-Pacific J. Atmos. Sci. 44 233-247
64 2008年10月* Murakami, H., T. Matsumura, R. Sakai, A. Noda and S. Kusunoki Verification of typhoon forecasts for a 20 km-mesh high-resolution global model J. Meteor. Soc. Japan 86 669-698
doi:10.2151/jmsj.86.669
65 2008年11月* Mizuta, R., Y. Adachi, S. Yukimoto and S. Kusunoki Estimation of the Future Distribution of Sea Surface Temperature and Sea Ice Using the CMIP3 Multi-model Ensemble Mean Technical Reports of the Meteorological Research institute 56
66  2009年1月*  Zhou, T., B. Wu, A. A. Scaife, S. Bronnimann, A. Cherchi, D. Fereday, A. M. Fischer, C. K. Folland, K. E. Jin, J. Kinter, J. R. Knight, F. Kucharski, S. Kusunoki, N.-C. Lau, L. Li, M. J. Nath, T. Nakaegawa, A. Navarra, P. Pegion, E. Rozanov, S. Schubert, P. Sporyshev, A. Voldoire, X. Wen, J. H. Yoon and N. Zeng The CLIVAR C20C project: Which components of the Asian-Australian monsoon circulation variations are forced and reproducible? Climate Dynamics 33  1051-1068
doi:10.1007/s00382-008-0501-8
67 2009年6月* Matsueda, M., R. Mizuta, and S. Kusunoki Future change in wintertime atmospheric blocking simulated using a 20-km-mesh atmospheric global circulation model J. Geophys. Res. 114 D12114
doi:10.1029/2009JD011919
68 2009年6月* Kusunoki, S., T. Nakaegawa, O. Arakawa, and I. Yagai Simulations of land-surface air temperature and land precipitation in the twentieth century by the MJ98 AGCM J. Meteorol. Soc. Japan 87 473-495
doi:10.2151/jmsj.87.473
69 2009年10月* Kitoh, A., T. Ose, K. Kurihara, S. Kusunoki, M. Sugi and KAKUSHIN Team-3 Modeling Group Projection of changes in future weather extremes using super-high-resolution global and regional atmospheric models in the KAKUSHIN Program: Results of preliminary experiments Hydrological Research Letters 3 49-53
doi:10.3178/hrl.3.49
70 2010年3月 楠 昌司 論説:地球温暖化と降水傾向 季刊 河川レビュー、特集 水資源問題 146 4-11
71 2010年3月 楠 昌司 気候の変化 河川、特集:今後の河川管理のあり方 764 21-27
72 2011年1月 Kitoh, A., S. Kusunoki, Y. Sato, N. Ferdousi, Md.M. Rahman, E.E.S. Makmur, A.L.S. Solis, W. Chaowiwat and T.D. Trong Climate Change Projections in Some Asian Countries Climate Change Adaptation and International Development, Earthscan
19-62
73 2011年3月6日* Kusunoki, S., R. Mizuta and M. Matsueda Future changes in the East Asian rain band projected by global atmospheric models with 20-km and 60-km grid size Climate Dynamics 37 2481-2493
doi:10.1007/s00382-011-1000-x
74 2011年3月17日* Kitoh, A., S. Kusunoki and T. Nakaegawa Climate change projections over South America in the late twenty-first century with the 20 and 60-km mesh MRI-AGCM J. Geophys. Res. 116 D06105 21PP. doi:10.1029/2010JD014920
75 2011年11月* Kusunoki, S., and O. Arakawa Change in the precipitation intensity of the East Asian summer monsoon projected by CMIP3 models Climate Dynamics 38 2055-2072
doi:10.1007/s00382-011-1234-7
76 2012年3月5日 楠 昌司 予測の信頼性を高め極端な気象現象に備える 環境会議  2012年春「気候変動に備える」 64-70
77 2012年3月* Rahman, M., N. Ferdousi, Y. Sato, S. Kusunoki, and A. Kitoh Rainfall and temperature scenario for Bangladesh using 20km mesh AGCM International Journal of Climate Change Strategies and Management 4 66-80
doi:10.1108/17568691211200227
78 2012年3月* Mizuta, R., H. Yoshimura, H. Murakami, M. Matsueda, H. Endo, T. Ose, K. Kamiguchi, M. Hosaka, M. Sugi, S. Yukimoto, S. Kusunoki and A. Kitoh Climate simulations using MRI-AGCM3.2 with 20-km grid J. Meteorol. Soc. Japan 90A 213-232
doi:10.2151/jmsj.2012-A12
79 2012年5月 楠 昌司(編集者)
気象研究ノート「2010年夏 日本の猛暑」 225
80 2012年5月* Murakami, H., Y. Wang, H. Yoshimura, R. Mizuta, M. Sugi, E. Shindo, Y. Adachi, S. Yukimoto, M. Hosaka, S. Kusunoki, T. Ose, and A. Kitoh Future changes in tropical cyclone activity projected by the new high-resolution MRI-AGCM. J. Climate J. Climate 25 3237-3260
doi:10.1175/JCLI-D-11-00415.1
81 2012年6月* Kusunoki, S., and R. Mizuta Comparison of near future (2015-2039) changes in the East Asian rain band with future (2075-2099) changes projected by global atmospheric models with 20-km and 60-km grid size SOLA 8 73-76
doi:10.2151/sola.2012-019
82 2012年8月31日* Endo, H., A. Kitoh, T. Ose, R. Mizuta, and S. Kusunoki Future changes and uncertainties in Asian precipitation simulated by multiphysics and multi-sea surface temperature ensemble experiments with high-resolution Meteorological Research Institute atmospheric general circulation models (MRI-AGCMs)] J. Geophys. Res. 117 D16118
doi:10.1029/2012JD017874
83 2012年10月* Blazquez, J., M. Nestor Nunez, and S. Kusunoki Climate projections and uncertainties over South America from MRI/JMA global model experimentsexperiments with high-resolution Meteorological Research Institute atmospheric general circulation models (MRI-AGCMs)] Atmospheric and Climate Sciences 2 381-400
doi:10.4236/acs.2012.24034
84 2012年11月* Hall, T. C., A. M. Sealy, T. S. Stephenson, S. Kusunoki, M. A. Taylor, A. A. Chen, and A. Kitoh Future climate of the Caribbean from a super-high-resolution atmospheric general circulation model Theor. Appl. Climatol. 113 271-287
doi:10.1007/s00704-012-0779-7
85 2013年5月20日* Nakaegawa, T., A. Kitoh, H. Murakami, S. Kusunoki Annual maximum 5-day rainfall total and maximum number of consecutive dry days over Central America and the Caribbean in the late twenty-first century projected by an atmospheric general circulation model with three different horizontal resolutions Theor. Appl. Climatol. 116 155-168
doi:10.1007/s00704-013-0934-9
86 2013年6月6日* Rahman, M. M., M. Rafiuddin, M. M. Alam, S. Kusunoki, A. Kitoh, and F. Giorgi, Summer monsoon rainfall scenario over Bangladesh using a high-resolution AGCM Natural Hazards 69 793-807
doi:10.1007/s11069-013-0734-7
87 2013年9月25日 楠 昌司 9章 地球温暖化 9.12節 予測される気候変化 (4)異常気象・極端現象 図説 地球環境の事典、吉崎正憲・野田彰編集、朝倉書店

88 2013年10月11日* Kusunoki, S., and R. Mizuta Changes in precipitation intensity over East Asia during the 20th and 21st centuries simulated by a global atmospheric model with a 60 km grid size J. Geophys. Res. Atmos. 118 11007-11016
doi:10.1002/jgrd.50877
89 2014年2月18日* Nakaegawa, T., A. Kitoh, S. Kusunoki, H. Murakami, and O. Arakawa Hydroclimate changes over Central America and the Caribbean in a global warming climate projected with 20-km and 60-km mesh MRI atmospheric general circulation models Papers in Meteorology and Geophysics 65 15-33
doi:10.2467/mripapers.65.15
90 2014年8月12日* Edgar P. Pérez, Víctor Magaña, Ernesto Caetano and S. Kusunoki Cold surge activity over the Gulf of Mexico in a warmer climate frontiers in Earth Science 2 Article 19
doi:10.3389/feart.2014.00019
91 2015年3月* Kusunoki, S., and O. Arakawa Are CMIP5 models better than CMIP3 models in simulating precipitation over East Asia? J. Climate 28 5601-5621
doi:10.1175/JCLI-D-14-00585.1
92 2015年8月8日* Kusunoki, S., R. Mizuta, and M. Hosaka Future changes in precipitation intensity over the Arctic projected by a global atmospheric model with a 60-km grid size Polar Science 9 277-292
doi:10.1016/j.polar.2015.08.001
93 2016年9月16日* Kusunoki, S. Is the global atmospheric model MRI-AGCM3.2 better than the CMIP5 atmospheric models in simulating precipitation over East Asia? Climate Dynamics
doi:10.1007/s00382-016-3335-9
94 2017年2月23日* Kusunoki, S. Future changes in precipitation over East Asia projected by the global atmospheric model MRI-AGCM3.2 Climate Dynamics
doi:10.1007/s00382-016-3499-3
95 2017年4月26日* Okada, Y., T. Takemi, H. Ishikawa, S. Kusunoki, and R. Mizuta Future changes in atmospheric conditions for the seasonal evolution of the Baiu as revealed from projected AGCM experiments J. Meteor. Soc. Japan 95 239-260
doi:10.2151/jmsj.2017-013
96 2017年5月20日* Kusunoki, S. Future changes in global precipitation projected by the atmospheric model MRI-AGCM3.2H with a 60-km Size Atmosphere 8 93
doi:10.3390/atmos8050093

Page Top ▲



学会発表・講演


年月日 場所 学会名・研究会名
1 1982年5月26日 東京都、千代田区、日本教育会館 日本気象学会春季大会 プラネタリー波に対する地形の力学的効果
2 1982年7月22日 長野県、野辺山、YMCA野辺山高原センター 第3回地球流体夏のセミナー「地球流体における解の多重性と分岐」 地形が入った順圧大気モデルにおけるプラネタリー波の時間変動
3 1982年10月15日 北海道、札幌市、札幌市教育文化会館 日本気象学会秋季大会 大規模山岳に励起されたプラネタリー波の非線形相互作用-数値実験-
4 1983年5月20日 茨城県、つくば市、研究交流センター 日本気象学会春季大会 大規模山岳に励起されるプラネタリー波に対する粘性の効果-多重平衡解の可能性に関する再検討-
5 1984年5月25日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 冬期北半球対流圏中のロスビー波の水平伝播
6 1984年10月26日 福岡県、福岡市、電気ビル 日本気象学会秋季大会 定常ロスビー波は低緯度で反射するか?
7 1985年2月22日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会月例会「長期予報と大気大循環」 冬期対流圏における非軸対象高度場のテレコネクション
8 1991年12月10日 神奈川県、相模原市、宇宙科学研究所 大気球シンポジウム 大気球航跡データによる気象庁全球解析及び全球予報の検証
9 1992年5月13日 東京都、千代田区、中央大学駿河台記念館 水文・水資源学会セミナー「気象予測とその水文・水資源への応用」 数値予報における客観解析とデータ
10 1992年8月25日 米国、カリフォルニア州、パシフィック・グローブ、アジロマー会議センター Workshop on Adjoint Applications in Dynamic Meteorology A preliminary data assimilation experiment using the Lorenz model
11 1993年5月17日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 Lorenzモデルを用いたアジョイント法による4次元データ同化実験
12 1993年5月18日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 気象庁全球予報モデルによるモドン型ブロッキング:事例解析
13 1993年7月20日 神奈川県、横浜市、パシフィコ横浜 IAMAS/IAHS'93 Possibility of tropical cyclone forecasting by the JMA operational global model: A case study of the cyclone which attacked Bangladesh in April 1991
14 1994年1月19日 東京都、千代田区、気象庁 International Meeting on Numerical Prediction of Tropical Cyclones The Bangladesh cyclone in April 1991 described by the JMA operational global numerical prediction system
15 1996年1月23日 宮城県、仙台市、仙台国際センター The Fifth Asia-Pacific Seminar on Climate Change Overview of IPCC second assessment report -Report of working group I (observation and projection)
16 1996年3月1日 東京都、千代田区、気象庁 第24回気候影響・利用研究会 環境庁の気候変動研究への取り組み
17 1997年2月10日 東京都、目黒区、東京大学気候システム研究センター 93・94夏の異常気象研究会 気象庁全球モデルによるアンサンブル季節予報実験:1993, 1994年夏に関する序報
18 1997年5月16日 茨城県、つくば市、筑波大学大学会館 International Workshop on Global Change and Terrestrial Environment in Monsoon Asia Ensemble seasonal prediction experiments for the Indian summer monsoon of 1987 and 1988 with JMA global model
19 1997年5月22日 茨城県、つくば市、筑波大学大学会館 日本気象学会春季大会 気象研究所大気モデルに現れるMadden-Julian振動のPrognostic Arakawa-Schubert積雲対流スキームに対する依存性
20 1997年10月8日 茨城県、つくば市、筑波大学大学会館 日本気象学会春季大会 気象庁全球モデルを用いた1993, 1994年夏のアンサンブル季節予報実験
21 1997年5月24日 北海道、札幌市、北海道大学学術交流会館 日本気象学会秋季大会 インドモンスーンのアンサンブル季節予報実験:1987, 1988年夏
22 1997年10月28日 米国、メリーランド州、シルバー・スプリングス、 NOAA Science Center First International Conference on Reanalysis Ensemble seasonal prediction experiments for the Indian summer monsoon of 1987 and 1988 with the JMA global model
23 1997年11月5日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会月例会「長期予報と大気大循環」 インドモンスーンのアンサンブル季節予報実験:1987, 1988年夏
24 1998年2月25日 米国、ホノルル、Hawaii University East-West Center 6th Japan-U.S. Workshop on Global Change Ensemble seasonal prediction experiments for winters
25 1998年3月4日 東京都、千代田区、気象庁 Seminar / Workshop on Short-term Climate Prediction Ensemble seasonal prediction experiments for winters
26 1998年5月27日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 冬のアンサンブル季節予報実験に現れるテレコネクションパターン
27 1998年9月24日 中国、西安、Tang-Cheng Hotel International Conference on Variability and Predictability of Asian Monsoon (ICAM) Ensemble seasonal prediction experiments for the Indian summer monsoon of 1987 and 1988
28 1999年4月26日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 大気の季節予測可能性実験
29 1999年7月19日 英国、バーミンガム、バーミンガム大学 International Union of Geodecy and Geophysics (IUGG) 99 Seasonal predictability experiments by JMA AGCM
30 1999年9月14日 ドイツ、ハンブルグ、ハンブルグ大学 Fourth International Conference on Modeling of Global Climate Change and Variability Atmospheric seasonal predictability experiments by JMA AGCM
31 1999年11月26日 福岡県、福岡市、アクロス福岡 日本気象学会秋季大会 大気の季節予測可能性実験における確率予報の信頼性
32 2000年3月28日 韓国、済州島、西浦甫、KAL Hotel The Second International Symposium on Asian Monsoon System (ISAM2) Seasonal Predictability of the East Asia Summer Monsoon Precipitation
33 2000年5月26日 茨城県、つくば市、つくば国際会議場(エポカルつくば) 日本気象学会春季大会 大気の季節予測可能性実験における土壌水分の年々変動
34 2000年10月19日 中国、北京、中国 気象局 Workshop on Use of Ensemble Prediction Dynamical long-range forecasting activities at JMA
35 2001年10月31日 東京都、千代田区、気象庁 Expert Meeting on Climate Information Exchange in the Asia-Pacific Region Status, problem, and improvement of production, provision, and utilization of climate information -National report of Japan
36 2002年12月4日 東京都、千代田区、気象庁 Workshop on Climate System Monitoring, Diagnosis and Prediction in the Asia-Pacific Region Atmospheric predictability
37 2003年3月6日 神奈川県、横浜市、地球フロンティア研究システム The 2nd Workshop on Regional Climate Modeling for Monsoon System Seasonal predictability of the East Asian summer monsoon by the JMA AGCM
38 2003年5月21日 茨城県、つくば市、つくば国際会議場(エポカルつくば) 日本気象学会春季大会 梅雨の季節予報
39 2003年8月21日 岩手県、上閉伊郡、大槌町、東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター 大槌シンポジウム 「モンスーンと東アジア(季節サイクルとその変動)-その2-」 大気大循環モデルによる夏の東アジアモンスーンの予測可能性
40 2003年10月15日 宮城県、仙台市、宮城県民会館 日本気象学会秋季大会 大気大循環モデルによる気候再現実験
41 2003年10月23日 米国、ネバダ州、レノ市、John Ascuaga's Nugget NOAA 28th Annual Climate Diagnostics and Prediction Workshop 51-year simulation of the period from 1951 to 2001 by the JMA AGCM
42 2003年11月4日 東京都、千代田区、気象庁 長期予報月例会 大気大循環モデルmj98による気候再現実験に現れた夏のモンスーン
43 2003年11月6日 愛知県、豊川市、豊川市民プラザ 4th International Workshop on Global Change: Connection to the Arctic 2003 (GCCA4) 51-year simulation of the period from 1951 to 2001 by the JMA AGCM
44 2003年11月11日 東京都、千代田区、気象庁 Joint Meeting for Seasonal Prediction of the East Asian Winter Monsoon 51-year simulation of the East Asian Monsoon by the AGCM "mj98"
45 2004年2月17日 米国、ハワイ州、ホノルル、ハワイ大学東西センター International Asian Monsoon Symposium 51-year(1951-2001) simulation of the East Asian monsoon by AGCM "MJ98"
46 2004年3月1日 茨城県、つくば市、つくば国際会議場(エポカルつくば) 21世紀のアジアの水資源変動予測に関するシンポジウム 51-year simulation of the East Asian monsoon by the AGCM "MJ98"
47 2004年3月24日 韓国、ソウル、COEX The International Conference on High-Impact Weather and Climate: understanding, prediction, and socio-economic consequences 51-year simulation of the East Asian monsoon by the AGCM "MJ98"
48 2004年4月20日 イタリア、トリエステ the Workshop on Climate Variability in the 20th Century (C20C) Trend and Year-to-year Variability of Land-Surface Air Temperature and Land-only Precipitation Simulated by the JMA AGCM
49 2004年5月19日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 大気大循環モデルによる過去130年間の気候再現実験
50 2004年5月28日 中国、昆明 the Fourth International Symposium on Asian Monsoon System (ISAM4) 51-year simulation of the East Asian monsoon by the AGCM "MJ98"
51 2004年8月25日 岩手県、上閉伊郡、大槌町、東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター 大槌シンポジウム 「2003年夏の異常気象に関する研究集会」 大気大循環モデルMJ98による夏の東アジアモンスーンの再現性
52 2004年10月6日 福岡県、福岡市、アクロス福岡 日本気象学会秋季大会 20km格子全球大気モデルによる地球温暖化時の梅雨
53 2004年11月15日 茨城県、つくば市、筑波大 4th International Workshop on Global Change:Connection to the Arctic 2003 (GCCA4) 130-year Climate Simulation of the Period from 1872 to 2001 by the AGCM "MJ98"
54 2004年12月14日 東京都、板橋区、国立極地研究所 第27回極域気水圏シンポジウム 大気大循環モデルによる過去130年間の気候再現実験
55 2005年1月10日 米国、サンディエゴ 米国気象学会年次大会 Change of the East Asian summer rainy season (Bai-u) projected by a super high resolution global model
56 2005年1月27日 東京都、文京区、東京大学、山上会議所 International Workshop on Variability and Predictability of the Earth Climate System, COE20C Global warming projection by a 20-km mesh super high resolution atmospheric general circulation model
57 2005年2月24日 米国、ハワイ州、コナ、シェラトン・ケアウホイ・ベイ・リゾート&スパ The 2nd International Workshop on the Kyosei project Change of the East Asian summer rainy season (Bai-u) due to global warming projected by a super high resolution global model
58 2005年4月13日 兵庫県、神戸市、神戸国際会議場 APN Scientific Symposium "Contribution of APN - Evaluation of Vulnerability and Adaptation Measures in the Asia- Pacific region -Focusing on Coastal Zones" Projection of Future Climate Changes in the Asia-Pacific region
59 2005年5月13日 東京都、文京区、東京大学、山上会議所 第1回日中韓気象学会国際シンポジウム-東アジアにおける大気科学- Global warming projection by an atmospheric general circulation model with 20-km grid size
60 2005年5月16日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 20km格子全球大気モデルによる地球温暖化実験結果の概要
61 2005年5月16日 東京都、千代田区、気象庁 日本気象学会春季大会 全球大気モデルによる梅雨再現性の水平分解能依存性
62 2005年7月21日 那覇市、沖縄県庁、講堂 平成17年度気候講演会 温暖化によって沖縄の気候はどのようにかわるのか ~台風、降雨の変化を中心に~
63 2005年8月11日 中国、北京、北京国際会議センター International Association of Meteorology and Atmospheric Sciences(IAMAS) 2005 Change of the East Asian summer rainy season (Baiu) due to global warming projected by a 20km-mesh AGCM
64 2005年8月11日 中国、北京、北京国際会議センター International Association of Meteorology and Atmospheric Sciences(IAMAS) 2005 Change of extreme events due to global warming projected by a 20km-mesh AGCM
65 2005年9月2日 岩手県、上閉伊郡、大槌町、東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センター 大槌シンポジウム「冷夏猛暑に代表される夏季異常気象研究の統合」--オホーツク海高気圧とヤマセ-- 20km格子全球大気モデルによるオホーツク海高気圧の再現性
66 2005年11月1日 東京都、千代田区、気象庁 長期予報月例会 20km格子間隔の大気大循環モデルを用いた地球温暖化実験による梅雨の変化
67 2005年11月21日 兵庫県、神戸市、神戸大学 日本気象学会秋季大会 日本における暑夏の地上気温の再現期間
68 2006年2月2日 米国、ジョージュア州、アトランタ 米国気象学会年次大会 Cloud amount simulated by the couple model MRI-CGCM2.3
69 2006年5月24日 茨城県、つくば市、つくば国際会議場(エポカルつくば) 日本気象学会春季大会 20km格子全球大気モデルによる地球温暖化時の梅雨:海面水温依存性
70 2006年8月3日 新潟県、上越市、市民プラザ 上越市まちづくり市民大学 地球が温暖化すると、世界と日本の気候はどう変るのか?
71 2006年10月16日 韓国、高陽、KINTEX会議センター 第2回日中韓気象学会国際シンポジウム Change of East Asia Monsoon in global warming projection by an atmospheric general circulation model with a 20-km grid size
72 2006年10月25日 愛知県、名古屋市、ウィルあいち 日本気象学会秋季大会 20km格子全球大気モデルによる冬季東アジアモンスーンの再現性
73 2006年10月30日 東京都、千代田区、気象庁 長期予報月例会 20km格子全球大気モデルによる冬季東アジアモンスーンの再現性
74 2006年11月2日 神奈川県、川崎市、川崎市生涯学習プラザ かわさき市民アカデミー2006年度後期科学コース講座「暮らしの中の科学」~災害の科学~ 地球温暖化と災害
75 2006年11月16日 京都府、宇治市、京都大学宇治キャンパス化学研究所共同研究棟大セミナー室 第4回「異常気象と長期変動」研究会、平成18年度防災研究所特定共同研究集会(18K-01)、「異常気象の予測可能性と気候の変化・変動」 20km格子全球大気モデルによる冬季東アジアモンスーンの再現性
76 2006年11月21日 埼玉県、さいたま市、さいたま商工会議所会 ”彩の国”市民科学オープンフォーラム-異常気象と都市洪水災害から地域を守る- 異常気象の動向と地球温暖化時の変化予測
77 2007年1月15日 米国、テキサス州、サン・アントニオ 米国気象学会年次大会 Low-level cloud amount simulated by an atmospheric general circulation model with a 20-km grid size
78 2007年2月15日 米国、サンフランシスコ WGNEモデル系統誤差WS Tropical cyclones simulated by a 20km-mesh global atmospheric model
79 2007年3月8日 新潟県、長岡市、防災科学技術研究所、雪氷防災研究センター ワークショップ「降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第5回)」 冬季東アジアの季節予測可能性
80 2007年5月16日 東京都、渋谷区、国立オリンピック記念青少年総合センター 日本気象学会春季大会 地球温暖化予測に伴う不確実性の定量化
81 2007年5月22日 千葉県、千葉市、幕張メッセ 日本地球惑星科学連合2007大会 Uncertainty of Asia summer monsoon change in global warming projections by an atmosphere-ocean coupled general circulation model MRI-CGCM2.3
82 2007年6月16日 沖縄県 宜野湾市、沖縄コンベンションセンター 21st Pacific Science Congress Change of East Asia Monsoon in global warming projection by an atmospheric general circulation model with a 20-km grid size
83 2007年7月11日 イタリア、ペルージャ、ペルージャ大学 International Union of Geodecy and Geophysics (IUGG) Global warming and the tropical cyclone climatology as simulated in a 20-km mesh global atmospheric model
84 2007年9月30日 茨城県、つくば市、JICA筑波 国際理解教育ひろば 地球規模での異常気象について(副題:地球温暖化)
85 2007年10月15日 北海道、札幌市、北海道大学学術交流会館 日本気象学会秋季大会 大気海洋結合モデルによる梅雨期の降水強度の再現性
86 2007年12月5日 東京都、千代田区、ベルザール The 7th GPM International Planning Workshop Validation of precipitation simulated by 20-km mesh atmospheric global model
87 2007年12月15日 福岡県、福岡市、アクロス福岡 Joint Conference on The 6th International Symposium on Asian Monsoon System (ISAM6) and The 9th East Asian Climate Workshop (EAC9) Change in the East Asia summer monsoon projected by an atmospheric global model with 20-km grid size
88 2007年12月18日 台湾、台北、国立台湾大学 Workshop on the Change of Climate Studies in East Asia and Taiwan Global warming projection with 20-km mesh global atmospheric model
89 2008年1月18日 東京都、渋谷区、国立オリンピック記念青少年総合センター  文部科学省「21世紀気候変動予測革新プログラム」平成19年度研究成果報告会 超高解像度大気モデルによる気候変動予測の不確実性の定量化と低減に関する研究
90 2008年1月23日 米国、ルイジアナ州、ニューオルリンズ 米国気象学会年次大会 Precipitation intensity of East Asian summer monsoon in the 20th-century simulations by AOGCMs for the IPCC AR4
91 2008年1月30日 東京都、目黒区、東京大学生産技術研究所 駒場リサーチキャンパス 3rd WCRP International Conference on Reanalysis Evaluation of East Asian summer monsoon precipitation in reanalyses
92 2008年2月10日 東京都、台東区、東京文化会館中会議室 日本気象予報士会 第38回東京支部会合 気候モデルで何がわかるか
93 2008年4月3日 コロンビア、ボゴタ、ホテル・ダン・カールトン・ボコタ ラテン・アメリカおける気候変動セミナー Global Warming Proyection by an Atmospheric Global Model with 20-km grid
94 2008年4月14日 オーストリア、ウィーン、オーストリア・センター 欧州地球科学連合総会2008 Precipitation intensity of East Asian summer monsoon simulated by CMIP3 models
95 2008年5月19日 神奈川県、横浜市、開港記念会館 日本気象学会春季大会 20km格子全球大気モデルによる地球温暖化時の梅雨変化予測
96 2008年5月21日 神奈川県、横浜市、情報文化センター 日本気象学会春季大会 CMIP3大気海洋結合モデルによる梅雨期の降水強度の再現性
97 2008年6月2日 ギリシャ、クレタ島、イラクリオン市 The First International Conference: From Deserts to Monsoons Change in the East Asia summer monsoon projected by an atmospheric global model with 20-km grid size
98 2008年6月17日 韓国、釜山 Asian Oceania Geosciences Society 2008 Meeting Change in the East Asia summer monsoon projected by an atmospheric global model with 20-km grid size
99 2008年9月23日 フランス、パリ、国立高等学院Ecole Normal Superieure (ENS) 12th session of the Working Group on Coupled Modelling (WGCM) Research activity of global warming projection at MRI, Japan
100 2008年10月19日 茨城県、つくば市、ノバホール 科学と音楽の響演 地球温暖化を知ろう!
101 2008年11月19日 宮城県、仙台市、仙台国際センター 日本気象学会秋季大会 60km格子全球大気モデルのアンサンブル実験による梅雨の変化
102 2008年11月29日 千葉県、守谷市、北守谷公民館 地球温暖化防止講演会 STOP!地球温暖化 今私たちにできること~世界・日本の気候はどうなるの~ 
103 2008年12月7日 茨城県、石岡市、ふれあいの里 ひまわりの館 地球温暖化防止講演会 STOP!地球温暖化 今私たちにできること~世界・日本の気候はどうなるの~ 
104 2009年1月16日 東京都、港区、女性と仕事の未来館 文部科学省「21世紀気候変動予測革新プログラム」平成20年度研究成果報告会 超高解像度大気モデルによる気候変動予測の不確実性の定量化と低減に関する研究
105 2009年1月23日 茨城県、つくば市、農林水産技術会議事務局 筑波事務局本館 TXテクノロジー・ショーケースinつくば2009 超高解像度大気モデルによる将来の極端現象の変化予測に関する研究
106 2009年3月2日 フランス領ポリネシア、タヒチ島、パペーテ、ヒルトン・ホテル・タヒチ the 11th Pacific Science Inter-Congress Future Change in Precipitation Intensity of Baiu Rain Band Simulated by CMIP3 models
107 2009年3月16日 ベトナム、ハノイ、ヒルトン・ハノイ・オペラ South East Asian Regional Workshop on Development of Climate Change Scenario Climate Change Projections by using Earth Simulator
108 2009年3月24日 タイ、チェンマイ、インペリアル・マエ・ピン・ホテル International Seminar on Impact of Climate Change on Irrigation Systems Global Climate Change through Super Computer Model
109 2009年5月27日 茨城県、つくば、つくば国際会議場(エポカルつくば) 第3回日中韓気象学会国際シンポジウム Change in the east Asia summer monsoon projected by an atmospheric global model with 20-km grid
110 2009年5月30日 茨城県、つくば、つくば国際会議場(エポカルつくば) 日本気象学会春季大会 20km格子全球大気モデルによる近未来の梅雨変化
111 2009年5月30日 茨城県、つくば、つくば国際会議場(エポカルつくば) 日本気象学会春季大会、シンポジウム「地球温暖化に関する科学的根拠の解明と脆弱性評価のさらなる連携に向けて」 気候モデルの出力をどう使うか?
112 2009年8月12日 シンガポール、サンテック国際会議センター Asia Oceania Geosciences Society 5th Annual General meeting Change in the East Asia summer monsoon projected by an atmospheric global model with 20-km grid size
113 2009年8月19日 中国、寧夏回族自治区、銀川、Ningfengホテル the 10th “General Circulation Model Simulations of the East Asian Climate” (EAC) Workshop Near future (2015-2039) projection of the East Asia summer monsoon by an atmospheric global model with 20-km grid
114 2009年8月20日 中国、寧夏回族自治区、銀川、Ningfengホテル Workshop and State Key Laboratory of Numerical Modeling for Atmospheric Sciences and Geophysical Fluid Dynamics (LASG) Summer seminar Changes in precipitation intensity of the East Asia summer monsoon projected by an atmospheric global model with 20-km grid
115 2009年8月28日 豪州、メルボルン、ソフィテル・ホテル the Sixth International Scientific Conference on the Global Energy and Water Cycle and the Second Integrated Land Ecosystem-Atmosphere Processes Study (iLEAPS) Science Conference Change in Precipitation Extremes Indices due to Global Warming projected by a 20-km mesh global atmospheric model
116 2009年11月6日 京都府、宇治市、京都大学宇治キャンパス 極端気象現象とその気候変動による影響評価に関するシンポジウム 梅雨期の降水強度の変化
117 2009年11月8日 茨城県、つくば、つくば国際会議場(エポカルつくば) 第3回日中韓気象学会国際シンポジウム Change in the east Asia summer monsoon projected by an atmospheric global model with 20-km grid
118 2009年11月17日 メキシコ、キンタナ・ルー州 チェトマル メキシコ・ユカタン半島における気候変動適応策策定支援プロジェクトによるセミナー Modelo de proyeccion del clima de Japon, estudios de caso
119 2010年1月12日 米国、フロリダ州、マイアミ、マイアミ大学、ロセンスティール海洋大気学校講堂 Predicting the climate of the coming decades Future change in precipitation intensity of East Asian summer monsoon
120 2010年2月23日 タイ、バンコク、グランド・タワー・イン・ホテル International Seminar on Impact of Climate Change on Irrigation Systems Climate change projection by 20-km mesh global atmospheric model
121 2010年3月6日 茨城県、茨城県、つくば市、つくば市市民活動センター つくば市市民活動センター「最先端サイエンスのやさしい講座」 地球温暖化で異常気象は増えるのか?
122 2010年3月10日 茨城県、つくば市、農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所共同利用施設展示会議室 平成21年度 農村工学研究所研究会 農村総合研究会 気候モデルによる降水変化の把握と地域への影響
123 2010年5月26日 東京、国立オリンピック記念青少年総合センター 日本気象学会春季大会 地球温暖化予測による梅雨期の降水強度変化の不確実性
124 2010年7月9日 インド、ハイデラバード市国際会議センター Asia Oceania Geosciences Society 6th Annual General meeting Change in the Precipitation Intensity of East Asia Summer Monsoon Projected by 20-km and 60-km Mesh Atmospheric Global Model
125 2010年10月26日 中国、北京市、中国科学院大気物理研究所 The fifth workshop of the CLIVAR International Climate of the Twentieth Century Project (C20C) Climate of the 20th and 21th century simulations by global atmospheric models
126 2010年11月2日 富山県、富山市、富山大学五福キャンパス 爆弾低気圧活動の変動と災害に関するワークショップ 気象研20km大気モデルによる地球温暖化時の温帯低気圧の変化
127 2010年12月8日 東京都、千代田区、一橋記念講堂 the Second International Symposium on the Arctic Research (ISAR-2) Climate of the 20th and 21st century simulations by a global atmospheric model
128 2011年1月26日 米国、ワシントン州、シアトル 第91回米国気象学会年次大会 Climate of the 20th and 21th century simulations by a 60-km mesh global atmospheric model
129 2011年2月1日 東京都、千代田区、JICA研究所国際会議場 JICA研究所 公開シンポジウムClimate Change Adaptation and International Development「気候変動に対する国際協力の展望」 気候モデルを用いた気候変動予測への取り組み:アジア諸国の事例
130 2011年2月16日 タイ、バンコク、Royal River Hotel the third International Seminar on Impact of Climate Change on Irrigation Systems Climate change projection by 20-km mesh global atmospheric model
131 2011年2月19日 東京都、品川区、京都大学東京オフィス 第一回日伯フォーラム「気候・社会変動とブラジル - ブラジルの気象水象災害と社会経済発展状況」 ブラジルの気候変動と将来予測
132 2011年2月21日 東京都、千代田区、一橋記念講堂 文部科学省「21世紀気候変動予測革新プログラム」平成20年度研究成果報告会 超高解像度大気モデルによる気候変動予測の不確実性の定量化と低減に関する研究
133 2011年3月11日 茨城県、つくば市、エポカルつくば 3rd International Workshop on Global Change Projection: Modeling, Intercomparison, and Impact Assessment jointly with 4th International Workshop on KAKUSHIN Program Future changes in the East Asian summer monsoon projected by CMIP3 models, 20km- and 60km-mesh MRI-AGCM3.1
134 2011年5月18日 東京都、渋谷区、国立オリンピック記念青少年総合センター  日本気象学会春季大会 地球温暖化による梅雨の変化
135 2011年6月14日 マレーシア、クアラルンプール、クアラルンプール会議場 22nd Pacific Science Congress Change in Precipitation Intensity of the East Asian Summer monsoon projected by CMIP3 models
136 2011年8月6日 台湾、高雄 11th East Asian Climate (EAC) Workshop Climate of the 20th and 21st century simulations by a 60-km mesh global atmospheric model
137 2011年8月11日 台湾、台北、台北国際会議場 Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 2011 Climate of the 20th and 21st century simulations by a 60-km mesh global atmospheric model
138 2011年8月27日 ヴェトナム、ハノイ International Workshop on Training Programme Development on Climate Change Downscaling Approaches: Dynamic and Statistical Models International cooperation on global warming projection with 20-km mesh atmospheric global model
139 2011年9月2日 京都府、宇治市、京都大学宇治キャンパス、黄檗ホール 極端気象現象とその気候変動による影響評価に関するシンポジウム マルチ・モデル・アンサンブル実験で予測された梅雨の将来変化
140 2011年11月8日 東京都、千代田区、一橋記念講堂 第9回環境研究シンポジウム
わたしたちのくらしと「水」を考える ~「水」の一生を辿る~
空からの「水」の将来「台風、梅雨は将来どう変わるのか?」
141 2011年11月14日 東京都、立川市、国立極地研究所 第34回極域気水圏シンポジウム 60km格子全球大気モデルによる20,21世紀実験
142 2011年11月18日 愛知県、名古屋市、名古屋大学東山キャンパス 日本気象学会秋季大会 60km 格子全球大気モデルによる 1872~2099 年実験
143 2011年11月22日 インドネシア、ジャカルタ International workshop climate change and extreme climate over the maritime continent Climate change over the maritime continent projected by a 20-km mesh atmospheric global model
144 2012年2月21日 タイ、バンコク、タイ農業省王立灌漑局 International Seminar on Impact of Climate Change on Irrigation Systems Intergovermental Panel on Climate Change 5th Assessment Report (IPCC AR5)
145 2012年2月24日 カンボジア、プノンペン、カンボジア水資源気象省 International Seminar on Impact of Climate Change on Irrigation Systems Intergovermental Panel on Climate Change 5th Assessment Report (IPCC AR5)
146 2012年2月28日 東京都、千代田区、一橋記念講堂 文部科学省「21世紀気候変動予測革新プログラム」平成20年度研究成果報告会 超高解像度大気モデルによる気候変動予測の不確実性の定量化と低減に関する研究
147 2012年3月1日 東京都、千代田区、経済産業省 環境省勉強会「気候変動への適応策としての保険等リスクファイナンス手法の可能性と国際協力のあり方について」 海外における 気候変動予測に係る取り組み
148 2012年3月16日 茨城県、つくば市、国立環境研究所 IPCC AR5 WG2 Asia lead author meeting: Research Workshop on Climate Change
- Introduction of Japanese research activities to Asia -
Introduction of published paper on climate change over Asia by Shoji KUSUNOKI
149 2012年5月26日 茨城県、つくば市、つくば国際会議場(エポカルつくば) 日本気象学会春季大会 地球温暖化による降水変化の不確実性
150 2012年7月27日 東京都、港区、新橋、TKP新橋ビジネスセンター 日本国際かんがい排水委員会(International Commission on Irrigation and Drainage, ICID)協会の理事会・総会 地球温暖化予測と 灌漑施設の適応策
151 2012年8月21日 中国、敦煌市、敦煌太陽大酒店 International Workshop on the Energy & Water Cycle over Asian Arid/Semi-arid and Wet Regions and their Interactions with the East Asian Monsoon Change in Precipitation over East Asia Projected by 20-km and 60-km Mesh Atmospheric Global Model
152 2012年9月3日 ノルウェー、ベルゲン市、グリーク・ホール Bjerknes Center 10-year anniversary conference: Climate change in high latitudes Precipitation simulated by CMIP5 models
153 2012年10月15日 北海道、札幌市、北海道大学クラーク会館 日本気象学会秋季大会 CMIP5モデルによる梅雨の再現性
154 2012年11月26日 タイ、バンコク、タイ農業省王立灌漑局灌漑大学 Guideline on Climate Change Adaptation Measures for Irrigation Systems How to use climate model data?
155 2012年12月18日 台湾、台北市、公務人力發展中心14樓貴賓廳 2012年推廣先進農業技術因應氣候變遷中日研討會議 地球温暖化予測と影響評価研究の連携
156 2013年1月17日 日本、東京都、科学未来館 the Third International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3) Simulation for 20th and 21st centuries with a 60km-mesh global atmospheric model
157 2013年3月26日 茨城県、つくば市、つくば国際会議場(エポカルつくば) International Workshop on CMIP5 Model Intercomparisons for Future Projections of Precipitation and Climate in Asia Reproducibility of Precipitation over East Asia by CMIP5 models
158 2013年5月18日 東京都、渋谷区、国立オリンピック記念青少年総合センター 日本気象学会春季大会 CMIP5モデルによる 梅雨の再現性
159 2013年6月 オーストラリア、ブリスベン、ブリスベン会議展示場 Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 2013 Changes in precipitation intensity over East Asia projected by a 60km-mesh global atmospheric model
160 2013年7月8日 フィジー、スバ、南太平洋大学 12thjPacific Science Inter-Congress Reproducibility of precipitation over East Asia by CMIP5 model
161 2013年10月24日 中国、南京、 Sixth China-Korea-Japan Joint Conference on Meteorology Reproducibility of precipitation over East Asia by CMIP5 model
162 2013年10月31日 中国、マカオ、国際貿易センター Fifth International Workshop on Monsoons Changes in precipitation intensity over East Asia projected by a 60km-mesh global atmospheric model
163 2013年11月14日 東京都、国立極地研究所 第4回極域科学シンポジウム 60km 格子全球大気モデルによる北極域の降水強度の将来変化
164 2013年11月20日 宮城県、仙台市、仙台国際センター 日本気象学会秋季大会 60km格子全球大気モデルによる降水強度の将来変化
165 2013年11月27日 ネパール、カトマンズ、エベレスト・ホテル International Conference on Climate Change, Water Resources and Disasters in Mountainous Regions: Building Resilience to Changing Climate Future precipitation change over Nepal projected by 20-km mesh atmospheric global model
166 2014年1月13日 東京都、千代田区、TKPガーデンシティ竹橋 The 2nd International Workshop on CMIP5 Model Intercomparisons for Future Projections of Precipitation and Climate in Asia Reproducibility of precipitation over East Asia by CMIP5 models
167 2014年3月21日 ウルグアイ、モンテビデオ、ウルグアイ技術研究所 World Climate Research Program (WCRP) Conference for Latin America and the Caribbean :Developing, linking and applying climate knowledge Future precipitation change over Latin America and the Caribbean by 20-km and 60-km mesh atmospheric global models
168 2014年5月22日 神奈川県、横浜市、横浜市開港記念館 日本気象学会春季大会 全球大気モデルMRI-AGCM3.2の降水量再現性
169 2014年7月16日 オランダ、デン・ハーグ市 7th International Scientific Conference on the Global Water and Energy Cycle Reproducibility of precipitation over East Asia by CMIP5 models
170 2014年7月28日 札幌市、ロイトン札幌ホテル Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting (AOGS2014) Reproducibility of precipitation over East Asia by 20-km mesh global atmospheric model
171 2014年10月23日 福岡県、福岡市、福岡国際会議場 日本気象学会秋季大会 全球大気モデルMRI-AGCM3.2S による温暖化実験:東アジアの降水量変化
172 2015年3月27日 東京都、千代田区、TKPガーデンシティ御茶ノ水 Third International Workshop on “Studies on future climate projection of the Asian region utilizing the CMIP5 multi-model ensemble data” Are CMIP5 Models better than CMIP3 Models in Simulating Precipitation over East Asia?
173 2015年4月28日 富山県、富山、富山国際会議場 the Fourth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-4) Changes in precipitation over the Arctic projected by global atmospheric models with 20-km and 60-km grid sizes
174 2015年5月21日 茨城県、つくば、つくば国際会議場(エポカルつくば) 日本気象学会春季大会 地球温暖化で雨の降り方が変わるのは何年ころか?
175 2015年6月24日 チェコ、プラハ、国際会議場 International Union of Geodecy and Geophysics (IUGG) Changes in precipitation over East Asia projected by Global Atmospheric Models with 20-km and 60-km grid sizes
176 2015年10月26日 京都府、京都市、京都大学、国際会議場 The First Asian Conference on Meteorology 2015 Are CMIP5 Models better than CMIP3 Models in Simulating Precipitation over East Asia?
177 2015年11月16日 東京都、立川市、国立極地研究所 第6回極域科学シンポジウム Precipitation over the Arctic simulated by global atmospheric models of MRI-AGCM3.2
178 2015年11月16日 東京都、立川市、国立極地研究所 第6回極域科学シンポジウム Future change in precipitation intensity over Arctic region projected by 60-km mesh global atmospheric model
179 2015年12月17日 米国、カリフォルニア州、サンフランシスコ市、モスコーン・会議センター The 2015 American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting When does climate shift emerge in the future beyond the historical variability of precipitation?
180 2016年2月29日 東京都、千代田区、ガーデンシティ御茶ノ水 International Workshop on Climate Change and Precipitation in the East Asia When does climate shift emerge in the future beyond the historical variability of precipitation?
181 2016年2月29日 東京都、千代田区、ガーデンシティ御茶ノ水 International Workshop on Climate Change and Precipitation in the East Asia Are CMIP5 Models better than CMIP3 Models in Simulating Precipitation over East Asia?
182 2016年3月3日 東京都、八王子市、首都大学、国際館 The International Science Conference (ISC) on MAHASRI (Monsoon Asian Hydro-Atmosphere Scientific Research and Prediction Initiative) Changes in Precipitation over East Asia Projected by Global Atmospheric Models with 20-km and 60-km grid sizes
183 2016年3月25日 中国、北京市、北京師範大学 The 13th‘General Circulation Model Simulations of the East Asian Climate' (EAC) workshop Changes in Precipitation over East Asia Projected by Global Atmospheric Models with 20-km and 60-km grid sizes
184 2016年5月20日 東京、国立オリンピック記念青少年総合センター 日本気象学会春季大会 地球温暖化による梅雨の将来変化
185 2016年5月26日 千葉県、千葉市、幕張メッセ 日本地球惑星科学連合2016大会 20km、60km 格子全球大気モデルで予測された北極圏の降水変化
186 2016年9月20日 中国、青島市、ハイアット・リージェンシー青島 CLIVAR Open Science Conference, "Charting the course for climate and ocean research" Future changes in precipitation over East Asia projected by the global atmospheric model MRI-AGCM3.2
187 2016年10月28日 愛知県、名古屋市、名古屋大学 日本気象学会秋季大会 雨のティッピング年の将来予測に どう信頼度情報を付加するか?
188 2017年1月24日 米国、ワシントン州、シアトル市、ワシントン州会議センター 第97回米国気象学会年次大会 Future changes in precipitation over East Asia projected by the global atmospheric model MRI-AGCM3.2
189 2017年2月28日 東京都、千代田区、ガーデンシティ御茶ノ水 The 2nd International Workshop on “ Climate Change and Precipitation in the East Asia” When does climate shift emerge in the future beyond the historical variability of precipitation?
190 2017年5月20日 東京都、渋谷区、国立オリンピック記念青少年総合センター 日本気象学会春季大会 格子点で解析した梅雨期の将来変化

Page Top ▲



新聞・テレビ・ラジオ・出版物などの報道歴

                 

年月日 媒体 番組・題 内容
1 2003年5月11日(日) 東京新聞、朝刊、サンデー版、8面 梅雨の仕組み「稲作、水の供給、災害」 一般向けの梅雨の解説
2 2005年12月24日(土) 毎日新聞、朝刊、7面 主張 提言 討論の広場「予測精度は高まっている」 温暖化懐疑論と対決
3 2006年2月19日(日) 青森テレビ 正直先生のエネルギー講座 スペシャル①~環境とエネルギーの「何だろう?」~ 地球温暖化の解説
4 2006年2月 大人の科学マガジン11号、学研 Aperitif de Cinema「サウンド・オブ。サンダー」佐保 圭 タイムマシーンで過去にさかのぼるSF映画の書評、地球温暖化に関する情報を提供
5 2006年3月20日(月) NHKハイビジョン 気候大異変 第1回 異常気象 地球シミュレーターの警告 地球温暖化時の梅雨変化、インタビュー録画
6 2006年7月14日(金) 読売新聞、朝刊、2面 地球温暖化時で梅雨明けに遅れ 気象研予測 地球温暖化時の梅雨変化
7 2006年7月21日(金) 朝日新聞、夕刊、19面 梅雨が明けない-気象庁の100年後予測に似る?「温暖化進めば8月に」 地球温暖化時の梅雨変化
8 2006年7月26日(水) 毎日新聞、朝刊、16面 科学・いま&未来 長引く梅雨-温暖化影響じわり-100年後の日本? 地球温暖化時の梅雨変化
9 2006年7月30日(日) しんぶん赤旗日曜版、35面 豪雨 気象専門家の警告 温暖化が加速 地球温暖化時の梅雨変化
10 2006年7月30日(日) 朝日新聞、be on Sunday、1面 「竹内敬二のどうする」、8月の梅雨 地球温暖化時の梅雨変化
11 2006年8月3日(木)7:20頃から約8分間 NHKラジオ第1放送 ラジオあさいちばん 地球温暖化時の梅雨変化、電話によるインタビュー録音
12 2006年9月18日(月)7:30~7:55 NHK総合テレビ おはよう日本 今年の梅雨が温暖化時の梅雨に似ている、インタビュー録画
13 2007年3月25日(日)18:00~20:00 日本テレビ 真相報道バンキシャ!特番 地球温暖化時の日本の気候や台風の変化を説明、インタビュー録画
14 2007年9月24日(月)15:00~15:55 テレビ愛知 まったなし! 地球温暖化対策 ~いま、私たちにできること~ 地球温暖化の解説、インタビュー録画
15 2007年9月26日(水)19:30~19:56 NHK総合テレビ クローズアップ現代「地球温暖化 身近に迫る異変」 猛暑と温暖化時の関係、インタビュー録画
16 2007年10月1日(月) 日本経済新聞、朝刊、19面科学 温暖化 西日本で豪雨頻発も 気象研予測 梅雨長く台風強まる 地球温暖化時の豪雨変化
17 2008年6月11日(水)16:30~17:00、6月18日(再放送)17:30~18:00、9月3日(再放送) スカイパーフェクTV,サイエンスチャンネル 空を見上げよう ~気象にまつわる科学と技術~ (6)地球はどうなる?~異常気象と地球温暖化 地球温暖化時の気候変化、インタビュー録画
18 2008年7月6日(日)21:00~21:49 NHK総合テレビ NHKスペシャル「CO2は減らせるか 巨大都市東京の苦闘」 豪雨日数の変化などの数字を提供、クレジット・ロールに名前
19 2008年7月30日(水) 読売新聞、朝刊 増える局地豪雨 温暖化積乱雲が急発達 地球温暖化時の豪雨変化
20 2008年7月30日(水)16:53~19:00 日本テレビ NNN Newリアルタイム 地球温暖化時の豪雨変化、インタビュー録画
21 2008年8月3日(日)22:30~23:15 フジテレビ 報道番組 サキヨミ 過去の豪雨の増加傾向と今後の予測、インタビュー録画
22 2008年8月28日(水)19:30~19:56 NHK総合テレビ クローズアップ現代「“ゲリラ豪雨”日本の空で何が」 今年のゲリラ豪雨の原因と温暖化時の豪雨変化、スタジオ・ゲスト、生出演
23 2008年8月30日(土) 神奈川新聞、朝刊、25面 脅威ゲリラ豪雨 専門家「温暖化も影響」 地球温暖化時の豪雨変化
24 2008年9月2日(木) 信濃毎日新聞(信毎web) 今夏の県内 7月少雨、8月は多雨、雷日数は19日 ゲリラ豪雨と地球温暖化
25 2008年12月6日(土) 読売新聞、夕刊、8面 ふしぎ科学館、モンスーンのしくみ モンスーンの解説
26 2009年7月27日(月) TBSテレビ みのもんた の朝ズバ! ここ最近の豪雨について、インタビュー録画
27 2010年4月6日(火),13日(火),20日(火),27日(火),5月30日(水)20:00~21:00 FMラヂオつくば アカデミックタイム 地球温暖化で異常気象は増えるのか? インタビュー録音
28 2010年5月11日(金), 25日(金)19:30~20:00 FMラヂオつくば リサーチエクスプレス 行っている温暖化研究の手法と結果、この前の冬が寒かった理由、インタビュー録音
29 2010年6月30日(水) テレビ朝日 報道ステーション 九州豪雨と温暖化の関係、インタビュー録画
30 2010年7月25日(日) 日本テレビ 真相報道 バンキシャ 地球温暖化による日本への気候の影響、インタビュー録画
31 2010年9月6日(月) NHKテレビ総合、名古屋地方 ほっとイブニング 東海豪雨10年・頻発する豪雨をどう予測? インタビュー録画
32 2010年9月10日(金) NHKテレビ総合、名古屋地方 ナビゲーション 集中豪雨 どう備えるのか~東海豪雨から10年~、インタビュー録画
33 2011年1月17日(月)10:00~10:30 フジテレビ 知りたがり 日本の大寒波はなぜ? スタジオで生出演
34 2012年2月27日(月)17:40~17:55 NHKラジオ第1放送 私も一言!夕方ニュース 今年の冬はなぜ寒い? 電話で生出演
35 2012年5月6日(日) 日本経済新聞、朝刊、14面科学技術 爆弾低気圧、日本に脅威 地球温暖化予測による温帯低気圧、ブロッキングの変化
36 2012年7月10日(火) 日本経済新聞、朝刊、15面科学 地球温暖化時続けば・・ 梅雨1ヵ月長く 地球温暖化時の梅雨変化
37 2012年7月12日(木)23:37~23:40 フジテレビ ニュースJAPAN 温暖化すると強い雨が増える、スタジオで生出演
38 2013年9月30日(月) 週刊誌、小学館 女性セブン、記事「日本が壊れていく」 温暖化すると気候はどう変化するか?
39 2013年12月26日(木)18:21~18:27 FBS福岡放送 ニュース5ちゃん 温暖化すると強い雨が増える、録音による電話インタビュー
40 2013年12月29日(日) フジテレビ Mr.サンデー 温暖化すると異常気象が増える、コメントと顔写真をパネルで紹介
41 2015年9月14日(月)20:10~20:30 インターネットチャンネル「ホウドウキョク」、NOTTV携帯電話端末向けマルチメディア放送のサービス2016年6月30日で終了 異常気象が多発の原因は?異常気象からどう身を守るか?異常気象は事前に探知できる?電話で生出演
42 2015年12月12日(土) 西日本新聞、朝刊、社会面 九州でも高温死亡、熱中症増 今世紀末温暖化でデング熟拡大も懸念 九州地域は東日本と比べると熱中症のリスクが明らかに高くなる
43 2016年5月18日(水) 日刊工業新聞、化学技術・大学面 東・西日本で梅雨短く 気象研が100年後予測 梅雨入りが遅れるが梅雨明けは変わらないので、梅雨期間が短くなる
44 2016年5月18日(水) 読売新聞、夕刊、11面 今世紀末梅雨入り10日遅く 梅雨入りが遅れる
45 2016年6月21日(火) 日刊工業新聞、化学技術・大学面 梅雨本番 注意喚起 気象庁が発表する警報などへの注意が必要
46 2017年5月24日(水) 日刊工業新聞、化学技術・大学面 中韓で梅雨期問長引く 堤防の作成や強化には時間がかかるため、河川の管理や苦豪雨への対策が必要になる
47 2017年5月25日(木) 日刊工業新聞、1面 町を守る 防災蓑前線(中)水害の研究 土砂災害IOTで予兆 中国や韓国の梅雨の期間が約2 0日間延びる、梅雨期間の変化分布図が掲載される

Page Top ▲



参加研究課題
                                         
研究課題 予算期間
西暦 平成
モデルによる気候変動の基礎的研究 気象庁気象研究所 1996~1997 8~9
季節平均場の力学的予測に関する研究 気象庁気象研究所 1998~2000 10~12
季節予測技術の高度化に関する研究 気象庁気象研究所 2003 15
産業革命以降の気候の再現に関する研究 環境省地球環境保全等試験研究費 2003~2004 15~16
温暖化予測情報評価にかかわる基礎的研究 気象庁気象研究所 2004 16
人・自然・地球共生プロジェクト 文部科学省 2004~2006 16~18
気候システムとその変動特性のモデルによる研究 気象庁気象研究所 2005~2007 17~19
温暖化による日本付近の詳細な気候変化予測に関する研究 気象庁気象研究所 2005~2009 17~21
21世紀気候変動予測革新プログラム 文部科学省 2007~2011 19~23
マルチ気候モデルにおける諸現象の再現性比較とその将来変化に関する研究 環境省地球環境研究総合推進費 2007~2011 19~23
IPCC*1に関わる地球温暖化予測に関する研究 気象庁気象研究所 2009 21
気候変動による気候変動メカニズム解明に関する研究 気象庁気象研究所 2010~2013 22~25
気候変動への適応策策定に資するための気候・環境変化予測に関する研究 気象庁気象研究所 2010~2013 22~25
気候変動リスク情報創生プログラム 文部科学省 2012~ 24~
CMIP5*2マルチモデルデータを用いたアジア域気候の将来変化予測に関する研究 環境省地球環境研究総合推進費 2012~2014 24~26
気候モデルの高度化と気候・環境の長期変動に関する研究 気象庁気象研究所 2014~ 26~
地球温暖化に伴う気候変動と日本・東アジア域の降水現象の変化に関する研究 環境省地球環境研究総合推進費 2015~ 27~

*1IPCC:気候変動に関する政府間パネル  *2CMIP5:第5期結合モデル国際相互比較計画

Page Top ▲

格浴㹬格慥㹤⼼敨摡㰾潢祤㰾戯摯㹹⼼瑨汭