気象庁気象研究所 環境・応用気象研究部
TOP > 環境・応用気象研究部

環境・応用気象研究部 概要

地球温暖化への対策を進めていく上で、将来の気候変化を地域的にきめ細かく予測し,その結果に基づいて温暖化の影響を評価していくことが求められています。 また、国外からの大気汚染物質や黄砂の飛来、都市特有の気象など、身近な環境問題への関心も高まっており、オゾン層破壊など地球規模の環境問題もなお予断を許さない状況です。 さらに、火山噴火など激しい自然災害に即応した大気環境情報の提供も期待されています。環境・応用気象研究部では、これらの社会的要請に対処することを目指し、気象研究所の 『中期研究計画』のうち「気候変動・地球環境対策の強化」分野ならびに「台風・集中豪雨等対策の強化」分野における研究を進めています。

環境・応用気象研究部 部長


last update : 2015-04-01
All Rights Reserved, Copyright © 2003, Meteorological Research Institute, Japan